下痢 お 尻 痛い。 慢性的な下痢でお尻が痛い…ツラい症状の軽減は薬で対策必須!

下痢で肛門が痛い!理由は腸内環境が悪いから!?

下痢 お 尻 痛い

下痢の時に肛門が痛くなるのはなぜ? 下痢の時、ただでさえお腹に力が入らなくて気力が失せてしまうのに、さらにお尻の穴まで痛い… そもそも下痢でお尻の穴が痛くなるのはなぜなのか、これには、2つの理由があります。 便による刺激 下痢で水のような軟便が続くと、下痢便の中の排泄物の割合が少なくなり、水分を多く含む便になります。 水便は気張らなくても肛門から勢いよく排出されるため、その際、便と肛門が擦れた刺激によって痛みを感じるのです。 下痢便に多く含まれている腸液はアルカリ性であるため、肛門の皮膚の粘膜を溶かしてしまう作用があります。 そのため、下痢を繰り返すたびに皮膚組織が薄くなってしまい、お尻の穴に感じる痛みの度合いも増すのです。 トイレットペーパーによる刺激 下痢が頻繁に続くと、排便を済ませる度にお尻の穴を拭きますよね。 トイレットペーパーと肛門の摩擦によってお尻の穴が痛むことがあります。 こちらの原因についても、繰り返す下痢同様、何度もトイレに行くごとに肛門の痛みが増していきます。 肛門が痛い時に有効な対処法3選! 続いて下痢で肛門が痛い時、すぐに実践できる対処法をみていきましょう。 ウォシュレット機能を使う ウォシュレットのシャワー状に吹き出る水が、下痢と一緒に出た腸液も洗い流してくれます。 またお尻の穴付近にある、下痢が原因でできた小さい傷も洗浄してくれるので衛生的です。 自宅以外で下痢をもよおした時は、携帯用ウォシュレットなんかも販売されているので常にカバンに持っておくと安心ですね! おすすめ携帯用ウォシュレット レック 携帯用おしりウォッシュソフト 肛門の皮膚は非常にデリケートなので、ワセリン以外の成分が含まれているものは使わないようにしましょう。 また ワセリンを購入する際は衛生面を最大限考慮し、上のようなチューブタイプでサイズもコンパクトなもの選び、早めに使い切ってください。 塗る時に素手で肛門を触るのに抵抗がある方は、ゴム手袋や綿棒を使ってもいいです。 下痢が続く時は何度もトイレに行きますが、その都度ティッシュやウォシュレットで肛門をキレイにしてから再度ワセリンを塗りなおします。 ワセリンを塗ることで便やトイレットペーパーと肛門の摩擦を少なくするとともに、粘膜が薄くなった肛門を細菌などから保護することもできます。 ちなみに、下痢の時の肛門の痛みは切れ痔の時と同じ痛みなので、切れ痔に塗る薬を持っている方はそちらを使用するのもアリですよ。 柔らかいトイレットペーパーを使う 下痢が長引くと、痛いのを我慢して何度も肛門を拭かなければなりません。 トイレットペーパーと肛門の摩擦対策としてトイレットペーパーはできるだけ柔らかいものを使用するのがおすすめです。 いくつか「柔らかい!」と評判のトイレットペーパーを紹介しますね。 おすすめトイレットペーパー一覧 ネピア デラックストイレットロール.

次の

下痢でお尻がヒリヒリする原因は?ヒリヒリしなくするには?

