平成32年 令和では。 令和・西暦・平成:早見表【雑記】

令和は平成何年?西暦何年?これさえ見れば簡単に確認できます

平成32年 令和では

OSアップデートで対応される まずアップデートには、• NET Frameworkアップデートも含む• Officeのバージョンアップデート が、あります。 令和の日付対応は、両方のアップデートで対応できます。 OSのアップデートも必要ということは、Excelを含めた各Officeの日付は、WindowsOSやmacOSが持っている日付情報を参照しているということになります。 更新プログラムの提供日 2019年04月26日~05月04日の間に、各OSのバージョンにて更新プログラムが提供されました。 ですので、現在も令和が表示されない場合は、Officeのバージョンが古いか、OSやOfficeの更新が最新になっていない可能性がございます。 令和アップデートの対象Officeは? 令和アップデートが対象となるOfficeのバージョンは、「サポートライフサイクル期間中」のOfficeに限ります。 サポートライフサイクルとは、アップデートの更新サポートの期間という意味です。 大抵の製品は延長サポートまで10年と決められておりますが、10年以内で終わる製品もあります。 Office 2007以前の製品は、すでにサポートが終了しております。 サポートライフサイクル期間を調べるには、以下のページを参照してください。 詳しいOffice更新プログラムを調べるには、以下のページを参照してください。 WindowsOSもサポートライフサイクル期間中の製品のみということになります。 WindowsOS• Windows 7 Service Pack 1 以降• Windows 8. Windows 10 詳しいWindows更新プログラムを調べるには、以下のページを参照してください。 macOS• macOS Mojave 10. 5 以降• macOS Catalina 令和が表示されない場合 エクセルで日付の書式設定で「和暦」に変更しても表示されない場合は、• サポートライフサイクル対象外の製品を使っているか• OSもしくはOfficeのプログラムが最新になっていないか の2つが原因だと考えられます。 Officeのバージョンを確認する まずは現在のOfficeがサポートライフサイクル対象の製品であるか確認しましょう。 各バージョンの確認方法に関しては、以下のリストに示しました。 Office 2010以降は対象です。 NET Frameworkのアップデート、Officeのアップデートが含まれております。 各WindowsOSのプログラム更新方法に関しては、以下のリストに示しました。 Windows 8. 閲覧数ランキングで探す• 新着記事で探す•

次の

令和・西暦・平成:早見表【雑記】

平成32年 令和では

運転免許証をお持ちの方は、 平成から令和に変わることで運転免許証の有効期限が幻の『 平成〇〇年まで有効』と書かれていますよね。 特別、何か手続きをしないといけない訳ではないのですが、私は『 平成35年まで有効』と書いてあります。 ってか、 それ、いつよっ! という方に 令和と 平成の早見表を作ってみました。 昭和、平成、令和の早見表 西暦 昭和 平成 令和 2019年 94年 31年 元年 2020年 95年 32年 2年 2021年 96年 33年 3年 2022年 97年 34年 4年 2023年 98年 35年 5年 2024年 99年 36年 6年 2025年 100年 37年 7年 2026年 101年 38年 8年 2027年 102年 39年 9年 2028年 103年 40年 10年 2029年 104年 41年 11年 2030年 105年 42年 12年 2031年 106年 43年 13年 2032年 107年 44年 14年 2033年 108年 45年 15年 2034年 109年 46年 16年 2035年 110年 47年 17年 2036年 111年 48年 18年 2037年 112年 49年 19年 2038年 113年 50年 20年 私の場合、 平成35年の運転免許証更新は 令和5年になります。 平成〇〇年から30を引くと令和〇〇年になります。 和暦とは元号のことですね。 ぱっと出てこず、 『あれ?平成なんねんだっけ??』 なんて恥ずかしい思いをしたこともありました。。。 >< 今のうちに令和の年がすぐ解るように考えてみます。 西暦に82を足すと令和の年がわかる 西暦に82を足した下2桁が令和の年です。 例えば、 西暦2050年に82を足すと2132となりますので下2桁、 32が令和の年です。 令和32年となります。 西暦から18を引くと令和の年がわかる 西暦に18を引いた下2桁が令和の年です。 例えば、 西暦2050年から18を引くと2032となりますので下2桁、 32が令和の年です。 令和32年となります。 『018』レイワと覚えると簡単ですね。 終わりに 運転免許証の場合、 1ヶ月ぐらい前から更新のハガキが届きますので、平成表記と令和がごっちゃになって更新忘れた!なんてことは無いですけどね。 ちなみに 西暦から 平成の年を調べる場合、.

