バイト 1 ヶ月 で やめる。 バイトって、何カ月働いたら、辞めてもいいのでしょうか?一か月では短す...

バイト始めたけど1ヶ月で辞めてもいい?それって早い?2ヶ月はどう?

バイト 1 ヶ月 で やめる

このページでお話すること• 長期バイトとは 長期バイトとは、 3ヶ月〜半年以上は働く前提で募集されているバイトです。 期間を3ヶ月〜半年と書きましたが、これは一般的に言われている目安で、何ヶ月とハッキリ決まっているわけではありません。 バイトを探している側では、1ヶ月しか働けなくても長期バイトに応募する人もいれば、1年以上は働けないと応募しない人もいます。 同じように「長期のみ募集」と求人を出しているお店でも、1ヶ月以上働ければOKのところもあれば1年は働けないと採用しないお店もあります。 絶対的な基準はなく、あくまで人によって捉え方に幅がある曖昧な用語です。 面接で1年働けると言って、3ヶ月とか短期で辞めるのもあり では、長期バイトを短期で辞めるのはありか?なしか? 正論では「なし」ですが、現実には短期で辞める人も多いです。 ほとんどのお店の店長や責任者さんは、1年くらい働くと言っていたバイトが3ヶ月で辞めても、特に驚きはありません。 仕事ができるバイトだったら「残念だな」「続けて欲しいけどな」とは思いますが、「面接では1年働くと言ったじゃないか!」と突っ込んでくることはないでしょう。 何故かと言うと、長期で入った人が「自分には合わなかった」「学業に支障が出ている」と数日や数週間で辞めることでさえ、よくあることだからです。 また、もっと無責任な人もたくさんいます。 たとえば「1年以上働きます!根性には自信があります!」と言いながら、初日が終わったあとバックれて、連絡がつかなくなる人もいます。 そんな人たちと比べると、「長期バイトは何ヶ月くらい働かないと迷惑かな?」とお店への影響を考えれる人は、まだ誠実な方です。 なるべく早い段階で「申し訳ありませんが、辞めさせてください」と言えば、たとえ1ヶ月や2ヶ月しか働いてなくてもスムーズに辞められるでしょう。 期間が短いと言う理由で落とされる恐れは少なく、採用される見込みは十分あります。 一方、働ける期間が2ヶ月未満しかない場合、正直に話して採用される可能性はかなり低いです。 どんな長期バイトでも、未経験者が仕事を覚えて戦力として計算できるまで1〜2ヶ月はかかります。 働ける期間が2ヶ月未満だと、仕事を覚えて「ようやくこれから!」と言う時に辞めることになるので、前もってわかっていて採用する企業はほとんどありません。 可能性があるとしたら、よっぽど人手が足りてないお店か、ひたすら皿洗いのような単純作業のポジション専属としての採用でしょうか。 面接で嘘をつくのはあり?バレる? 短期間しか働けないけど、面接で長期間働けると嘘をつくのも、良心が痛まなければ特に支障はありません。 就活がうまく決まらないので並行でバイトしたいなど、どれくらい働けるかわからない状況で応募するも同様です。 バレることもないでしょう。 ただし、嘘をついて採用されるのはお店を騙しているのと同じことです。 個人的にはおすすめしませんが、自分がそういう人間で構わないのであれば、どうぞご自由に。

次の

バイト辞める大人な方法(理由・言い訳・電話のタイミング・例文)

