車 エンジン かからない。 エンジンがかからない!セルも回らない時の原因と対処法を解説!

「Y31 エンジンかからない…」×にこにこぷん×のブログ | こんばんY31

車 エンジン かからない

長年、車に乗っていると様々な車両トラブルに出くわすことがあるかと思います。 エンジンが掛からないトラブルは、よくある不具合の原因から稀な不具合の原因まで様々な要因が考えられます。 ここでは、エンジンが掛からない時に「カチカチ」というような音がする場合の原因と対処法について、可能性の高いものから順番に解説していこうと思います。 車のエンジンがかからない:バッテリーが原因 まず、エンジンが掛からない…という不具合でまず頭に浮かぶ原因と言えば「バッテリー」ではないのでしょうか? 古いバッテリーはバッテリーがあがりやすくなります。 バッテリーは車の消耗部品の1つで、使い方や乗り方、最近ではアイドリングストップ付きかそうでないかによっても、その寿命も大きく変わってきますが、多くはおよそ3年が交換の目安時期と言われています。 また、バッテリーに関するトラブルはユーザーにとっても最も身近なものであり、JAFなどのロードサービスの救援依頼内容で年間を通して1番多いのが、「バッテリー上がり」のトラブルとなっています。 交通量が多いところでエンストしないためにもバッテリー交換はお早めに 私も体験したことがあるのですが、まだ少しバッテリーに余力がある状態だったりすると、なんとかエンジンを掛けようとセルモーターを回そうとします。 そして、一時的にエンジンが掛かって車を運転しても道端の途中でエンストということもありました。 交通量の多いところでエンストをしてしまうと周囲に迷惑をかけてしまうので、そういったことがないように古いバッテリーを使い続けている場合はやめて新しいバッテリーに交換しておくようにしておきましょう。 カチカチとなるときにはバッテリーが完全放電しているとき バッテリーが完全に放電して上がってしまっていると、エンジンを掛けようとしてもうんともすんともいわず結果的に掛からない訳ですが、その時のセルモーターの作動音で「カチカチ」と音が鳴っている場合があります。 こういったときにはバッテリーが上がってしまってるわけですが、そのときに連鎖で起きてしまうトラブルとしてよくありがちな症状としてどういったものがあるのか、次に説明していきます。 バッテリーがあがるときにありがちな症状1:リモコンキーが使えない まずリモコンキーが使える車はリモコンキーでの解錠・施錠ができなくなったりします。 しかし、エンジンが掛かる場合にはキーの電池がないというだけの可能性もありますので注意が必要です。 バッテリーがあがるときにありがちな症状2:メーターの照明やヘッドライト、ルームランプが暗い 更にバッテリーがあがっているときには車内に乗り込みメーター内の照明が正常時と違いぼんやりとしか点灯しなかったり、IG-ON時のメーター内の警告灯の点灯・点滅状態がいつもと違ったりする場合もあります。 バッテリーがあがっていることが1番分かりやすいパターンとしてはルームランプやヘッドライトが暗い、もしくはONにしても点灯しないというようなことが例にあがります。 ヘッドライトなどをつけっぱなしでもバッテリーがあがります。 先述のとおり、バッテリー上がりはバッテリー自体の寿命が多いのですが、エンジンを掛けていないのにライト類をつけっぱなしにしてしまっていたことがきっかけとなってバッテリーがあがってしまうこともあります。。 車のエンジンがかからない:オルタネータが原因 車のエンジンがかからない原因としてバッテリーが上がること以外の原因として、オルタネータの故障が原因として挙げられます。 オルタネータとは発電機のことでエンジンのベルトにより駆動されています。 ベルトが切れるようなトラブルが発生した場合には発電ができなくなりますが、このオルタネータ本体の内部不良により発電がされなくなることも珍しいことではありません。 発電がされないのではバッテリーは走行中に充電されません。 しかし電気負荷は発生しているのでバッテリーの中の電気は消費され続け、やがてバッテリーが上がってしまいます。 車のエンジンがかからない:セルモーター スターターモーター が原因 車のエンジンがかからない要因として次に考えられる原因はセルモーターです。 エンジンはキーを捻る、もしくはエンジンスタートボタンを押すと、セルモーター内にあるギヤが飛び出し、エンジン後端部にあるリングギヤ フライホイール と噛み合います。 