履歴 書 学歴。 【雇用形態別!学歴・職歴の書き方】履歴書の書き方マニュアル/サンプル・テンプレート紹介

留学経験って学歴になるの?履歴書の学歴欄にどう書くのか書き方のポイントを解説!

履歴 書 学歴

履歴書は職務経歴書と共に、求職者と採用担当のファーストコンタクトとなる書類だ。 ただし、履歴書の役割は自身に関する事実情報を採用担当に伝えるためのものであり、選考自体には深く関わらない。 転職において、選考に深く関わる書類は職務経歴書である。 だが、選考に深く関わらないからと言って、履歴書をテキトウに書くべきではない。 なぜなら、履歴書の書き方を一般的な書式と明らかに違う方法で書くと、「常識がない」としてマイナス評価を受ける可能性があるからだ。 履歴書は上手く書けたからといって、大してプラス評価になることはない一方で、正確に書かなければマイナス評価を受けることはある。 無用なマイナス評価を避けるためにも、履歴書の書き方の基本はしっかりと押さえておこう。 履歴書の書き方 1.日付 履歴書の写真 履歴書は選考であまり重要視されないが、顔写真については選考への影響度が比較的に高いと言える。 なぜなら、文字情報が中心の履歴書・職務経歴書にあって、顔写真だけが唯一のビジュアル情報だからである。 書類選考において、採用担当は少ない判断材料の中から応募者の合否を決めなければいけない。 その中で、顔写真が採用担当に与える印象は決して軽視できない。 そのため、可能な限り顔写真によって好印象を与えられるように意識すべきだ。 無地の背景に、スーツ・ネクタイ着用で、顔がはっきりと見えるように胸から上を撮影するのが一般的だ。 無愛想な表情は避けるべきで、好感を与えられる笑顔がベストだろう。 撮影はスピード写真でも構わないが、写真の質にこだわるなら写真スタジオでの撮影をおすすめする。 写真はのり付けもしくは両面テープでキレイに履歴書に貼ろう。 スキャンしてプリンターから出力する場合は、必ずカラーで出力することを忘れないようにしよう。 4.生年月日 履歴書の学歴欄 履歴書の学歴欄については、まず一行目の中央に「学歴」と記載することから始める。 学歴の詳細については、転職の場合は高等学校の卒業から記載すれば問題ない。 それ以前の学歴を書いてマイナス評価されることはないだろうが、職歴欄の記載スペースが少なくなるし、採用担当も昔の学歴を確認したいと考えることは少ないので、特に理由がなければ記載する必要はない。 入学・卒業年の年号表記については、履歴書の他の部分で使用している表記と統一しよう。 なお、大学・短大・専門学校においては、学部・学科も省略せずに記載することを忘れないようにしよう。 また、「入学」「卒業」の縦位置を揃えると見栄えが整うので、なるべく揃えよう。 8.職歴 履歴書の職歴欄 履歴書の職歴欄は、学歴欄と同じく、一行目の中央に「職歴」と記載することから始める。 そして二行目から、現在までの職歴を入社年月・退社年月共に記載していくことになる。 入社・退社年月の年号表記は学歴と同じく、履歴書全体で使用している表記と統一する。 そして、「入社」の文字の縦位置を揃えておくと見栄えが整うので、なるべく揃えよう。 社名は(株)のように省略せず、正式名称で記載するようにしよう。 