コブクロ 小渕 国家。 【動画】コブクロ小渕健太郎の君が代国歌斉唱がヤバい!MGCマラソン緊張で裏声に?「放送事故」?

コブクロの小渕健太郎・国歌斉唱・国歌独唱が話題

コブクロ 小渕 国家

名前:小渕健太郎(こぶちけんたろう) 生年月日:1977年3月13日(現在42歳) 出身地:宮崎県宮崎市 身長:168cm 血液型:O型 職業:ミュージシャン・シンガーソングライター・作曲家・編曲家 宮崎県宮崎市にて生まれた小渕健太郎さん。 実家で日本民謡を教えていたため、幼い頃から音楽に親しんでいたと言います。 高校時代にはギターをもち、あちこちのバンドを掛け持ちしており、文化祭やライブに出ていたんだとか。 そのまま音楽の道に進むかと思いきや、高校卒業後は一般企業へと就職。 サラリーマンとしての人生を歩みはじめ、中学時代の同級生と結婚。 出世し主任になったときに、サラリーマンの傍らストリートライブをスタート。 安定した人生の中に、ちょっとした冒険が欲しかったのかもしれません。 そんなとき、路上ライブをしていた現在の相方・黒田俊介と出会います。 当時から素晴らしい歌声を持っており、聞きほれたのだとか。 2日との出会いの場となったのは、堺東銀座通り商店街です。 JR堺東駅のすぐ近くにあり、今ではコブクロファンの聖地となっています。 意気投合した2人。 そして黒田俊介さんからの提案により、小渕健太郎さんが楽曲を提供することになりました。 黒田俊介さんのギターの腕前が残念だったそうで、小渕健太郎さんが急遽サポートすることに。 そんな成り行きで2人で活動するようになったと言います。 2人がセッションした日には、商店街に300人近い人が訪れたのだとか。 数週間ライブを繰り返し、黒田俊介さんの方から「一緒に組もう」と言われ、コブクロを結成。 その後活動するようになっていったと言います。 コブクロを結成したその翌年に小渕健太郎さんは会社を辞めました。 最初はインディーズから活動をスタート。 その後の小渕健太郎さん、コブクロの活躍はみなさん知っての通りです。 小渕健太郎さんと黒田俊介さんがコブクロを組むきっかけとなった楽曲「桜」は、2005年に12thシングルとしてリリースされました。 小渕健太郎の国歌独唱についてネットSNSの反応は? では最後に、今回話題になった小渕健太郎さんの国家独唱についてSNSネットの反応をみていきましょう。 張り詰めた雰囲気を一気に破壊してくれた。 ずっこけ国家斉唱 — ぽりっぴー kirakira7965 国家斉唱 コブクロ… 大丈夫か? ヤバいだろ あれじゃ… クスクス笑われる 残念賞…プロか? あれで。。。 爆笑 — Bowziee tdf1986 コブクロの国家斉唱。 「見てはいけないものを見てしまった…」リアルタイムで小渕健太郎さんが歌う国家独唱を聞いた人は驚愕だったようです。 残念ながらすぐに拡散され、リアルタイムで見ていない人にも聞かれてしまう事態に…。 まとめ 9月15日(日)にトレンド入りしたコブクロ小渕健太郎さんの国家独唱についてSNSの反応を中心にまとめていきました。 小渕健太郎さんの黒歴史になってしまいましたね…。 そして歴史に残る国家独唱にもなりました。 おそらく今後、他のアーティストが国家独唱をするたびにTwitterでネタにされるんだろうなあ…。 小渕健太郎さんには、今回の国家独唱をネタにして頑張ってもらいたいです。