そしてセルモーターがバッテリーの力で回転することで、噛み合ったリングギヤも回転してエンジンが掛かるという仕組みになっています。 経年劣化等によるセルモーターの内部不良により、この飛び出すギヤが保持できずに戻ってきてしまうことがあります。 そういった場合、エンジンを掛けようとしてもエンジンルーム内から「カチカチ」と音がするのに、エンジンが始動できない…というトラブルが生じることになります。 実はこれ、セルモーターが完全に壊れている訳ではなく壊れかけという場合が多く、専門業者がよく行う応急処置としてセルモーターをハンマーで軽く叩くなどすると、その衝撃でギヤがちゃんと飛び出てエンジンが掛かった!なんてことも整備の現場ではよくある話です。 ですので整備屋さんへもっていくとこのような処置をされる場合もあります。 また、セルモーターはエンジンルーム内の奥まったところにあることが多く、知識のない方が触るのは危険ですのでプロの整備士に診断・交換等はお願いするようにしましょう。 最後に このようにエンジンが掛からない要因として様々な要因がありますが、治す方法として一番の方法はトラブルの原因となっている部品を交換することがベストです。 カチカチ音を治すための車の修理工場をお考えのあなたへ もし、自力で車のカチカチ音を治すのが難しいときには修理工場への持ち込みを検討されるかと思います。 ですが、修理工場はそれぞれ修理の仕方が異なりますし、工賃も異なります。 そのため、修理代が違ってきます。 ですが、どこの修理工場なら安いのかわからない、 口コミの良い修理工場を探したい、 そんなときにおすすめなのがグーピットです。 グーピットはcmでも有名なグーネットの姉妹サイトです。 あなたのお住まいの地域の複数の修理工場の中から 口コミが良くて一番安い修理代のお店を探すことができます。 問い合わせだけなら完全無料なのでおすすめです! 【最新版!】車一括査定で遭遇した衝撃トラブル暴露!対処法も完全公開中! 車の一括査定の裏側で起きている危険なトラブルの真実が知りたい方向け。 スマホが普及するようになってネット利用者が増加したこともあり、… 大手よりも地域密着型のほうが高額査定な実例を暴露!?最新版車一括査定ランキング 車の一括査定会社はたくさんありますし、それぞれの会社ごとにサービスの内容は異なります。 どこの会社もライバル会社に負けないように、利用者に対しての独自のサービスを打ち出しています。 … え!?愛車が下取りよりも高く売れる!?試してわかった一括査定サイトランキング! 愛車を売りたい!でもどこで売ればいいのかわからない・・・ そんなあなたにおすすめなのが一括査定サイトです。 一括査定とは多くの車買取店に愛車の見積もり査定をしてもらい 一番高い価格をだしてきたお店に売却することを目的とした 愛車売却法です。 私はこの一括査定のおかげでホンダライフを下取り価格よりも 26万8000円も高く売ることができました。 同じ売るだけなのにボーナス一回分も違ってくるのは かなりデカいですよね。 逆にいえば売る場所を真剣に選ばないと 知らないうちに数十万円の損をしてしまうリスクが あるともいえます。 一括査定は多くの買取店に見積もり依頼すると 1つのお店につき1~2通くらいの電話やメールが来るようになっているので なれてない方ですと、とまどってしまいやすいです。 (私は電話がとても苦手でした。 ) 主に連絡来るのは申し込んだ初日だけですので 次の日になると嘘のように連絡が来なくなるものです。 そのようなシステムになっているんだと思います。 まれに営業熱心なセールスマンから電話があったりしますが 「もうすでに売却しました」といえば電話がまったく来なくなります。 もし電話のセールスが怖いという方は参考にしてみてくださいね。 また、どうしても電話が苦手という方は極力メールのみの連絡設定ができるのが 以下でご紹介のカーセンサーです。 他にも私が利用したことがある、おすすめな一括査定会社は それぞれ特徴がありますので、 以下にランキングとしてまとめてみました。 お車を高く売るチャンスを逃している方にはぜひ 参考にしていただけたらと思います。 以下の方におすすめです。 電話が苦手な方 トラブルを徹底的に避けたい方 より多くの買取店を選んで高額買取をしたい方 個人情報保護を厳守が前提な方 信頼できる大手を利用したい方 該当する方はぜひ以下のランキングを参考にしてみてくださいね。

