上げる 挙げる。 正しい漢字の使い方 声をあげる 「上げる」「挙げる」

「上げる」と「挙げる」の意味の違いと使い分け

上げる 挙げる

「挙げる」の敬語はすぐに思い浮かびますか。 敬語は敬うべき相手や行為がないと成り立ちません。 「挙げる」の意味を知り、どのような状況で何に対して敬うのかを考えてみましょう。 「座る」「食べる」などの人が直接行う動作はわかりやすく、敬語にしやすい言葉です。 「挙げる」は人の動作でしょうか。 そこに敬語が成り立つ関係性はあるのか見ていきます。 「挙げる」の意味 「挙げる」は「上へと動かす、事を実行する、指し示す」の意味があります。 もっと意味を詳しく見てみましょう。 「利益や成果を出す」「具体的に示して、話題の中からの選別をはかる」「犯人を捕らえる」「証拠などを見つける」「自分の子をもうける」「すべての能力を出す」「組織の人たちが皆ですること」「結婚式をする」 単独では意味をなさない「挙げる」 「挙げる」は目的になる語がないと何のことだかわかりません。 例えば「飲む」「書く」「見る」は目的語がなくても意味がわかります。 「飲む」はジュース、お茶、コーヒーのどれを飲んでも「飲む」という意味は変化しません。 「挙げる」は何を挙げるか、目的語によって意味が変わります。 犯人を捕らえる「挙げる」と、利益を出す「挙げる」では意味が違います。 「挙げる」のミニ例文 「挙げる」をもっとわかりやすくイメージするために、簡単な例文を挙げます。 「利益を挙げる」「例を挙げる」「手を挙げる」「犯人を挙げる」「証拠を挙げる」「一男一女を挙げる」「全力を挙げる」「国を挙げて行う」「結婚式を挙げる」 敬語の種類 敬語は大きく分けて「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3つに分かれます。 「尊敬語」は、行為の主体が話し手よりも上位であることを表す敬語です。 謙譲語は行為の及ぶ相手が話し手よりも上位であることを表す敬語です。 丁寧語は話し手よりも聞き手の方が上位であることを表す敬語です。 もう少し詳しく敬語を見ていきましょう。 謙譲語 「謙譲語」は自分をへりくだって言う敬語です。 自分を低く言うことで、結果として相手を高めて敬うことができます。 「謙譲語」には「型」があります。 語彙(ごい)自体を変える語は「伺う」「拝見する」「いたす」などがありますが、「挙げる」は語彙の変化する語ではありません。 「お(ご)~する、いたす」「お(ご)~いただく」が謙譲語の型です。 「挙げる」を当てはめてみると「お挙げする」「お挙げいただく」となります。 シーンにより相応しい方を使います。 尊敬語 「尊敬語」は相手の行為を敬う敬語で、相手を高めることができます。 「尊敬語」には型があります。 「お(ご)~になる」「お(ご)~なさる」「~れる・られる」です。 実際に「挙げる」を入れてみましょう。 「お挙げになる」「お挙げなさる」「挙げられる」になります。 状況に相応しい尊敬語を選びます。 