光回線 20mbps。 快適なインターネットの回線速度とは?

ネットの速度が2Mbpsって遅いの?速度を上げる方法や、低速使い放題プランも紹介

光回線 20mbps

インターネットが快適に利用できる回線速度の目安は? 快適に感じる速さの目安は下り10〜30Mbps 普通にインターネットでWEBサイトの閲覧を中心に利用されるのであれば、下り10Mbpsほどあればサクサクと快適にインターネットに接続できます。 高画質動画を見られる方でも実は100Mbps以上の速度は必要ありません。 インターネット動画の視聴やオンラインゲームをされる場合まで考慮に入れても、 30Mbps程度の回線速度が1つの目安となります。 『上り』よりも『下り』の回線速度が重要 インターネット回線速度は『上り』と『下り』の2種類があります。 上り(アップロード)・・・メールを送信したり、写真を送信• 下り(ダウンロード)・・・ホームページ閲覧や動画視聴 ネットサーフィンをしたり、動画視聴する時に重要になるのは下りの回線速度です。 大きなファイルをネット上にアップロードするのでなければ、 上りの回線速度は1Mbpsでも快適に利用可能です。 最大通信速度はベストエフォート型!実測速度は違うので注意 インターネットを契約する時に『最大通信速度100Mbps』、『最大通信速度1Gbps』などの速度が記載されていたかと思います。 しかし、これらはベストエフォート型となっており、『最大限の努力をする』という意味での 理論値です。 実際に出る速度ではありません。 インターネット回線速度は、利用しているプロバイダ、場所、混み具合などで大きく異なります。 光回線の場合、実測速度は契約速度の3割〜6割ぐらいが目安となってきます。 最高通信速度1Gbpsの光回線になると実測速度はかなり落ちてくるので、3割の 300Mbpsほど出ていれば十分な速度が出ていると言えます。 実測速度• 100Mbpsの回線なら・・・30〜60Mbps• 1Gbpsの回線なら・・・〜300Mps ベストエフォートの通信速度と実効速度の乖離が起きないように、実行速度計測手法や情報提供などに関するガイドラインもできています。 参考: ネット回線速度の目安を用途別に紹介 インターネットの回線速度の目安は、インターネットを利用して何をするのかでも変わってきます。 PCを利用するのか?スマホに接続するのか?テレビを視聴するのか?用途別の回線速度の目安を紹介していきます。 用途 回線速度 LINE・メール 128kbps〜1Mbps ホームページ閲覧 1Mbps〜10Mbps YouTube動画 1Mbps〜20Mbps オンラインゲーム 30Mbps〜 LINE・メールの送受信の目安 LINE・メールの送受信に必要な回線速度は128Kbps〜1Mbps程度です。 LINEでのやり取りや、メールの送受信はほとんどデータ容量を利用しません。 ですので、もし速度制限にかかっていて128kbpsの速度しか出なかったとしても普通に通信することは可能です。 PCでのホームページ閲覧・ファイルのダウンロードの目安 ホームページ閲覧やネットサーフィンでは 1Mbps〜10Mbpsほどの回線速度が目安となります。 画像が多いサイトでも3Mbps〜10Mbps程度でスムーズにアクセスすることができます。 文字テキストが中心のページならば1Mbpsでも問題はありません。 YouTube動画の視聴の目安 画質 推奨回線速度 4K 20Mbps HD 1080p 5Mbps HD 720p 2. 5 Mbps SD 480p 1. 1 Mbps SD 360p 0. 7 Mbps YouTube動画は、動画の解像度によって推奨される回線速度が異なります。 1Mbps〜20Mbps程度の回線速度が必要となります。 スマホで標準画像の動画を視聴するならば1Mbps。 