度々になってしまい。 子どもが度々具合が悪くなってしまい、困っています

度々エクセルのファイルが破損してしまい、とても困っています。

度々になってしまい

カンジダ症について。 しょっちゅうカンジダ症になってしまい、あの痒みと度々戦っています。 どういうふうにしたら、カンジダ症にかからなくなるのですか? カンジダ症の予防法とか、普段実践されている方いらっしゃったらぜひ教えてほしいです。 三ヶ月~半年に一度くらいなってしまいます。 ネットには、カンジダ症にかかってしまった後の対処法(病院の診察やお薬の情報)は山ほど載っていますが、こうしたらカンジダ症にかかりにくくなるよ。 という情報はほぼなくて、、、 カンジダ症予防はどうしたらいいのですか? ご回答お待ちしています。 補足病院で診察を受けたことも何度かありますが、度々再発します。 いつもいつも病院に行くのは難しく、困っています。 はじめまして。 私も10年以上、デリケートゾーンのかゆいのに悩んでいまして、毎日かゆみ止めをたっぷり塗って仕事に行っていたしょうもない女です。 ある日、高校のときの友人で、今婦人科で看護師をしている女性からLINEが入り、相談できそうな雰囲気でしたので、この耐え難いデリケートゾーンのかゆいのは何とかならないものか尋ねてみました。 すると、カンジダ症で、頻繁に再発しているよね。 と言われました。 そして、かゆみの改善のために、 彼女が勤めている婦人科で、カンジダ症や、デリケートゾーンの不調を訴えて来院してきた患者さんに、先生がおススメして、お薬と一緒に渡している石鹸があるから、それを一週間試してみてほしい。 と言われました。 言われた通り、一週間試したら、かゆみ止め塗らなくてもへっちゃらなレベルまで回復し、すごくうれしかったです。 仰るとおり、カンジダ症はしょっちゅう再発してくるので、毎日欠かさず、その石鹸で洗うようにしています。 その結果、以降今のところ、カンジダ症のかゆみは再発していません。 私は看護師さんが紹介してくれた石鹸に助けられ、かゆいのから逃れられました。 これでカンジダ症が治癒したのか?と言われると分かりませんが、かゆいのがなくなればカンジダ症なんて別に平気ですよね?? すべての人に効果のある方法なのかは分かりませんが、あなたもよろしければ、ぜひ試してみてくださいね。 大変だと思いますが、お大事にしてくださいませ。 長文ですみません。 わたしも再発に悩まされた1人です。 今は、4年ほど前からドクターズチョイスのカンジダクリアスーパーを飲んでいるので再発しなくなりました。 ビューティーアンドヘルスリサーチ社が出しているサプリメントです。 以前再発が酷くて毎回病院に行っていられないし何か方法はないのかとネットで調べて、藁にもすがる思いで購入して飲んでみたところ効果抜群でした! 海外製の輸入品なので初めはなんか胡散臭いかななんて思いましたがw 薬ではなくハーブを使ったサプリなのでちょっと独特のハーブの香りがしますが、身体にもいいしダメ元で飲み始めたら生理前後の痒みが全くなくなり、おりものの異常もすっかり無くなってカンジダのストレスから解放されました! 今では定期購入してるので毎月決まった日に届きます。