次の

車のエンジンがかからない!考えられる原因と対処法

車 エンジン かからない

ガス欠・車の仕様• 燃料系統に問題がある• 点火系統に問題がある• 外気温が低い• その他の問題 順番に細かく見ていきましょう。 ガス欠・車の仕様 燃料がカラッカラになっていると、まさしくこの 『セルは快調に回るがエンジンがかからない』という状態になります。 まあ、 燃料計(メーター)を常に確認されていればこれは少ないと思いますが、ぼくが過去に乗った車で、 燃料計の故障で針がempty(カラです)のところまで下がりきらずにガス欠ということがありましたので、古い車ですと計器の故障でじつはガス欠だったということもありえますので、ここはあえて確認してください。 逆に新しい車でしたら、ギアをP(パーキング)やN(ニュートラル)のポジションに入れていないとエンジンがかからない(AT車)、ブレーキを踏みながら、あるいはブレーキとクラッチを踏みながらでないとかからない(MT車)など、 車の仕様によってエンジンをかけられなくしている車種が増えています。 普段運転している自分の車であればこれも大丈夫でしょうが、車検時の代車やレンタカー、普段運転したことの無い車種であればこれも確認してください。 実際ぼくも仕事で新しい型の軽トラックに初めて乗ったとき、しばらくエンジンがかけられずに困った経験があります。 結局クラッチを踏みながらでないとかからない車だったわけですが、無駄にバッテリーなどをチェックしてしまいましたからね・・・。 さて、ここまでで問題がなければいよいよ本格的な車の故障が疑われてきますので、次から細かく見ていきましょう。 スポンサードリンク 燃料系統に問題がある エンジンを快調に動かすために必要な、 燃料と空気の供給が適正におこなわれていない可能性が考えられます。 燃料タンクから燃料を送り出すポンプやこれを作動させるためのリレー(配線)の不具合、燃料タンクからエンジンへと繋ぐホースの劣化による詰まりや漏れなどが原因となって、エンジン内にきちんと燃料が供給されなくなることがあります。 この場合は燃料がエンジンまで届いていない、ガス欠と同じことですね。 ただし、ガス欠と違って 故障箇所の診断と修理が必要になりますので、車屋さんで見てもらう必要があります。 (燃料系統は事故防止のために素人が分解したりするのはやめましょう。 この場合ですとぼくも迷わず車屋さんに電話です。 ) 以前にぼくが乗っていた古い車で、この燃料ポンプの故障というのがありました。 症状からして「ガス欠? 」となるんですが、ガソリンを入れても変わらず。 素人ができるのはせいぜいここまでですね、あとは車屋さんにその症状を伝えて修理をお願いしました。 点火系統に問題がある エンジン内でガソリン(燃料)を燃焼させることでエンジンは動きますが、この燃焼させるための 点火装置(スパークプラグやイグニッションコイル、ディストリビューターなど)に不具合があり、エンジンがかからないことがあります。 特に消耗品であるスパークプラグは、モノによっては 寿命はおよそ2~3年程度ですので(長寿命タイプで約10年)、前回の車検で交換していないとなればこちらも疑われます。 