下痢 お 尻 痛い

スポンサーリンク なぜ便がアルカリ性になるのか? 下痢がなぜアルカリ性なのかを知る前に、そもそも下痢とはどういうものかを簡単に説明します。 下痢は食中毒菌や毒物、消化困難な食べ物など、 人間に有害なものを素早く体外に排泄してしまうための腸の機能です。 そのため、下痢になると腸は激しい蠕動運動により、短時間で一気に便を体外に排泄しようとするのです。 便がアルカリ性になる原因は、この 激しく短時間で一気に便を出してしまうことにあります。 腸液はアルカリ性 実は腸で分泌される消化液のほとんどがアルカリ性です。 腸で分泌される代表的な消化液のPHはこうです。 【腸の消化液のPH】 消化液の種類 PH 7. 0以上がアルカリ性 胆汁 7. 6~8. 6 膵液 7. 1~8. 2 腸液 7. 7 腸の中の善玉菌は食べ物を分解する過程で、様々な有機酸を作り出します。 正常な腸の場合は、ゆっくりと時間をかけて消化していきます。 そのため、善玉菌も食べ物を分解するのに十分な時間があるため、 アルカリ性の消化液が分泌されても、やがて弱酸性になるのです。 しかし、下痢の時は短時間で一気に排泄されるため、 善玉菌が弱酸性に変える前に、肛門からアルカリ性の状態の便が出てしまうのです。 アルカリ性では悪玉菌が活発になる アルカリ性の便にはもう一つ厄介なことがあります。 それは腸の中の悪玉菌はアルカリ性の環境を好み、善玉菌はアルカリ性の環境が苦手だということです! 下痢をすると 腸内環境はアルカリ性になってしまうため、善玉菌が減り、悪玉菌が増えてしまうのです。 腸内環境を改善するために、ヨーグルトや食物繊維豊富な食事をしたとしても、下痢をしてしまうと、腸内環境を一気に悪化してしまうのです! 下痢は今までの努力を台無しにしてしまいます。 そんな下痢を誘発する原因にはどのようなものがあるのでしょうか? 今度は下痢を誘発する生活習慣を見ていきましょう。 スポンサーリンク 下痢を誘発する生活習慣 私は元々、お腹を壊しやすく、すぐ下痢をする体質だったため、ヨーグルトなどの乳酸菌発酵食品を手作りして食べるようになりました。 しかし、色々な事を勉強して、実践した結果、お腹を壊さないようにするためには、お腹に良い食事をすることよりも、そもそも、 下痢をする生活習慣をやめることが大事だと分かりました。 下痢を誘発する生活習慣には次のようなものがあります。 過度なストレス• 不規則な生活習慣• アルコールの飲み過ぎ• 食べ過ぎ 過度なストレスや不規則な生活習慣は自律神経の働きを乱し、腸の消化機能を低下させます。 また、アルコールや食べ過ぎは、腸に過度な負担を与え、消化不良を引き起こす原因になります。 このような生活習慣をやめない限りは、 腸内環境を良くする食事をしても無駄なのです! 下痢を誘発する生活習慣については、こちらの記事に更に詳しく書いているので、良ければご覧ください。 ヒリヒリする肛門の痛みを抑えるにはどうすれば良いのでしょうか? 次はヒリヒリを和らげる方法をお伝えします。 スポンサーリンク ヒリヒリを和らげる方法 肛門の痛みを和らげるには、早く下痢を治してしまうのが一番ですが、そんなにすぐに治るわけでもありませんよね。 やっぱり、応急的に痛みに対処する方法が知りたいところですね。 インターネットで調べると、ワセリンを塗るなんて方法がたくさん出てきますが、これはあまり効果的ではありません。 確かにワセリンを塗るとヒリヒリは治りますが、再び下痢をするとワセリンが取れてしまうので、すぐに効果がなくなっちゃうんです。 下痢でワセリンが取れるたびに、また塗り直すせばよいかもしれませんが、塗り過ぎはかえって肛門のために良くありません。 一番のおすすめは、 シャワー付きトイレでこまめに肛門を洗う事です。 水は中性のため粘膜を刺激しません。 そのため、水で便の中に含まれるアルカリ性の消化液を洗い流してしまうことで、ヒリヒリを抑えることができます。 ただし、都合よくいつもシャワー付きトイレがあるわけじゃないですよね。 公衆トイレには、まだまだ付いてない所もたくさんあります。 そこで、おすすめなのが携帯ウォシュレットです。 突然お腹が痛くなったときなんかに重宝するので、私も愛用しています…。 旅行の時なんかは必須なんですよね。 手動の物から電動のものまで、色々あり、値段もピンからキリまでです。 Amazonと楽天のリンクを貼っておくの、自分の好みのものを探してみてくださいね。 腸内環境が悪化すれば、更にお腹を壊しやすくなるため、どんどん悪循環に陥ってしまいます。 そんなことにならないためにも次のような下痢を誘発する生活習慣を避けましょう。 過度なストレス• 不規則な生活習慣• アルコールの飲み過ぎ•

次の

慢性的な下痢でお尻が痛い…ツラい症状の軽減は薬で対策必須!

