妊娠 中 お腹 の 張り と は。 妊婦のお腹の張りとは?原因は妊娠中期、後期で違う?解消法は?

妊娠中にお腹が張る…。お腹の張りの原因と対処法は?

妊娠 中 お腹 の 張り と は

【目次】• 妊娠初期の「お腹が張る」ってどんな感じ? 軽い生理痛に似た下腹部の痛み、引っ張られる(突っ張る)ような感覚、下腹部のチクチク感など... 妊娠初期のこのようなお腹の違和感や症状を、多くの妊婦さんは「お腹が張る」と表現するようです。 人によって感じ方や張り方が異なります。 詳しくご紹介します。 ・引っ張られる(突っ張る)ような感じ 脚の付け根から引っ張られる感じは、円靭帯と呼ばれる子宮を支える靭帯が引き伸ばされることによるもの。 脚の付け根からの痛みが「お腹が張る」と感じるかもしれません。 おしりの奥のほうや足の付け根、恥骨あたりが痛み「腰痛」と感じることもあります。 妊娠初期の腰痛についてはをご覧ください。 ・子宮が大きくなる時の「お腹の張り」 妊娠初期の「お腹が張る感じ」は、おもに子宮が妊娠したことで大きくなるために起こります。 子宮の筋肉が大きくなったり、伸びたり、また子宮への血流が増えることが原因です。 お腹全体(みぞおちから、おへそ辺り、下腹まで)が張っている感じがします。 ・下腹部のチクチク感・ピリピリ感 身体の中で子宮の筋肉が大きくなったり伸びたりするでなく、お腹が大きくなるにつれて表面の皮膚も伸ばされます。 下腹部あたりがチクチク・ピリピリするような突っ張る感じはこのためです。 これを「お腹が張る」と感じる人もいるかもしれません。 ・便秘やガスによる張り 妊娠中に分泌される「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の働きによって、腸の筋肉の動きを抑制してしまうため、妊娠初期は便秘が起こりやすくなります。 便秘やガスで「お腹が張る」と感じることも。 妊娠初期のをご覧ください。 ・お腹が全体がポーンと張る人も まだ妊娠初期なのにお腹全体がポーンと出っぱって、まるで幼児体型のようになることもあります。 これはホルモンの変化によるものです。 お腹が張ったように感じることがあります。 これらの症状は、妊娠で体が変化していくサインです。 生理現象ですので心配はいりません。 妊娠初期の、気を付けたいお腹の張り 妊娠初期の「お腹の張り」で気を付けたいのは、子宮の収縮による張りを感じる場合です。 子宮は筋肉でできた袋です。 収縮すれば、二の腕の"力こぶ"のように硬くなります。 お腹全体(みぞおちから、おへそ辺り、下腹まで)が張っているかも?という感覚ではなく、恥骨のすぐ上方あたり、つまり子宮のある部分だけが、ぎゅっと丸くボールのような硬さに感じられる時は 子宮が収縮している可能性があります。 下腹部(おへその下から恥骨の間あたり)を手のひらで触れて、お腹の柔らかさがいつもと違う・固く感じる時は、まず安静に。 横になれる場所なら横になるか、座って安静にしてください。 硬さがなくなって、他の症状がなければ様子を見てもよいでしょう。 妊娠初期に1時間に何回も「お腹の張り」を感じる場合や、同時に痛みも伴う、出血もみられるときは、病院・産院に連絡し指示を受けましょう。 子宮だけがぎゅっと固くなる感じが 横になったり座ったりして休んでも張りや痛みが収まらない• 1時間に何回もぎゅっと固い張りを感じる• 張りだけでなく、痛みも感じる• 妊娠初期から、病院の連絡先はすぐわかるところに保存しておきましょう。 妊娠初期症状に関する記事.

次の

初めてのマタニティ生活「お腹の張り」ってどんな感じなの?

