ゆうゆうめるかりびん。 【手順画像あり】ゆうゆうメルカリ便をローソン(コンビニ)から発送する手順と方法【スマホ操作手順とLoppi端末の使い方を画像ありで詳しく解説】

らくらくメルカリ便

ゆうゆうめるかりびん

配送状況の確認ができる• 宛名書きは不要• 匿名配送に対応• 紛失や破損等の配送トラブルが生じた場合、メルカリが代金を全額補償• 自宅以外の郵便局やコンビニ、はこぽすでも受取可能 らくらくメルカリ便と似ていたりもしますが、A4サイズの配送料金は、ゆうゆうメルカリ便のほうが安かったりと微妙な違いがあります。 (ちなみにらくらくメルカリの最安は税込195円です。 ) 匿名配送に対応したゆうパケットが使えるというのは便利ですよね? 全額補償付きというのも魅力的です。 また、自宅に商品が届いてしまうと都合が悪い場合は、 郵便局やコンビニ、日本郵便の宅配ロッカー「はこぽす」で受け取ることもできるため、同居している家族などに商品が届くのを知られたくない人にとっては便利なサービスではないでしょうか? スポンサーリンク 匿名配送のやり方 私のそうなんですが、とくに女性のメルカリユーザーさんにとって匿名配送は便利ですよね? 女性に限らず見ず知らずの他人に自分の個人情報を教えることに抵抗のある人というのは、結構いたりするものです。 そういった人たちにとって、ゆうゆうメルカリ便の匿名配送は安心できるサービスだったりします。 ところで、ゆうゆうメルカリ便の匿名配送のやり方なんですが・・・ メルカリに商品を出品する際に配送の方法でゆうゆうメルカリ便を選択するだけでOKです。 ゆうゆうメルカリ便を選択すれば勝手に匿名配送になります。 しかし、注意して頂きたいのは、 購入者さんが支払いを完了後に配送方法をゆうゆうメルカリ便に変更した場合、匿名配送はできないということです。 基本的にメルカリでは、支払いが完了してしまうと出品者さんには、お届け先の情報として購入者さんの氏名や住所が表示されてしまう仕様になっていますからね…。 ゆうゆうメルカリ便の料金表(サイズ別) ゆうゆうメルカリ便というと、全国一律175円から荷物が配送できるという部分ばかりが取り上げられたりもしますが、その他のサービスも充実しています。 気になる料金は以下のとおりとなっています。 100サイズを超えてしまう場合は、160サイズまで対応しているらくらくメルカリ便を利用すると良いでしょう。 メルカリ限定ではありますが、上記のサービスが通常よりも安い料金で利用できる理由については、メルカリと日本郵便の業務提携によって通常の「ゆうパケット」および「ゆうパック」との差額分はメルカリが負担することで、全国どこでも通常料金よりお得に利用できるとのことです。 スポンサーリンク ゆうゆうメルカリ便の送料の支払い方法 ゆうゆうメルカリ便で商品を発送する際にかかる 配送料金に関しては、購入者さんが受取評価をして取引完了後、販売利益から自動的に差し引かれるようになっているので、コンビニや郵便局などで支払う必要はありません。 メルカリでは購入者さんが受取評価を完了しない限りは、出品者さん側の売上金も反映されないため、その商品の発送にかかったゆうゆうメルカリ便の送料も支払われない仕様となっています。 出品者さんと購入者さんがお互いに評価を完了してはじめて出品者さんの売上金からゆうゆうメルカリ便の料金が自動的に差し引かれます。 ゆうゆうメルカリ便の利用方法 ゆうゆうメルカリ便の利用方法についてですが、大きく分けて商品を発送する際の利用方法と、受け取る際の利用方法があります。 手続きの仕方などがそれぞれ若干異なる部分もあるので、あらかじめ把握しておくと良いでしょう。 基本的に利用するサービス毎にひとつひとつステップに分けてその手順を説明していきます。 出品商品の配送手段としてゆうゆうメルカリ便を利用する場合 商品を出品する際に、配送手段としてゆうゆうメルカリ便を利用する場合の手順です。 送料込み(出品者負担)で商品を出品• 配送の方法でゆうゆうメルカリ便を選択• その他の商品情報を入力して出品完了• 商品が売れたらコンビニ(ローソン)または郵便局を選択後、商品サイズを入力して2次元コードを表示• 配送先のコンビニ(ローソン)または郵便局に商品を持ち込んで、それぞれに設置された端末に2次元コードを読み込ませて手続きをする• コンビニ(ローソン)のレジまたは郵便局の窓口で配送手続きを完了• 商品の発送通知を完了すると取引画面で配送状況が確認できるようになる• 配送料金は、取引終了後に販売利益から差し引かれる ゆうゆうメルカリ便を利用する出品者が注意すべきこととは? 出品者として商品の配送方法でゆうゆうメルカリ便を選択する場合、いくつか注意することがあります。 主な注意点を挙げると以下のとおりです。 ゆうパケットは、商品代金300円以上から利用可能• ゆうパックは、商品代金1000円以上から利用可能• ゆうパックは、最大100サイズまで利用可能 とくにゆうパケットを利用する際には、A4サイズの規定についてきちんと理解しておく必要があります。 簡単に言うと、A4サイズの封筒に入って、なおかつ厚さが3cm以内ということです。 ゆうゆうメルカリ便を配送方法に設定できる最低出品価格• メルカリでの商品の梱包については以下の記事で解説しているので参考にしてみてください。 ゆうゆうメルカリ便だからといって、何か特別な梱包方法があるわけではありません。 梱包に使用するダンボールもアマゾンや楽天で買い物した時のものを再利用しても構いません。 また、こだわりたいのであれば、全国の郵便局で販売されているメルカリのロゴ入りダンボールを使用しても良いでしょう。 ローソン、ミニストップでの受け取り方 ゆうゆうメルカリ便で発送された商品の受け取りが可能なコンビニは、現時点ではローソンおよびミニストップとなっていて店舗に設置されたLoppiから手続きを行います。 受取手続きに必要なLoppiの操作も踏まえて以下の手順で商品を受け取ってください。 受取場所 受取期限 郵便局・コンビニ 店舗到着の翌日から7日以内 はこぽす 店舗到着のお知らせから3日以内 利用できない郵便局もある? ゆうゆうメルカリ便は、日本郵便によるサービスなので一見、全国の郵便局で利用できるように思えますが、とくに 小規模な郵便局では受け取りのみ可能で発送には対応していないところもあるようです。 どこの郵便局がゆうゆうメルカリ便の発送に対応しているかを調べる際には下記の記事を参考にしてみてください。 また、コンビニからの利用に関してなんですが、 発送に対応しているコンビニは現時点ではローソンだけで、ローソンとミニストップの両方が利用できるのは受け取りの場合となっています。 なので、 ミニストップからは受け取りできても発送はできないので注意してくださいね。 今後、利用できる場所が拡大されるかも知れないので、常に動向をチェックしておきましょう。 ゆうゆうメルカリ便を利用するにあたっての注意 ゆうゆうメルカリ便においての以下の条件に該当するのであれば注意が必要です。