下痢 お 尻 痛い

Sponsored Link 下痢でお腹が痛い時に考えられる6つの原因 下痢が出てお腹が痛い時、主に考えておきたい原因は以下の6つです。 食べすぎ、飲みすぎ• お腹の冷え• 食中毒• ストレス• 腸内環境が崩れている• お腹に関係する病気 この中でも、 1~3番までは急に起こる下痢と腹痛、4~5番は慢性的に続く下痢と腹痛ですね。 6番のお腹に関係する病気については、急性のものと慢性のもの両方があります。 まずは、この中から思い当たる原因がないかをチェックしてみましょう。 以下では、それぞれの症状や特徴も合わせて書いていますので、セルフチェックの参考にしてくださいね。 食べすぎ、飲みすぎによる下痢・腹痛 食べすぎや飲みすぎによる下痢や腹痛、吐き気などは、あなたも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。 食べ物や飲み物を大量に摂ると、体の中では消化を急ごうとして、胃腸が消化液を多く出しながら食べた物をどんどん奥に送り込もうとします。 ただ、 送り込む速度が早くなりすぎると、どうしても食べ物の消化が間に合いません。 同じように、腸で吸収されるはずの水分も、十分に吸収されないまま腸を通過してしまいます。 その結果、 食べ物や飲み物は消化不良のまま、下痢となって出てきてしまうというわけですね。 ちなみに、食べすぎや飲みすぎによる下痢・腹痛は、 主に会社の飲み会などでよく見かける症状です。 飲み会では、消化に悪い油の多いものを食べることが多く、飲み物も大量に飲んでしまいがちなので、食べすぎや飲みすぎが原因となっている人は注意をしておきましょう。 食べすぎ、飲みすぎによる下痢や腹痛の治し方 食べすぎや飲みすぎが原因となる下痢や腹痛は、あくまで一時的なものです。 大抵は数時間もすれば落ち着くでしょう。 ただ、暴飲暴食を繰り返すと下痢や腹痛を繰り返すことになりますので、次からはしっかりと予防をすることが大切になります。 具体的には、 一度に食べる量や飲む量を減らしましょう。 よく言われることではありますが、腹八分目くらいがベストです。 また、同じ量を食べ飲みする場合でも、ゆっくり食べれば下痢や腹痛を起こしにくい傾向にありますので、一応覚えておくと良いでしょう。 Sponsored Link 2. お腹の冷えによる下痢・腹痛 お腹の冷えによる下痢や腹痛も、多くの方が経験する症状の1つですね。 冷たいものを食べ飲みしすぎた場合や、お腹を出したまま寝た場合などがこれに当てはまります。 お腹の冷えによる下痢や腹痛の原因は、一言で言ってしまえば腸が冷えきらないように活発に動くためです。 そもそも、お腹に限らず体は冷えを嫌います。 「体温低下=あらゆる生命活動の停止」に繋がるためですね。 お腹が冷えきってしまえば腸の活動は停滞してしまいますから、 体は腸を活発に働かせることで体温を維持しようとします。 寒い時に体を動かすのと同じ理屈ですね。 結果として 腸を通過する時間が早くなり、食べ物や飲み物は十分に消化されないまま、下痢となって出てきてしまうというわけですね。 夏の時期に多い下痢や腹痛の原因の1つで、特に体の未熟な子供に起こりやすい症状と言えるでしょう。 お腹の冷えによる下痢や腹痛の治し方 お腹の冷えによる下痢や腹痛は、基本的にお腹の冷えが治まれば治まります。 つまり、 お腹を温めることが最善の治療法と言えるでしょう。 布団に入る、腹巻きを使う、温かい飲み物をゆっくりと飲むなど、何かしらの方法でお腹を温めておけば自然と良くなっていきますよ。 また、普段からお腹を冷やさないための予防も大切になります。 冷たい食べ物や飲み物を一気に摂らない、お腹を出して生活しないなどの対策が基本ですね。 あとは、夏場でも温かいものを食べ飲みしたり、適度な運動を行うことも対策としては効果的ですね。 温かいお茶や味噌汁を飲む、1日20~30分ほどランニングをするなど、自分のやりやすい形で冷えからお腹を守っていきましょう。 