次の

度々質問してしまい、申し訳ありません>_<昨日(高温期12日目)より今日(高温期13日目)の方がフラ…

度々になってしまい

こんにちは。 北九州の心理セラピスト待鳥智美(まちどりともみ)です。 「子どもが、度々具合が悪くなってしまい、困っています」 ここでの具合が悪いとは、軽い風邪様症状、発熱、腹痛・下痢、皮膚のかゆみなどを言います。 子どもは、病気にかかりやすいものですし、ケガもよくします。 免疫の獲得のため、環境への対応が未熟、発達過程、などなど、いろいろな理由で。 病気やけがを繰り返しながら、成長していきます。 それは、動物として当然の過程ですよね。 そうではあるけれども、困っているんです、という方へ、まずは、こういうことがありますねという話。 ・何か行事の前になると、具合が悪くなる ・親が忙しい時に、具合が悪くなる ・特に悪い所はないが、何だかずっと調子が悪い ・特定の時 登校前や習い事の前)に具合が悪くなる 子どもを持つ方には、思い当たることもあるのではないでしょうか。 または、自分自身がそうだ、という方もいるでしょう。 いくつかのパターンを示してみました。 伝えたいことがあるサイン 並んだ状況を見て、まず気づくのは、「具合が悪くなるのは、何か言いたいことがあるサインではないか」ということではないでしょうか。 わかりやすい所では、『行きたくない』『やりたくない』『緊張する』。 他には、『そばにいてほしい』『わかって欲しい』『自分を見てほしい』もあるでしょう。 子どもは、言葉で伝えるのが、上手ではありません。 少し大きくなると、「言っても聞いてもらえない」と思っている場合もあります。 自分の気持ち、欲求、不快感、緊張感を伝える手段として、具合が悪くなることがあるのです。 子どもが、上手く自分の要求を伝えられないならば、それを察してあげることや、察した上で、できることを教えてあげたり、してあげたりして、子どもが安心を感じられるようにしてあげればいいのではないでしょうか。 親の緊張 親自身が、いつも緊張していると、子どももその緊張を感じ取ることもあります。 親の緊張とは、 ・キチンと子育てをしないといけないという信念 ・病気になったらどうしようという不安 ・いつも子ども以外のこと 仕事ややりたいこと で頭がいっぱい ・夫婦間や両親との関係が良好でない など という状態のこと。 子どもは、親の表情や、皮膚や、雰囲気から、親の気持を察知しようとします。 親が緊張感や不安感でいっぱいなら、子どもも緊張感や不安感を感じているのですから、安心して休息することができないのです。 そんな状態が続いていては、具合が悪くなって当然でしょう。 自分の緊張感が伝わっているのであれば、まず、自分が緩むことが必要。 自分の緊張や不安が何から来るものなのかを知り、問題があれば解決することが大切ですね。 刷り込み 幼稚園・保育園や小学校に通うようになると、いろいろと行事があります。 何かの行事の時に、たまたま具合が悪くなり、参加できなかった。 それを、後々ずっと「あの時は、参加できなかったよね」「今度はどうかな?」「いつも行事があると具合悪くなるんだよね」と話題にする。 それは子どもに『自分は行事の前には具合が悪くなるんだ』という刷り込み・思い込みをしてしまう場合もある。 大人としては、軽い笑い話や、次は気を付けてという注意や、単なる思い出話だとしても、そう思い込んでしまったら、行事のたびに具合が悪くなってしまう。 共通した根本の問題 ここまで、自分の体験や、かかわった方たちの話から、いくつかのパターンを書いてみました。 私は、どのパターンにも、その根底に 【不安定な愛着、子どもとの温かい関わり・共感の不足】という共通した問題があると感じています。 子どもは、親が自分にしっかりとかかわってくれることを望みます。 抱っこ・触れる、見つめる、うなずく、話を聞く、などを 親子の温かいかかわり プラスのストローク とするなら、 怒る、怒鳴る、叩く、嫌味を言う、困った顔をする、などは 不快なかかわり マイナスのストローク です。 安定した愛着があり、温かいかかわり プラスのストローク が、普段から得られて、満たされていれば、問題はありません。 しかし、プラスのストロークが不足した場合、不快なかかわり マイナスのストローク でその不足を補おうとします。 わかりやすく言うと「かかわって欲しい。 存在を認めてほしい。 だけど、温かな心地よいものが得られないのなら、怒られてもいい、困らせてもいい、その間だけは、自分としっかりとかかわってくれるのなら」という心理。 いたずらをして、叱られる 「できない」と言って、やってもらう 下の子をいじめて、怒られる それほど欲しくないものを、「買って!!」