魔神の侵攻。 雪夜にアイギス。 : 竜人の侵攻:三人の王 神級【復刻ミッション】

【アルカナ・マギア】魔神戦キャンペーンが開始されたゾ!力を合わせて強敵に挑もう!!

魔神の侵攻

第二節:博物館・警戒する炎節 夏は人がたくさん死ぬ季節だから。 太陽は街を焼き、根付いた怪異がモルグ市を襲う。 異界バンドマン、怪物の面影、シらマナ、病床の箱庭、ナイトミュージアム、動物園。 中編「ダストコ」では回収員は身分を偽り宗教団体に接触、騒動に巻き込まれる。 第三節:回収員・窓5つから見る平穏 各回収員視点で、それぞれの想いを覗き見る読切章。 または語りそこねた番外編や過去話など。 置き傘事件、赫笹、シェイプシフター観察。 第四節:博物館・枯れ染まる白帝の地 陽の恩恵が失われはじめる秋の話。 未だ隣に坐する神、暗躍する渡り鳥の群れ。 セキュリティの問題、なりものいり、オズのアタッシュケース… 【OTHER】 (web公開中) 小説同人誌「らくえん館の殺神」 ハッシュタグ.

次の

【アルカナ・マギア】魔神戦キャンペーンが開始されたゾ!力を合わせて強敵に挑もう!!

魔神の侵攻

スポンサード リンク 魔神転生2 攻略ストーリー AD 1995 TOKYO 冬 全てがそこから始まった。 いや、これはもうずっと前に決まっていたことだったかもしれない。 「防衛庁科学技術研究室」の文字が見えるモニターの中に浮かび上がり、起動するプログラム。 ・・・「DIO system」・・・。 緊急回線から、ナオキ〜この物語の主人公だ〜に、信じられない内容の連絡が入る。 「サキホド ケンキュウジョニテ ゲンインフメイノ バクハツジコガ ハッセイシキデンノ リョウシンハ ナクナラレタ シキュウ ケンキュウジョマデ コラレタシ」 その事件を境目として、ここ文明の象徴とも言える大都市TOKYOは、一人の男率いる悪魔の軍団の襲撃で電撃的に占領。 魔都と化した。 新たな支配体制に置かれるTOKYO。 だが、異形の者を前にしてもなお、抵抗する者達もまた、存在した。 それらは徐々に集結し、再びTOKYOに冬が訪れる頃、一つの対悪魔組織を作るに至った。 ・・・パルチザン。 革命の象徴たる槍の名を冠するその組織は、苦戦しながらも統制の乱れてきた悪魔の隙をみて決起。 そんなとき、一人の青年が入隊した。 ナオキだった。 両親の不可解な死の謎を追うため、それと何らかの関わりがあると思われる悪魔侵攻事件に関わることで、少しでも手がかりを得たい、と思ったためだった。 入隊早々、パルチザンのリーダーであるカオル、そして悪魔侵攻の後行方不明の妹を探すうち、悪魔に襲われ、そこをカオルに助けられて以後、行動を共にするようになったというトモハルとともに、悪魔の占領下にある都市の解放に乗り出す。 その作戦の途中、カオルらの好意により、両親が死んだとされる目黒のラボを制圧・探索することになった。 トモハルは一足先に拠点に帰り、カオルはラボの地下へ電源供給を断ちに行った。 ナオキは、一人で二階の探索へ向かっていた。 そこに現れた、紅いスーツに身を包んだ美しい女性。 既視感〜つまり、デジャ・ヴュと呼ばれるそれ〜が、ナオキをおそう。 その女性はナオキに意味深な言葉と謎のファイルを託し、姿を消した。 ナオキは疑問を持ちながらも、カオルに撤収を促され、撤退する。 だが、二人を新宿の拠点で出迎えたのは、大量の悪魔たちと、その総指揮官〜オギワラであった。 悪魔達の奇襲を受けた拠点は壊滅、逆上したカオルはオギワラに単身戦いを挑む。 ナオキと重傷を負ったトモハルはカオルに言われて撤退するも、謎の男の襲撃をうけて散り散りになってしまう。 意識を失ったナオキが誰かに呼ばれて目を覚ますと、そこは池袋であった。 目を覚ましてくれた少女〜実はまさにトモハルの妹、アヤだったのだが〜に、記憶喪失扱いされながらも、ナオキは気を取り直し、トモハルやカオルを探す決意をする。 そこで気がついたのが、あの謎の女性から受け取ってそのまま所持していた謎のファイル。 アヤに促され、起動してみることにする。 それこそが、悪魔を召喚・使役することの出来るプログラム、「DIO system」であった・・・。 この後ナオキは、アヤと共に、この「DIO system」や、両親の知り合いであったという八神博士、果ては「リミックスステーション」なる施設の助けを得て、様々な所をめぐることとなる。 時空を超えることの出来る装置の存在で、現在から未来・過去そしてまた未来とめぐるナオキたち。 その中で、ナオキは懐かしい仲間たちと出会うが、そんな彼らに暗い影が落ちる。 悪魔、そしてその故郷たる魔界の影響が、彼のものたちを魔に染めていた。 だが、アヤの覚醒と共に、彼らは再び結束する。 紅いスーツの女性、カレン・ローズとは何者なのか?オギワラの真のねらいとは? そして、一部の人間達の欲望の錯綜する中、暗躍する四つの影・・・。 ナオキ達は、果たして進むべき道を見つけることが出来るのだろうか? 運命と時間が絡み合い、流転するこの世界で、正しい答えなどあるのだろうか? 道は長く、アムネジアへと続くのか、それともパラノイアへと続くのか、それすら定かではない。 ただ一つ言えるのは、神の加護も、悪魔との契約も、絶対のものではないということであった・・・。 魔神転生2の世界観を考慮しつつ構成した半オリジナルのものです。 したがって、ディープな魔神ファンの方がお読みになられた場合、解釈などの点で食い違いが生じる可能性がありますが、あくまで初心者の方に魔神転生2の世界を解りやすく説明するためのものですので、そのあたりご了承願います。

