タピオカ騒動 経緯。 木下優樹菜のタピオカ騒動まとめ|問題のDM内容と活動休止まで

木下優樹菜のタピオカ騒動、なぜテレビで報道しないのか?|過去を知り、未来を予想し、今を豊かにするブログ

タピオカ騒動 経緯

その後も木下さんに関する報道は止まることがなく、 2019年末には夫・藤本敏史さんと離婚を発表されましたが、偽装離婚説が浮上。 更に、過去のInstagramの投稿から 元サッカー日本代表選手・乾貴士さんとの不倫疑惑も浮上し、『縦読み不倫』と名付けられたほど話題になっていました。 木下優樹菜さんのタピオカ恫喝騒動や偽装離婚、縦読み不倫について詳しくまとめた記事はこちらです。 宜しければどうぞ。 子どもたちの生活もあるので、母親として頑張らないといけないと思っています」 また、芸能活動を再開したいという気持ちはあるか問われると 「再開したいというより、母親として再開しなきゃという感じです。 」 と、自分自身の気持ちよりはお子さん達のために、高収入な芸能界の仕事に戻りたいと言う意思表明をされていました。 excite. jp 木下さんは2010年に藤本さんと結婚され、2012年に長女、2015年に次女が生まれ、夫婦で企業のCMに出演されるほど、おしどり夫婦として有名でした。 離婚に関しては、タピオカ騒動があった年の年末に離婚を発表されたことで、 「木下のタピオカ騒動による夫である藤本のイメージダウンを回避するための偽装離婚」などと言われていましたが、離婚の原因は騒動とは関係なく、 芸能活動をする中で生じたすれ違いだったことを発表されています。 com しかし、木下さんと藤本さんは離婚後に引っ越した現在も、同じマンションの別のフロアに住んでいるようです。 また、木下さんのSNSには、未だに藤本さんの写真が残っているそうで、去年の結婚記念日のイラスト入りのカードまで堂々と掲載されたままだと言います。 『偽装離婚』は否定していますが、やはり 藤本さんが仕事をしやすいように一旦離婚したと考えられます。 離婚を発表する前には、夫婦にくわえ両事務所の幹部も立ち会った上で話し合いの場が持たれたとも言われています。 その話し合いの場で、 双方の芸能界で仕事をしていくための今後について、『作戦会議』が行われた可能性があるとも言われています。 藤本さんが頻繁に タピオカを笑いにすることで木下さんが復帰しやすいように仕掛けて行った• 偽装離婚で藤本さんが タピオカ騒動に関係ない人物であるイメージの植え付け• 木下さんが謝罪で「復帰」「再開」という言葉を使わず、 「また本日から宜しくお願いいたします」と騒動について一切触れず、うまく丸め込もうとしている 子供のために、収入を得なければ子供は育てられませんし、夫婦共にイメージが急降下してしまったぶん、少しでもお互いがこれ以上仕事を失わないよう、動いているように見えますね。 全て計算通りのシナリオかもしれません。 jp 木下さんは、今回のタピオカ恫喝のDMの内容が問題視されていましたが、読み返してみても 年齢の割に非常に子供っぽい言葉遣いや相手を気遣えない一方的な怒りが文面に現れています。 木下優樹菜さんがタピオカ店オーナーに送ったDM内容 もともと木下さんといえば、「元ヤン」というキャラクターを売りにバラエティ番組などで引っ張りだこでしたが、一体どのような生い立ちからこのような人格に育っていったのでしょうか。 幼少期・小学生時代 木下さんの実家は中華料理屋を営んでおり、 3人姉妹の三女として生まれました。 木下さんは生まれも育ちも東京都葛飾区で、生粋の江戸っ子です。 ちなみに幼少期の写真はこちら。 お顔がとても整っていて可愛らしいですね。 木下さんは、小学生の時に歌手・安室奈美恵さんに憧れて沖縄アクターズスクール東京校に通いったようです。 小学校時代は 学級委員でバスケットボール部キャプテンを務め、明るくかわいい女の子だったそうですね。 1998年8月、小学5年生だった木下さんは、第1回沖縄アクターズスクール全国オーディションに合格されました。 この頃はまだタレント志望ではなく、歌手としてデビューを果たしたいと夢見る少女だったようですね。 中学生・高校生時代 2000年、中学生になった木下さんは、女猿オーディションに参加。 その後 中学二年生の時、2001年モーニング娘。 