また、所属部署についても明記することを忘れずに。 必須ではないが、簡単に職務内容を要約して記載しておくと、採用担当にどのような仕事をしてきたか伝えることができる。 その際には、上図のようにインデントを活用すると見やすくなるので、親切だ。 また、正社員の勤務経験がない場合でも、契約社員・派遣社員・アルバイト就業があれば、勤務先を記入しよう。 その際に、雇用形態も明記しておくようにしよう。 退職理由については、明確な理由を記載する必要はなく「一身上の都合により退職」で十分だ。 ブランク期間がある場合は、ブランク期間がある理由を記載するようにしよう。 その際に、ブランク期間の間に自分のスキルを磨くためにどのような活動をしてきたか記載しておくと、ブランク期間に対する印象も良くなるので、なるべく書くべきだ。 そして、全ての記載が終了したら、「現在に至る」で締めくくろう。 9.賞罰 履歴書の賞罰欄 履歴書の賞罰欄には、これまでの受賞歴及び犯罪歴を記載する欄です。 受賞歴については、どのような受賞歴でも記載は自由だ。 ただし、アピールにならないような受賞歴であれば特段記載する必要はない。 あくまで採用担当にアピールすることを目的に書くということを意識しよう。 犯罪歴については、「確定した有罪判決」が記載対象となる。 また、刑事罰が対象となるので、交通違反等の行政罰については記載は不要だ。 なお、犯罪歴について申告したくないというのが自然な感情だが、企業から申告を求められた場合は、真実を告知する義務が生じる。 参考リンク: 逆に言えば、企業から特に求められていない場合については、記載する必要はない。 最後に、学歴・経歴・賞罰を記入し終えたら、「以上」と記載して締めくくろう。 10.資格・免許 履歴書の資格・免許欄 履歴書の資格・免許欄には、これまでに取得した資格や免許を記載しよう。 自動車運転免許や国家資格・民間資格・TOEIC等の試験など、アピールとなり得る材料であればどんどん記載するべきだ。 取得年月については、通知書等を見て正確に記載しよう。 あまり推奨はできないが、どうしても記録が残っていない場合は、記憶を辿ってなるべく事実に近しい取得年月を記載しておこう。 参考記事: まとめ 以上、履歴書の書き方に関する基本について説明させてもらった。 基本に沿って履歴書を書いていけば、間違いは起こらないし、無用なマイナス評価を受けることはないだろう。 だが、履歴書の書き方について、法律で決められているわけではない。 もちろん、虚偽の記載をしたり、クシャクシャで提出したりするようなマナー違反は当然NGだ。 しかし、基本に沿った上でオリジナリティを加える分には、問題はない。 書類選考におけるアピール書類の本丸は職務経歴書であることを考えると、履歴書で個性を出す必要もないとは思うが、書き方のルールを気にしすぎて神経質になりすぎる必要もない。 履歴書の書き方を神経質に気にしすぎて時間を取られるくらいなら、企業研究等に時間を割いた方がいいだろう。 なぜなら、そちらの方が選考を通過するために大事だからだ。 履歴書はあくまで企業があなたの事実情報を確認するためのものであり、選考を通過するためにはもっと重要な作業があることは常に頭に入れておこう。