最も高画質となる4K画質の動画の場合は20Mbpsの速度が必要となりますが、HD動画でも5Mbpsで十分ですので、 4K画質の動画を見ない場合は5〜10Mbpsもあれば十分と言えます。 参考: PS4やPCでオンラインゲーム(ネトゲ)をする場合 オンラインゲームもゲームの種類によっては回線速度が8Mbpsぐらいでも問題ないものはあります。 私も以前PS4でFF14を10Mbpsの速度で接続したことがありますが、簡単なプレイならば問題なく接続できました。 ただ、激しい戦闘などは少しでも止まってしまうと問題がありますので、速ければ速いほどよいですね。 FPSなどをされる場合は実測値で50Mbpsほどの回線速度は欲しいです。 インターネット回線の応答速度(PING)も重要 特にFPSなどのオンラインゲームをされる場合は回線速度だけではなく応答速度(PING値)も重要となってきます。 スプラトゥーンなどのFPSゲームや格闘ゲームを遊ばれる方は Ping値10m以下がおすすめです。 1〜15m・・・かなり速い• 15〜35m・・・速い• 35〜50m・・・普通• 50m〜・・・遅い Ping値は25mほどで快適に利用可能です。 50mを超えていたら遅いと認識しておくと良いです。 Ping値の目安は、有線LANならば〜20mbps、無線LANならば20m〜50mぐらいとなりますので、 有線接続にするだけでも応答速度を改善することが可能です。 ネット回線速度とPING値の実測を測定してみよう 自分のインターネット回線速度がどれくらいなのかをチェックしてみましょう。 スピードテストで有名な『』で回線速度の測定をしてみましょう。 『Speedtest. net』は回線速度と応答速度(PING)の両方を測定することができます。 スマホからでも簡単にアクセスすることができます。 環境・・・Broad WiMAX『W05』• 場所・・・都内のスタバ• 回線速度・・・37. 4Mbps• 応答速度・・・72m 回線速度はポケットWiFiでも問題ない速度がでます。 仕事や動画視聴であれば十分です。 応答速度は遅めになりますので、オンラインゲームには向かないと言えます。 Googleで『スピードテスト』と入力してもチェックできる 簡単にスピードテストをしたい場合はGoogleの検索窓に『スピードテスト』と入力してみましょう。 以下のような画面になり、直接スピードテストを行うことができます。 実際にポケットWiFiでスピードテストを利用してみましたが、18Mbpsでも高速と診断されます。 インターネット回線速度の平均は?どれくらいが普通なの? ブロードバンド通信速度測定サイト『』のランキングデータ集計では、回線速度の平均値を確認することができます。 スマホの回線速度の平均値• 固定回線速度の平均値• 都道府県別の平均値 などの月間80万件ほどのデータを集計しているので信頼できますね。 光回線の回線速度の平均 NURO光とauひかりの回線速度の平均は900Mbps以上とかなりの高速です。 1位・・・NURO光• 2位・・・auひかり(au one net)• 3位・・・auひかり( nifty) プロバイダはSo-net、au one net、 nifty、BIGLOBEの平均値が速いですが、そこまで変わらないので誤差ですね。 ケーブルテレビは一部の地域でしか利用できませんがもTOP10入りしているものがあります。 光コラボの回線速度の平均 光コラボレーションはフレッツ光の回線を利用しています。 ビッグローブ光、 nifty光、AsahiNet光の回線速度の平均値が高いですが、対象の計測数はドコモ光やソフトバンク光が圧倒的に多いです。 特にドコモ光はプロバイダによってかなり速度が変わりますので、どのプロバイダを利用しているのかもチェックする必要があります。 それでも改善しないようであればインターネット回線自体を乗り換えてしまうのが確実です。 