スパークプラグがきちんと点火しない、プラグのカブリ(燃料で汚れ、ベタベタの状態)、あるいはもう寿命が尽きて、全く作動していないなど、燃料系統に問題はないがこれに点火する点火系統に問題があるケースですね。 これはぼくが今乗っている車ですが、スパークプラグの劣化により、走っているうちにエンストし、そのままセルは回るがエンジンがかからないという状況になったことがあります。 じつはこの状態になる数日前から、 車の発進時に勢いが無い(エンジンが吹かずかぶっているような感じ)、 アイドリングが落ち着かないなどの症状が出ていました。 似たようなことがあなたの車でもあったとしたら、スパークプラグなどの点火装置に問題があるかもしれません。 これも同じく素人では難しい箇所になりますので、車屋さんに相談しましょう。 外気温が低い 真冬の外気温の低さで、点火系統やバッテリーの性能が落ち、 一時的にエンジンがかからない状態になることがあります。 この場合は、数分から数十分おいて再度エンジンを始動するとかかることがあります。 ただ、この場合 バッテリーの寿命(およそ2~3年程度)が近づいていて、すでに弱ってきているということも考えられますので、エンジンがかかった際でも、前回のバッテリーの交換時期を確認しておきましょう。 その他の問題 その他にも、セルモーターの空回りで上手くエンジンを始動できない、あるいは、エンジン自体に不具合があるなどの故障が考えられてきますが、いずれにしても 「簡単に分解して部品交換」というわけにはいかない箇所ばかりですので、無理をせず、知り合いの車屋さんや購入先のお店で相談しましょう。 おわりに 車のエンジンがかからないという状況は本当に困りますよね。 でもそれ以上に問題となるのが、路上でエンストしてしまった場合や高速道路での故障などです。 これは渋滞を発生させるもとになってしまったり、それが原因で事故が発生してしまったりと、 他の人を巻き込んでしまう恐れがあります。 そうならないためにも普段から車の点検や整備には十分気をつけて、お互い安全運転をしましょうね! そうそう、今回の記事で書いてきた故障で、ぼくが修理したところでは、どれも 2万円~5万円程度の修理代はかかっています。 しかし、それを放置してさらにエンジンを破損してしまい、エンジンの載せ替えなどとなると 数十万円~百数十万円はかかることにもなりますので、故障の際もしっかりなおしておくことをおすすめします。 (^^;) 他にも車のお悩みについて、こちらの記事でもご紹介していますので参考にしてください。 それでは今回はこの辺りで。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 人気記事一覧• 146件のビュー• 75件のビュー• 53件のビュー• 29件のビュー• 29件のビュー• 24件のビュー• 23件のビュー• 22件のビュー• 22件のビュー• 18件のビュー• カテゴリー• 147• アーカイブ• 最近のコメント• に 管理人J より• に より• に ルル より• に 管理人J より• に 管理人J より•