バイト 1 ヶ月 で やめる

長期バイトの概念はない まず最初に言っておきたいのが、どの期間から長期勤務にあたるのかの 労働基準法などの法的な決まりはありません。 そのため雇い主の解釈によって「長期」の意味合いは異なってきますが、一般的に長期バイトとは概ね 6ヶ月以上の勤務のことを述べています。 ただ、短期バイトが概ね3ヵ月未満と捉えられているので、短期を超えると長期と考えると3ヵ月以上が長期バイトと言う風に考えることも出来ます。 長期バイトは歓迎される 「長期勤務者歓迎!」など、このような求人広告を出している職場は単発的な仕事を手伝ってくれる人を探しているのではなく、長期にわたって戦力として働ける人を求めているのです。 実際、仕事を覚えて職場を支えることのできる人材となれば昇給することもあります。 また置かれる立場にも変化が生じることがあり、場合によっては職場をまとめるという重要な役割が与えられることもあります。 仕事に熟達すれば今度は新人に仕事を教える役割が与えられることもあるために、長期バイトは仕事にやりがいを感じたいという人にお勧めできるものです。 長期バイトでも短期で辞められる? 上記でも触れたように、長期バイトの期間に関しては明確な定義が存在しません。 そのためある人にとっては1ヶ月が長期に値するかもしれませんし、ある人は3ヶ月を長期と考えるかもしれません。 そのため長期バイトを行ったものの、6ヵ月未満で仕事を辞めてしまう人がいるのは事実です。 しかし面接の時点ではっきりと6ヵ月以上働いてほしいと言われたり、1ヶ月で辞められては困るというような発言がなされた場合、6ヵ月未満で辞めてしまうことはルール違反に相当します。 それでも当初は長期で働く計画でいたものの、状況が変化して働けなくなってしまう人もいます。 たとえば健康上の問題が生じたり、親のお世話が必要となるような状況です。 このような場合は仕方がないでしょう。 しかし仕事を行ってみたら自分には合わなかったとか、面倒になったという理由ですぐに辞めてしまうのであれば、職場に大きな迷惑がかかることになります。 そのためそうしたことは絶対に避けるべきです。 お勧めの長期バイト 長期バイトにも様々な種類のものが存在します。 社交的な人であるのなら、ウェイターやウェイトレスの仕事がお勧めです。 レストランは昼食時、そして夕食時にオープンするのが一般的です。 そのためコンスタントに働きたい人はお昼のシフト、そして夜のシフトの中から働ける時間帯をチョイスできるために、自分の都合に合わせて働くことが比較的容易です。 もちろんシフトの申し込みは1ヶ月以上前に行われるのが一般的ですので、自分自身の予定を前もって把握しておくことは必須条件です。 1日8時間、そして週に5日の仕事をずっと行いたいと考える人もいます。 このような人は工場での長期バイトがお勧めです。 多くの場合、仕事のスケジュールはそこで働く正社員に合わせて組まれます。 そのため1日8時間の労働時間や週末休みといった固定スケジュールで働くことができます。 また機会の操作や流れ作業のコツを掴むことができれば重宝される存在になれますので、それに伴う昇給などを期待することもできます。 まとめ 長期バイトを募集している職場は、そこで長期間働ける人を求めています。 そのため「とりあえず働いてみて、自分に合わないと思ったらすぐに辞めよう」というような気持で始めることがあってはなりません。 長期バイトに申し込む際は求められている仕事がどのようなものであるのかをしっかりと把握するべきです。 しかし一度仕事に慣れてしまえば戦力となることができるために、貴重な存在として扱われます。 場合によっては社員として働いてほしいというオファーが届くこともありますので、真面目に働くことは非常に重要なのです。