次の

魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸

魔神の侵攻

また、この情報が勇者パーティーから発せられたものでなければ、魔神を過小評価して近づこうとする者も少なからずいただろうが。 魔王を滅ぼした勇者たちの避難勧告には絶大な効果があり、疑う者など皆無だった。 だから、ローズとカイエ以外で魔神討伐の事実を最初に知ったのは、魔神の侵攻が遅れている事を不審に思い、なけなし魔力で現地に舞い戻ったエストだった。 「あれは……ローズ!」 誰かを抱えるようにして蹲るローズを上空から発見したとき、エストは驚愕と歓喜で気が狂いそうだった。 だから、彼女が最後の魔力を振り絞ってローズの元へ飛び込んで行ったのも、当然の行動だと言える。 「何だ……魔術士か? 面倒だな」 カイエにしてみれば、見知らぬ魔術士が何か叫びながら襲撃して来たようにしか見えなかったから。 いまだに胸にしがみているローズを放置したまま、無詠唱で魔法を発動させる。 発動したのが攻撃魔法でなかったのは、ローズを抱えているという状況で攻撃するのも、なんだが馬鹿しいと思ったからだ。 叫び声に気づいてローズが顔を上げたのは、エストが地面に激突する寸前だった。 エストの身体は、地面から僅か数センチの高さで停止していた。 「……エスト! 大丈夫、怪我はない?」 駆け寄るローズに、エストは思わずしがみつく。 「……ローズ! 良かった……生きていたんだな……」 「……ええ、そうよ。 そんなカイエの反応に気づいたローズは笑みを浮かべると、エストの手を引いて近づいて来た。 「ねえ、カイエ。 私の大切な仲間よ」 何の説明もなくいきなり連れて来られて、エストは明らかに戸惑っていた。 「そうよ……カイエは私を助けてくれたの。 エストは呆然とするしかなかった。 「そ、そうなんだ……あの、ラクシエルさん? いや……カイエさんと呼んでも構わないか?」 エストにジト目を向けられて、カイエはバツが悪そうな顔をする。 カイエには悪いと思う気持ちもあるが、赤の他人よりもローズの方が気掛かりだったのだ。 「なあ……ローズ? ローズの気持ちは解るけど……とにかく今は、世界中の人々が心配しているんだ。 だから、魔神を倒して、勇者ローズが無事なことを伝えるために、まずは聖王国に戻ろう!」 「……そうね。 さすがにエストも呆れるが……この状況を作り出した原因の方に、怒りの矛先を向ける。 (カイエ……ローズを誑(たら)し込んで、一体どういうつもりなんだ?) (あのさあ……おまえ、今の状況が解ってないだろう? 俺は何もしてないからな!) 視線だけで交わす二人の会話が、ローズに聞こえる筈もなかったが。

次の