次の

小渕健太郎(コブクロ)の君が代(国歌独唱)の音程がヤバすぎる!歌唱動画公開!SNSネットの反応もアリ

コブクロ 小渕 国家

男女上位2位が東京五輪マラソン日本代表に内定する代表選考レース『マラソン・グランドチャンピオンシップ(MGC)』が、15日午前に東京都内で行われ、発着地点の明治神宮外苑で行われたオープニングセレモニーでは、音楽デュオ『コブクロ』の小渕健太郎さんが『君が代』の独唱を披露したのですが、放送事故レベルだったという声が相次ぐ事態となっています。 コブクロ小渕健太郎さんは、2012年から大阪マラソンに参加するなどマラソンを趣味とし、2014年には大阪マラソンの公式テーマソング『42. 195km』を提供、今年「大阪マラソンアンバサダー」に就任し、今年もテーマソングの提供を予定しているほか、ランナーとしてレースにも参加予定となっています。 このようにマラソンを趣味としている縁でMGCの国歌独唱アーティストに選ばれ、発着地点の明治神宮外苑いちょう並木でコブクロ小渕健太郎さんは『君が代』を独唱したのですが、歌い始めから音程を外し、その後も裏声(ファルセット)で歌唱し続けたことによって、終始安定しない歌唱となっていました。 『君が代』の独唱後は、 「今日は素晴らしい機会をいただきありがとうございました。 僕自身、マラソンが大好きで、とても緊張した場でしたが、精一杯歌いました。 この清々しい天気の中、選手の皆さんがベストな走りが出来る事を願っています。 皆さん、頑張ってください」とコメントしていたのですが、コブクロ小渕健太郎さんの『君が代』独唱を聴いた視聴者からは、• 放送事故ですか?• 直視出来んかった• なんで引き受けたんだよってレベル• 本人地獄だったろうなw• 米良美一かよwww• グッチ裕三みたいになってるじゃん• 廃業しろってレベルの大惨事• コブクロって下手だったんだな• 君が代は歌い出しが難しいんだよ• キー間違えてファルセットで歌い出すなんてプロ失格じゃん• キー高過ぎてちゃんと歌えてなかったなぁ。 国歌斉唱だし小渕さん緊張したのかな?• めちゃくちゃ歌上手い人だから、申し訳ないが面白い笑• コブクロのMGC国歌斉唱下手すぎ。 謎の裏声で台無し• コブクロさん国歌斉唱。 出だしでキー間違えて変えたら高すぎて、そのまま突っ走ってドツボにはまった感じやったなあ…• 久しぶりに朝から度肝を抜かれた国家斉唱。 段々とキーが高くなり最後は血管切れそうでした。 どうしちゃったのかな?プロとしてあれはないでしょう。 もう2度と呼ばれないだろうね。 選んだ人もあれだけ酷いものになるとは思ってなかったと思うけど、歌手が歌ったとは思えない国家斉唱でした。 などと厳しい声が噴出しています。 本番前にコブクロ小渕健太郎さんが発声練習を行っている動画もネットに上がっているのですが、どうやらファルセットで歌うことは決まっていたようです。 (Twitter) 東京五輪の代表が内定する非常に大事なレースだっただけに、コブクロ小渕健太郎さんは緊張し、放送事故状態の歌唱になってしまったのだろうと思います。 ちなみに、MGCのレース結果は男子が1位・中村匠吾選手、2位・服部勇馬選手で代表内定、女子は1位・前田穂南選手、2位・鈴木亜由子選手で代表に内定しています。 スポーツの試合前に歌手が『君が代』を独唱するのは恒例となっており、これまで様々な方が大舞台で歌唱を披露していますが、男性歌手で上手かったと評価されている方は、元CHAGE and ASKAのASKAさん、X JAPANのToshlさん、松崎しげるさん、デーモン閣下、T. Revolutionの西川貴教さん、さだまさしさん、DA PUMP・ISSAさん等となっています。 一方で、下手だったと酷評されていたのはEXILE・TAKAHIROさん、元Aqua Timezのボーカル・太志さん等で、『君が代』は音階が独特で、音が飛ぶことからプロの歌手でも失敗することがあるといいます。 特にキーの選択を間違うとコブクロ小渕健太郎さんのようなミスをしてしまうようで、高いキーで始めると「千代に八千代に」の「や」のさらに音が高くなる部分で苦しくなり、そこから再び音程が下がることから音を外してしまいがちとのことです。 今回の『君が代』独唱の失敗によって、コブクロ小渕健太郎さんに対しては多くの厳しい声が寄せられており、本人もやってしまったと思っているかと思いますが、今後もしまた『君が代』の独唱を任された際には、見事な歌唱を披露してほしいですね。 参照元• html• j-cast. html• asahi. olympicchannel.

次の

【動画】コブクロ小渕の国歌斉唱「君が代」が放送事故レベルと話題に

コブクロ 小渕 国家

Contents• 何かがおかしい・・・?小渕健太郎(コブクロ)が、MGCの国歌独唱でミス? コブクロ、国家斉唱で事故。 日曜日の朝、日本が平和なのはあなたのおかげです。 しかしその 歌声のキーが高すぎたことで悲劇が起こり、ネット上では「 放送事故」「 なんで裏声で歌った?」「 笑った」などという声が一部で拡散。 一部のメディアは「笑撃」と取り上げたほか、YouTubeにアップされた「絶対に笑ってはいけないMGC」という動画は200万回以上も再生されています。 歌い出しの前深々とお辞儀をして、発声の際大切な横隔膜と喉との間の呼吸バランスか崩れ、歌い出しからオクターブが狂い、瞬時に元に戻すことが不自然だと察し、そのままのキーで歌わざるを得ない状況であったと僕は推測する。 否定もしない。 ただ、力ある素晴らしいシンガーの一度のミスを、寛大に受け入れようとしない風潮を、僕はとても寂しく思う」と長いコメントを残しています。 また、2019年に大阪マラソンが新コースになることを記念して、コブクロは公式テーマソングを制作し、秋に発表する予定となっています。 そんなマラソンへの想いが強い小渕さんだからこそ、MGCで選手へ向けて歌う国歌に力が入り過ぎてしまったのかも知れませんね。 国歌を歌い終えた小渕さんは、「 今日は素晴らしい機会をいただきありがとうございました。 僕自身、マラソンが大好きで、とても緊張した場でしたが、精一杯歌いました。 この清々しい天気の中、選手の皆さんがベストな走りが出来る事を願っています。 皆さん、頑張ってください」と話しています。

次の