な が よし にし ちゅう が っ こう。 鋳造(ちゅうぞう)・鍛造(たんぞう)・切削(せっさく)・プレス・溶接(ようせつ)の5つの方法(ほうほう)があります。

おのちゅうこう

な が よし にし ちゅう が っ こう

経歴 [編集 ]• に師事• 処女詩集「牧歌的風景」(女性時代社)を発表。 詩集「日本の教室は明るい」(東陽閣)。 高村光太郎の推奨を受ける。 から童話「氏神さま」を出版。 教職を辞す。 「風は思い出をささやいた」(講談社)で受賞。 故郷白沢村(現沼田市白沢町)の椎坂峠に自作自筆の詩章「望郷」を刻んだ文学碑が建立される(題字:講談社社長・野間省一)。 文化団体「タラの木文学会」を結成。 雑誌「タラの木」を創刊し、詩と児童文学運動を推進。 郷土の小中学生を対象とした「おの文学賞」を創設し、以後30年にわたり郷土文化の振興に尽力する。 定本「おの・ちゅうこう詩集」(美術四季社)を出版。 児童文化功労者表彰を受ける。 「風にゆれる雑草」(講談社)で受賞。 郷里白沢村にて名誉村民条例が制定され、名誉村民第一号として顕彰される。 日本詩人クラブより第二回永年会員として顕彰される。 6月25日、肺線維症による呼吸不全により生涯を閉じる(享年82)。 埼玉県本庄市滝瀬の天台宗立岩寺境内に「おの・ちゅうこう文学資料館」が完成する。 主要作品(単行本) [編集 ] 詩集 [編集 ]• 「牧歌的風景」小野忠孝、女性時代社 1932年)• 「日本の教室は明るい」小野忠孝 東陽閣 1941年)• 「明るい教室」小野忠孝 大紘書院 1942年)• 「野ばらの歌」文憲堂七星社 1969年)• 「定本おの・ちゅうこう詩集」美術四季社 1972年)• 「おの・ちゅうこう詩集」昭和詩大系 宝文館出版(1977年)• 詩画集「望郷」単独舎 1986年 童話・児童文学 [編集 ]• 「子供はなぜ泣くか」小野忠孝、東江社 1941年• 「氏神さま」小野忠孝、講談社 1942年• 「子供ぶたい」小野忠孝 興亜文化協会 1943年• 『コウシ シナノセイジン』ヲノタダヨシ 大日本雄辯會講談社(1944年)• 「工場祭」小野忠孝、紀元社 1944年• 「ふるさと物語」小野忠孝、講談社 1945年)• 「かいこ」小野忠孝、学習社 1947年• 「笛の太吉」小野忠孝、宝雲社 1947年• 「心の銀河」小野忠孝、講談社 1948年)• 「ゆかいな中学生」小野忠孝、英研社 1948年• 「涙の白鳥」小野忠孝、講談社 1949年)• 『あゝ君よぶ山脈』小野忠孝 渡辺郁子絵 妙義出版社 1949年)• 「光に叛く」小野忠孝、三ツ和書房 1949年)• 『君死なばわれも』小野忠孝 妙義出版社, (1950年)• 「高原の合唱」東都書坊 1957年)• 「上州の民話」小野忠孝編 未来社, (1959年)• 「ふるさとの四季」あかね書房 1959年)• 「風は思い出をささやいた」滝平二郎絵 講談社 1965年)• 「いい子ってなあに」文憲堂七星社 1967年• 「山のみやげ話」文憲堂七星社 1968年• 「ひまわり団地」東都書房 1971年• 「ちょうになったさくらこ」小学館 1977年• 「日本昔話絵本シリーズ」 小学館)神話編全12冊(1977年~1978年• 「風にゆれる雑草」講談社 1980年• 「風とたたかう雑草」講談社 1982年• 「風にもえる雑草」講談社 1983年• 「若き日」小野忠孝、興亜文化協会 1941年 随筆・評論、その他 [編集 ]• 「鑑賞藤村の詩」小野忠孝、東江堂 1938年• 「郷愁と情熱の啄木」小野忠孝、東江堂 1939年• 「奥利根の詩と民話」崙書房 1969年• 「奥利根の歴史と旅」崙書房 ; 郁文社 発売 , 1971年• 「利根の歴史と悲話」崙書房 1977年• 「わが群馬の文学者たち」上毛新聞社 1979年• 「青春放浪記」創隆社 1980年 外部リンク [編集 ]• 1995年録音.