丁寧語 「丁寧語」は語尾に「です」「ます」「ございます」を付けて丁寧に言う敬語です。 名詞の前に「お」や「ご」を付けて丁寧に言う敬語も「丁寧語」です。 丁寧に言うことは相手を敬うことになり敬語とみなされます。 「挙げる」を当てはめると「挙げます」になります。 「挙げる」の敬語での使い方 「尊敬語」の表現で 相手が主体になって「挙げる」行為に対して敬い高めるときに、「尊敬語」の表現を使います。 「お(ご)~になる」「お(ご)~なさる」「~れる・られる」の型に当てはめてみましょう。 「利益をお挙げになる」「例を挙げられる」になります。 「利益をお挙げになる」は職場の同じ位置の社員に向けてでしたら嫌味になります。 「例を挙げる」では尊敬するほどのことではないため、「例をお挙げになる」のようにな表現は過剰な敬語になってしまいます。 「例を挙げられる」程度の尊敬語にしておいた方が無難です。 「謙譲語」の表現で 自分をへりくだって相手を立てたいときは「謙譲語」の表現を使います。 「お(ご)~する、いたす」「お(ご)~いただく」に当てはめてみましょう。 「結婚式をお挙げいただく」「全力をお挙げいたします」になります。 「結婚式をお挙げいただく」とへりくだって言うのは、結婚式場の人、結婚式をしてもらうことで利益が出る人が使います。 友人や知人が謙譲語で言ったらブライダルスタッフと思われるでしょう。 「全力をお挙げいたします」は自分の力では足りないけれど、頑張って持っているすべてを投入しますという意味です。 「お挙げいたす」も大げさで「全力でいたします」の方が自然です。 メールでの使い方 これまで見てきたように「挙げる」では過剰な敬語は相応しくありません。 メールでも過剰な表現にならないように気を付けます。 相手がしてくれたことを尊敬語で言いたいときは「挙げられる」、謙譲語では「挙げていただく」の丁寧過ぎない敬語にします。 「挙げます」の丁寧語でも相手を敬うことになるため、使うことができます。 結婚式での使い方 「挙げる」は「結婚式を挙げる」と使いますが、尊敬語では「結婚式をお挙げなさる」にすると挙げること、実行することが変に強調されてしまいます。 「結婚式を挙げられる」にして言葉を添えて次のように言います。 「素敵な結婚式を挙げられましたね、ご結婚おめでとうございます」 「挙げる」を敬語表現するときの例文 「挙げる」と「上げる」は似ていて区別が難しいですが、「会議で手を上げられました」は「会議で手を挙げられました」の言い換えの敬語表現です。 微妙に意味合いは違います。 「手を上げられました」は手を上に上げられたという、手を上に上げる運動による状態を言っているに過ぎません。 「手を挙げられました」は次のように考えられます。 「挙げる」の意味の中に「具体的に示して、話題の中からの選別をはかる」というものがあります。 つまり大勢の中で手を挙げて示すことで、手を挙げてない人と区別をしている意味があります。 「上げる」か「挙げる」のどちらの言葉が適切か、人の解釈次第でどちらにも取れる場合があります。 「挙げる」の対義語・反対語の敬語表現.

