ラブグラ 正規品。 ラブグラ通販|不感症改善|女性用バイアグラ|薬ストア

処方箋なし!廉価&郵送で女性用バイアグラ (ラブグラ)

ラブグラ 正規品

こんにちは、Love Navigation、通称ラブナビの美咲です。 皆さん疑問に思っているであろうラブグラの偽物について調査しました。 男性用のバイアグラには腐るほど偽物があるというのはご存じだと思います。 偽造バイアグラを服用すると効果がないどころか、体調不良になる可能性があるので絶対避けたいところです。 女性用バイアグラの正規品 では女性用のバイアグラに偽物はあるのか?と聞かれれば、ないとは言い切れないのが正直なところです。 女性用バイアグラは元々アメリカで承認された 「フリバンセリン」というお薬が最初です。 別名「ピンクバイアグラ」と言われるこの薬はドイツの製薬会社が「抗うつ剤」として開発し、その後研究内容をアメリカに売却して女性用バイアグラとして承認されました。 この「フリバンセリン」は現在アメリカで 「アディ addyi 」という名前で販売されています。 なので正規品である 「アディ addyi 」の偽物は当然あると思われます。 正規品に偽物があるのはいまや当然と言えるかもしれません。 ラブグラは偽物を作る意味がない? 一方ラブグラはどうでしょうか? ラブグラはそもそもジェネリック医薬品のため「アディ addyi 」に比べて非常にお安くなっています。 ちなみに「アディ addyi 」のお値段は 4錠で5000円前後ですので1錠あたり1250円になります。 一方のラブグラはアディ addyi のジェネリックなので 4錠で3000円程度なので1錠あたり750円ほどになります。 またラブグラのジェネリックはまとめ買いが出来るので最安値にするとなんと1錠あたり200円前後になりアディ addyi とは比べ物にならないです。 そもそも偽物と言われる偽造品は正規品が高額だから偽物が出現するという経緯があります。 ブランド品のコピーなんかが良い例ですよね。 元々高いものを安く大量に売ることで利益を得られるからです。 ハイリスク、ハイリターンですよね。 でも、ラブグラは元々安い薬なので偽物を作ってもそれ以上に安く売らないといけないハイリスク、ローリターンです。 100円均一の商品のコピー品がないのと同じ理屈です(似たようなものはありますけどね 笑 ) つまり、ラブグラの偽物を作っても悪徳業者にとってあまり美味しくないってことです。

次の

ラブグラの通販@送料無料で最安値の通販サイトを比較!