次の

バイトを三ヶ月辞めるのなんて全然OK!派遣社員ですらないんだからさ

バイト 1 ヶ月 で やめる

バイト辞める時って結構ややこしかったりします。 特に三ヶ月とかの短い期間だとなおさら。 でもバイト先に何らかの不満があったり、一方的なこちらの事情でバイトを辞めることもよくありますよ。 長年働いたバイト先で雇用主と信頼関係もできている、という場合は別として、 例えばバイトを初めて、短期間、三ヶ月程度しか経っていないのにバイトを辞める、と切り出すのはとても難しいですよね。 最近では、「ブラックバイト」なんて言葉もあるように、雇用主がバイトに対して圧倒的に強い立場に出てくるなんてケースもあります。 「ブラックバイト」な現場では、三ヶ月ほどしか働いていないバイトが辞めるなんて言い出したら怒るかもしれませんし、バイトが辞めることを認めない、あるいは、やめるなら罰金を払え、なんて要求をする無茶苦茶な事態にも発展してしまいます。 しかし、本来バイトであれば例え三ヶ月程度しか働いてないとしても、辞める権利はあるはずです。 雇用主が不法にバイトを拘束することもできません。 本記事では、バイトを一ヶ月とか三ヶ月といった短期間で辞めることを考えている人、あるいはその状況にぼやいている雇用主の参考になれば幸いです。 バイト三ヶ月で辞めるのは何が問題? 結論を言うと、バイトが三ヶ月くらいの短期間でで辞めること自体は何ら問題はありません。 雇用主が圧力をかけて、辞めさせない、あるいは罰金を要求するなんて話はとんだ筋違いです。 ただ一方で、雇用主としてバイトが一ヶ月とか三ヶ月といった短期間で辞めるなんて事態は好ましくありませんよね。 これはまー理解できます。 だって、バイトを募集するのにそれなりの広告費がかかっているし、面談をしたり仕事を覚えさせるためにかなりの労力を費やしているんですから。 三ヶ月くらいといえば、やっと仕事を覚えた頃でしょう。 そんな時にバイトが辞めると言い出したら、困惑したり、怒りがこみ上げてくるのも当然です。 三ヶ月だけのバイト先に忠誠心や恩はない でも、例え雇用主が困るとしても、当の本人、バイトには何ら影響はありません。 三ヶ月だけしか働いていないとはいえ、知ったことではないですよ。 バイトを辞めると言っているのに、スムーズに辞めさせてもらえないことの方が本人にとっては大きな問題です。 雇用主が困るとか、バイト先が困るとか言われても、そもそも「三ヶ月だけしか働いていないバイト先」に忠誠心や恩、愛着を感じていないのは当たり前でしょう。 気に食わないことがあったら辞めると言い出すに決まっているし、我慢して続ける理由はありません。 そういった柔軟な働き方が認められている雇用形態が「アルバイト」という立場のはずですし。 バイト三ヶ月で辞めるのは雇用主が向き合うべき問題 バイトが三ヶ月で辞めると言い出すと、怒り出す雇用主がいます。 でも、怒ったところで解決しません。 辞めるといっているアルバイトは、それなりの事情や、もしかしたら不満があって「三ヶ月程度しか働いていないにも関わらず辞める」と言っているのです。 雇用主はこれを重く受け取らないといけません。 せっかく雇った従業員がたった「三ヶ月で辞める」と言い出すのですから、仕事内容や職場環境に何らかの不安があるのでしょう。 あるいはアルバイトを募集して面談し、採用を決めた過程で、問題のある人物だということを見抜けなかったのかもしれません。 いずれにしても、職場環境の整備や業務量の調整あるいは採用時の見極めといった点で全ての責任が雇用主にあるのは間違いがありません。 人を雇うということはそういうことです。 雇用主としての資質に問題があるのです。 バイトに長期間働いてほしいなんて意味不明。 派遣社員だって三ヶ月更新で辞める せっかく雇ってやったのに、たった三ヶ月で辞めるなんて、とぼやく雇用主がいます。 でもこれはとんだお門違いです。 そもそも、長期間働いて欲しいのであればアルバイトではなく正社員として雇用をすれば良いはなしです。 コストはかかりますけどね。 それなりに賃金や福利厚生を整えて、長く働いてくれる人を募集したらいいし、するべきです。 いつでもクビにできる「アルバイト」という雇用形態で雇っておいて、正社員のように長期間働いて 働くなんて虫が良すぎるでしょう。 雇用形態の不安定さが社会問題になっている「派遣社員」ですら、三ヶ月毎の雇用契約の更新で働いている人が大半です。 企業側は三ヶ月ごとに 派遣社員を雇止めできる権利を有すると同時に、派遣社員も三ヶ月ごとに職場を変える権利があるのです。 ある意味公平ですよね。 より不安定な雇用形態であるアルバイトが三ヶ月で辞めることに文句を言われる筋合いはありません。

次の