NTTのフレッツ光や光コラボを利用している場合、NTT以外の回線に乗り換えをすることで速度が改善することはよくあります。 NURO光(最大通信速度2Gbps) NURO光は 最大通信速度2Gbpsの光回線です。 他社の光回線は最大1Gbpsですので、 2倍の回線速度となります。 一番速度が速い光回線として有名で、施設したけれど使われていない『ダークファイバー』という光ファイバーを利用しています。 しかし、NURO光は関東と関西の一部の地域のエリア限定の光回線となりますので、エリア外の方は残念ながら利用することができません。 月額料金は戸建て4,743円、マンション1,900円〜2,500円と他社の光回線と比べて料金が安いので『速度が遅い』とお悩みの方は乗り換えの考慮に入れてみることをおすすめします。 キャッシュバック額は35,000円と高額キャッシュバック特典も付きます。 nuro光(2Gbps)導入までの顛末。 結果として得られた速度は最高でした — Engadget 日本版 engadgetjp auひかり(auユーザーにおすすめ) auひかりもNURO光と同じぐらいの実測速度が出る光回線です。 NURO光が対象外のエリアにお住まいの方におすすめです。 ネットのみの申込みでも43,000円のキャッシュバック特典があります。 月額料金は戸建て5100円、マンション3,800円とNURO光よりは高くなりますが、auのスマホをお使いの方はスマホ料金も割引となりますので、特にauユーザーにおすすめできます。 インターネット契約を変更する際の違約金負担もしてくれるのが魅力ですね。 ちなみにauひかりの仙台サーバとの通信速度はこうだった — 喘息肺炎治らないマン NTRoLIKoNs ドコモ光(v6プラス対応プロバイダがおすすめ) ドコモ光も回線速度が速いと評判の光回線で、フレッツ光を利用中の方は簡単に転用できますし、光電話や光テレビも継続して利用することができます。 しかし、ドコモ光はプロバイダによって速度がかなり異なります。 現在ドコモ光を利用されている方であればプロバイダを変更するだけでも速度は改善する可能性があります。 高速通信をしたい場合はv6プラス対応のプロバイダを選択することが重要です。 月額料金も戸建て5,200円、マンション4,000円と低価格です。 『GMOとくとくBB』のドコモ光では公式サイトで実測速度を公開していますし、対応の無線LANルーターも無料でレンタルできますので、ドコモの携帯電話やスマホをお持ちの方にはとてもおすすめの光回線です。 900Kbps. もし、『自宅であまり高画質動画を見ない』『オンラインゲーム』をやらないのであれば最大1Gbpsの光回線は必要ありません。 WiMAXの最新機種『W05』の最大通信速度は758Mbpsで、高速通信ができるモバイルルーターです。 自宅のみで利用されるのであればホームルーター『L01s』で安定通信が可能です。 マンションタイプのフレッツ光ネクストを利用している場合、集合住宅で共有となりますので、モバイル通信に切り替えてしまった方が通信速度が改善する場合があります。 ギガ放題プランに加入することで月間のデータ通信量は無制限、通信制限無しで利用可能となります。 月額料金2,726円〜利用可能なので、光回線を利用されている方ならば毎月2,000円近く節約できる可能性が高いです。 関連記事: まとめ ネット回線速度の 目安は下り30Mbps、応答速度25msほどあれば十分快適にインターネット利用することができるでしょう。 光回線は確かに高速通信ができるのですが、そこまでの速度を必要としていない方は多いはずです。 高画質動画やオンラインゲームを利用されない方でしたら、通信速度は10Mbpsでも十分ですので、WiMAXなどの料金の安いプランに変更をしてしまった方がお得にインターネットが利用できるかと思います。 逆に、ネット回線速度が速ければ速いほどいい方はNURO光やauひかりがおすすめです。