食中毒による下痢・腹痛 急に起こる下痢の中でも、特に症状がひどいのが「食中毒」ですね。 毎年のように集団食中毒がニュースになるので、あなたも知っているのではないでしょうか。 食中毒は、細菌やウイルスなどに汚染された食べ物や飲み物を摂ることによって起こる急性の感染症です。 簡単に言ってしまえば、大量の細菌やウイルスを飲み込んでしまうことで、急に胃腸炎を引き起こすようなものと考えておけば良いでしょう。 食中毒の原因は、多くの場合が夏場に食べる生肉や生魚などの生の食品です。 加熱不足で生焼けのものも原因になりやすいですね。 また、中には加熱しても殺菌出来ない菌、加熱では処理できない毒素を出す菌などもいますので、 加熱した食品でも食中毒になる可能性はあります。 原因菌にもよりますが、食事を食べてから発症までは2~3日以内であることがほとんどです。 数時間で発症ということもありますね。 症状としては、下痢や腹痛、吐き気、嘔吐といった症状の他に、発熱を起こすものもあります。 これらの症状に加えて思い当たる節がある場合には、食中毒を疑うようにしましょう。 食中毒による下痢や腹痛の治し方 食中毒による下痢や腹痛は症状がひどいものが多く、原因次第では放置すると危険なケースもあります。 そのため、 下痢や腹痛、吐き気などの症状がひどい場合、発熱がある場合、便に血が混じっている場合などは、すぐに病院を受診するようにしてください。 軽い下痢や腹痛しかない時には様子を見ても問題ありません。 ただ、 症状が軽くても長引くようであれば、一応病院を受診しておいた方が良いでしょう。 Sponsored Link 4. ストレスによる下痢・腹痛 意外かもしれませんが、 ストレスによる下痢や腹痛は、慢性的に続く下痢や腹痛の中で最も多い原因の1つです。 専門的には 「過敏性腸症候群」と呼ばれるものですね。 あなたも「緊張でお腹が痛くなる」という話を聞いたことがあるかと思うのですが、これがよくあるストレス性の下痢や腹痛と言えるでしょう。 なぜストレスで下痢や腹痛が起こるのかと言うと、一言で言ってしまえば、 自律神経の乱れによって胃腸の働きに異常が出てしまうためですね。 自律神経というのは、体の状態を管理する司令塔のような存在です。 そして、 自律神経はストレスによる影響を受けやすいという特徴があります。 胃腸などの内臓は自律神経が支配しているので、ストレスによって自律神経が乱れてしまうと、胃腸の働きにも影響が出てしまうというわけですね。 ストレスによる下痢や腹痛の治し方 ストレスによる下痢や腹痛を治すには、当然ですが ストレスを出来るだけ減らすことが大切になります。 ストレスになることから出来るだけ遠ざかる、趣味でストレスを発散するなどの対策を行うと良いでしょう。 また、自律神経の働きを整えるためにも、規則正しい生活をすることも必要になりますね。 睡眠時間を十分に確保する、食事の栄養バランスを整える、適度な運動を行うといった対策を行っていくようにしましょう。 特に睡眠不足は自律神経を乱してしまいがちなので、睡眠時間は6~8時間ほど取るように心がけてくださいね。 腸内環境の崩れによる下痢・腹痛 腸内環境のバランスが崩れた場合も、慢性的に下痢や便秘になりやすくなります。 いわゆる腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れた状態ですね。 悪玉菌というのは、腸に悪影響を与える菌のことです。 一方、善玉菌というのは腸内で消化のお手伝いをしたり、悪玉菌の働きを抑えてくれる菌のことですね。 簡単に言えば、 善玉菌が増えるほど消化が良くなり、悪玉菌が増えるほど消化が悪くなると考えてもらえれば良いでしょう。 つまり、 腸内の菌のバランスが悪玉菌に傾くと、慢性的に下痢や腹痛を起こしやすくなるというわけですね。 腸内環境の悪化による下痢や腹痛の治し方 腸内環境の悪化によって下痢や腹痛が出ている場合、 生活習慣を見直しながら腸内環境を改善していく必要があります。 