配偶者ビザ 東京。 永住・帰化サポート.COM

在留資格【日本人の配偶者等】

配偶者ビザ 東京

お客様の声 この度は森元先生のご助力により、無事、結婚VISAを取得することが出来ました。 心よりお礼申し上げます。 私も妻も大喜びです。 先生の的確なアドバイスに従うことにより、最良の結果を得ることが出来ました。 とにかく頼りがいと相談のしやすい人柄でした。 更新の際は勿論、帰化、永住も考えてますので、また宜しくお願い致します。 国際結婚ビザの認定取得、おめでとうございます。 認定証明書をお渡しした際の喜ばれている姿や奥様にご連絡して喜ばれていたとのお話しを聞き、私もとても嬉しく思っております。 今後の更新及び永住、帰化の際もご依頼頂けるとの事でしたので、申請可能時期には、ご連絡致します。 日本でのお二人の結婚生活が末長くお幸せである事を願っております。 配偶者ビザ取得直近の 昨年度許可実績の一例(一部) 昨年度下半期の当事務所での許可実績の一部となります。 国際結婚ビザの実績と経験が多数。 (年間申請相談件数が600件以上)• が出来るので安心• 土日祝日などの休日や遅い時間にも対応している。 実績と経験による申請に自信があるからこそ、万が一の不許可時には全額返金対応してくれる。 お客様とのヒアリングに時間をかけて、丁寧に進めていきます。 ビザ申請の専門家である。 申請件数が多いからこその、業界水準の価格よりも比較的安くサービス提供が出来る。 このような方は、悩まずに専門家にお任せください。 ご連絡お待ちしています。 国際結婚ビザ(配偶者ビザに詳しい専門家、行政書士を探している。 そもそも、要件を満たしているのか分からない。 行政書士南青山アーム法務事務所 代表者 申請取次行政書士 森元温 当事務所では、国際結婚をした方の在留ビザ(配偶者ビザ)の取得を専門として業務をしております。 日本では、非常に多くの外国人の方が来日して生活しております。 日本に中長期在留する為に必要となるのが在留資格(ビザ)です。 在留資格(ビザ)を取得出来なければ日本に住む事は出来ません。 その為、在留資格(ビザ)の申請はとても重要な手続きとなりますが、入国管理局から示されている情報はとても煩雑でわかりにくいものです。 しかも、申請者本人やご家族の状況や経歴、国籍などによって申請方法が違い、必要書類も違います。 外国人の方にとってとても重要な在留資格(ビザ)の取得について、皆様が日本で安心、安定して暮らしていけるように、当事務所では更新はもちろんのこと、その後の帰化や永住に繋げていけるよう、そして誠意あるサポートを目指しております。 在留資格(ビザ)について不安やお悩みがある方はお気軽にご相談下さい。 当事務所が解決方法を探してお力になります。