次の

auひかりの回線速度は速い?実際に利用している私が徹底解説

光回線 20mbps

回線速度が遅い理由と対策方法 回線速度はなぜ遅くなるのでしょうか? ここでは、その代表的な理由について書いていきます。 その前に光回線の速度の平均値はどの程度なのかを知っておくことも大事です。 一般的に光回線の速度は20Mbps程度だと言われています。 この速度より速ければそれなりに速く、もっと遅ければ平均よりも遅いと考えても良さそうです。 20Mbps出ていれば、大抵の用途で困る事はありません。 インターネットでネットショッピングやブランディングする程度なら全く問題はありません。 ただし4K動画を見るためには20Mbpsを下回っていると厳しいかもしれません。 つまり回線速度は速いほうが良いという事は覚えておいてくださいね。 では、大幅にネット回線の速度が遅くなる理由について書いていきます。 回線自体が遅い これはどうしようもありません。 例えば、まだ光回線ではなくADSLを使っている場合は遅くて当たり前なので光回線への乗り換えを検討してください。 関東地方の方なら、その他の地域 関西を除く であればがおすすめです。 このADSLを使っている場合には、光回線の遅さともまた違う問題なのですぐにでも光回線への乗り換えをするのが一番ですね! インターネット回線の混雑 非常に多いパターンがこれです。 インターネットの回線というのは1本の道路をみんなで通っているイメージです。 空いている時は速く、人が多くなると混雑して遅くなってしまいます。 マンションなどに住んでいると特に1つの回線を数十もの家庭で、利用しているので非常に遅くなりやすいです。 一戸建てよりもマンションの方が圧倒的に回線速度は遅くなる傾向にあります。 プロバイダが遅い場合 特にフレッツ光の場合にありがちなのが契約しているプロバイダによって速度が変わってしまうというものです。 プロバイダによっては混雑が慢性化しており、そのため速度が全然出ないという事もあります。 毎日夜になるといきなり繋がりにくくなる、速度が遅くなるという場合はプロバイダが原因だと疑ったほうが良いです。 プロバイダによって速度が遅くなっているかどうかは、確認する事が可能です。 プロバイダを介した場合と介していない場合で大きな差が出るようであれば、プロバイダがネックとなっている可能性が大きくなります。 この場合にはプロバイダに連絡をして原因を聞いてみたり、プロバイダの乗り換えを行ってみるのも良いでしょう。 ただしプロバイダの乗り換えには、違約金がかかる場合もありますのでどうしてもプロバイダを乗り換えるのであれば、別の光回線に乗り換えるほうが良いかもしれません。 以前であれば、光回線はフレッツしか無かったのですが現在では選択肢が増えているので、じっくりと考えてみたほうが良いです。 フレッツ光からauひかりに乗り換えると違約金分を支払ってくれたりもするので、活用したいですね。 不具合が発生して、急にインターネットに接続できなくなる事もあります。 ONUやモデムは常に稼働しているため、不具合や故障も起きやすいです。 不具合が起きている場合には、まずは再起動を試してみましょう。 再起動すると症状が改善するということが多いです。 再起動のやり方は、パソコンやWi-Fiルーターなど接続している機器の電源をまず切ります。 次にONU、モデムの電源を切り5分ほど放置します。 5分程経ったら、ONU、モデムの電源を入れます。 これで再起動ができています。 もし、再起動を行っても症状が変わらないようであれば、他の機器やLANケーブルなどに原因があるかもしれません。 LANケーブルを一度抜き差ししてみると意外と改善することもあります。 Wi-FIルーターが原因の場合 有線では繋げているのに、無線だと繋がらなくなる。 Wi-Fiルーターが原因でネットが遅くなったり繋がらなくなることは、かなり多い症状です。 この場合にはWi-Fiルーターの再起動が有効です。 ルーターの電源コードを抜いて1分ほど待ちます。 そして再度電源コードを差して待ちます。 これだけで再起動ができます。 再起動をするとサクサクと繋がるようになるのが一般的ですが、もしそれでも繋がりにくい場合はそもそもの家の構造などに問題があるかもしれません。 鉄筋コンクリートの家に住んでいるとWi-Fiの電波が通りにくかったりもします。 これは機種によっては多少差があるので、電波の強いWi-Fiルーターに変更するなど検討しましょう。 スマホやタブレットはWi-Fiで接続するしかありませんが、PCなどの場合は有線で繋ぐほうが確実なのは間違いないですね。 パソコンやスマホが原因の場合 スマホやタブレットでは問題なく接続できるのに、PCでは接続できない。 また逆にPCではできるのに、スマホではできない。 この場合は、使っている機器が故障している可能性が高いです。 スペックが足りない場合と、故障している場合があるので問題の切り分けがなかなか難しいですが、この場合は思い切って買い換えるのがおすすめです。 あまりに古いパソコンやスマホだと現在の、重たい動画やゲームに対応していない可能性は高いのです・・・ 逆に新しい機器なのに繋がりが悪いという場合は、初期不良も含めて可能性があるので友人の家や会社でも接続を確認して、それでも駄目であれば購入先に聞いてみるのが良いでしょう。 まとめ このページでは回線速度が遅い場合の原因と対処法について書いてみました。 回線速度が遅くなるのには、様々な原因や要因があるのでどれが理由と一概には言えません。 ただし大きな理由としては回線自体、またはプロバイダにあることが多いです。 この場合は、プロバイダに相談することで解消することもありますが最近のトレンドとしてはより速い回線に乗り換えるというのが一番てっとり早いです。 違約金の補填などもあるので、他の高速な光回線への乗り換えも検討しましょう。 NURO光やauひかりに乗り換える人が圧倒的に多いみたいですね。

