おろ ちょん ラーメン レシピ。 超激辛おろちょんラーメンは旨い!

オロチョンラーメン にかいや

おろ ちょん ラーメン レシピ

今日の夕食は、久しぶりに「ラーメン五十番」に行った。 結婚前から行きつけ ? のラーメン店なのだけど、ラーメンのバリエーションは、昔に比べるとはるかに増えている。 でも、そのどれもが美味しいのである。 千葉ウォーカーに頻繁に載るようになり、店にもその切抜きが貼ってあるのがちょっと笑える。 さて、私のお気に入りは「おろちょんラーメン」である。 はるか昔、まだ定番メニューにない頃から食べ続けている。 数種類の野菜・きのこ、海老、挽肉の具材に、辛口の醤油ベース 少しタイっぽい)のラーメンで、一度食べたら病みつきになること間違いないっ! 辛さも、中辛・激辛・超激辛の3段階から選べる。 激辛は、中辛味のラーメンに唐辛子入りのラー油が別についてくる。 更に超激辛は、別添のラー油の他に赤い小瓶に入った唐辛子風味の酒みたいなのがついてくる。 これ、単品で飲むもんじゃない。 ラーメンに入れると美味しくなるんだけど、そのままだと口の中がおかしくなるんだな。 店員に聞いたわけじゃないけど、飲んだ感じが唐辛子を漬けた日本酒風なのね。 ラーメンに入れすぎると、酒のニオイぷんぷんな謎のラーメンになっちゃうから油断は出来ない。 あと、作る人によって、味や麺の具合が微妙に違うんだ。 食べると、今日はハズレとか当りとかいっつも言い合っているんだけど、今日は素晴らしく大当たりって感じだった。 スープの味も、麺の茹で具合も、湯きり加減もとても良くて 本当に美味しく食べることが出来た。 ただ、何故かチャーシューの紐の切れはしが混入していて、歯に挟まったのだけが難点だったけど、会計の時におわびってことでお食事券くれたので、ま、許すとしよう。

次の

久々のおろちょんラーメン!

おろ ちょん ラーメン レシピ

お持ち帰り弁当の波を潜り抜け、 辿り着いたのがこちら。 台湾ラーメンがおすすめの「八龍」さん。 今日はどう攻めるか。 う~ん。 ご飯ものの気分ではないわね。 やはり麺かしら。 味噌ラーメンか台湾ラーメンとの争いに割って入ったのが、 おろちょんラーメン・味噌。 味噌、辛みの良いとこどりじゃないのよ。 これに決定よ。 ここに餃子はマスト。 好みのタイプじゃないけどOK。 しばし待ちましょう。 なるほど。 冷やしね。 そんな季節が来るのね。 おろちょんラーメンといえば、今は無き新宿二丁目の「北海道ラーメン源」に通ったわね。 おろちょんより辛いのが鉄火で、いつも鉄火食べてた想い出よ。 明け方まで営業してたっけ。 来たわね。 見た目は予想と違うわ。 木耳が入ってるのは嬉しい誤算ね。 味は台湾系なのかな?マイルドさは無い強めの味噌。 これも予想外。 遅れて登場は人気の餃子。 個人的にはこれじゃないのよ。 でもOKなのね。 さて、エンジンかけて一気にゴールまで行くわ。 それにしてもここまで来るまでにお持ち帰り何件あったかね? 気持ち的には全件制覇したいのよねえ。 とりあえず少しずつでもクリアしていきたいとこよ。 さて、美味しくいただきました。 ごちそうさまでした。

次の

久々のおろちょんラーメン!

おろ ちょん ラーメン レシピ

丸亀市のカラシヤクラシック渋くてオシャレ 外観も店内も渋いオシャレなお店です。 囲炉裏は本物! 火が付いた炭が置いてあって暖かいです。 (小さい子供は注意かな。 ) カラシヤクラシックのオススメはオロチョンラーメン 昔はそのまま店名もオロチョンラーメンだったような気がするんだけど、メニューにはオロチョンラーメンもバクニク飯もあります。 メニュー 主人は、このおろちょんラーメンが好きです。 野菜がたっぷりでホルモンが入ったラーメンはすごく美味しい。 おろちょんラーメン 主人の注文したオロチョンラーメン大。 こちらは、長女のオロチョンラーメン。 辛いの苦手な人は、唐辛子を別皿に分けて注文することもできます。 久しぶりに行って、別皿にしてもらうのを言い忘れて長女の分も唐辛子が入っていたのでその部分だけ取って食べたけど、辛くて食べれないということはなかったので、大人はいけます! (人によるとは思うけど・・・!) ホルモン鍋の中にラーメンが入っているような感じなので、冬に食べると体も温まります。 とりももから揚げ定食 私はこの日は、定食が食べたくてとりももから揚げ定食。 すごいボリュームだった! 長男(中1)もから揚げ定食で、いつもは私の食べきれない分は食べ盛りの長男に食べてもらうのですが、長男もこの量を食べたら無理と言われました。 (来る前に友達のところでカステラやサイダーなどおやつを頂いていたせいでもあるんですけど。 ) 一つ一つのからあげがすごく大きいんです。 結局食べきれなかった分は、主人に食べてもらいました。 ご飯も大盛りと注文したわけではないけど、大盛りだったので次からは少なめで注文しようと思います。 このボリュームで860円ですので、育ち盛りの男の子にはおすすめです! 実はここ、ランチ時間は麺類にご飯をつけることができるのですが、ご飯は遠慮しておいて良かった~。 肉やきそばの豚 次男が、注文したのは肉やきそばの豚。 美味しかったと言っていました。 12時頃に、入店したときはギリギリ待たずに入れたのですが、お店を出るときには結構並んでいる人いました。 定休日、以前は月曜日だったのですが日曜日に変わったみたいですのでお間違いのないようお気をつけください! この日は、丸亀市のカラシヤクラシックで腹ごしらえをしたあと、へ。 なんと、次男がそこでホールインワン。 奇跡的な光景を見させてくれて家族全員大興奮でした。 その後、同じくで美味しいパフェを食べて、でボーリングとクレーンゲームをして楽しく遊びました。 カラシヤクラシック 香川県丸亀市原田町1586-1 電話番号 0877-24-7771 営業時間 11:30~23:00 定休日 毎週日曜日.

次の