急性 骨髄 性 白血病 原因 ストレス。 急性白血病の原因と症状

急性骨髄性白血病の症状,原因と治療の病院を探す

急性 骨髄 性 白血病 原因 ストレス

Social Problem あなたの周りで起きている問題• Your Problems あなたのお悩み• Healthy Food 健康的な食生活• Hot Topics 人気の話題• Organic Recipe 今日食べたいオーガニックレシピ• Organic Shop オーガニック・ベジタリアン店• 日本水泳女子のエース、池江璃花子選手の白血病罹患の公表は、 世間を驚かせましたね。 健康そのものだったアスリートや芸能人の罹患を聞くと、 自分もなるのではないかと、怖くなるのが人間というものです。 難病のイメージのある白血病ですが、 早期に発見するのは可能なのでしょうか? また、発見されたらどんな対応をすれば良いのでしょうか? 今回は、東洋医学から見た白血病の原因や早期発見、 そして対処法についてご紹介します。 急性白血病とは 白血病は血液細胞である、 白血球・赤血球・血小板が成熟する途中で癌化する病気で、 「血液の癌」とも呼ばれています。 その中でもウイルスを攻撃するリンパ球癌化した場合、「急性リンパ性白血病」と呼びます。 それ以外の細胞であるリンパ球以外の白血球や赤血球、 血小板が癌化した場合は「急性骨髄性白血病」となります。 急性骨髄性白血病の原因は不明とされ、放射線や化学物質が原因と考えられています。 また、白血病の中の急性リンパ性白血病にはウイルスが原因で発症するものもあります。 ですが細胞が癌化するということは身体に負担がかかっているのは確かです。 肺癌なら喫煙により肺の細胞を傷つけているのがきっかけですし、 胃がんなら油ものの摂り過ぎなどがきっかけになります。 その他の癌でも原因の特定に至らないまでも、 癌化する部分に負担をかけているのは確実なのです。 では血液に負担をかける場合とは何なのでしょうか。 現代人において最も多い理由が血流の悪化です。 血流が悪化すれば酸素不足や栄養不足に加えて老廃物の蓄積を招きます。 結果として酸素不足を補うために赤血球を大量に作るのです。 つまり、赤血球などの一つ当たりの効率が低下した分を数で補おうと、 造血細胞がフル稼働し、段々と機能が落ちてしまうのです。 白血病の主な症状 これらの症状は、もちろん白血病以外でも見られますが、 普段とは違う身体の異変は、「休め」という身体からのサインです。 また、 急性白血病といって、爆発的に増えてしまった白血球が暴走する事もあります。 糖尿病患者が白血病に罹り易い訳 大人の急性骨髄性白血病は社会の高齢化とともに増加しているものの、 治療は従来の化学療法と骨髄移植が主体になっています。 ですが、「一部の人」は症状が悪化しやすいのが特徴です。 糖尿病の人は上記のような感染症にかかりやすく、炎症が悪化しやすいことで知られています。 そして 症状は急速に重症化することも多く回復に時間を要します。 感染症にかかると血糖値が普段以上に上昇するので、 結果的に糖尿病そのものも悪化します。 さらに糖尿病のような高血糖の状態は免疫反応の低下も起こすので、 ただの風邪を撃退するのも一苦労です。 胃がんや大腸がんなら食べ過ぎや飲み過ぎが続いて過剰な負担がかかっている為わかり易いですが、 白血病は免疫反応が低下している状態なので分かりづらいのです。 突然になると思っている人も多いですが、高血糖の状態が続き、発病する事の多い白血病。 もちろん、高血糖ですから甘いものを食べていたりジュースなどが好きな人が多いのが特徴です。 加えて、ストレスが多い人も高血糖になりやすいです。 スポーツ選手の罹患が目立つ訳 スポーツで身体に強度な負荷をかけていたり, 叱られたりすると、 身体を臨戦態勢にするためにストレスホルモンを放出し、 そのホルモンの影響で高血糖の状態になります。 ストレスは少ない方が良いのは誰でも分かることですが、 どうやってストレスを減らせばいいのか分からないときは血糖値を下げる努力はしておくのが大切です。 なぜならストレスが悪いというよりも、 ストレスホルモンによって高血糖の状態が続いていることが身体に悪いからです。 さらに血流の悪化は神経障害も起こしやすく、 自律神経が乱れる原因となり内臓の活動も乱れやすくなるのです。 人間の身体は一度、細菌類に感染すると、 インスリンを効きにくくする物質であるサイトカインなどが多くなるので、 血糖値は普段よりも高くなる…という悪循環が起きてしまいます。 東洋医学から見た対処法 東洋医学には癌証 がんしょう と呼ばれる見立てが存在し、 西洋医学にみられる数種の癌をまとめた概念があります。 