第5期オーディション『モーニング娘。 LOVEオーディション21』に参加され、 最終選考の9人に残りましたが、惜しくも落選されています。 モーニング娘。 のオーディション時代の木下優樹菜さん この頃は全くグレてるような印象は受けませんでしたが、この後、 オーディションに落選したことが大きなショックだったのか引き金となり、ヤンキーの道に進んでいきます。 容姿は 茶髪でピアスになり、小学生からやっていたバスケットボールは辞めてしまい、 ヤンキーグループに所属され、「タイマン」で戦って優勝すれば番長になれるというトーナメントで見事準優勝を獲得し、副番長を務めていたそうです。 ヤンキー時代の木下優樹菜さん こんな感じで、幼少期の可愛らしかった姿とは打って変わり、怖いヤンキーになってしまったようです。 この頃は反抗期も重なり、母親に「朝起きてくるのやめて、顔見たくないから」などと平気で言っていた過去があるようで、大人になってからバラエティ番組内で当時を反省しているコメントをされていました。 ameblo. jp そんな中学時代を送っていた 木下さんが進学された高校は「渋谷高等学院」(現在はあずさ第一高校渋谷キャンパス)でした。 通信制の高校に通われていたようです。 com 当時は高校に通いながら寿司屋でアルバイトされていたようです。 中学時代大荒れな生活を送っていた木下さんは、高校時代は服装などヤンキーからどちらかというとギャル寄りの容姿になっていき、高校生になってから急にモテるようになったとエピソードを話されていました。 木下さんは 高校時代の「前略プロフィール」というネット上のサービスを利用しており、プロフィール欄に元KAT-TUNの田中聖さんとの交際を匂わせる投稿をされていたことから、芸能界に入る前に、田中さんとお付き合いされていたとの噂があります。 pinterest. jp 田中さんは2017年5月24日、違法薬物である大麻を所持していた疑いで現行犯逮捕されており、その報道があった日にたまたま情報番組に出演されていた木下さんの顔が曇ったことで話題になっていました。 現在では二人とも、芸能界から干されてしまいましたね。 芸能界デビュー当時 高校を卒業されてからは、 木下さんは渋谷109店にあった『moussy』というレディースブランドショップで働いていたようです。 当時、雑誌に掲載されたことがあったようで、写真が残っています。 naver. jp 木下さんは度々「在日韓国人」と言われていますが、こちら雑誌に 「朴優樹菜」と間違えた名前で掲載されてしまったことがきっかけです。 ちなみに、 木下さんはお世辞に文字が上手ではなく、 当時も乱雑に字を書いてしまったことが原因で、間違えて「木下」を「朴」と書かれてしまったようです。 ちなみに木下さんの中学時代の字が残っていましたが、木下と優樹菜の字のバランスがあまり良くないですね。 com 横に書くと、確かに朴と見えてしまいますね。 2006年に渋谷でスカウトされたことがきっかけで、現在の芸能事務所『プラチナムプロダクション』に所属され、翌2007年、三愛水着イメージガールに抜擢されます。 グラビアとしてご活躍されていた時代もあります。 その後、おバカタレントとしてバラエティ番組に取り上げられるようになり、『クイズ! ヘキサゴンII』で常連解答者となり知名度を上げ、共演されていたおバカタレント枠の里田まいさん、スザンヌさんと共に『Pabo』というユニットを結成されました。 まとめ 「頭悪すぎ」「おばたん」など暴言を吐きながら相手に対し恫喝のようなDMを送ってしまった木下さん。 姉の言葉だけを鵜呑みにして自身が芸能人であると言う権力を使い、相手を脅すような発言をされた背景には、 筋の通ってないことは嫌い、仲間を陥れる奴は許さないと言った「元ヤン」の精神からこうした事態に発展してしまいました。 生い立ちから見ても分かる通り、タイマンを張るほどの女性なのでかなり気が強く負けることが嫌いな印象がありますが、すでに二児の母として親になっている立場ですし、言動には気を付けていただきたいものですね。 将来お子さんが、自分の母親が恫喝をしたことで仕事を失ったことを知った場合、ショックを受けるでしょう。 どうかまっとうな大人になっていただけることを願うばかりです。 世間の反応.