ラブグラ 正規品

ラブグラは、国内では医薬品として承認されていませんので、医療機関で処方箋が出されることもないですし、薬局やドラッグストア等で市販されることもありません。 つまり、国内では、店頭で購入することが全くできない医薬品と言う事です。 女性版バイアグラという事で、SEXを気持ちよくする事に興味がありラブグラを購入したい場合は、個人輸入するしかありません。 一般的には、輸入代行業者が運営しているインターネット通販のショップで購入することになるでしょう。 女性版バイアグラと言われるラブグラは、日本国内だけではなく、世界中で人気があるため、偽物も市場に出回っています。 そんな偽物をつかまされないよう気を付けるべきポイントをあげてみました。 偽造品はブランドバックのコピーのように、とても精巧に作られており、本物と偽物を並べても、よく見ないと見分けがつかないくらいです。 また、そんなコピー商品は、医薬品とうたっていながら、不衛生な環境で、いい加減な成分を使い製造されている可能性もあるため、健康被害を引き起こす可能性があります。 アジャンタファーマというインドの会社はしっかりとした医薬品メーカーですので、正規品はクオリティコントロールをされています。 せっかく自分でお金をだして自分が飲むのですから、本物を手に入れたいですよね。 ブランドバックなんかは他の人が見てわからなければ良いと思う人はいるかもしれません。 しかし、医薬品は自分の体に入れる物です。 ラブグラの本物と偽物を見分ける方法として、水に溶かしてみる方法があります。 水につけて2分ほどで溶け始めたら本物です。 しかし、10分たっても溶け始めなかったら偽物になります。 正規品は水溶性が高いと言われています。 元々個人輸入で売っているサイトは通常価格よりは安いショップが多いのですが、販売価格が他のサイトと比較して安すぎないかも、見てください。 できる限り安く購入したいので激安、格安とキーワードを入れて調べたくなる気持ちはよくわかりますが、市場価格より極端に安い場合は、偽物だと疑うべきです。 本物(正規品)を仕入れているのに極端に安いという事はありません。 偽物が送られてくる可能性もありますし、実際に送ってこない可能性もあります。 PCの画面で画像を見ても偽物か否かを自己判断することは大変困難です。 画像は本物だとしても、偽物を送ってくる可能性もあります。 そこで、信用あるショップかどうか見極めるポイントとして、会社の実態や実績と信頼性はどうか、クレジット決済が可能かどうか、商品やショップに対する口コミや体験の内容はどうか、をチェックすると良いでしょう。 会社については、問合せフォームがまずはあるかどうか、問合わせをした場合にしっかりと対応されるのか、またその対応から判断することが可能だと思います。。 また、カード決済が可能で、日本語対応が可能な場合も、比較的信用できるショップと言えます。 日本で許認可を受けてない薬が日本国内で発送というのは法律上ありえません。 ですので日本で認可されていないラブグラが国内発送という事はあり得ません。 こういうチェックポイントさえもすり抜け、精巧にコピーされた薬は、見た目ではもはや判断することができないので、その結果実際に飲んでしまうことになります。 シルデナフィル(有効成分)があまり入っていないにもかかわらず、プラセボ効果で効いたような気持ちになっている方も多いという話しも聞きます。 その逆で、中には、シルデナフィル(有効成分)が過剰に含まれた偽物があり、心臓に相当な負担がかかってしまい、一番良くないケースでは死にいたってしまう場合があるようです。 もし自分で個人輸入をして、偽物のラブグラを購入してしまっても、実際は返品できませんし、輸入代行業者に対してクーリングオフの主張をすることができません。 残念ながら、泣き寝入りするしかないのです。 偽物を売っていたり、サービスが悪いサイトは口コミや、購入をしたのに偽物が送られてきた等のそのサイトの悪口が多く書かれているケースがあります。 日本には薬事法という法律もあり、医薬品に対し、「医薬品副作用被害救済制度」というものが適用されます。 これは、日本国内で、お医者さんに処方された医薬品や国内の市販薬を適切に服用したにもかかわらず、重篤な副作用が出た場合、「医薬品副作用被害救済制度」が適用され、治療費等が保障されます。 しかし、個人輸入で入手した医薬品でのトラブルはこの制度の保証対象外となり、自己負担での治療になります。 自分の体の為に買った薬が自分の体をダメにしてしまったらもったいないと思います。 ラブグラは、今よりも気持ちよくSEXがしたい方が購入する医薬品です。 その為には、飲むときの体調、飲み方も重要ですが、安全に正規品を手に入れる事がまず初めに行う事です。 ラブグラを安全に服用するために、服用する前に、知識として頭に入れておきましょう。 また、注意しなければいけない、飲み合わせてはいけない医薬品についてまとめました。 まず、ラブグラを服用した際に出る軽い副作用について、ご紹介いたします。 頭痛が、代表的な副作用になります。 個人差はありますが、有効成分シルデナフィルの血管拡張作用から来るものなので、誰にでも起こりうる症状です。 軽い頭痛があるのは、効果が出てきたとみても良いくらいでしょう。 有効成分が効き出すのが、30分から1時間後くらいなので、その頃から何となく頭痛がはじまります。 体内に成分が残っている間は、効果が持続している時間でもあります。 一般的に、その持続時間が3~5時間ほどですが、効果が弱まるのと比例して、頭痛も弱くなってきます。 そして、時間の経過とともに、症状がなくなっていきます。 顔が赤くなったり、熱っぽくなる顔のほてりも、軽い症状と言えるでしょう。 頭痛と同様に、症状の時間的な経過はほとんど同じです。 その他に、のどの渇き、動悸、めまい、消化不良、鼻づまり、視覚異常、不眠、下痢などの副作用があります。 有効成分シルデナフィルが血管を拡張する作用があるので、その影響で、動悸が起こることがあります。 