次の

履歴書の書き方マニュアル完全版! 履歴書の見本(サンプル)・作成方法|履歴書の書き方マニュアル完全版! 履歴書の見本(サンプル)・作成方法

履歴 書 学歴

履歴書は職務経歴書と共に、求職者と採用担当のファーストコンタクトとなる書類だ。 ただし、履歴書の役割は自身に関する事実情報を採用担当に伝えるためのものであり、選考自体には深く関わらない。 転職において、選考に深く関わる書類は職務経歴書である。 だが、選考に深く関わらないからと言って、履歴書をテキトウに書くべきではない。 なぜなら、履歴書の書き方を一般的な書式と明らかに違う方法で書くと、「常識がない」としてマイナス評価を受ける可能性があるからだ。 履歴書は上手く書けたからといって、大してプラス評価になることはない一方で、正確に書かなければマイナス評価を受けることはある。 無用なマイナス評価を避けるためにも、履歴書の書き方の基本はしっかりと押さえておこう。 履歴書の書き方 1.日付 履歴書の写真 履歴書は選考であまり重要視されないが、顔写真については選考への影響度が比較的に高いと言える。 なぜなら、文字情報が中心の履歴書・職務経歴書にあって、顔写真だけが唯一のビジュアル情報だからである。 書類選考において、採用担当は少ない判断材料の中から応募者の合否を決めなければいけない。 その中で、顔写真が採用担当に与える印象は決して軽視できない。 そのため、可能な限り顔写真によって好印象を与えられるように意識すべきだ。 無地の背景に、スーツ・ネクタイ着用で、顔がはっきりと見えるように胸から上を撮影するのが一般的だ。 無愛想な表情は避けるべきで、好感を与えられる笑顔がベストだろう。 撮影はスピード写真でも構わないが、写真の質にこだわるなら写真スタジオでの撮影をおすすめする。 写真はのり付けもしくは両面テープでキレイに履歴書に貼ろう。 スキャンしてプリンターから出力する場合は、必ずカラーで出力することを忘れないようにしよう。 4.生年月日 履歴書の学歴欄 履歴書の学歴欄については、まず一行目の中央に「学歴」と記載することから始める。 学歴の詳細については、転職の場合は高等学校の卒業から記載すれば問題ない。 それ以前の学歴を書いてマイナス評価されることはないだろうが、職歴欄の記載スペースが少なくなるし、採用担当も昔の学歴を確認したいと考えることは少ないので、特に理由がなければ記載する必要はない。 入学・卒業年の年号表記については、履歴書の他の部分で使用している表記と統一しよう。 なお、大学・短大・専門学校においては、学部・学科も省略せずに記載することを忘れないようにしよう。 また、「入学」「卒業」の縦位置を揃えると見栄えが整うので、なるべく揃えよう。 8.職歴 履歴書の職歴欄 履歴書の職歴欄は、学歴欄と同じく、一行目の中央に「職歴」と記載することから始める。 そして二行目から、現在までの職歴を入社年月・退社年月共に記載していくことになる。 入社・退社年月の年号表記は学歴と同じく、履歴書全体で使用している表記と統一する。 そして、「入社」の文字の縦位置を揃えておくと見栄えが整うので、なるべく揃えよう。 社名は(株)のように省略せず、正式名称で記載するようにしよう。 