スイッチ ヒッター ルアー。 かっ飛び棒で釣りたい!ジャンプライズからリリースの遠投性能が凄いシンペン

【シーバス】ダイワ『スイッチヒッター』の実力は……?【釣れるルアー!】

スイッチ ヒッター ルアー

04 デビュー ライムチャートコノシロ キビナゴ(65S) ピンクヘッドクリアチャート(85S-LV) エメラルド鮎(85S) パールオレンジベリー(105S) カタクチレッドベリー ゴールドレインボー 不夜城 レーザーマイワシ レーザーレッドヘッド 3Dイナッ子 レーザーキャンディ ライムイワシ パールレッドヘッド エメラルドパール鮎 ブラピン ホロキビナゴ マットライムチャート エメラルドイワシ ゴールデンイワシ バーニングチャート(105S) 不夜街(105S) ギンギラチャート(85S) クリアイナッ子(85S) ライムパール(85S) SGクリアライム(85S) 小沼正弥監修モデル。 デイ&ナイト、いつでもどこでもピンチな時にもスイッチヒッター 河川やサーフ・磯・干潟などのシャローエリアや水面直下を簡単に攻略できるデイ&ナイト対応シンキング&スイミングペンシル。 ジグ並みに飛距離が出るので、ミノーでは届かない遠くのボイルも射程範囲に収める。 コノシロ・落ち鮎・イワシ・イナッコ・ハタハタ等様々なパターンに対応。 アクションは流れに敏感かつ不規則なスラロームアクション。 操作方法は、昼夜に関係なくスローリトリーブのタダ巻きのみ。 プレッシャーが高い激戦区のフィールドで使用する時は、ダウンクロスではなくアップストリームキャストをオススメします。 流されてくる小魚がシーバスの斜め前に現れるようなイメージでトレースさせるのがコツ。 サーフ・磯・漁港・湾奥・都市型河川・河口・干潟・ボイル打ち・そしてピンチな時など、様々なフィールドでお試しいただきたい。 特に105Sは幅の広いS字スラロームアクションを実現。 ただ飛ぶだけのジグミノーとは一線を画した「釣るための」シンペン。 【105Sのみ】飛距離と立ち上がりを兼ね備えた「MAGLOCK+Rシステム」搭載 キャスタビリティと理想のアクションを両立する磁着保持システム「MAGLOCKシステム(PAT)」に、飛距離も維持しつつ、シンキングペンシルでもスムーズにアクション起動するウェイトリバースアシスト機能を追加。 ロッドアクション不要、リトリーブスピードの変化でS字幅が変化。 飛距離比較表 モアザン スイッチヒッター アイテム タイプ サイズ (mm) 標準自重 (g) 有効レンジ (cm) アクション 飛距離 (m) フック仕様 メーカー希望 本体価格(円) 65S シンキング 65 13. 4 約20~約80 不規則 スラローム 最大 67平均 65. 7 ST-46 #10 リング#2 1,550 85S シンキング 85 20 約20~約100 最大 72. 5平均 70. All Rights Reserved.

次の

ダイワ モアザン スイッチヒッター85S(MORETHAN SWITCH HITTER 85S) 【シーバスルアー専門店 キングフィッシャー】

スイッチ ヒッター ルアー

新しい(伊達)眼鏡を買うか偏光グラスを買うか迷っているうちに数ヶ月が経過していたものです。 こんばんは。 今回は ダイワから発売となったばかりの新作シンキングペンシル 「MORETHAN SWITCH HITTER 85S(モアザン スイッチヒッター85S)」をアクション動画と共に紹介します。 「シャローエリアや魚が水面を意識している時、ベイトが小さくポイントが遠い時に、デイ&ナイト、エリアを選ばず、誰でも飛距離が出て扱いやすい、立ち上がりが早く着水した瞬間からバイトチャンスがある」 引用元: ということをコンセプトに製作されたルアーです。 そのためスイッチヒッター85Sは、 全長85mmというコンパクトサイズながら 自重が20gあり、安定した飛行姿勢も伴ってジグ並にぶっ飛んでいくそうです。 ダイワのテスト時には 平均70. 6m、最大72. 5mという抜群の飛距離を記録しています。 それでいてスイッチヒッター85Sはシャローもスローに引くことができるシンペンに仕上がっているようです。 それではスイッチヒッターの魅惑のアクションを動画で確認してみましょう! スイッチヒッター85Sの動画 アクション こちらはプロデュースした小沼さんによる解説動画です。 カラー スイッチヒッター85Sのファーストカラーラインナップは9色 エメラルド鮎、カタクチRB、ゴールデンギーゴ、ゴールデンレインボー、レーザーキャンディ、レーザーマイワシ、レーザーRH、ライムイワシ、パールオレンジベリー 個人的にはゴールデンギーゴ、パールオレンジベリーあたりが好みですかね。 スペック 製品名 スイッチヒッター85S 全長 85mm 自重 20g フック カルティバ ST-46 6 価格 1,850円 今回発売となったのは85mmサイズですが、他のサイズ展開も考えているとかいないとか。 皆さんも各地で良い釣果を叩き出しているらしいスイッチヒッターでシーバスを攻略してみてはいかがでしょうか? , ,.

次の

DAIWA : モアザン スイッチヒッター 120S+R

スイッチ ヒッター ルアー

サイズが増える「スイッチヒッター」シリーズの選び方 最初に発売されたのは「85mm20g」。 飛距離は 80m前後。 オヌマン監修ルアーは空力抵抗がよく考えられていて、飛ぶルアーが多いです。 しばらくして、スイッチヒッターは実績をつんで人気が出たからなのか、種類が増えだしました。 65S• 85S(LV)• 105S• 120S 系5種類あります。 大きく重くなるほど飛ぶってわけでもなく、体感の飛距離としては、バランスがいい「85S」が最も優れているといえます。 アクションの基本はスラローム リップレスシンペンらしく、くねらせるようなスラロームで泳ぎます。 ピッチを速めるほど不規則になるのでトゥイッチ代わりに。 浮き上がりが速くシャローも楽にひけます。 65Sと85SLVは13. 5gと軽めでドッグウォークも可能。 大きめは低活性とビッグベイトシーズンにねっとり巻いて、小型は活性高めの時に上層を攻めるために使うのがいいかと。 季節ごとのベイトサイズに対応できるし、シーバス相手はオールシーズンで対応できるルアー。 磯のヒラスズキでも飛距離が武器となり、遠方の障害物やサラシ打ちも難なくできるでしょう。 シャロー帯を攻めるコツとしては、深い箇所に投げ入れて、駆け上がりを舐めるように巻いてきましょう。 これは一度ボトムとって、ハンドルを2秒で1回転程度にゆっくり巻くだけ。 これで反応がなければ、ガッと数回巻き止めて落とすを繰り返すといいです。 シンペンはロッドで動かすのではなく、リーリング(巻くこと)の緩急で動きをつけるほうが、やりやすいしレンジキープもしやすいです。 ライト95SSよりのびる』 そんな感じ。 ……それよりも安いのがメリットですかね。 ほぼ同等のスペックだし、選ぶならどちらでも構わないくらい。

次の