次の

車のエンジンがかからない?マニュアル(MT)車のエンストの原因と対処法

車 エンジン かからない

あれっ!?車のエンジンがかからない・・!どうしよう・・。 とにかくレスキュー呼ばなきゃ・・っ! 車に乗り込んでエンジンをかけよとしたらエンジンがかからない・・!こういった場合、多くの人が車の故障だと思ってパニックを起こしてしまいどういう状況なのかということをうまく伝えられずにロードサービスの電話をしてしまうことが多くなりがちです。 しかしいざロードサービスが駆け付けると実際には車の故障ではなく勘違いや操作ミスによるものが多いと聞きます。 故障でなければとりあえず一安心・・なのですがロードサービスを呼んだ以上車に何の問題がなかったとしても高額な費用がかかってしまうことも。 この記事では車のエンジンがかからない場合に、助けを呼ぶ前に自分で確認したいポイントをわかりやすくかんたんに解説していきたいと思います。 Contents• シフト位置を確認してブレーキを踏み込む 車のエンジンがかからないときの操作ミスで1番多いのがこのシフトレバーの位置違いとブレーキの踏み込み忘れ。 最近の自動車はATであればシフトレバーを「P」もしくは「N」入れた状態でブレーキを踏み込まないとエンジンがスタートしない作りになっている車が多くなっています。 何か考え事をしながらエンジンをかけようとした場合、シフトレバーが「P」や「N」レンジ以外のところに入っていたり、ブレーキを踏み忘れている場合が多いです。 (MT車の場合はクラッチペダルを踏み込みます) エンジンがかからなかった場合にはまずシフトレバーがしっかりと「P」か「N」レンジに入っていることを確認しましょう。 そして強めにブレーキを踏み込んでプッシュスタートボタンを押し込んでください。 これでエンジンがかかったなら車の故障ではなくうっかりとした操作ミスでしょう。 レスキューを呼ぶまでもありませんね。 スマートキーの電池が切れていないか確認する 次に多いのがスマートキーと言われる電子キーの電池切れです。 最近の自動車では標準的な装備になりつつあり、昔ながらのキーを差し込んで回すタイプのものはめっきり少なくなりましたね。 しかしこのスマートキーの電池切れが原因でエンジンがかからなくなってしまうこともあるのです。 スマートキー自体は大変便利はものなのですが、電池が切れるとエンジンがかけられなくなってしまうと聞くとそれはそれでちょっと不便ですよね・・。 まずスマートキーの電池が切れてしまうとドアのロックも解除ができなくなってしまいます。 ですが焦らないでください。 スマートキーには一般的な鍵が予備のキーとして内蔵されています。 この予備のキーを取り出してドアのカギ穴に差し込むことでロックを解除しドアを明けうことができます。 次にシフトレバーを「P」レンジに入れてブレーキを強く踏み込みましょう。 そしてスマートキーをプッシュスタートボタンの近くまで寄せてエンジンを始動してみましょう。 こうすることでスマートキーの電池が切れていてもエンジンが始動できることがあります。 もしエンジンが始動できたとしてもスマートキーの電池が切れていることには変わりがないのでディーラーや量販店に行ってスマートキーの電池を交換してもらいましょう。 ハンドルロックがかかっていないか確認する 最後にハンドルロックがかかっていないか確認をしましょう。 ハンドルロックがかかっているとエンジンが始動できない場合があります。 ハンドルロック機能は盗難防止のためにキーを抜いた後ハンドルを回すとロックがかかり一定範囲以上に動かなくなる機能です。 このハンドルロック機能を知らないと壊れてハンドルが動かなくなった!と勘違いしてしまうことが多いです。 あくまでも盗難防止対策の機能なので壊れているわけではありません。 ハンドルロックを解除するにはキーを鍵穴に差し込みながらハンドルを左右に動かします。 すると、ハンドルロックを解除できるのでエンジンを始動することができます。 それでもダメならロードサービスを いかがでしたでしょうか?車のエンジンがかからない場合はまず勘違いや操作ミスを疑ってみるのが1番いい解決策です。 何か考え事をしながら操作をしているとついついうっかりして操作ミスをしていたということは大いにあり得ることです。 こうした勘違いや操作ミスであったとしてもロードサービスを呼んでしまった場合には当然相応の料金が発生してしまいます。 まずは自分の操作に間違いはなかったか、何か勘違いをしていないかというのを一度落ち着いてからよく確認しましょう。 もしこれらの方法を試してもエンジンがかからなかった場合には何かが故障している可能性が高いです。 