また、所属部署についても明記することを忘れずに。 必須ではないが、簡単に職務内容を要約して記載しておくと、採用担当にどのような仕事をしてきたか伝えることができる。 その際には、上図のようにインデントを活用すると見やすくなるので、親切だ。 また、正社員の勤務経験がない場合でも、契約社員・派遣社員・アルバイト就業があれば、勤務先を記入しよう。 その際に、雇用形態も明記しておくようにしよう。 退職理由については、明確な理由を記載する必要はなく「一身上の都合により退職」で十分だ。 ブランク期間がある場合は、ブランク期間がある理由を記載するようにしよう。 その際に、ブランク期間の間に自分のスキルを磨くためにどのような活動をしてきたか記載しておくと、ブランク期間に対する印象も良くなるので、なるべく書くべきだ。 そして、全ての記載が終了したら、「現在に至る」で締めくくろう。 9.賞罰 履歴書の賞罰欄 履歴書の賞罰欄には、これまでの受賞歴及び犯罪歴を記載する欄です。 受賞歴については、どのような受賞歴でも記載は自由だ。 ただし、アピールにならないような受賞歴であれば特段記載する必要はない。 あくまで採用担当にアピールすることを目的に書くということを意識しよう。 犯罪歴については、「確定した有罪判決」が記載対象となる。 また、刑事罰が対象となるので、交通違反等の行政罰については記載は不要だ。 なお、犯罪歴について申告したくないというのが自然な感情だが、企業から申告を求められた場合は、真実を告知する義務が生じる。 参考リンク: 逆に言えば、企業から特に求められていない場合については、記載する必要はない。 最後に、学歴・経歴・賞罰を記入し終えたら、「以上」と記載して締めくくろう。 10.資格・免許 履歴書の資格・免許欄 履歴書の資格・免許欄には、これまでに取得した資格や免許を記載しよう。 自動車運転免許や国家資格・民間資格・TOEIC等の試験など、アピールとなり得る材料であればどんどん記載するべきだ。 取得年月については、通知書等を見て正確に記載しよう。 あまり推奨はできないが、どうしても記録が残っていない場合は、記憶を辿ってなるべく事実に近しい取得年月を記載しておこう。 参考記事: まとめ 以上、履歴書の書き方に関する基本について説明させてもらった。 基本に沿って履歴書を書いていけば、間違いは起こらないし、無用なマイナス評価を受けることはないだろう。 だが、履歴書の書き方について、法律で決められているわけではない。 もちろん、虚偽の記載をしたり、クシャクシャで提出したりするようなマナー違反は当然NGだ。 しかし、基本に沿った上でオリジナリティを加える分には、問題はない。 書類選考におけるアピール書類の本丸は職務経歴書であることを考えると、履歴書で個性を出す必要もないとは思うが、書き方のルールを気にしすぎて神経質になりすぎる必要もない。 履歴書の書き方を神経質に気にしすぎて時間を取られるくらいなら、企業研究等に時間を割いた方がいいだろう。 なぜなら、そちらの方が選考を通過するために大事だからだ。 履歴書はあくまで企業があなたの事実情報を確認するためのものであり、選考を通過するためにはもっと重要な作業があることは常に頭に入れておこう。