また、めまいは、血圧低下によるものと思われます。 不感症という症状については、精神的なものが大きいと言われています。 服用することに対し、良い形で利用でき、良い効果を得られるように、パートナーとよく話し合うようにするとよいでしょう ラブグラはサプリメントではなく、れっきとした医薬品です。 時に、上記のような副作用があらわれたり、飲み合わせてはいけない薬の種類も結構指定されています。 副作用の症状があまりにも酷い場合や身体に異常が見られた場合は、服用を中止し、医師や薬剤師にご相談ください。 また、飲み合わせてはいけない薬として、心臓病を患っていて、ニトログリセリン系の医薬品を常用している方は、ラブグラを服用できません。 他に、狭心症の治療薬に含まれる硝酸剤(硫酸イソソルビドなど)、不整脈の治療薬や、抗不整脈薬 塩酸アミオダロン 、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬、抗真菌薬 性感染症治療薬など 、抗ウィルス薬 HIV治療薬など などの医薬品との併用は、禁忌されていますので、ご注意ください。 飲む薬によって飲み合わせてはいけないものは違います。 しっかりと知識を得たうえで飲むことが良い生活を送るうえで大切だと思います。 相性の悪い体質もあり、アレルギー体質の方はご注意ください。 特に、一度服用した際、かゆみや発疹などが出た方は、ラブグラの有効成分シルデナフィル、もしくは、薬の添加物に対して、アレルギー過敏症が発症したことも考えられます。 一度、医療機関で受診することをおすすめします。 服用できる容量は、1回において最高1錠100㎎までです。 初心者や小柄な日本人女性は、4分の1の25㎎から始めてみてください。 効き目がないと感じても、1回服用したら、次回まで必ず24時間をあけてください。 そして、次回に、2分の1の50㎎を服用するようにしてください。 あまり効かないからといって、過剰に摂取することや決してしないでください。 包丁やピルカッターを使用するように書いてありますが、きれいに割らないと粉々になってしまい、自分の飲んだ容量がわからなくなってしまいますので、ピルカッターで割る事をお勧めいたします。 ラブグラの有効成分シルデナフィルは、血管を拡張し、血流を良くする効果がありますので、血管や血流に関連した持病の方はもちろんのこと、アレルギー体質の方は服用自体禁止されています。 また、ほかに併用してはいけない医薬品も多く指定されています。 ラブグラの成分に対し、何らかのアレルギーを発症してしまった方は服用を控えてください。 たとえば、かゆみや発疹などのアレルギー症状が出てしまった方は、ラブグラの服用が禁止されています。 これはアレルギー薬疹と言うもので、アレルギー症状が強く出ると、高熱が出たり、リンパが腫れたり、肝機能障害に至るなど、様々な症状が出るからです。 ラブグラの服用をやめても、症状が悪化する場合もあるようですので、要注意です。 自分が飲んでみて何か良くないと思う事があれば即刻止めた方が良いと思います。 最初はピルカッターで半分にしたりして、自分にあった容量を見極めるのが重要です。 何も多く飲めば効くというものでは決してありません。 高血圧や低血圧の方もご注意ください。 高血圧の判断基準は、最大血圧が170mmHg以上、または最小血圧が100mmHg以上の方のことです。 低血圧は、最大血圧が90mmHg以上、または最小血圧が50mmHg以上の方のことで、この基準に当てはまる方の服用は禁止されています。 脳梗塞や脳出血や心筋梗塞を起こしたことがある方や、心臓や心血管の病気の方も服用できません。 性行為自体避けなければならない方も、性行為そのものが心臓に負担をかけるため服用を禁止されています。 重度の肝機能障害を患っている方も、肝機能が低下しているため、服用できません。 肝機能が低下していると、有効成分シルデナフィルの排泄に時間がかかり、成分の血中濃度が高くなる恐れがあるからです。 網膜色素変性症(視野が狭くなったり視力低下が進む症状)の方も、ラブグラ服用によって、病状が悪化する恐れがあるため、服用が禁止されています。 狭心症の治療薬に含まれる硝酸剤(硫酸イソソルビドなど)は、ラブグラと併用すると、低血圧を促し、ショック状態に陥る可能性があるため、大変危険です。 時に生命を脅かすことになりますので併用は厳禁です。 不整脈の治療薬や、抗不整脈薬 塩酸アミオダロン との併用は、心臓の働きに大変負担をかけてしまう恐れがあるため、禁忌です。 慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬は、併用すると急激な低血圧になり、大変危険です。 抗真菌薬 性感染症治療薬など 、抗ウィルス薬 HIV治療薬など との併用は、血中濃度を過剰に高めてしまうため、禁忌となります。 ニトログリセリン系の心臓病の薬も、血圧を急激に低下し、命の危険にさらされる恐れがありますので、併用は禁止されています。 薬ではありませんが、グレープフルーツやジュースも飲み合わせに適していません。 ご注意ください。 効き目が弱いからといって、ラブグラを過剰に摂取するのは危険ですので、1回の容量をきちんと守るようにしてください。 先ほども書きましたが飲めば飲むほど効くというものではなく自分に合った容量を服用する事が凄く大事です。 そのほか、医師から処方されている薬を服用されている方や、市販薬を服用している方は、かかりつけの医師や専門の医療機関に、併用しても問題ないか、よくご相談ください。 アフターピルとは、コンドームを付け忘れたり、コンドームが破れたり・・・など、何らかの事情で避妊に失敗したり、妊娠したくないセックスをしたときに、妊娠を避けるために飲む緊急避妊薬のことを言います。 性行為後、3日以内(72時間以内)に服用することで、妊娠を避けることができます。 そして、早く飲めば飲むほど、効果があります。 この薬は性行為後にどのタイミングで飲むかでその後の避妊成功率が変わってきます。 