次の

国際結婚・配偶者ビザ相談センター

配偶者ビザ 東京

配偶者ビザの取得を支援している湊(ミナト)行政書士事務所です こんな手続きでお悩みの方 ご相談お受けします• 国際結婚したが、仕事や家事が忙しくて手続きをする余裕がない• そもそも国際結婚の手続きが複雑でよくわからない• 無職だけど国際結婚した。 配偶者ビザが取得できるのか知りたい• 自分で手続きをしたけど、失敗した。 もう一度配偶者ビザの申請をしたい• 結婚紹介所で知り合ったけどちゃんと配偶者ビザが取得できるのか心配• 日本に一度も来たことがない外国人と結婚したけど日本で一緒に暮らしたい• 夫婦の年齢差が大きいけど、配偶者ビザを取得して日本で暮らしたい• 結婚を証明できる写真をほとんど持っていないので配偶者ビザが取れるか心配• オーバーステイの外国人と結婚したけど、日本で一緒に暮らしたい 結婚とはお互いの自由な意志によって成り立つものですので、国籍が違ってもしっかり手続きをすれば確実に結婚できます。 そして、結婚をした後に配偶者ビザを取得すれば日本で一緒に暮らすことができます。 しかし、大変なのは国籍が違うだけで手続きが複雑になることです。 結婚手続きは日本と外国人配偶者の国の両方の国でしなくてはいけません。 それぞれの国で結婚手続きが必要なので、相手の国では相手の国の法律に従って結婚手続きをしなければなりません。 配偶者の国の法律に従って結婚の手続きをする必要があるので、必要な書類も変わってきます。 そして、両国での結婚の手続きが済んだ後、日本で夫婦として暮らすには配偶者ビザの取得が必要になります。 結婚手続きまではしっかり手順を踏んですれば、なんとか当事者たちだけでも出来るのですが、配偶者ビザの取得に関しては、必ずしもそうではありません。 必要書類を出入国在留管理庁に提出してもビザの取得が認められない事があります。 それは実体を伴わない、偽装結婚ではないかと疑われてしまうためです。 配偶者ビザを取得するには自分達の結婚が嘘、偽りのない本当の結婚であると認めてもらう必要があるのです。 そのために必要な書類や資料はケースによって変わってきます。 配偶者ビザを取るためにはしっかりとした書類や資料を準備して申請することが大事になってきます。 国際結婚手続きの基礎知識• 外国人配偶者の国別の結婚手続き• 韓国人と国際結婚する場合• アメリカ人と国際結婚する場合• フィリピン人と国際結婚する場合 お問い合わせはこちらから(プライバシーは保護いたします) 〒188-0012 東京都西東京市南町3-13-2-103 (西武新宿線田無駅から徒歩10分) TEL: 050-1238-8526 受付時間:10時~18時 国際結婚で子供が生まれた時は?• 湊行政書士事務所の運営サイト• 法律が変更されている場合がありますので、場合によって、最新の情報をご確認ください 当サイトでは「日本人の配偶者等」の在留資格の意味で配偶者ビザという言葉を使っております。 厳密には2つは異なるものですが、一般の方にわかりやすく説明するためにこのような表現をさせて頂きます。 当サイトの内容は管理者の知識・経験から作られたものであり、ビザ取得を保証するものではありません.

次の

配偶者ビザ 東京出入国在留管理局で取得する手続きをサポート

配偶者ビザ 東京

皆さま、こんにちは。 おかげさまで私の運営するホームページは、 日本で一番アクセスを集める配偶者ビザサイトに成長しました( グーグル 1位、ヤフー 1位、2019年8月現在、弊社調べ。 広告を除いた順位)。 このおかげで、私の事務所には毎日、若い方からご年配の方、会社員の方から自営業、会社役員の方まで、実に幅広い層の方が 日本全国からご相談にいらっしゃいます。 日本一のアクセス数を裏づけとした膨大なケースをお手伝いするなかで、本来はブラックボックスとなっていて、 普通の行政書士では容易には知りえない、入国管理局の内部審査基準について日本で有数の経験値を積み重ねています。 これまでに身につけた他を圧倒する経験値をあなたのケースに活用し、あなたやあなたの大切な配偶者が、日本で生活する希望を胸に扉を開くお手伝いをすることができます。 ありがたいことにたくさんのお客様に支えられ、私はこのような経験値を高めることができましたが、 それは長年にわたる取り組みや根気のいる入管との交渉、業務の改善、進化の結果と言えます。 このサイトに記載している内容は、 私がコンサルティングでお客様にお伝えしている情報の ほんの一部です。 しかしこのサイトをお読みいただくことで、私がお伝えしているお話のポイントが何であるかを知っていただくことができます。 そして何よりも、話の分かりやすさを感じていただけるでしょう。 行政書士事務所のホームページには、表面的な情報を羅列しているものもあるでしょうが、弊社のホームページは違います。 記事をすべて事務所で内製し、その内容は日本有数の出版社の役員のかたからも高い評価をいただいています。 このサイトの内容をあなたと共有できることは私にとって大きな喜びです。 なぜなら、私があなたにコンサルティングをご提供すると、どのような感じであるかを体験していただく旅にお連れできるからです。 アドバイスを受けているかのような旅です。 もちろん、対面での有料相談を受けていただく時とは異なるでしょうが、コンセプトは同じで、それは「わかりやすさ」です。 対面でのご相談でも、文章でお伝えするときでも、私がいつも心掛けていることは、「 本質を、わかりやすく」です。 私の事務所はこの点にとても定評があり、自信があります。 みなさまに本質をわかりやすくお伝えできる能力は、そのまま、弊社の「共感力」とコンサルティングの「質」を体現しています。 一方的に生半可な知識を開陳して相談者を困惑させる専門家とは一線を画す、高度なコンサルティングをご提供できます。 まずは本サイトの内容を熟読していただき、そしてご興味があれば、いますぐお問い合わせフォームからご連絡ください。 他を圧倒する経験値で、みなさまをサポートさせていただきます。 ) 東京・六本木 行政書士 佐久間 毅.

次の