東洋医学では癌のことをは、 積聚(しゃくじゅ)・癥瘕(ちょうか)と呼び、 昔から存在していました。 そのため最近の食生活だけが問題となるのではなく、 癌になりやすい人や条件が存在すると言えます。 癌証の考え方によれば、 胃腸が丈夫でない人は邪気が停留して積聚になりやすいとあります。 つまり 胃腸が弱い人は胃腸に癌細胞が出来やすいのです。 また腸と胃の寒温差が癌細胞を誘発するともあるので、 現代のように冷たいものを日常的に摂取することも癌細胞の原因になるので要注意です。 糖質の多い生活は要注意 東洋医学では、人の身体が壮健で体力が充実していれば癌にはならないとしています。 ですが、健康そのもののスポーツ選手も白血病になっていますよね。 これはどうしてなのでしょうか? 東洋医学の見地から見れば、健康体でも過酷な練習で体力を消耗させ、 身体を弱らせる食生活を続けていれば病気になるという事なのです。 スポーツ選手の多くは日々の過酷な練習に耐えるために普通の人の3~4倍もの糖質量をとっています。 普段なら全ての糖質を使い切るので問題はなくても、 感染症などにかかっているときには上手く消費できない分が身体の負担となるのです。 どれほど身体に悪い生活を送っていても、 元気な時には問題は表面化せずに体力が落ちることが重なって初めて病気になります。 その上で精神状態や食生活の悪さが積み重なり身体に長期に悪影響して、 生体のバランスが失なわれて癌に発展します。 ここから分かるのは白血病のような血液の癌は血流が悪化しやすく、 血流が悪化する生活習慣の人がなりやすいと言えるのです。 血流改善のススメ 血流が悪い人の代表は先ほども挙げた糖尿病の患者です。 もちろん糖尿病でなくても普段から血糖値が高く予備軍の人も注意が必要です。 糖尿病の原因の一つにはインスリンの働きが悪くなること 肥満がよくないのは言うまでもありませんが、 最も悪いのは 脂肪細胞にインスリンが効きにくいからです。 また動物性の脂肪は多すぎるとインスリンの働きを悪くさせます。 普段からファーストフードを食べる習慣のある人は、 典型的な生活習慣病の予備軍と言えます。 さらに寝る前にお菓子などを食べる習慣のある人も同様です。 基本的に身体の負担を減らすという事は良い物を食べるという事だけではありません。 糖尿病の歴史は古く、中国では紀元前一世紀頃の医学書に糖尿病と思われる病気の記録が残されています。 現代人のようにレトルトやインスタント食品が溢れていない時代でも、 食べ過て運動不足になれば糖尿病を発症する危険があったのです。 東洋医学の記述に癌証が存在するのはそんな高血糖の状態と考えられます。 加えて東洋医学の見地からすれば血流を悪化させる原因には、 質の悪い油の摂り過ぎや水分不足が根底にある事は間違いありません。 糖尿病などの血液状態の悪さは運動不足の人に見られると思われがちですが、 運動をどんなにしていても食べ過ぎや飲み過ぎは不調の原因となります。 結局のところ、白血病は血流を悪化させる生活習慣にこそ潜んでいるので、 運動をしているから大丈夫という事はありえないのです。 むしろ、どんな健康法も過ぎたるは猶及ばざるが如しなのでほどほどにする事が大切です。 それに加えて、野菜や海草類を多くとり、 血液中の余分な脂肪を取り除くことで白血病を予防することも大切です。 もちろん、新鮮な魚やオリーブオイルなどの質の良い油は積極的に摂っても大丈夫です。 そして、ストレスが溜まっている時ほど、 身体は血糖値のコントロールが下手になっているので、甘い物はNG。 大切なのは栄養だけでなく睡眠や水分もしっかりととって身体を休息させる事です。 おすすめのツボ ストレスが溜まった時におすすめのツボは、 膵兪(すいゆ)または膈兪(かくゆ)です。 場所は肩甲骨の下角を結んだ線上で背骨の両側約2cmにあります。 ゴルフボールなどの硬い物を置いて寝転んでも良いですし、 ストレッチポールなどを置くのも良いですね。 3分ほど寝転んでおきましょう。 相手がいれば指圧してもらうのも効果的です。 膵臓の機能を高めるので血糖値の調節に役立ちますよ! 背中のツボなので少し強く押しても大丈夫です。 まとめ 白血病は度重なる身体への負担が引き起こすものです。 特に普段から血流が悪くなる水分不足や高血糖の状態が長く続くと危険です。 大切なのは普段から過度な負担は避けて休息し、 野菜や海藻類などもとって血流を良い状態に保つことです。 また身体の不調を感じたら無理をせずに身体を休ませることです。 限界を超えて動き続ければ、正常な細胞も癌化して白血病に襲われます。 大切なのは普段から身体の声に耳を傾けることです。 あなたにおすすめのオーガニック製品.