アフターピルは、排卵と受精卵の着床の両方を阻害するので、セックス後でも効果があります。 ですから、受精したとしても、その後の受精卵の着床を抑制するので、避妊できるのです。 ただ、受精卵が着床してしまうと、効果がなくなりますので、早めに服用することが必須です。 また、低用量ピルより、避妊率は劣ります。 その確率は、セックス後12時間以内に服用していると90%ほどで、72時間以内は70%ほどというように、時間の経過とともに、避妊成功率が下がっていきます。 早め早めの対応が肝心となります。 アフターピルを飲めば絶対安心ではないので、早めに飲むことが重要です。 また、アフターピルを服用することで、排卵が遅れ、その後のセックスで妊娠してしまうことがあります。 アフターピルが効いたかどうかについて、服用後すぐはわかりません。 月経が来て、その時にわかります。 生理が1週間以上遅れている場合は、婦人科を受診するか、妊娠検査薬で確認してみてください。 アフターピルの副作用としては、一時的に気持ちが悪くなったり、吐き気をもよおすなどの症状があります。 これは、24時間後にはなくなります。 では、ラブグラとアフターピルとの併用はどうかと言うと、低用量ピル同様、問題ありません。 と言うのは、アフターピルの成分は、低用量ピルのように、女性ホルモンが主成分だからです。 ですので、飲んではいけない方のタイプや、飲み合わせるのに注意が必要な医薬品も、低用量ピルとアフターピルは似ています。 妊娠している方、高血圧の方、糖尿病の方、1日35本以上も吸うヘビースモーカーの方たちは、アフターピルを服用してはいけません。 アフターピルには、併用すると、相互に作用してしまい、効果が半減したり、もしくは問題が起きたりする薬があります。 ペニシリン系やテトラサイクリン系(抗生物質)の薬、喘息を和らげる薬を常用している場合は、飲み合わせについて、医師に必ずご相談ください。 また、他の薬と同様に、グレープフルーツやその果汁も含めて、一緒に飲み合わせないようにしてください。 これら飲み合わせに注意しなければならない薬が、ラブグラとアフターピルは全く異なります。 つまり、相互作用されない医薬品同士になり、併用しても大丈夫ですが、同じような効果を期待できる薬だからと言って、飲み方や併用できるものが一緒と考えないでください。 ラブグラとアフターピルの併用は可能ですが、アフターピルの、そもそもの目的である避妊がきちんとできるように、セックス後妊娠が心配でしたら、すぐ飲むようにしてください。 何事も早めな対応としっかりとした準備で飲むようにしてください。 低用量ピルとは、女性ホルモンを含む医薬品で、経口避妊薬(飲むタイプの避妊薬OD薬とも言います)のことを言います。 これまで日本で使用されていたピルは、ホルモン量が多いため、副作用も問題になっていました。 1999年厚生省より、ホルモン量の少ない、低用量ピルが承認され、販売されることになりました。 女性がセックスをする際、避妊するために飲むのが、この低用量ピルです。 セックスで気持ちよくなりたいと思っている女性がラブグラを服用し、でも妊娠はしたくないと思って、この低用量ピルを併用することに関しては実際全く問題ありません。 ラブグラの有効成分であるシルデナフィルと、低用量ピルに含有している黄体ホルモンなどが、お互いに影響しあうことがないため、併用することによって効果が半減することはありません。 また、併用による副作用もないと考えて良いと思います。 ただ、低用量ピルも、ラブグラも、それぞれ特有の副作用がありますから、個別に起こる副作用は十分に考えられます。 その点は、いずれも医薬品であることから、仕方がないと思って、肝に銘じてください。 飲む容量を間違えて多く飲んでしまったり、他の薬と併用したり、アルコールを飲んだりして飲むことは絶対に避けてください。 低用量ピルの初期的な副作用は、気持ちが悪くなったり、頭痛がしたり、1-2kgほど体重が増えたり、不正出血という症状が出たりします。 大抵、飲み続けていると、これらの症状はなくなります。 低用量ピル自体飲んではいけないのが、高血圧の方や1日35本以上もタバコを吸う方、乳がんの疑いのある方です。 低用量ピルと併用するには、注意を要するものが幾つかあります。 副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)、抗うつ薬、抗けいれん薬(てんかんの薬)、抗アレルギー薬、インスリン、糖尿病の治療薬などです。 それぞれ、薬の作用が強く出てしまうので、医師の診断を受けてから、低用量ピルと併用するかを決めるようにしてください。 これらを見ると、低用量ピルの併用しないほうがよい医薬品と、ラブグラの禁忌されている医薬品が、全く異なることに気がつきます。 ゆえに、低用量ピルとラブグラが双方に反応しないので、併用しても問題ないということがわかります。 ラブグラと低用量ピルは、併用できますが、それぞれ飲むタイミングが異なることに気をつけてください。 ラブグラは、セックスをする約1時間前の空腹時に服用することで、一番効果を得ることができます。 しかし、低用量ピルは、毎日同じような時間に、1日1回飲み続けなければなりません。 1回忘れると1からはじめないといけません。 ついつい忘れがちになりますので、毎日の生活の中で組み入れるのが良いでしょう。 例えば、朝食後、就寝前、または歯磨き後などです。 セックスにおいて、女性は避妊が失敗したらどうしよう、という思いが常に頭にあります。 ラブグラを飲んで、セックスで思いっきり感じても、低用量ピルを飲んでいれば、妊娠することはありません。 こんな風に、2種類の薬と、うまくおつきあいできるといいですね。 毎日決まった時間に飲む低用量ピル、空腹時のセックス1時間前に飲むラブグラとしっかりと飲み方を注意してより良い生活を目指してください。 今までちゃんとピル飲んでいても、一日飲まなかっただけで生活が変わります。 是非、しっかりと計画性を持って飲んでください。