次の

ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケット)とクリックポストの違い【比較】

ゆうゆうめるかりびん

ゆうゆうメルカリ便の受け取り方法|郵便局での受け取り方法とは? 郵便局に到着したら担当窓口の職員さんにスマホ画面(取引画面)を提示するか、 郵便局窓口受取確認書を記入します。 郵便窓口のスタッフが慣れていないと(?)手間が掛かることが予想されます。 私の体験談からお伝えします。 荷物を受取るのはとても簡単です。 窓口が込んでいなければ数分~で荷物の受取りは完了します。 通常は荷物の受取に来た旨を窓口に伝えると思います。 また、「郵便局窓口受取確認書」の用紙を探すかと思います。 もし記入する用紙などが見当たらない場合は、窓口に尋ねると思います。 この際にゆうゆうメルカリ便に付いてあまり詳しくない職員さんだと、 この部分で時間を要してしまう恐れがあります。 ゆうパケット、ゆうパックを受取りに来た。 このような部分をシンプルに伝えれば良いと思います。 私の場合は、営業時間の5時に間に合わなかったので、ゆうゆう窓口へ行きました。 窓口対応をしてくださった人が、職員なのかアルバイトスタッフなのかは不明でした。 荷物を受取る際に、取引画面や受取りの書類(紙)を下さいとお伝えしたりしましたが、 荷物が目の前にあるのにも関わらず中々な受取ることができませんでした。 つまり郵便局窓口受取確認書の存在や取引画面を提示しての荷物の受取り方法に慣れていなかったと思われます。 約15分ほど経過した頃、疲れて来てので、奥へ消えていたスタッフをもう一度呼びました。 私は郵便スタッフでないので、内部の処理の仕方は不明です。 もしかしたら、読み取りのバーコード等、何か不具合が出ていたのかも知れません。 窓口担当の方によっては、時間のロスになる懸念があります。 その点を注意点の体験談としても付け加えさせて頂ければと思います。 急いでいる時だと意外にこの時間のロスはボディに効きます。 初めて受取りに行く場合には、念のためこのような事態も想定しておくと安心です。 ななし様コメントありがとう御座います。 ななし様のご意見通り「免許証などを求められます」。 記事は一部訂正させていただきます。 勘違いしてしまいました。 ご指摘頂きまして助かりました。 ありがとう御座います。 体験談として補足させて頂きます。 コンビニでの時ですが、免許証などを求められませんでした。 コンビニの場合には、人によって対応が異なるケースもあるのかもしれません。 今回なぜか勘違いしてしまった原因があります。 今回の体験談も免許証を求められました。 ただ、受取の際の最後の最後で取りあえず・・・的な雰囲気で求められた印象でした。 そのため、ゆうゆうメルカリ便での荷物は、免許証などの身分証が必ずしも必要ないものと捉えてしまいました。 ps、ななし様のコメントの通り通常は免許証などが必要になると思います。 言葉足らずの部分もまだあるかと思いますが、最後までお読み頂きましてありがとう御座いました。