特に重要なのが食事の改善ですね。 普段から意識的に善玉菌を摂りつつ、善玉菌のエサとなるオリゴ糖などを摂るようにしましょう。 乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌は、主に発酵食品から摂ることが出来ます。 ヨーグルトや納豆、チーズなどをオリゴ糖と合わせて1日1回、朝昼夜どれかの食後に食べると良いでしょう。 とにかく毎日継続することがポイントです。 「毎日継続するのが大変…」という方は、 腸内環境を整える善玉菌のサプリメントを使ってみましょう。 飲むだけなので続けやすいですし、食事の手間もかからないのでおすすめですよ。 Sponsored Link 6. お腹に関係する病気による下痢・腹痛 ここまでにお伝えしたような原因が思い当たらない場合は、お腹に関係する病気を疑うようにしてください。 以下では、下痢や腹痛を伴う病気の中でも、一般的によく見られる病気を中心にご紹介していきます。 ウイルス性胃腸炎 お腹に関係する病気には色々なものがありますが、よく見かけるのはウイルス性の胃腸炎ですね。 いわゆる 「お腹の風邪」と呼ばれるもので、知られているウイルスの中では「ノロウイルス」などが代表的です。 「急に下痢や腹痛が出たけど思い当たる節がない…」という場合には、ウイルス性胃腸炎の可能性が高いと言えるでしょう。 感染性胃腸炎の症状は、急な下痢と腹痛に加えて、発熱、吐き気、嘔吐などが一般的です。 盲腸 ウイルス性胃腸炎ほど頻繁ではありませんが、急な腹痛の場合は 「盲腸(急性虫垂炎)」も考えられます。 お腹の右下あたりの強い痛みに加えて発熱や嘔吐があれば、盲腸の可能性が高いと言えるでしょう。 盲腸はどちらかと言えば子供に多いので、子供が右下腹部のひどい腹痛を訴えた時には注意が必要ですね。 重度の生理痛 女性の場合、重度の生理痛などでも下痢や腹痛を伴うケースが多いです。 生理による出血に加えて腰痛や頭痛、吐き気などを伴っている場合には、生理痛に伴う下痢や腹痛の可能性が高いと言えるでしょう。 通常は、年齢を重ねたり出産を繰り返すことで痛みは落ち着いていく傾向にあります。 ただ、あまりに症状がひどいケースでは 「子宮内膜症」や 「子宮筋腫」といった病気が隠れている場合もありますので、生理痛だからと軽視するのは止めておきましょう。 その他の病気 その他にも、下痢と腹痛を同時に起こす病気には色々なものがありますが、比較的まれなケースなので、ここでは簡単に特徴をご紹介して終わりたいと思います。 まず、 急に下痢と腹痛が出る病気の場合、症状がひどいことが多いのが特徴ですね。 下血や発熱など、他の症状を伴うことも多いので、あまり見過ごしてしまうことはないでしょう。 一方で、 慢性的に下痢や腹痛が出るケースでは、さほど目立った症状が出ないことも少なくありません。 腹痛を伴う下痢と便秘を繰り返す、便に軽く血が混じっている、軽い微熱が続くなどの症状が現れることもありますが、どれも違和感程度で終わってしまうことが多いのが特徴です。 軽い症状だと放置してしまいがちですが、 2~4週間以上続く下痢や腹痛には注意をしておいた方が良いでしょう。 なお、 病気による下痢や腹痛の場合は、自己判断で下痢止めや痛み止めの薬を飲んで無理に耐えてはいけません。 どの病気の場合も症状悪化のリスクがありますので、まずは病院を受診するようにしてくださいね。 まとめ 下痢でお腹が痛い時は、まず 今回の記事を参考に思い当たる原因がないかを考えてみてください。 思い当たる節があるのであれば、それが原因である可能性は高いと言えるでしょう。 あとは、 下痢や腹痛の他にどんな症状が出ているかもチェックしてみてくださいね。 症状次第では、ある程度原因を絞ることが出来るかと思います。 また、この記事を読んでも原因がよく分からない、明らかに症状がひどい、症状が長引くという場合には、一度病院を受診するようにしてくださいね。 Sponsored Link•

次の