次の

おのちゅうこうとは

な が よし にし ちゅう が っ こう

経歴 [ ]• に師事• 処女詩集「牧歌的風景」(女性時代社)を発表。 詩集「日本の教室は明るい」(東陽閣)。 高村光太郎の推奨を受ける。 から童話「氏神さま」を出版。 教職を辞す。 「風は思い出をささやいた」(講談社)で受賞。 故郷白沢村(現沼田市白沢町)の椎坂峠に自作自筆の詩章「望郷」を刻んだ文学碑が建立される(題字:講談社社長・野間省一)。 文化団体「タラの木文学会」を結成。 雑誌「タラの木」を創刊し、詩と児童文学運動を推進。 郷土の小中学生を対象とした「おの文学賞」を創設し、以後30年にわたり郷土文化の振興に尽力する。 定本「おの・ちゅうこう詩集」(美術四季社)を出版。 児童文化功労者表彰を受ける。 「風にゆれる雑草」(講談社)で受賞。 郷里白沢村にて名誉村民条例が制定され、名誉村民第一号として顕彰される。 日本詩人クラブより第二回永年会員として顕彰される。 6月25日、肺線維症による呼吸不全により生涯を閉じる(享年82)。 埼玉県本庄市滝瀬の天台宗立岩寺境内に「おの・ちゅうこう文学資料館」が完成する。 主要作品(単行本) [ ] 詩集 [ ]• 「牧歌的風景」小野忠孝、女性時代社 1932年)• 「日本の教室は明るい」小野忠孝 東陽閣 1941年)• 「明るい教室」小野忠孝 大紘書院 1942年)• 「野ばらの歌」文憲堂七星社 1969年)• 「定本おの・ちゅうこう詩集」美術四季社 1972年)• 「おの・ちゅうこう詩集」昭和詩大系 宝文館出版(1977年)• 詩画集「望郷」単独舎 1986年 童話・児童文学 [ ]• 「子供はなぜ泣くか」小野忠孝、東江社 1941年• 「氏神さま」小野忠孝、講談社 1942年• 「子供ぶたい」小野忠孝 興亜文化協会 1943年• 『コウシ シナノセイジン』ヲノタダヨシ 大日本雄辯會講談社(1944年)• 「工場祭」小野忠孝、紀元社 1944年• 「ふるさと物語」小野忠孝、講談社 1945年)• 「かいこ」小野忠孝、学習社 1947年• 「笛の太吉」小野忠孝、宝雲社 1947年• 「心の銀河」小野忠孝、講談社 1948年)• 「ゆかいな中学生」小野忠孝、英研社 1948年• 「涙の白鳥」小野忠孝、講談社 1949年)• 『あゝ君よぶ山脈』小野忠孝 渡辺郁子絵 妙義出版社 1949年)• 「光に叛く」小野忠孝、三ツ和書房 1949年)• 『君死なばわれも』小野忠孝 妙義出版社, (1950年)• 「高原の合唱」東都書坊 1957年)• 「上州の民話」小野忠孝編 未来社, (1959年)• 「ふるさとの四季」あかね書房 1959年)• 「風は思い出をささやいた」滝平二郎絵 講談社 1965年)• 「いい子ってなあに」文憲堂七星社 1967年• 「山のみやげ話」文憲堂七星社 1968年• 「ひまわり団地」東都書房 1971年• 「ちょうになったさくらこ」小学館 1977年• 「日本昔話絵本シリーズ」 小学館)神話編全12冊(1977年~1978年• 「風にゆれる雑草」講談社 1980年• 「風とたたかう雑草」講談社 1982年• 「風にもえる雑草」講談社 1983年• 「若き日」小野忠孝、興亜文化協会 1941年 随筆・評論、その他 [ ]• 「鑑賞藤村の詩」小野忠孝、東江堂 1938年• 「郷愁と情熱の啄木」小野忠孝、東江堂 1939年• 「奥利根の詩と民話」崙書房 1969年• 「奥利根の歴史と旅」崙書房 ; 郁文社 発売 , 1971年• 「利根の歴史と悲話」崙書房 1977年• 「わが群馬の文学者たち」上毛新聞社 1979年• 「青春放浪記」創隆社 1980年 外部リンク [ ]• 1995年録音.