その場合は契約している保険会社のロードサービスか普段お世話になっている修理屋さんに電話をかけてみましょう。 出張で修理に来てくれたり、レッカー車で運んでくれるなど適切な対応をしてくれるはずです。 エンジンがかからない原因は? 操作ミスでもなく勘違いでもない。 やはり何かが故障している可能性が高いとなると気になるのはその原因です。 いったい何が故障しているのでしょうか。 ここからは故障が疑われるエンジンがかからない原因として多いものをかんたんに紹介していきます。 1.バッテリー上り エンジンがかからなくなってしまう場合の1番多い故障原因といえばこのバッテリー上りがあげられます。 バッテリーの状態が良好な時はキーを回すと「キュルキュルキュル、ブォン」と勢いよくエンジンがかかりますが、バッテリーが上がっている場合は「カチカチカチッ」という音がしてセルモーターを回すことができません。 キーを回したときにこの「カチカチカチッ」という音が聞こえた場合は十中八九バッテリー上りだと考えられます。 バッテリー上りの原因としては、エンジンを止めた状態でヘッドライトやルームランプなどを点けっぱなしにしてしまった場合の過放電や単純にバッテリーの寿命がきてしまったなどです。 過放電をしてしまった場合は充電をすれば再び使えるようになることもありますが、バッテリーとしての能力が著しく低下することが多いため、新しいものに交換することをおすすめします。 2.セルモーターの故障 次に多いのがこのセルモーターの故障です。 先ほども名前が出てきましたが、このセルモーターが「キュルキュルキュル!」と勢いよく回ることでエンジンをかけることができます。 このセルモーターが故障をしているとキーを回しても「キュルキュルキュル」だとか「カチカチカチッ」という音すら鳴らなくなります。 セルモーターが故障してしまった場合には一般的には修理よりもセルモーターそのものの部品交換になることが多いです。 その際にリビルト品や中古品を利用することで費用を抑えることができます。 搬送された修理屋さんで「セルモーターのリビルト品ってありますか?」と気軽に聞いてみましょう。 リビルト品とは使用済みの部品を分解し交換の必要な部品や消耗品などを交換した後、しっかりと修理・修復されたものを指します。 いわゆる再生品のこと。 新品部品よりも価格的に安く入手でき保証期間なども設けられているため、単なる中古品よりも信頼性が高く人気となっている。 3.燃料ポンプの故障 ある程度年数のたった車や距離数を走った車に多いのがこの燃料ポンプの故障。 文字通り燃料(ガソリン)をエンジンまで送っているポンプなのですが、故障してしまうとガソリンを送り出すことができなくなってしまいます。 通常であればキーを回せば「キュルキュルキュル・・ブォン!」とエンジンがかかりますが、燃料ポンプが故障しているとキーを回したときに「キュルキュルキュルキュルキュルキュル」とセルモーターが回っているだけでエンジンが一向にかかる気配がなくなります。 燃料ポンプは気軽に点検できるような部品でもないですし12ヶ月点検や車検などでも定期的に交換をするような部品でもありません。 そしてたちの悪いことに何の前触れもなく突然故障することが多いです。 また、燃料ポンプもあまり修理をすることにはならずにそのまま部品交換となることがほとんどです。 心配であれば5万km~10万km程度で交換をしておくと安心できるかもしれません。 エンジンがかからない!まずは自分で確認を いかがでしたでしょうか。 エンジンがかからないといってもその原因はたくさんあります。 まずは勘違いや操作ミスなど自分で確認ができることを落ち着いてチェックしてみましょう。 正しい手順で何度かやり直してみてもエンジンがかからない場合はやはり何かが故障している可能性が高いです。 そうした場合にはロードサービスや修理屋さんに電話をして症状を丁寧に説明しましょう。 的確な対応をしてくれるはずですよ。 「そろそろ車の買い替え時期かなぁ~」 「欲しい車があるんだけど、今の車はいくらくらいになるだろうか?」 などなど今乗っている車を売却して新しい車への買い替えを考えていませんか? そんなあなたにおすすめなのがネット申し込みによる「 」です。 「古すぎて値段がつかないと言われた車が10万円になった!」 「ディーラーでは下取りで30万円だと言われていた車が50万円になった!」 複数の業者があなたの愛車の状態を精査して適切な買い取り金額を提示してくれるので普通に下取りや買い取りに出すよりも高い金額で売却することができますよ。

次の