次の

ゆうゆうメルカリ便の届く日数は?発送方法と料金も解説!

ゆうゆうめるかりびん

「ゆうゆうメルカリ便とらくらくメルカリ便の違いについて、何だかよくわからない…。 」 …というメルカリユーザーさんもわりといるみたいです。 「ゆうゆうメルカリ便」と「らくらくメルカリ便」って名称も似ていて、とくにまだメルカリを利用して日が浅い初心者ユーザーさんにとっては、パッと見の違いもわかり難く、どんな時にどちらのサービスを利用すればいいのか戸惑うこともあったりするかも知れませんよね? 匿名配送や宛名書き不要だったり、コンビニから発送できたりといった感じで、サービスの内容も類似している部分も多く、困惑する人も結構いるのではないかと思います。 ・・・ということで、今回は、「ゆうゆうメルカリ便」と「らくらくメルカリ便」を比較することで、その違いについてお話していきます。 これを読んできちんと理解して頂ければ、迷った時にどちらを利用したら良いか?判断材料になるんじゃないかなと。 「ゆうゆうメルカリ便」や「らくらくメルカリ便」を利用する場合は、参考にして頂けたら幸いです。 ゆうゆうメルカリ便とらくらくメルカリ便の共通点• 宛名書き不要• 匿名配送ができる• 商品の配送状況が確認できる• 配送トラブルが発生した時はメルカリが全額補償 上記は、ゆうゆうメルカリ便とらくらくメルカリ便の共通点です。 基本的に配送方法の設定の仕方も出品画面で選択するだけで、自動的に匿名配送となります。 発送手続きもスマホの2次元コードを読み込んで行います。 日本郵便かヤマト運輸か?運送会社とサービスの違いを比較 「ゆうゆうメルカリ便」と「らくらくメルカリ便」の最もわかりやすい違いは、何と言ってもサービスを提供する運送会社の違いですね? ゆうゆうメルカリ便は日本郵便、 らくらくメルカリ便はヤマト運輸による配送サービスを利用することになります。 基本的にはそれぞれの運送会社で用意されているサービスをメルカリユーザーさん限定で、通常よりもオトクに利用できると考えて頂ければわかりやすいのではないでしょうか? では、「ゆうゆうメルカリ便」と「らくらくメルカリ便」それぞれで利用できる配送サービスについて簡単に説明します。 ゆうパケット• ゆうパック 上記のサービスの用途についてですが、基本的にゆうパケットは小さくて軽い商品(A4サイズ)の発送に向いていて、ゆうパックは主に中型商品の発送に向いているといった感じです。 ゆうゆうメルカリ便のゆうパックは、最大100サイズまでしか対応していないため、100サイズを超える大型商品の発送には利用できません。 なので、小型サイズはゆうパケット、中型サイズはゆうパックが最適です。 ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットは、全国一律175円(税込)で発送できるので、全国一律195円(税込)のらくらくメルカリ便のネコポスよりも安くてオトクだったりします。 ゆうゆうメルカリ便については下記の記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。 らくらくメルカリ便で利用できるヤマト運輸の配送サービス らくらくメルカリ便で利用できるヤマト運輸のサービスは以下の3つとなります。 ネコポス• 宅急便コンパクト• 宅急便 ネコポスは、A4サイズに収まる商品を発送する際に便利なのですが、厚さが2. 5cmまでというのが条件です。 ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットが厚さ3cm以内までOKなので、比較してみると料金および条件ともにネコポスは、あまりオトクとは言えません。 A4サイズに収まるCD、DVD、ゲームソフト、本、トレカなんかは、らくらくメルカリ便のネコポスよりも、ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットで発送したほうが、料金的にも条件的にも良いと言えます。 宅急便コンパクトは、宅急便とネコポスの中間に位置するサービスです。 宅急便は、60~160サイズまで対応しているので、比較的大きな商品を発送する際にも利用できて便利です。 先ほども触れましたが、 ゆうゆうメルカリ便のゆうパックは最大100サイズまでしか対応していないため、100サイズを超える商品の発送には、らくらくメルカリ便の宅急便を利用するのが良いとメルカリのガイドにも書かれていました。 