妊娠 中 お腹 の 張り と は

「お腹の張り」って、どんな感じ? ~妊娠初期~ 妊娠初期(妊娠4週目から15週目頃)の多くの女性が感じるお腹の張りは、生理前や生理中に感じるお腹の張り方と似ているそうです。 妊娠が成立した女性の子宮は、赤ちゃんを守るために子宮内膜が分厚くなり、胎盤が作られていきます。 赤ちゃんの成長につれて子宮が大きく膨らんでいけるように、血液量も徐々に増加。 この時の状態を「下腹部に便秘時のような硬さを感じる」「下腹部が重くて、違和感がある」と表現するママもいるようです。 妊娠初期の腹痛で生理痛のような痛みがある場合、切迫流産の可能性もあります。 ただ、腹痛の痛みは、どこからの痛みなのかわかりにくいです。 そこで妊娠初期の腹痛の症状をまとめました。 初めての妊娠だと、それがただの「お腹の張り」か「切迫流産の兆候」なのか分からないことも。 ぜひ目を通していただきたい記事です。 「お腹の張り」って、どんな感じ? ~妊娠中期~ 妊娠中期(妊娠16週目から27週目頃)は、特にお腹が張りやすい時期と言われています。 子宮の中にいる赤ちゃんが急激に成長を始める時期でもあり、ほとんどの場合が生理的なもので、ママが体を休めることで治まるケースも多いようです。 頑張っているママに対して、赤ちゃんが少し休むようにサインを出してくれたのかも知れません。 また、妊娠中期は、子宮が大きくなるにつれて引き伸ばされる腹部の皮膚表面における突っ張り感を、お腹の張りと感じる妊婦さんもいるようです。 この時期のお腹の張りについては、「パンパンに膨らんだ風船のような張り」「子宮が硬く膨らんだかと思うと、急に縮んでいくような感覚」という表現をよく見かけます。 「お腹の張り」って、どんな感じ? ~妊娠後期~ 妊娠後期(妊娠28週目から39週目頃)に入ると、子宮が頻繁に収縮するようになります。 子宮が陣痛や出産に備えた練習を始めるようになるので、「お腹の張り」も急激に増えていくことでしょう。 先週半ばからお腹の張りが頻繁になるし本当に動悸も始まった。 歩きたいように歩けないし、お腹が大きく膨らんでることを不快に感じたりこちらの都合お構いなしの胎動が嫌になったりすることもある。 そういうときはいつまで続くんだろう早く産んじゃいたい、と思ったりもする。 妊娠後期初期の記録。 妊娠後期は、お腹の張り以外にも、激しい動悸や息苦しさに悩むママが多いようです。 多分天気のせいだけど、昨日からお腹の張りがすごい。 はー妊娠後期ってこうも疲れるのですねー…。 なんかもう安定期ほど動けないし、やる気も全然出ない。 旦那さんのお弁当作ったり、部屋の片付けしてる妊婦さん本当尊敬する。 特に、正期産(妊娠37週目以降)に入ると、今までとは比べものにならないほど、お腹が大きく前に突き出てきます。 お腹の張り方や頻度も増していくので、「まさか陣痛では!?」と勘違いしてしまう妊婦さんも少なくないようです。 妊婦さんのお腹が張る原因とは? お腹の張る原因は、以下にある3つの可能性が考えられます。 子宮収縮 妊娠中に感じるお腹の張りで、一番多い原因が「子宮収縮」によるもの。 子宮の筋肉は、ママが感じる緊張やストレス、冷え等で収縮するようになっています。 張りを感じたら、安静にして体を休めましょう。 前駆陣痛 正期産と呼ばれる時期に入ると、母子ともに出産の準備に入ります。 前駆陣痛は、不規則な収縮を繰り返し、同時に腹痛や腰痛を伴う人もいるとか。 陣痛との大きな違いは、間隔がバラバラで張りや痛みが強くなることがないという点です。 便秘 妊娠中は、今までなかったホルモンの変化により、腸の動きが鈍くなり、便秘になりやすいと言われます。 便秘によるお腹の張りを感じるママも多いことでしょう。 便秘になったら、水分をしっかり摂り、軽いストレッチやウォーキング等をして腸を動かすようにしましょう。 妊娠中にお腹の張りを感じた時の対処法とは? お腹に張りを感じたら、自分が楽に感じる姿勢で安静にするのが一番! 「お腹の張り」は、ほとんどの妊婦さんが感じる生理現象なので、過剰反応する必要はありません。 管理入院は不安かも知れませんが、赤ちゃんを無事に産むために、ママも頑張ってくださいね! ただし、出血や激しい痛みを伴う張り、安静にしていてもなかなか治まらない張りは危険サインの可能性も。 少しでも違和感を感じる張りを感じた場合は、迷わずに受診してくださいね。

次の

初めてのマタニティ生活「お腹の張り」ってどんな感じなの?