次の

【急性骨髄性白血病】の8つの初期症状をチェック、病院へ行く前に

急性 骨髄 性 白血病 原因 ストレス

急性 白血病 原因 について。 急性白血病の主な症候は顔蒼白、倦怠感、動悸息切れ、熱発、せき、下痢症、咽頭痛、紫斑、 鼻や歯ぐきからの出血、頭痛、吐き気、骨痛、肝脾腫、リンパ節腫脹などです。 慢性白血病は発展が徐々であるため初期レベルでは殆んど自覚症状がありません。 人間ドックなどの血液チェックで診療される事が良くあります。 スポンサーリンク 現行でもはっきりとした発症原因は分かっていません。 白血病は血球の癌腫です。 白血球や赤血球、血小板など各生血セルは骨髄の内部にある多能性造血幹細胞が分化、熟成して作られます。 白血病はこの造血幹細胞が要点の内方で腫瘍化してしまい、増加するもの病みの事をいいます。 家庭の誰かが白血病に罹りますと、大抵の人は、なぜ白血病になったのか、遺伝するのか、 あるいは、接触伝染するのかを聞いてきます。 白血病は他のがんと同じ様態に遺伝因子に異常をきたして出現した病魔ですが、 そのシストロン異常が孫子に拡がる遺伝病ではありませんし、感染もしません。 スポンサーリンク では、なぜ白血病に変ずるのかと言うと、どうも全くの巡合によるものらしいのです。 すなわち、我々の全身の内部では、上に述べたさまざまの誘因により、がん細胞は常時突発しているのですが、 初期のがん細胞の多数はまもなく滅び尽きるようなのです。

次の

がん・疾患情報サービス|新潟県立がんセンター新潟病院

急性 骨髄 性 白血病 原因 ストレス

白血病細胞の数が多すぎるため、白血球数が多くなる可能性があります。 でも、通常の白血球のように感染を防ぐことはできません。 6)鼻血や歯茎から出血する 歯を磨くときに出血、 または何もしていないのに 突然 鼻血 がでたりしますか?それはいつもより 出血の量が多くありませんか? 出血が止まりにくくないですか? 女性なら、 月経が重く、いつもより かなり大量の出血がみられますか? これは、血管が損傷した時に傷口をふさぎ出血を止める作用がある血中の血小板数が少ないことで起こります。 7)あざができる(または小さな赤や紫のしみ) ぶつかってもいない、打ってもいないのに 体に アザができますか?または、点状の小さな 赤や紫のしみができていますか? これは、血中の血小板数が少ないことが原因で起こります。 8)体重が減る、食欲が落ちる ダイエットもしていないのに 体重が減少していますか? 食欲がないと感じていますか? なぜ体重が減るのかの明確な理由はわかっていませんが、症状として報告されています。 まれにみられる兆候(診断が遅れた場合などにみられる) 便や尿に血がまじる 感染症や深刻な内部出血を引き起こしている場合があります。 もしかしたら便中の血に気付かないこともありますが、便が黒く、タール状になっていないか、尿の色がいつもの違わないか注意してみてください。 頭痛、話し方が遅くなる、体の片側が弱くなる、常に眠いなど( 脳卒中に似た症状) 急性骨髄性白血病のがん細胞は通常の白血球よりも大きく、数が多くなると小さな血管をつまらせる可能性があります。 こうなると正常な赤血球(および酸素)が体の組織に行き渡らなくなり、深刻な影響がでます。 まとめ 以上、『急性骨髄性白血病』の最も一般的とされる8つの初期症状を紹介しました。 疲れやすい、熱がでる、息切れがする、、、、 など多くの症状は、 インフルエンザや風邪に似ています。 多くの人は白血病の前兆サインに気づきません。

次の