次の

Wi

光回線 20mbps

Mbpsの基本 まずは、Mbpsとは何なのかを知りましょう。 通信速度の単位 「Mbps」とは Mega bit per second メガ ビット パー セコンド の略語で、読み方は「メガ・ビーピーエス」と読みます。 「Gbps」とはGiga bit per second ギガ ビット セコンド の略語で、読み方は「ギガ・ビーピーエス」と読みます。 他には、「tbps」 テラ ビット セコンド という単位です。 1byteのデータ量はアルファベット1文字で、日本語の全角文字は1文字で2byteなので、日本語の方がデータ容量が大きいです。 数値の大きさと速さ 1Mbpsとは、1000kbpsのデータ送信が可能ということです。 商品には通信速度の表示が記載されているので、数値を確認して選ぶようにしましょう。 快適なネット環境にしたい場合は、数値が大きいタイプを選ぶことがポイントになります。 作業によって適性速度がある 作業によって、適性速度があります。 自分が何をしたいのか、ネットを検索し閲覧するのか、動画を使った作業をするのかによって数値を選ぶ必要があります。 動画を利用する場合は、数値の大きいものを選ぶことで作業の効率性を高め、スムーズに進めることができます。 自分が何を目的としてネットを利用するのかを考え、適性なものを選ぶことで、ストレスのない作業ができるようになるのです。 上り下りの意味 「上り」「下り」こちらの用語の意味を理解しておきましょう。 上りは送信を示している 通信速度には「上り」と「下り」があり、それぞれに利用目的が異なります。 上りは送信を示していて、メールを送信したり画像をアップロードしたりすることを指しています。 「上り」の速度が速い方が使いやすくなります。 ネット環境を確認する際は、こちらの速度も確認しておくと安心です。 下りは受信を示している 「下り」は、ダウンロードを表します。 画像を閲覧するときや情報を見る場合は、「下り」の速度が速い方が情報を閲覧しやすくなります。 他にも、メッセージの受信や動画を視聴したり、アプリをダウンロードすることが受信とされるので、下りは受信と覚えておきましょう。 通信環境がよいと感じるのは、上りも下りもスムーズに活用できるときです。 どちらも大切な通信であることを知っておきましょう。 重要なのは下りの速度 インターネット使用時に、「遅い」とイライラする原因は、受信速度が遅いためです。 家庭でのインターネット環境の場合、閲覧したりダウンロードしたりといったことが多いです。 情報の閲覧には「下り」の通信を利用しますので、必ず下りの通信速度を確認する必要があります。 上りも大切ですが、遅いと感じる原因やストレスの原因となるのは、下りの通信速度が遅いためです。 スムーズな作業をしたい人は下りの通信速度を重視しましょう。 目的別の快適に使用できる通信速度 大切なことは、希望する作業によって適性の速度があることです。 目的別に合わせて、通信速度を確認しておきましょう。 YouTubeなどの動画を見る場合 Youtubeなどの動画を見る場合の大体の必要容量は、1. 5Mbps~3Mbpsとなります。 高画質の動画を快適に見るためには、5Mbps程度必要です。 動画を見たいという人は、最低でもこの数値を確認して商品を選ぶことが大切です。 数値が低いと、動画が途中で途切れたり動かなくなったりすることもあり、ストレスの原因となります。 動画を見る機会が多い人は、通信数値をよく確認してみましょう。 HPサイトを閲覧する場合 ホームページサイトを閲覧する場合は、200kbps~2Mbpsくらいで快適に見ることができます。 サイトを閲覧するだけであれば通信速度は特に気にしなくてもよいですが、最低でもこの数値だけは必要であることを知っておきましょう。 1日にたくさん閲覧するという人は、もっと大きくても問題ありません。 動画のあるサイトもあるので、大きめの容量にしておいて損はありません。 