次の

タピオカ脅迫で木下優樹菜がタレント活動自粛!タピオカ騒動の経緯と脅迫内容とは?

タピオカ騒動 経緯

それでは木下優樹菜さんのタピオカ騒動の経緯を現在までまとめてみます。 あくまで一従業員として誘ったはずがアルバイトとして働くタピオカ店を 「ゆきなのお姉ちゃんがオープンしました」とインスタで紹介したことから タピオカ店のオーナー夫婦と実姉の間でトラブルになってしまいます。 確かにこのインスタを読んだ人は「姉のお店」だと思ってしまいますよね。 実姉がバイトしていたタピオカ店はこちらです。 2019年9月 木下優樹菜の実姉タピオカ店を退職 インスタの内容からトラブルとなったことで木下優樹菜さんの実姉がタピオカ店を退職します。 木下優樹菜さんは『 姉は 給料もちゃんともらえず、給料明細までもらえず・・・』 とインスタに投稿していましたが、オープンした月の7月分は手渡しで受け取っており 8月と9月の分は先月同様、手渡しで給料明細とともに支払う予定が、退職して しまい、受取に来て欲しい 店の営業や育児が理由 と伝ましたが、取りにきてもらえなかったことから 後日振り込みにて支払いは完了したのだとか。 振り込みになったことで明細はすぐに渡せなかったようですね。 最初のトラブルから双方行き違いがあったように思います。 それを見たタピオカ店のオーナーが木下優樹菜さんがらのダイレクトメールを 公開したことによりトラブルはますます激化していったようでうです。 中止は当たり前な話しだろ!! こんな 半グレ みたいなDM送る 人間が 学生に 何を語る?気でいたのか? 恐ろしい話だ — h555 h66614 木下優樹菜さんが送ったとされるDMの内容はかなり過激な内容ですね。 幼稚園のママ友を元気づけようと誘った善意がこんな形で返ってくるなんて 誰も予想できないですよね。 2019年10月9日木下優樹菜さんがタピオカ騒動を謝罪 その後世間の声が痛かったのか謝罪。 木下優樹菜の謝罪文、私らしくって言ってるんだし結びが「よろしくお願い致します」じゃなくて「夜露死苦」だったら整合性とれんだけどな。 — 惑星 7u5zZ 2019年10月中旬元旦那の藤本と木下優樹菜の実母がオーナー宅を訪問 タピオカ騒動のオーナー宅にまず初めに藤本さんと優樹菜さんの実母が 先に訪問して木下優樹菜さん本人と会ってもらえるか了承がとれたら木下優樹菜 さんがお邪魔するという形にしたかったようですが、あいにくオーナー夫婦の 妻が不在だったことで実現しなかったようです。 2019年11月18日木下優樹菜芸能界自粛 タピオカ騒動の和解が進まない中で無期限の活動自粛が発表されました。 事務所側も報道各社にFAXで 「木下優樹菜の不適切な言動にかんしまして、多大なるご迷惑をおかけしているすべての関係者の皆様に、所属事務所として深くお詫び申し上げます」 と謝罪しています。 木下優樹菜タピオカ店オーナーから訴状が 活動開始発表からわずか5日で芸能界を引退した木下優樹菜さんですが 事務所がもう守れないとした理由のひとつにはタピオカ店のオーナーが 損害賠償を求めて提訴し、訴状が届いていることも理由のひとつのようです。 タピオカ店のオーナーは一度もちゃんと謝ってもらったことがない。 と話しており、提訴という形になったのだとか。 内容は『優樹菜さん家族の人生ぶち壊して、心が病まないのですか』 『喧嘩の仕方が間違い』『結局、金?』と言った心無い声が。 最初っから最後まで全部木下姉妹が悪いだろ。 落ち度があったとしたら関わったこと。 — 岡村浩之 ZUv82 木下優樹菜さんの一部ファンがタピオカ店インスタ突撃? 心無い言葉に「冷静になってください」呼び掛ける声も ファンもお里が知れるな。 どう読んでもタピオカ店可哀想って感想しかないぜ。 — ファルス・マクレイ silverspoon1254 まとめ 木下優樹菜のタピオカ騒動の現在は?一部のファンがインスタで攻撃とは?はいかがでしたか? 木下優樹菜さんとタピオカ店とのトラブルを振り返ってみました。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

ユッキーナのタピオカ騒動とは?オーナーに送ったツイッターDM内容全文とタピオカ店の場所はどこで名前は?

