りんご ジャム ミセス。 話題の「りんごバター」がうまい♡長野の“ツルヤ”で買おう♪

青森りんご使用 あおもりジャム(りんご&ミルク)

りんご ジャム ミセス

りんごをいつも食卓に! おいしく食卓を彩り、味わいに深みを添え、さまざまな効能も持つりんご。 春には白い花が咲き誇り、秋には真っ赤な実がたわわに実るりんご畑が美しい青森に生まれた私たちだからこそ、もっとたくさんの方に、もっと美味しくりんごを召し上がっていただき、暮らしの中でも楽しめる場を増やしたいと思い、夫婦で「青い森わんど」を設立しました。 私たち自身、生果や加工品で毎日リンゴを食べて、元気と健康を手にしてきた経験があります。 友人や知人からも同様の声を聞きます。 大好きなりんごの素晴らしさを、より多くの方にお届けしようと、りんご農家さんや地元企業と連携し、常に新しい物づくりに挑戦し続けています。 「青い森わんど」の「わんど」は、津軽弁の「わんど=私たち」という意味の他に、英語で「wand=魔法のつえ」という意味があります。 りんごが元気に育つ青森の自然に感謝し、「りんごの魔法」で商品を「笑品」に!そして、ふるさと青森の大切な恵みで、多くの人が笑顔になってくれれば。 そんな思いで、努力を続けてまいります。 日本一のりんご産地 青森 いま、私たちが食べているりんごは約140年前に日本に入ってきた「西洋りんご」です。 平安時代中期(900年頃)には、「和りんご」という粒の小さな野生種が中国から渡来しましたが、明治時代の文明開化とともにアメリカから70種あまりの苗木が輸入されて以降、西洋りんごが主流となりました。 明治政府は、維新後の廃藩置県で職を失った士族たちの新たな仕事を作り、地域の産業を作る狙いで、全国各地に様々な果樹の苗木を配布。 青森県には明治8年、りんご3本を含む、桃、梨など11種33本の苗が配布され、青森県庁構内に植え付けられました。 その後、旧津軽藩士たちは競うようにりんごを植栽し、明治25年には神田の問屋で青森りんごが取り扱われるまでに生産量も増大しました。 その後、相次ぐ病害虫との闘い、台風などの自然災害、昭和初期の金融恐慌による価格暴落、戦争などの様々な試練を乗り越え、先人達がたゆまぬ努力で高い生産性、剪定技術を築き上げ、愛情を持ってりんごを育て続けたことで、青森県は「日本一のりんご産地」となりました。

次の

上品な大人の時間をりんごとともに。legacymedia.localworld.co.uk(ミセスリンゴ)|青い森わんど

りんご ジャム ミセス

寒くなってくると 朝 だんだんベッドから出にくくなります。 昨日の朝も アラームが鳴ってから しばらくお布団でモゾモゾしていました。 でもある予感にハッとして、 飛び起きて、 階段を駆け下りて台所へ・・・ 炊飯器の蓋を開けると ガ~~ン 米と水! 冷凍ストック皆無の日 まさかの 炊飯予約忘れ。 圧力鍋に感謝 感謝の朝でした。 私がジャム作りの楽しさを知ったのは、 の紅いりんごジャムがきっかけです。 あれから7年。 子供が巣立ち ジャムの消費量も少なくなり、今年はどうしようかな、と思っていました。 でも やっぱり紅玉を買いました。 私好みにシナモンたっぷり。 透き通った赤においしい秋がギュッと詰まっています。 今年も作ってよかったです。

次の

legacymedia.localworld.co.uk APPLE OFFICIAL FAN CLUB『Ringo Jam』(りんごジャム)本日OPEN!!

りんご ジャム ミセス

りんごをいつも食卓に! おいしく食卓を彩り、味わいに深みを添え、さまざまな効能も持つりんご。 春には白い花が咲き誇り、秋には真っ赤な実がたわわに実るりんご畑が美しい青森に生まれた私たちだからこそ、もっとたくさんの方に、もっと美味しくりんごを召し上がっていただき、暮らしの中でも楽しめる場を増やしたいと思い、夫婦で「青い森わんど」を設立しました。 私たち自身、生果や加工品で毎日リンゴを食べて、元気と健康を手にしてきた経験があります。 友人や知人からも同様の声を聞きます。 大好きなりんごの素晴らしさを、より多くの方にお届けしようと、りんご農家さんや地元企業と連携し、常に新しい物づくりに挑戦し続けています。 「青い森わんど」の「わんど」は、津軽弁の「わんど=私たち」という意味の他に、英語で「wand=魔法のつえ」という意味があります。 りんごが元気に育つ青森の自然に感謝し、「りんごの魔法」で商品を「笑品」に!そして、ふるさと青森の大切な恵みで、多くの人が笑顔になってくれれば。 そんな思いで、努力を続けてまいります。 日本一のりんご産地 青森 いま、私たちが食べているりんごは約140年前に日本に入ってきた「西洋りんご」です。 平安時代中期(900年頃)には、「和りんご」という粒の小さな野生種が中国から渡来しましたが、明治時代の文明開化とともにアメリカから70種あまりの苗木が輸入されて以降、西洋りんごが主流となりました。 明治政府は、維新後の廃藩置県で職を失った士族たちの新たな仕事を作り、地域の産業を作る狙いで、全国各地に様々な果樹の苗木を配布。 青森県には明治8年、りんご3本を含む、桃、梨など11種33本の苗が配布され、青森県庁構内に植え付けられました。 その後、旧津軽藩士たちは競うようにりんごを植栽し、明治25年には神田の問屋で青森りんごが取り扱われるまでに生産量も増大しました。 その後、相次ぐ病害虫との闘い、台風などの自然災害、昭和初期の金融恐慌による価格暴落、戦争などの様々な試練を乗り越え、先人達がたゆまぬ努力で高い生産性、剪定技術を築き上げ、愛情を持ってりんごを育て続けたことで、青森県は「日本一のりんご産地」となりました。

次の