とねだる それは、 親としっかりかかわりたいという、子どものまっすぐな欲求です。 これを、具合が悪くなることに当てはめてみると 「忙しいお母さんが、困ったといいながらも、病気のときはそばにいてくれる」 「病気になるときついけど、お母さんが見てくれるから、うれしい」 「いつもは、言うことをきいてくれないけど、病気の時はきいてくれる」 具合が悪くなることや病気になることは、きつい・痛い・不快なことのはずですが、プラスのストロークが不足している子どもにとっては、それ以上に いいことが得られるという意味になってしまうのです。 具合が悪くなること=いいこと 無意識に、そう思い込んでしまうのです ~~~~~~~~ 「 いいことという風に受け取られないために、病気のときもいつも通りに接したらいいのではないですか」 と質問した方がいましたけど、「???」です。 「根本のところ、わかってます?」と言いたい。 問題は、いいことと受け取られなければいいとか、病気の時に優したり甘やかすのがいけない、ということではなく、 普段の温かいかかわり・存在を認めてあげるかかわりが不足している、というところですよ! こういう発想の人は、自分も<プラスのストロークが不足していたり、病気のとき優しく看病してもらったことがない>ということがあるのかもしれません。 不足が、病気になっても埋められないなら、何か他のことでかかわりを求めることになるでしょう。 求めても求めても、得られなければ、「求めても、ムダなんだ。 悲しい」と認識し、「こんなに悲しい思いをするのなら、もう求めるのはやめよう」と決意する場合もあります。 この回避的傾向は、大人になっていろいろな生き辛さになる場合が、多くあります。 自分にとって困ったこと 子どもが病気になると仕事を休まなければいけないとか、病院通いばっかりで疲れるとか)が起きると、そこに対処できれば 病児保育があればいいとか、身体が強くなればいいとか、予約が取りやすい病院はどことか 、もうそれでいい、という対処療法的な話題ばかりが、あふれている気がします。 それらも、大切なことだけども。 目も前の問題を解決したい気持ちもわかるけれども。 けれども。 病気だけでなく、【子どもの困った問題】いろいろ繰り返していませんか? 次々に出てきていませんか? 直面した問題にだけ対処するのではなく、そろそろ、一度、 親子のしっかりしたかかわりについて、考えてみてはどうでしょう? そして、自分自身と自分の親とのかかわり方についても、考えてみてくださいね。 似ている部分、または、反面教師にしている部分があるのではないでしょうか。 世代を超えて、受け継がれやすいものがあるのです。 では、また~。 次回、心理と子育てのセミナーは、11月7日 火 です。 テーマは、【愛着について】を予定しています。 私もセラピストとして参加しています。 問題や悩みの整理にご利用くださいね。 詳しくは、こちらをご覧ください。 愛着・プラスのストローク不足、病気の利得、刷り込み 心理セラピストの待鳥智美です。 北九州にて、心理と子育てのセラピールーム 【こころのまど】を主宰しています。 【こころのまど】では、自分自身や子育てに悩む女性を対象に、様々なテーマで少人数での『心のお話し会』を開催しています。 また、個人向けには、感覚や感情を丁寧に扱う という心理療法で、心理カウンセリングと心理セラピーセッションを行っています。 悩みや問題の根本を扱うことによって、悩みを繰り返さず、クライアントが「本当に望む自分に戻る」サポートをしています。 特に、子育て、人間関係(親子、友人、会社)、愛着のキズ、共依存、パニック障害などのお悩みを扱っています。 現在、 の公認セラピストとして活動しています をご覧ください。

次の

「度々すみません」の意味と使い方|電話で使われる場合は?

度々になってしまい

4678 度々フリーズが起こるようになってしまいました。 最近、度々パソコンがフリーズしてしまいます。 フリーズって、そもそもどうして起こるのですか?知っている方、教えてくださ い。 4678「度々フリーズが起こるようになってしまいました。 ど うして?」で書きました。 4678「度々フリーズが起こるようになってしまいました。 sakura. その時スワップファイルが400MBを超えてましたので DOSで削除したら安定しました。 が心配なのでAUTOEXEC. BATでDELしてます。 」で書きました。 BATでDELしてます。 早速チェックしてみますね。 また不思議があれば投稿させて頂くので、宜しくお願いします。 どうして?.

次の