妊娠 中 お腹 の 張り と は

見出しで拾い読みする?• 「危険な張り」の症状は? 妊娠初期(妊娠4週から15週) 妊娠初期におなかが張ったように感じるお母さんは多くいらっしゃいます。 ほとんどの方は子宮の成長にともなって、おなかが引っ張られているような痛みや軽い生理痛のような下腹部痛を感じるようです。 これらは 体が変化しているというサインであることが多いです。 あまり心配しなくてもいいようですね。 おなかの張りや痛みは程度の差はあるものの、妊娠中誰でもが何らかの形で感じるものです。 心配ない場合がほとんどです 出典: また、立ちっぱなしなど長時間同じ姿勢でいるときや、便秘や疲労、冷え、つわりによる嘔吐からお腹が張ったように感じることもあります。 ただし、• 30分以上張りが続く• 横になっても治らない• 重い生理痛のように痛む• 性器付近から下腹部までぴりぴりと痛む• 出血がある• 横になると治るが動くと痛みがぶり返す• 1時間に何度も張ったように感じる 上記にひとつでも当てはまる場合は何かが起きている可能性があります。 切迫流産や絨毛膜羊膜炎の兆候がある場合は赤ちゃんに影響が出てしまいますので、横になっても張り・痛みが治らないなど 上記に当てはまるときは病院に指示を仰いでくださいね。 30分以上張りが続いたり、痛みや出血を伴う場合は、• 早産の兆候がある切迫早産• 胎盤が剥がれて母子ともに危険な状態になる常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり) などの可能性があるため、すぐに病院に連絡しましょう。 出典: 下腹部痛がある、出血量が増えてきた等の症状があれば、病院へ連絡し受診してください。 出典: 流産は下腹部痛や出血で始まります。 これらの兆候があったら安静にしてください。 おさまらなければすぐ病院へ。 出典: 妊娠中期(妊娠16週から27週) 子宮が大きくなり、張りが分かりやすくなる時期です。 とくに妊娠20週になると子宮の大きさはおへそ付近まで大きくなるのでおなかの張りを感じやすくなる方が多いようです。 今まであったつわりなどの不快症状が緩和され、 体が動くからと無理をするとおなかが張りやすくなりますから気をつけてくださいね。 微量でも出血がある• 横になるなど安静にしても治らない• おなか全体がバレーボールのようにガチガチに固くなる• 1時間に何度も張る(周期的な張りを感じる)• 横になると治るが動くと張りがぶり返す• 胎動を全く感じない• おりものの様子がいつもと違う 上記にひとつでも当てはまるときは何かが起きている可能性があります。 子宮が大きくなると冷えや胎動など様々な刺激で子宮の一部が張ることがあり、これは 生理的なものであることが多いようです。 しかし、おなか全体がガチガチに張るときは注意してください。 また、この時期は「切迫流産」「切迫早産」と診断されるお母さんが増える時期でもあります。 微量でも出血があった場合や胎動を全く感じないときは病院に連絡しましょう。 もしも 激痛があったり大量出血をしたりしたときは救急車を呼んでください。 妊娠中期以降 少量の出血でも必ず受診したほうがよい 出典: 必ず連絡していただきたいのが、以下のいずれか1個でも当てはまる場合になります。 A)出血(茶色・黒色なども含みます)がある場合 B)休んでいても何回も繰り返して(特に10分以内に繰り返して)痛い場合 C)すごく痛くて冷や汗が出たり、意識がもうろうとするような場合 出典: 妊娠後期(妊娠28週から39週) 妊娠28週から35週 後期になると、赤ちゃんの成長に伴っておなかも張りやすくなります。 とくに妊娠28週から30週にかけて赤ちゃんは急成長しますので、おなかが張ると感じるお母さんが多いようです。 張りを感じたら休むように心がけてくださいね。 横になっても治まらない• 張りの持続時間が長い• 1時間に何度も張りが起こる• 強い痛みを感じる• 出血がある• おりものの様子がいつもと違う• 胎動を感じない 上記にひとつでもあてはまるときは何かが起きている可能性があります。 お産は子宮収縮が周期的に起こり、子宮口が開いていくことで進みます。 この状態が妊娠36週より前に起こることは「危険」とされています。 そのときは 早産のおそれがあるようです。 妊娠30週以前なら1時間に3回以上、30週以降なら5回以上おなかの張りを感じるようなら病院に相談したほうがいいでしょう。 また、破水したときや子宮口が開いたときにはおりものが水っぽくなったり糸を引いたりすることがあります。 おりものの様子がいつもと違うときも注意が必要です。 強い痛みがある・胎動を感じない・出血があったなどの場合は大きなトラブルが起きた可能性もありますから、すぐ病院に相談してくださいね。 子宮収縮の回数が一日10回以上、以前に早産の経験がある、或いは出血を伴うことがあれば早めに診察を受けてください。 出典: 早産のときは、張りがしだいに強くなり、痛みとして感じるようになります。 出血量はそれほど多くありません。 もしこのような症状があれば、すぐ病院に連絡してください。 出典: 1日10回以上、頻繁にお腹が張るときは必ず受診してください。 出典: 妊娠36週以降 予定日が近づいてくると不定期ながらおなかが頻繁に張るようになります。 