次の

履歴書の「学歴・職歴」の書き方 (入学・卒業年度早見表・留年/休学時等の記載例付き)

履歴 書 学歴

履歴書は職務経歴書と共に、求職者と採用担当のファーストコンタクトとなる書類だ。 ただし、履歴書の役割は自身に関する事実情報を採用担当に伝えるためのものであり、選考自体には深く関わらない。 転職において、選考に深く関わる書類は職務経歴書である。 だが、選考に深く関わらないからと言って、履歴書をテキトウに書くべきではない。 なぜなら、履歴書の書き方を一般的な書式と明らかに違う方法で書くと、「常識がない」としてマイナス評価を受ける可能性があるからだ。 履歴書は上手く書けたからといって、大してプラス評価になることはない一方で、正確に書かなければマイナス評価を受けることはある。 無用なマイナス評価を避けるためにも、履歴書の書き方の基本はしっかりと押さえておこう。 履歴書の書き方 1.日付 履歴書の写真 履歴書は選考であまり重要視されないが、顔写真については選考への影響度が比較的に高いと言える。 なぜなら、文字情報が中心の履歴書・職務経歴書にあって、顔写真だけが唯一のビジュアル情報だからである。 書類選考において、採用担当は少ない判断材料の中から応募者の合否を決めなければいけない。 その中で、顔写真が採用担当に与える印象は決して軽視できない。 そのため、可能な限り顔写真によって好印象を与えられるように意識すべきだ。 無地の背景に、スーツ・ネクタイ着用で、顔がはっきりと見えるように胸から上を撮影するのが一般的だ。 無愛想な表情は避けるべきで、好感を与えられる笑顔がベストだろう。 撮影はスピード写真でも構わないが、写真の質にこだわるなら写真スタジオでの撮影をおすすめする。 写真はのり付けもしくは両面テープでキレイに履歴書に貼ろう。 スキャンしてプリンターから出力する場合は、必ずカラーで出力することを忘れないようにしよう。 4.生年月日 履歴書の学歴欄 履歴書の学歴欄については、まず一行目の中央に「学歴」と記載することから始める。 学歴の詳細については、転職の場合は高等学校の卒業から記載すれば問題ない。 それ以前の学歴を書いてマイナス評価されることはないだろうが、職歴欄の記載スペースが少なくなるし、採用担当も昔の学歴を確認したいと考えることは少ないので、特に理由がなければ記載する必要はない。 入学・卒業年の年号表記については、履歴書の他の部分で使用している表記と統一しよう。 なお、大学・短大・専門学校においては、学部・学科も省略せずに記載することを忘れないようにしよう。 また、「入学」「卒業」の縦位置を揃えると見栄えが整うので、なるべく揃えよう。 8.職歴 履歴書の職歴欄 履歴書の職歴欄は、学歴欄と同じく、一行目の中央に「職歴」と記載することから始める。 そして二行目から、現在までの職歴を入社年月・退社年月共に記載していくことになる。 入社・退社年月の年号表記は学歴と同じく、履歴書全体で使用している表記と統一する。 そして、「入社」の文字の縦位置を揃えておくと見栄えが整うので、なるべく揃えよう。 社名は(株)のように省略せず、正式名称で記載するようにしよう。 また、所属部署についても明記することを忘れずに。 必須ではないが、簡単に職務内容を要約して記載しておくと、採用担当にどのような仕事をしてきたか伝えることができる。 その際には、上図のようにインデントを活用すると見やすくなるので、親切だ。 また、正社員の勤務経験がない場合でも、契約社員・派遣社員・アルバイト就業があれば、勤務先を記入しよう。 その際に、雇用形態も明記しておくようにしよう。 退職理由については、明確な理由を記載する必要はなく「一身上の都合により退職」で十分だ。 ブランク期間がある場合は、ブランク期間がある理由を記載するようにしよう。 その際に、ブランク期間の間に自分のスキルを磨くためにどのような活動をしてきたか記載しておくと、ブランク期間に対する印象も良くなるので、なるべく書くべきだ。 そして、全ての記載が終了したら、「現在に至る」で締めくくろう。 9.賞罰 履歴書の賞罰欄 履歴書の賞罰欄には、これまでの受賞歴及び犯罪歴を記載する欄です。 受賞歴については、どのような受賞歴でも記載は自由だ。 ただし、アピールにならないような受賞歴であれば特段記載する必要はない。 あくまで採用担当にアピールすることを目的に書くということを意識しよう。 犯罪歴については、「確定した有罪判決」が記載対象となる。 また、刑事罰が対象となるので、交通違反等の行政罰については記載は不要だ。 なお、犯罪歴について申告したくないというのが自然な感情だが、企業から申告を求められた場合は、真実を告知する義務が生じる。 参考リンク: 逆に言えば、企業から特に求められていない場合については、記載する必要はない。 最後に、学歴・経歴・賞罰を記入し終えたら、「以上」と記載して締めくくろう。 10.資格・免許 履歴書の資格・免許欄 履歴書の資格・免許欄には、これまでに取得した資格や免許を記載しよう。 自動車運転免許や国家資格・民間資格・TOEIC等の試験など、アピールとなり得る材料であればどんどん記載するべきだ。 取得年月については、通知書等を見て正確に記載しよう。 あまり推奨はできないが、どうしても記録が残っていない場合は、記憶を辿ってなるべく事実に近しい取得年月を記載しておこう。 参考記事: まとめ 以上、履歴書の書き方に関する基本について説明させてもらった。 基本に沿って履歴書を書いていけば、間違いは起こらないし、無用なマイナス評価を受けることはないだろう。 だが、履歴書の書き方について、法律で決められているわけではない。 もちろん、虚偽の記載をしたり、クシャクシャで提出したりするようなマナー違反は当然NGだ。 しかし、基本に沿った上でオリジナリティを加える分には、問題はない。 書類選考におけるアピール書類の本丸は職務経歴書であることを考えると、履歴書で個性を出す必要もないとは思うが、書き方のルールを気にしすぎて神経質になりすぎる必要もない。 履歴書の書き方を神経質に気にしすぎて時間を取られるくらいなら、企業研究等に時間を割いた方がいいだろう。 なぜなら、そちらの方が選考を通過するために大事だからだ。 履歴書はあくまで企業があなたの事実情報を確認するためのものであり、選考を通過するためにはもっと重要な作業があることは常に頭に入れておこう。

次の