らくらくメルカリ便について詳しくは、下記の記事で解説しているので参考にしてみてください。 また、らくらくメルカリ便には大型商品に特化した大型らくらくメルカリ便というサービスもあります。 大型らくらくメルカリ便は、ベッドや家具、洗濯機、冷蔵庫などの大型商品の発送に最適な配送手段です。 宅急便のサイズと料金表 60サイズ 2kgまで 700円 税込 80サイズ 5kgまで 800円 税込 100サイズ 10kgまで 1,000円 税込 120サイズ 15kgまで 1,100円 税込 140サイズ 20kgまで 1,300円 税込 160サイズ 25kgまで 1,600円 税込 A4サイズに収まる商品の発送は、ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットが最安値で、60~100サイズまでの料金自体はどちらも同価格となりますが、 重さの規定が違うのでご注意ください。 たとえば、同じ60サイズの商品を発送するにしても、宅急便は重さ2kgまでしか対応していませんが、ゆうパックは25kg以内までOKです。 どちらを利用するかは、発送する商品の重さも加味して考える必要があります。 100サイズ以上の商品を発送する場合は、ゆうパックは対応していないため、必然的に宅急便を選択することになります。 今後、変更の可能性もあることをご理解ください。 ゆうゆうメルカリ便は、小規模郵便局では商品の受取のみ可能となっていて、発送には対応していない場所もあるので、ご利用の際には気をつけてください。 一度、最寄りの郵便局に問い合わせてみると良いでしょう。 自宅の近所に発送可能な場所がどれだけあるかをあらかじめチェックしておくと便利です。 また、どうしてもらくらくメルカリ便を利用しなければならない時は、発送場所が近所になくても集荷サービスが利用できます。 らくらくメルカリ便は集荷サービスが利用可能というのも、らくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便の大きな違いのひとつと言えます。 商品を受け取ることができる場所の違い これまで主に出品者側の立場で、ゆうゆうメルカリ便とらくらくメルカリ便を利用することについて書いてきましたが、商品の受け取りにおいても違いがあります。 それぞれのサービスで発送された商品を受け取ることができる場所は、以下のとおりとなっています。 配送サービス 商品の受け取り方法 ゆうパケット(ゆうゆうメルカリ便) ポスト投函 ネコポス(らくらくメルカリ便) ポスト投函 ゆうパック(ゆうゆうメルカリ便) 対面による手渡し 宅急便コンパクト(らくらくメルカリ便) 対面による手渡し 宅急便(らくらくメルカリ便) 対面による手渡し なお、ゆうゆうメルカリ便、らくらくメルカリ便で商品を発送する場合は、説明文に「ゆうゆうメルカリ便で発送します」だけでなく「ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットでの発送となるため、商品はポスト投函でのお届けとなります。 」ときちんと記載しておいたほうが後々、購入者さんの誤解によるトラブルが発生し難いのではないかと思います。 中には無知な購入者さんもいますからね…。 とくにポスト投函での配達の場合は、ポストを見ない人もいるので念のため、事前に知らせておいたほうが良いでしょう。 A4サイズの商品を発送するのであれば、ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットが安い• 60~100サイズの商品を発送する際には、らくらくメルカリ便の重量規定に注意 (ゆうパックは一律25kg以内)• 100サイズ以上の商品を発送する場合は、らくらくメルカリ便、もしくは大型らくらくメルカリ便を利用• ゆうゆうメルカリ便とらくらくメルカリ便の発送場所が近所にあるかどうか把握しておくこと• らくらくメルカリ便は、発送場所が近所になくても集荷サービスを利用できる• らくらくメルカリ便で発送された商品の受け取りは自宅のみ、ゆうゆうメルカリ便は自宅以外でも可能• ゆうゆうメルカリ便、らくらくメルカリ便それぞれの最低出品価格には注意• ゆうゆうメルカリ便とらくらくメルカリ便の配達まで日数は、発送先住所までの距離によってはらくらくメルカリ便のほうが早い その他の配送方法についても下記の記事で解説しているので、是非、参考にしてみてください。

次の