タピオカ騒動 経緯

木下優樹菜芸能界引退 急きょ芸能界復帰6日目にして芸能界引退の木下優樹菜さん。 7月1日に復帰を発表したばかりの木下優樹菜が新たなトラブル発覚で事務所も「お手上げ」状態に追い込まれました。 525万人超のフォロワーを誇る巨大なインスタグラムの アカウントもあっさりと削除し、表舞台からほんとうに、完全に姿を消してしまった。 所属事務所「プラチナムプロダクション」 が発表した内容は、「今後の活動に向け慎重に協議を続ける中で、当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断し、また本人からの申し出を受けたため、専属マネジメント契約は解除、木下優樹菜は芸能界引退する事となりました」とのコメントが7月6日に発表されました。 事務所とトラブルがあったわけではないと強調していましたね」 とこの件に関し スポーツ関連雑誌デスクは言及しています。 「引退の発表のあったのは6日(月)の夕方。 非常に慌ただしい雰囲気がマスコミに一斉に流れました」 以上ある 芸能リポーターがウラ事情について明かしています。 木下優樹菜といえば、姉が勤務していた タピオカドリンク店オーナーに恫喝まがいのメッセージを送り活動自粛に追い込まれた。 「事務所はこれまで、過去のタピオカ騒動も不倫疑惑の話題も、ワイドショーが扱うことに対して非常に敏感になっていました。 しかし引退発表後は驚くほど事務所の対応が変わったんです。 要はフリーで素材を使用できることになった。 普通、芸能界を引退したら一般人扱いなので、なるべく写真などの素材を使わないのが慣例ですが、その話を聞いて、木下さんは事務所に梯子を外されんだな……と感じましたね」 以上 テレビ局関係者が言及。 世間の批判が収まるのを待って復帰するシナリオは考えられたはずだが、諦めざるを得ない事情があったようだ。 以上の情報からすると、木下優樹菜が、芸能活動自粛が明けて7月1日芸能活動を再開したが、タピオカ騒動も不倫疑惑、そして離婚などの世間の批判が相当あって、木下優樹菜自身が冷静に対応できなかったようである。 今回の引退のことの発端であったタピオカ事件の直後も『著しく事務所の名誉を損なう行為』と所属事務所はとらえ、木下の所属事務所の育ての親とも言える人物をはじめ、幹部陣も激怒していました。 結局、今になっても反省の気持ちはなかったようです。 タピオカ騒動とは 木下優樹菜のタピオカ騒動とは何か。 木下優樹菜の実姉がアルバイトとして働いていたタピオカドリンク店との騒動です。 2019年7月に、木下優樹菜の実姉がアルバイトとして働くタピオカドリンク店を「 ゆきなのお姉ちゃんがオープンしました」とインスタグラムで紹介。 その後、このタピオカドリンク店のオーナー夫妻と実姉の間でトラブルが勃発。 2019年9月 木下優樹菜の実姉が退職し、給料未払いなどを巡り泥沼化に。 木下優樹菜が店長に「こっちも事務所総出でやります」「いい年こいたばばあ」などと品のないメッセージを送信する。 2019年10月6日 「 もうお店には行かなくて大丈夫です」などとインスタに投稿しトラブルが発覚することに。 その後3日後の9日に 「大切な家族のためのこととはいえ、一方的なすごく 幼稚な発言」とインスタで謝罪する。 また、夫 藤本と木下の母親がアポなしで店長の自宅を訪問したが、店長不在で対面できなかった。 この件に関し、何よりも事務所幹部らの怒りを買ったのは、ダイレクトメッセージの「ある部分」だという。 「経営者を「いい年こいたばばあ」「色々頭悪すぎな」と中傷するきたない言葉や、中でも最も問題視されているのが「事務所総出」との記載。 「いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」と、木下は事務所の存在を示した。 