次の

甲突川端 よしこう(鹿児島中央/和食)

な が よし にし ちゅう が っ こう

経歴 [ ]• に師事• 処女詩集「牧歌的風景」(女性時代社)を発表。 詩集「日本の教室は明るい」(東陽閣)。 高村光太郎の推奨を受ける。 から童話「氏神さま」を出版。 教職を辞す。 「風は思い出をささやいた」(講談社)で受賞。 故郷白沢村(現沼田市白沢町)の椎坂峠に自作自筆の詩章「望郷」を刻んだ文学碑が建立される(題字:講談社社長・野間省一)。 文化団体「タラの木文学会」を結成。 雑誌「タラの木」を創刊し、詩と児童文学運動を推進。 郷土の小中学生を対象とした「おの文学賞」を創設し、以後30年にわたり郷土文化の振興に尽力する。 定本「おの・ちゅうこう詩集」(美術四季社)を出版。 児童文化功労者表彰を受ける。 「風にゆれる雑草」(講談社)で受賞。 郷里白沢村にて名誉村民条例が制定され、名誉村民第一号として顕彰される。 日本詩人クラブより第二回永年会員として顕彰される。 6月25日、肺線維症による呼吸不全により生涯を閉じる(享年82)。 埼玉県本庄市滝瀬の天台宗立岩寺境内に「おの・ちゅうこう文学資料館」が完成する。 主要作品(単行本) [ ] 詩集 [ ]• 「牧歌的風景」小野忠孝、女性時代社 1932年)• 「日本の教室は明るい」小野忠孝 東陽閣 1941年)• 「明るい教室」小野忠孝 大紘書院 1942年)• 「野ばらの歌」文憲堂七星社 1969年)• 「定本おの・ちゅうこう詩集」美術四季社 1972年)• 「おの・ちゅうこう詩集」昭和詩大系 宝文館出版(1977年)• 詩画集「望郷」単独舎 1986年 童話・児童文学 [ ]• 「子供はなぜ泣くか」小野忠孝、東江社 1941年• 「氏神さま」小野忠孝、講談社 1942年• 「子供ぶたい」小野忠孝 興亜文化協会 1943年• 『コウシ シナノセイジン』ヲノタダヨシ 大日本雄辯會講談社(1944年)• 「工場祭」小野忠孝、紀元社 1944年• 「ふるさと物語」小野忠孝、講談社 1945年)• 「かいこ」小野忠孝、学習社 1947年• 「笛の太吉」小野忠孝、宝雲社 1947年• 「心の銀河」小野忠孝、講談社 1948年)• 「ゆかいな中学生」小野忠孝、英研社 1948年• 「涙の白鳥」小野忠孝、講談社 1949年)• 『あゝ君よぶ山脈』小野忠孝 渡辺郁子絵 妙義出版社 1949年)• 「光に叛く」小野忠孝、三ツ和書房 1949年)• 『君死なばわれも』小野忠孝 妙義出版社, (1950年)• 「高原の合唱」東都書坊 1957年)• 「上州の民話」小野忠孝編 未来社, (1959年)• 「ふるさとの四季」あかね書房 1959年)• 「風は思い出をささやいた」滝平二郎絵 講談社 1965年)• 「いい子ってなあに」文憲堂七星社 1967年• 「山のみやげ話」文憲堂七星社 1968年• 「ひまわり団地」東都書房 1971年• 「ちょうになったさくらこ」小学館 1977年• 「日本昔話絵本シリーズ」 小学館)神話編全12冊(1977年~1978年• 「風にゆれる雑草」講談社 1980年• 「風とたたかう雑草」講談社 1982年• 「風にもえる雑草」講談社 1983年• 「若き日」小野忠孝、興亜文化協会 1941年 随筆・評論、その他 [ ]• 「鑑賞藤村の詩」小野忠孝、東江堂 1938年• 「郷愁と情熱の啄木」小野忠孝、東江堂 1939年• 「奥利根の詩と民話」崙書房 1969年• 「奥利根の歴史と旅」崙書房 ; 郁文社 発売 , 1971年• 「利根の歴史と悲話」崙書房 1977年• 「わが群馬の文学者たち」上毛新聞社 1979年• 「青春放浪記」創隆社 1980年 外部リンク [ ]• 1995年録音.

次の