オンラインゲームを楽しみたいとき オンラインゲームを楽しみたいときは、10Mbps~20Mbps程度は必要でしょう。 オンラインゲームはネット環境が無いとできないので、数値は確認しておくことが大切です。 この数値以下になってしまうと、ゲームの途中で途切れることが多くなり、楽しみたいゲームを思うようにできなくなります。 通信速度が遅いとストレスにもなるので、オンラインゲームだけの利用でも通信速度は確認しておきましょう。 WiFiルーターの場合 WiFiルーターの場合は、約300Mbpsくらいの速度が必要です。 ルーターを利用している人は多く、ネット速度も大切ですが、制限もあるので利用する場合は速度と制限の両方を確認しておきましょう。 ルーターをすすめる会社は多いですが、利用できる地域が限られています。 地域によって通信環境が遅い場合があるので、自分の地域の通信環境を調べてもらってから利用するとよいでしょう。 している記事があります。 ぜひ参考にしてみてください。 テレビの視聴をするとき テレビの視聴をするときは、3Mbps~5Mbpsが必要になります。 この数値があれば快適に利用できますが、数値が少ない場合は途切れることが多くなります。 加えて高画質での利用は難しくなるため、テレビの視聴時間が長い人も通信速度を確認しておくことが大切です。 Mbpsとインターネット契約時の注意ポイント 契約をして失敗と感じないためにも、契約時の注意点を押さえておきましょう。 表示されているのは最大値 最大速度は実際の使用時の速さではなく、最大値が表示に用いられていることです。 最大速度が日常的に出ればいいのですが、インターネットを接続するパソコン、スマートフォンなどの端末を利用している場所の状況によっても速度が変わってきます。 理論的にこの速度が出せるというだけで、常に最大速度ではないということを知っておきましょう。 使用している機種にもよる 使用している機種によっても、通信環境が異なる場合があります。 逆に、機種を変えることで通信速度がアップしたということもあります。 自分の地域はの通信速度や通信環境は、どの機種が向いているのかを調べておくとよいでしょう。 スペックが高ければ、速度も速くなることも覚えておきましょう。 自分が選んだ機種は、最適に使用できるのかを担当者に確認してもらうと安心です。 場所によっても左右される 場所によっても通信環境の状態は左右されます。 人混み具合や時間帯でも変わってくることも知っておきましょう。 自分の地域が山沿いである場合は、エリア的には通信環境がよいとされていても、通信速度が遅くなる場合があります。 また、車での移動時も通信速度は遅くなり、ネットにつながりにくくなるので、場所によって左右されることも知っておくことが大切です。 時間帯でも左右されるので、利用する時間も考えながら活用しましょう。 使用用途に合わせた速度を選ぶことが重要 通信速度が速いほど料金が高くなるので、自分の用途や予算に合わせて選ぶことが大切です。 どうしても仕事で使わなければならない場合は、通信環境や速度を優先として選ぶことをおすすめしますが、仕事ではなくプライベートで活用する場合は、料金のことも考えて低く設定することもよい方法です。 低めに設定してしまったことでストレスやトラブルの原因になる場合は、高くても速度の速いものを選んだ方がよいでしょう。 速度とともに安定性も重要 速度だけでは途中で切れてしまうこともあります。 速度だけを重視してしまうと、画像が途切れてしまうことがあります。 通信環境の安定性も重要になるので、快適なネット環境を求める場合は速度と安定性のどちらとも選ぶことが大切です。 表示されている最大値だけで確認するのではなく、専門スタッフに直接聞いて自分が主に使用する地域の通信環境を調べてもらうとよいでしょう。 地域に適した商品を勧められるので、専門知識のある人に聞いてみることもよい方法です。

次の