こんな書き方では、日頃から事務所が恫喝まがいの行為に加担していると誤解されかねないわけです。 結局11月18日事務所から 無期限の芸能活動自粛を発表する。 藤本敏史との離婚 藤本敏史 結局、この騒動をきっかけに、夫婦の間で離婚の危機が現実味を帯びるほどの喧嘩が勃発するようになりました。 藤本はたびたび、妻への不満を後輩芸人に語っている、というが、「芸能界での立場がすべてパーになりかねない愚行に走った木下に対し、藤本は『つきあっていた頃から一回もない激しさ』で叱責したそうなんです。 ふだんから『たまに夫婦喧嘩をする』と公言している藤本だけに、これはよほどの怒りっだたようです。 ところが、木下優樹菜は『私は悪くない』の一点張りで逆ギレして、しだいに『タピオカ事件』とは無関係に、藤本への不満が口をつくようになったようです。 藤本は、『嫁のせいでオレも芸能界追放や』『損害賠償でスッテンテンになるかも』などと深刻に考えていたようです。 サッカー選手との過去の不倫疑惑 乾貴士 これに、ダメ押したのが、2020年1月のインスタを使ったサッカー選手との過去の「縦読み不倫疑惑」報道でした。 相手は、サッカーのスペインリーグ1部に所属するSDエイバルの 乾貴士選手。 乾選手との不倫疑惑とは何か? 発端は、2019年7月10日に木下優樹菜がインスタグラムに投稿したメッセージだった。 この 縦読みは、限られた人にだけ伝えられる手法として、今やSNSユーザーの間ではよく知られているもの。 ネットユーザーの指摘から、一気に 不倫疑惑が拡散。 「最初に怪しまれたのが、木下さんを長年担当している美容師の『たかし』でした。 さらに、娘と顔が似ているという理由からスタイリストの『たかし』。 ヒップホップグループの『たかし』など。 木下さんと交流のあるすべての『たかし』について詮索されていました。 なぜかSNSのママ友コミュニティーサイトに、『本当のお相手は乾貴士です』の投稿がされました。 すぐに発見されたのが、乾選手の 縦読みだった。 木下の縦読み疑惑より約1年前の2018年8月5日、乾選手がインスタグラムに投稿した文章を、木下と同じく最初の文字を縦読みすると、「ゆきなだいすき」との一文が浮かび上がる。 さらにネットの追及のては加速。 『ダウンタウンなう』(2018年7月20日放送・フジテレビ系)にゲスト出演していた乾選手が、好きな女性のタイプについて「おれ、ギャルが好きなんですよ。 ユッキーナとか好きです」と発言していたことが発掘される。 ユッキーナとは木下優樹菜の愛称です。 この発言以来、2人がインスタで相互フォローするようになり、「いいね」などのやり取りをしていることも指摘された。 さらに1年後には、『VS嵐』(2019年8月15日放送・フジテレビ系)で2人は共演。 乾選手が木下の大ファンと告白すると、木下がまんざらでもない笑顔を見せていた。 乾選手も既婚者で2人の子を持つ父親だったため、W不倫というキーワードも飛び交った。 事務所謝罪の言葉 かつては、「 好きなママタレランキング」では常に上位にランクイン。 インスタグラムのフォロワー数は日本のタレントランキングで2位という人気を誇っていた木下優樹菜。 結局最期は、木下優樹菜の一連の騒動は、最後所属事務所の謝罪の言葉ですべてが締めくくられました。 以下が木下優樹菜の所属事務所「プラチナムプロダクション」の謝罪文です。 「 長年にわたり、木下優樹菜を応援していていただいたファンの皆様、関係者の皆様には、このようなご報告となってしまい大変申し訳ございません。 どうかご理解いただければと存じます。 何卒宜しくお願い申し上げます。 」 まとめ 今回は「木下優樹菜芸能界引退がきまるまでの経緯まとめ」というテーマでお送りしました。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の