次の

正しい漢字の使い方 声をあげる 「上げる」「挙げる」

上げる 挙げる

「能率が上がる」「位が上がる」という抽象的なことから、 「階段を上がる」「お宅に上がる」という具体的行為、.. さらには「終了する」という意味での「病み上がり」「双六で上がる」「仕事が上がる」まで、 幅広く用いられます。 急激に低みから高みにアガる現象に対しては、とくに「物価が騰がる」 物価高騰 の「騰がる」が用いられますが、「上がる」と書いても差し支えありません。 『漢字の使い方ものしり辞典』 宇野義方監修・大和出版刊 より 【ご参考】 「異字同訓」の漢字の使い分け例(報告)(平成26. 21・文化審議会国語分科会) あがる・あげる 【上がる・上げる】位置・程度などが高い方に動く。 与える。 声や音を出す。 終わる。 二階に上がる。 地位が上がる。 料金を引き上げる。 成果が上がる。 腕前を上げる。 お祝いの品物を上げる。 歓声が上がる。 雨が上がる。 【揚がる・揚げる】空中に浮かぶ。 場所を移す。 油で調理する。 国旗が揚がる。 たこ揚げをして遊ぶ。 船荷を揚げる。 海外から引き揚げる。 天ぷらを揚げる。 【挙がる・挙げる】はっきりと示す。 結果を残す。 執り行う。 こぞってする。 捕らえる。 例を挙げる。 手が挙がる。 勝ち星を挙げる。 式を挙げる。 国を挙げて取り組む。 全力を挙げる。 犯人を挙げる。 <前書き> 3 同訓の漢字の使い分けに関しては,明確に使い分けを示すことが難しいところがあることや,使い分けに関わる年代差,個人差に加え,各分野における表記習慣の違い等もあることから,ここに示す使い分け例は,一つの参考として提示するものである。 したがって,ここに示した使い分けとは異なる使い分けを否定する趣旨で示すものではない。 また,この使い分け例は,必要に応じて,仮名で表記することを妨げるものでもない。 【オマケ】 「『異字同訓』の漢字の用法」は、音訓改定の審議の参考資料として作られたもので、常用漢字表の審議のときにも踏襲されており、官庁や新聞など各方面で利用されています。 基本資料は国立国語研究所の調査による昭和31年の1年間の「雑誌90種の用字用語」で、当用漢字表など一連の国語政策が実施されてから何年かが経過した昭和31年における漢字表記の実状を知ることができる基本資料です。 旧音訓表では認められていないにもかかわらずいまだに使われている表記は必要なものではないかということを判断する材料にはなりえますが、 上記の前書きにも書かれているとおり、 ・それが伝統的な表記慣習を受け継いだものなのか、 ・漢字制限のために生じた、新たな書き分けの傾向なのか、 ・単に書き手の好みで選んだものか は判然としていません。 異字同訓の使い分けには、はっきりとした基準はありませんので、使い分けにあまり神経質にならず、「正しい表記はどれか」などと思わず、手持ちの辞書の指示に従っていれば、そう恥はかきません。 漢字にこだわらず適宜平仮名で書く手もあります。 辞書に使い分けの注記があったら、ほんの参考程度にとどめておき、自分の語感にあった説明であれば取り入れてこなしてもいいが、それを受け売りして「これが日本語の伝統的な表記習慣だ」などといった講釈はしないことです。 「これはどちらで書くべきか」と悩むケースがあれば、自分の語感にあった好きなほうを選べばいいのです。

