コスタリカ 旅行。 コスタリカの旅行・格安ツアーを43件からお得に比較|エイビーロード

お知らせ

コスタリカ 旅行

お客様がお使いのブラウザは、JavaScriptの設定が無効になっております。 そのため、トラベルコの機能で一部正しく表示されない、動作しないなどの現象が発生しております。 以下の方法でブラウザの設定をご確認のうえ、JavaScriptが無効になっていた場合は有効にしてください。 JavaScriptの設定方法 Internet Explorerの場合• Internet Explorerのメニューバーにある「ツール」から「インターネットオプション」を選択。 「インターネットオプション」画面の「セキュリティ」タブを選択。 「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリック。 「セキュリティの設定」画面の「スクリプト」項目の「Javaアプレットのスクリプト」を「有効にする」にチェックをする。 「スクリプト」項目の「アクティブスクリプト」を「有効にする」にチェックする。 「スクリプト」項目の「スクリプトによる貼り付け処理の許可」を「有効にする」にチェックして「OK」ボタンを押す。 Firefoxの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 Chromeの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 Safariの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 更新日:2020年7月14日 トラベルコのWebサイト及びアプリは、以下を閲覧推奨環境としております。 閲覧推奨環境以外をご利用の場合には正常な動作を保証いたしかねます。 恐れ入りますが、以下いずれかの環境でサイトをご利用くださいますようお願いいたします。 上記以外のブラウザ(Opera等)は、一部サービスで正常に表示されない場合があります。

次の

コスタリカ旅行、1週間オススメプランをご紹介【体験記ブログ】

コスタリカ 旅行

さくらツーリスト 会社案内 さくらツーリスト コスタリカ専門旅行会社 さくらツーリストはコスタリカに所在する日本人経営の旅行会社です。 1997年より日本人観光客の皆様のコスタリカ旅行のお世話をさせて頂いて おります。 1名様の個人旅行から団体旅行までのコスタリカ国内における 企画提案、手配、催行を主な業務とします。 またスペイン語学校の紹介・ 手配、翻訳、通訳、取材・撮影のコーディネートも取り扱います。 まだまだ日本では知名度の低いコスタリカですが、昨今のエコツーリズム、 環境保護、癒しブーム或は軍隊を持たない平和国家という側面からもこの 国が少しずつ知られてきている様です。 未来の地球にとってとても重要な取り組みを進める小国コスタリカを少しでも 多くの日本の皆様にご案内し何かを感じ取って頂ければと願います。 コスタリカにはまだまだ紹介れていない穴場があります。 15年の経験とノウハウを以て更なる新しい企画、独創的で魅力的なコスタリカ旅行をご提案していきます。 コスタリカの魅力は多種多様な自然だけではなく、そこに住む穏やかで親切で働き者で、おもてなしの心を持ったコスタリカの人々。 日本が無くしつつある昔ながらの自然と人間とのふれあいがここにはあります。 自然観察では子供の頃カブトムシを探した時の様な宝探しにも似たワクワクドキドキの興奮をぜひ味わって下さい。 私どもの愛するコスタリカを最高の形でご案内し、いつまでも心に残る旅をお届けします。 代表者の紹介 1990年中南米旅行中に当時名前さえ聞いたことが無かったコスタリカを訪問する。 それ以来数年に一度再訪し色鮮やかな美しい生き物たち、快適な自然、暖かい人々に魅せられ、1997年に家族と共に移住し旅行会社を設立。 お客様と各地に同行し少しずつ自然観察の知識・技術を向上させ2006年コスタリカで只一人のコタリカ政府公認日本人ナチュラリストガイドの資格を取得。 一人一人のお客様の一生の思い出に残る旅になるよう出発までのやり取り、そしてコスタリカ 旅行中も24時間体制でサポートさせて頂きます。

次の

至極の大自然!コスタリカの旅行情報まとめ!ベストシーズン、費用、治安、おすすめ旅行記などを紹介!