次の

ラブグラの正しい飲み方で、女性用バイアグラの効果を最大限に発揮しよう!

ラブグラ 正規品

【ジェネクリ公式】ラブグラとは? ラブグラ 女性の不感症 FSD を改善する為の女性用バイアグラです。 バイアグラというと男性用のイメージが強いですが、当然女性にもSEXに対する悩みは存在します。 男性用の場合は血流の増加によって勃起を促しますが、女性用の場合は性器周辺に血液が集まることで、普段よりも敏感になり、感じやすい状態を実現します。 性感度が上がりますから、オーガズムに達しやすくなり、分泌液が増えるのでSEXに伴う痛みの軽減にも効果があると言えるでしょう。 ラブグラはシラーバイオテクノロジーズが製造・販売しているウーメラというお薬のジェネリック医薬品になります。 更年期などの理由で膣分泌液が減少したり、仕事と家庭の両立でホルモンバランスが崩れたり、男性以上に女性はコンディションに左右されてしまいます。 ラブグラはこういった悩みの解消の為に開発され、膣分泌液が増える為に感じやすさが増し、これまで以上に満足のゆくSEXが可能になります。 また、クリトリスや性器周辺の血行が良くなることで、膣以外の部位の感度も上がり、普段と比べてオーガズムの深さも増すでしょう。 SEXによる幸福感は女性を美しくすると言われていますから、SEXの充実はとても大切です。 加齢による性感の減退は当然起きますが、ラブグラなどの女性用性感剤が充実してきましたので、是非この機会に如何でしょうか? ジェネクリのラブグラは100%正規品です。 安価の理由は先発薬と同じ有効成分で作られる為、開発費はもちろん販売活動費も抑えられるからです。 【ジェネクリ公式】ラブグラの服用方法 SEXの1時間ほど前に、水またはぬるま湯で服用して下さい。 【ジェネクリ公式】ラブグラの使用上の注意 出来るだけ空腹時に服用して下さい。 医師にご相談の上、ご使用下さい。 【ジェネクリ公式】ラブグラの副作用 ほてり、鼻水、動悸など.

次の