次の

「挙げる」と「揚げる・上げる・あげる」の違い・類語・例文

上げる 挙げる

1:成果を上げる?それとも成果を挙げる?どっちが正しい? 仕事や日常生活でよく使う「成果をあげる」という言葉の「あげる」は、「上げる」なのでしょうか? それとも「挙げる」なのでしょうか? (1)成果をあげるの漢字はどっち? 小学館デジタル大辞泉の「あげる」の項目には、「 上げる」「揚げる」「挙げる」がまとめて解説されています。 その一部を抜粋します。 あげ-る 人の目についたり、広く知られるようにする。 ㋐(上げる・揚げる)掲げる。 ㋑有名にする。 ㋒(挙げる)事を起こす。 ㋓(挙げる)執り行う。 ㋔(挙げる)表し示す。 ㋕効果や実績を現す。 ㋖(挙げる)推挙する。 の「効果や実績を現す」については、そうではありません。 これはつまり、「上げる」「挙げる」のどちらも正解であり、加えて言えば「揚げる」でも正解なのです。 (2)成果をあげるの類語は? 「上げる」は物理的に上の方向へ移動させたり、高い位置に動かすという意味があり、「挙げる」は事を行う、示すなどの意味があるので、厳密には「成果」がどの位置にあるという前提で語っているのか、という点が違うといえそうです。 そのため、それぞれの漢字によって類語は異なります。 「成果を上げる」の類語としては、「成功を収める」「役に立つ 」「業績を上げる」などがそれにあたるでしょう。 この場合、現状における成果は必ずしもいいものではなく、それアップさせるという意味になるのです。 一方、「成果を挙げる」の類語としては、「大きく貢献する」や「功績を残す」、または「手柄を立てる」などが挙げられます。 「成果を挙げる」の成果は、すでに「いいもの」であると考えられます。 (3)成果をあげるを英語で言うと? 「成果をあげる」は英語で、「get results」や「to produce an effect」と言います。 例えば、「彼はあなたが成果を上げることを期待しているわ」と言いたい場合には、「He is expecting you to produce results. 」のように言います。 2:成果をあげるためには?実績を上げる方法5つ 誰だって、仕事やダイエットなど、一生懸命に取り組むことは、一定の成果を求めますよね。 成果をあげるには、どうすればいいのでしょうか? (1)目的を明確にする 闇雲に努力していると、ふとした瞬間に「何でこんなことしているんだ?」とやる気がなくなってしまうことも。 まず何のために成果をあげる必要があるのかという目的を明確にする必要があります。 「なぜ?」の部分をはっきりさせることによって、これから起こす行動の動機づけになります。 (2)目標を具体化する ゴールとなる夢や目標を具体的にすることも大切です。 なるべく、数値化や視覚化してみましょう。 例えば、目標が「お金持ちをなる」だと漠然としています。 「〇〇に住みたい」や「〇〇が買いたい」ということが決まれば、いくら稼げばいいかもわかります。 その上で、何をしたらいいのかを考えるといいでしょう。 (3)現実的な期限を決める 期限が決まっていないと、どんどんしなければならないことが先延ばしになってしまいます。 しかし、「明日までに10kg痩せる」などという期限を決めても意味がありません。 なぜならムリだからです。 現実的に達成可能な期限をしっかりと自分の中で決めましょう。 (4)現状を客観視する ゴールが見えたら、次はスタート地点に立っている自分のことを見つめてみましょう。 今の自分の立場や状況を知ることによって、どのくらい努力や行動を起こさなければならないのかがわかります。 例えばダイエットを始める場合でも、現在の体重や体脂肪率や筋肉量など、体についての情報を正しく客観的に知ることによって計画を立てやすくなります。 (5)計画を立てる 期限、ゴール地点とスタート地点が決まったら、どのように成果をあげればいいのか、具体的な道筋を立てていきましょう。 ゴールから逆算して、今すべきことやできることなどを思いつく限りリストアップしていきます。 計画がうまくいくように専門家などの意見を取り入れながら計画を進めていくのも手段です。 3:成果をあげる人の特徴5つ 成果を常にあげる人の特徴をまとめました。 (1)集中力が高い 成果をあげる人は、やると決めたことに対して、集中して取り組んでいます。 同時にいくつもの仕事が舞い込んできた場合にも、瞬時に頭を切り替え、それぞれの物事に対して高い集中力をもって向き合うことができるでしょう。 (2)素直である 成果をあげるためにプラスになる考え方やアドバイスに素直に耳を傾けられるのも特徴です。 逆に「でも私としては〜」などと否定し、我流を通すような人は、成果をあげにくいといえます。 (3)前向きな思考 仕事がうまくいかないときや失敗したときも、うまくいかない状況をどのように捉えるかによって、状況は変わっていきます。 成果をあげられる人は、それが自然とできるのもの。 逆にネガティブ思考や自己肯定感が低いと、失敗やうまくいかないことを引きずってしまい、成果をあげるタイミングを手に入れられません。 (4)規則正しい生活をしている 筆者の周りの優秀な人を見てもそうですが、成果をあげられる人の多くは、体調管理を徹底し、健康に気遣った生活をしています。 毎日同じ時間に起床や食事、運動、就寝するなど、生活リズムをルーティーン化することによって、体調を崩すことも少なく、健康や体力が維持できるようになるからでしょう。 (5)オンオフの切り替えがうまい 仕事以外のプライベートの時間を楽しんでいるからこそ、やる気をもって仕事に集中できるというもの。 成果をあげる人たちは、オンオフの切り替えが上手。 仕事中に休日や趣味のことを考え、「早く休みたいな」と思うことも、休日に「仕事どうしよう」と考えたりはしないのです。 4:まとめ 成果をあげる人は、仕事や趣味以外の時間や生活リズム、考え方を徹底しているように思います。 成果をあげるためには、全体的なバランスが大事です。 仕事がうまくいかないと思ったら、それ以外のことについても見直して、生活全体を整えてみてはいかがでしょうか。 この記事を書いたライター 番長みるく M. Bancho 元劇団四季のミュージカル女優で、準主役デビュー後、6年間在籍。 どこにも書いてない「恋愛の本音の部分」を執筆中。

次の