次の

平成32年は令和何年?!免許更新の期限に注意!

平成32年 令和では

その例に倣うと、 4月1日時点で平成31年であったので 「平成31年度」が正解となります。 ただ、やっぱり違和感がって声が出たりすれば変更もあるかもしれません。 それに正直なところ、国の公文書とかでない限りは従う必要もない… そもそも、決まり事を作っただけで法で明文化されているわけではないので臨機応変に変わるのではと予想します。 なので、「平成31年度」「令和元年度」どちらでも好きな呼び方でOKではないかと… 実際のところ 「平成31年度」「令和元年度」併記するという方法が一番スムーズではないでしょうか。 4月3日追記 政府は5月1日以降は「令和元年度予算案」というように表記すると発表しました。 やはり令和元年期間が長いからこの様な判断になったのかもしれません。 すでに平成表記の法令などを改正する予定はないなど、それぞれで臨機応変に対応するという事の様です。 政府がこの方針を打ち出したことで、令和元年度を使う組織や団体増えそうです。 なので この改元では「令和元年度」が正解という事ですね。 平成31年など平成表記はどうするの? でも厳密に明文化されて規定されているわけではないので、平成31年度も間違いではありません。 ただ 混乱を避けるために訂正印を押すなど臨機応変に対応していくとの事ですよ。 まだしばらくはその時々で確認しながらという事になりそうです。 過去の改元ではどうだったの? 過去の改元を見てみると、平成は1月7日からだったのでスムーズに平成元年4月1日からが平成元年度となりました。 なので 6日間しかなかった昭和64年度は存在しません。 では大正から昭和はどうだったのでしょう。 昭和元年って実は7日間しかないんです。 大正天皇が崩御されて昭和となったのが12月25日なんですね。 という事で、 昭和になった最初の4月1日はすでに昭和2年で、昭和は2年度からスタートしています。 まぁその年度が始まる4月1日時点の年号と決まり事をしたのは平成に改元された時なので、このとき明確な規定はなかったんですけどね。 でも卒業証書とかで考えると違和感ありますよね。 大正15年度の卒業証書なのに、卒業年月が昭和2年3月〇日とかになるわけで、あれ?昭和元年はどこ~~~?!となります(笑) 明確な規定がなかったこともあり、 大正15年度(昭和元年度)というように併記された例もあるようです。 西暦2030-2018=令和12年 令和元年が2019年なので2018を引けばいいんです。 今はそんなの当たり前って思うかもしれませんが、何年もしたら2018年(厳密には2019年4月)までが平成だったか記憶なんてあいまいになるかもしれません。 そんな時、令和に決まって「R18」がトレンドに入ったみたいに、このマジックワードを覚えておけばOKってわけです。 ちょうど 20 18の「18」とR「 18」ですね。 まとめ 平成に改元されたときに決めた決まり事に則ると、令和元年度というよりは平成31年度というのが正解! だけど、期間を考えると令和元年の期間が8カ月、1月からも令和…である事を考えると「令和元年度」の方がしっくり来る気はします。 法令で定められた決まり事ではないので今後臨機応変に変わるor発行する媒体によって自由に選んだり、併記するようなことになるのではないかと予想します。 そして話題になっている「R」か「L」か問題も、順当にいけば「R」で決まりかなと思いますね(笑).

次の