コスタリカ 旅行

エコツーリズムといってまず思い浮かぶデスティネーションは、エコツーリズムの聖地とも言われる中米『コスタリカ』。 エコツーリズムの先進国としても有名で、国を挙げて取り組んでいます。 国土の約4分の1が自然保護区または国立公園として保護されており、地球上の全動植物の約5%、希少種も数多く生息している生物学的にも貴重なエリアなのです。 筆者も個人的にコスタリカはエコツーリズムの聖地として憧れており、やっと訪れることができました。 行ってみて納得。 旅行中、たくさんの場面で地元コミュニティと観光が一体となっていることを実感! コスタリカは観光が産業になる前は、焼畑をして農作物を育て生計を立てる人が多く、森林が失われていっていたといいます。 その自然を守って、それを観光資源として外国からの観光客にPRし、外貨獲得に繋げていったのです。 エコツーリズムの成功例ですね。 だから、今はローカルの宿やツアー会社を経営したり、ツアーガイドとして観光から収入を得ている人がたくさんいます。 自然を舞台とした様々なユニークな体験ができるエコツアー、素敵なエコロッジがあるので、是非一生に一度は体験してみることをおすすめします!• コスタリカの精神 コスタリカでは『Pura Vida』という言葉が日常的によく使われていて、コスタリカを表す言葉としてもよく紹介されています。 これは素朴な生活やシンプルなライフ、という意味だそう。 これはコスタリカの文化と関係があるようで、コスタリカの人々は一般的にリラックスしていてあまり心配事をしないようです。 『Pura Vida』は人と会った時やバイバイの意味でよく使われる言葉。 元気?と聞かれた時の返事など、他にも色々なケースで使われるそう。 さらに、Pura Vidaは「どんな状況でも人生を楽しんでいる」という意味で、人生へのシンプルな感謝の気持ちを表しているんだとか。 そんな言葉を日常的に使っているなんて、とっても素敵ですね。 自然に囲まれ、Pura Vidaの精神に触れることで、癒しと人生への感謝気持ち、感じてみませんか。 コスタリカで 思い出に残るエコツーリズムの体験を コスタリカはたくさんの国立公園があるため、限られた旅行期間にどこに行こうか悩むところです。 カリブ海側では亀の産卵が行われるトルトゥゲーロ国立公園や、太平洋側では海とジャングルが両方体験できるマヌエル・アントニオ国立公園、内陸では自然の中で温泉も楽しめるアレナル火山国立公園、ダイビング好きにはたまらない、ハンマーヘッドシャークやジンベイザメなどが生息するココ島国立公園など見所盛りだくさんです。 おすすめは、コスタリカ特有の雲の中にあるジャングル、熱帯雲霧林。 モンテベルデ自然保護区が有名で、背の高いジャングルの木々の中にあるジップライン、地元のレンジャーとともにジャングル散策は特におすすめ。 ジップラインではターザン気分が味わえ、自然の偉大さを身近に感じることができます。 どの国立公園も自然を知り尽くした地元レンジャーと一緒に散策することが義務付けられていて、安全面や動植物についての説明はもちろん、観光客にゴミを捨てない等のルールを徹底したり、自分では気づくことの難しい珍しい動物を見つけてくれたりもします。 筆者がマヌエル・アントニオ国立公園を訪れた時は、レンジャーが、ピューマがサルの子供を仕留めたところを発見!サルの群れがピューマに怒っている様子なども含め、安全な距離から観察することができました。 広い森の中で耳を澄まし、目が慣れているレンジャーでないと、なかなか出会うことは難しい場面。 思い出に残る体験ができただけでなく、観光客が自然との距離感や知識を学んで帰る、というもレンジャーの大切な役目で、エコツーリズムの大切な目的の一つなのです。 コスタリカでかなり高い確率で見ることができる動物といえば、ナマケモノ。 あまりに動かないため、自分がコケだらけになってしまっていたり(周囲と一体化して身を守っているということもありますが)愛らしい姿を見ていると癒されます。 運が良ければ、木に登ったり、地面を歩いている姿を目撃できることも。 そのスローなスピードといったら、、!また、運次第ですが、ケツァールという火の鳥のモデルになったと言われる美しい鳥や、カメレオン、青色が美しいモルフォ蝶など、コスタリカならではの動植物の観察は貴重な体験。 というわけで、自然・動物にどっぷり浸かり方はコスタリカ!おすすめです! 今後コスタリカのおすすめエコツアーやエコロッジもで紹介していきますのでお楽しみに! Ecotourism Worldでは、エコツーリズムやサステイナブルな旅についての情報をニュースレターとして配信しています。 次の旅のインスピレーションに、忙しい毎日のちょっとした息抜きに。 ニュースレター配信登録は。 エコツーリズムで、思い出に残る忘れられない体験をしよう!.

次の