これは前駆陣痛とよばれるもので、陣痛のための ウォーミングアップです。 このまま本陣痛へとシフトすることもあれば嘘のように治まってしまう場合もあります。 出産準備のための生理的なものですから心配しなくても大丈夫です。 ですが、• 横になっても治まらない• 出血が続く• 張りの持続時間が長い(ずっと張っている)• 強い痛みを感じる• 胎動を感じない• おりものの様子がいつもと違う にひとつでも当てはまったら病院に相談してください。 とくに出血と長く続く痛みがあった場合は「常位胎盤早期剥離」が疑われることもあります。 起こる頻度は低く 全体の0. 3%~0. 9%程度といわれるものですが、赤ちゃんがおなかにいるうちに胎盤が剥がれてしまうので危険です。 心配な場合は遠慮せず病院に相談しましょう。 さらさらと流れ出る出血や持続するおなかの痛みがあれば、異常も考えられます。 必ず連絡してください。 出典: おなかが張ったときの対処法• まずは椅子に座る• 深呼吸をしてみる• 出血があるか確認をする• 横になって安静にする• 病院に相談してみる おなかが張ったらまずは座って深呼吸をし、体を休めることで張りが解消されるか確認してください。 そのときおなかや足の付け根を圧迫しないように 背もたれやクッションに体を預けるように座るとよいですよ。 やや足を開き気味にすると子宮への血流が良くなり、子宮収縮が治まりやすくなるといわれています。 また、出血があった場合はすぐに病院に連絡して指示を仰いでくださいね。 座っても張りが治まらないように感じた場合や、治まっても動いたら張りが戻ってきた場合は横になって安静にしてください。 このときおなかを圧迫しないように「シムスの体位」を取ることをオススメします。 体を丸めすぎると逆におなかを圧迫してしまうので気をつけてくださいね。 足にクッションを挟んで横向きに寝ることも力が抜けやすくなるのでよいと思います。 これで治らないときは病院に連絡して指示を仰いでください。 治っても心配な場合は病院に相談してみてくださいね。 病院では、• いつから張りがあるのか(痛いのか)• どんなふうに痛むか• 1時間にどれくらい張るのか• 出血があったか• おりものに何か変わったことがなかったか• 具体的にどこが張っているか(痛いか)• 破水など他にも症状がないか を聞かれることがあります。 いざ受診したときに慌てないように頭の中で整理したり メモに取ったりすることをオススメします。 そもそも張りとは? おなかの張りの原因 子宮は筋肉でできた袋です。 妊娠すると、子宮は赤ちゃんの成長に合わせて筋肉が伸びたり縮んだりを繰り返しながら大きくなっていきます。 この筋肉の収縮がいわゆる「おなかの張り」であり、生理的なものですので特に 心配がいらないものが多いです。 他にも• 赤ちゃんの胎動• 体の冷えによる血行不良• ストレスによる血行不良• 疲労 ・性行為による刺激• 腹部への物理的な刺激• 乳首(おっぱい)マッサージ などでおなかが張ってしまうこともあります。 出血がない、横になって休めば治まる、治まった後で胎動を感じる場合は問題がないことがほとんどです。 靴下を履いたり温かいものを飲んだりと 体を温めて血行をよくすることでおなかの張りを解消できることもありますのでよかったら試してみてください。 また、乳首をマッサージすると子宮収縮を促すホルモンが分泌されます。 張りやすい方は控えたほうがよいかもしれません。 助産師さんや医師に確認を取ることをオススメします。 妊娠中はプロゲステロンというホルモンは出ています。 黄体ホルモンとも呼ばれるもので 妊娠を維持する働きがありますが、逆に 腸の運動を鈍らせてしまいますので便秘に悩まされてしまう妊婦さんが多いです。 この便秘をおなかの張りと感じてしまう方もいます。 子宮収縮とは別物ですが、つらいときもあります。 特に痛みを伴う場合は医師に相談してくださいね。 妊娠に影響しない便秘薬を処方してもらえますよ。 おなかの張り セルフチェック• 頭、腰、背中にクッションを挟み、体を30度くらい傾斜させて仰向けになる• 足は楽な姿勢をとる• 子宮のある場所を優しく触る *仰向けになるのが辛い場合は横向きでもよいです。 張りが分かりやすい20週以降に行ってください。 子宮のある場所を触ってみて固いときはおなかが張っているかもしれません。 このとき力を入れて触るとおなかが張ってしまうので注意してくださいね。 おなかの張りが気にになる時期に ちょっと先の話になりますが、哺乳瓶を使われる予定でしたらつぎの記事は参考になるかと思います。 人気の消毒方法のお話です。 今回は、妊娠中のお腹の張りのお話しでした。 妊娠中、どんな時期でもおなかがカチカチに張ると赤ちゃんに影響がないか心配になってしまいますよね。 私も初期からずっとおなかの張りに悩まされていました。 仕事や家事、お出かけなど やりたいことができないおなかの張りですが、これも妊娠しているときだけのことです。 張ったら休む、張らないように体を温めたり安静にしたりする・・・など 赤ちゃんのペースに合わせながら生活していってくださいね。 \ SNSでシェアしよう! / らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの 注目記事を受け取ろう•

次の