クイズノック 社員。 QuizKnock(クイズノック)のプロデューサー!?ふくらPと河村さんのプロフィール!神と呼ばれる所以は?

クイズノック(YouTube)の

クイズノック 社員

Contents• ふくらP クイズノック の誕生日や年齢・プロフィール 出典:• 本名:福良 拳(ふくら けん)• 誕生日:1993年8月7日• 年齢:26歳 (2020年6月現在)• 出生地:徳島県• 出身地:香川県• 得意分野:数学、情報• 嫌いなもの:野菜、虫、旅行、怖いものなど• 職業:WEBライター、クイズ作家、ユーチューバー、クイズプレイヤー ふくらP(福良拳)は QuizKnock(クイズノック)のYouTubeチャンネルの開設を発案し、 動画プロデューサーとして開設当初から動画の企画・編集を担当しています。 ふくらPの Pは プロデューサーのPです。 小学生の頃から謎解きを作るのが好きで、自分で作った問題を家族や友達に出して楽しんでいたそうです^^ 大学でクイズ研究会に入ってからは本格的にクイズを作る機会が増え、 QuizKnock(クイズノック)でクイズ問題を出したり、「 プロのパズル作家」のようなポジションになってきたそうです。 英明(えいめい)高等学校は、香川県高松市にある高校で 偏差値は41-60。 おそらく ふくらP は偏差値60の特別進学コースに通っていたと思われます。 大学は QuizKnock(クイズノック)にいると東京大学かな?とデフォルトで思ってしまいますが、 ふくらP は 東京工業大学理学部を卒業されました。 東工大は主に理系志望の学生が進学しています。 ふくらP クイズノック は野菜嫌い!?エピソード ふくらP(福良拳) は頼れる完璧な動画プロデューサーなのですが、実は苦手なものが多く、特に 野菜が嫌いのようなんです。 クイズ番組「 あなたは小学5年生より賢いの?」に出演されたときも「 野菜がすごく苦手」と野菜に関する問題で苦戦していました。 野菜に関しては一般常識レベルな問題も答えられないくらいで キャベツとレタスの違いがわからないなど、 QuizKnock(クイズノック)の動画でも ふくらP の野菜嫌いをネタにしたYouTube動画が上がっています。 誕生日は1993年8月7日• 年齢:26歳 (2020年6月現在)• QuizKnock(クイズノック)の動画プロデューサーとして、YouTubeの企画・編集を担当している• 出身高校は香川県の英明高等学校• 大学は東京工業大学理工学部を卒業した•

次の

川上拓朗(クイズノック)の大学と留年の理由、卒業は?高校生クイズや彼女もチェック!|あいうえニュース

クイズノック 社員

本名:渡辺航平(わたなべこうへい) 生年月日:1997年11月28日 年齢:22歳(2020年6月時点) 出身地:群馬県館林市 身長:169cm ツイッター: こうちゃんの 本名は「渡辺航平」です。 こうちゃんは、「こうへい」という名前からきているんですね。 身長は169,3cmです。 自身のツイッターで報告していました。 えらいから健康診断に行ってきた。 そしたら身長がまさかの169. 3cmもあった。 実質175cmあると言っても差し支えないから、これから身長聞かれたら175cmって言うことにする。 スポンサーリンク クイズノックこうちゃん 渡辺航平 の出身中学・高校・大学などの学歴 こうちゃんの 出身中学は、館林市立第三中学校です。 高学歴の人は中学受験をしている人が多いですが、こうちゃんは地元の公立学校に通っていたんですね。 出身高校は、群馬県立太田高校です。 太田高校の偏差値は68で、群馬県内でも4番目に偏差値が高い高校です。 東大や早慶などの難関大学の合格者もたくさんいるようです。 東大に行くだけあって、高校もレベルが高いところに行っていたんですね。 大学は東京大学の法学部に進学しています。 法学部と言えば、東大文系の中でも一番難易度が高いところですよね。 しかも、現役で合格しています。 こちらの動画では、「右手の薬指に指輪をつけているというのをどの動画でも言われる」と自らネタにしています。 ただ、指輪の理由についてはこの動画でも語っていません。 こうちゃん自身は、そういったプライベートなことは言うつもりがないのかもしれないですね。 最近の動画では、もう指輪はしていないようです。 彼女と別れたから外したのかもしれないですし、あまりにも指摘されるので外すようにしたのかもしれません。 こうちゃんはこんなツイートもしていました。 こうちゃんの彼女については、情報が入り次第追記していきます。

次の

QuizKnock(クイズノック)のプロデューサー!?ふくらPと河村さんのプロフィール!神と呼ばれる所以は?

クイズノック 社員

そもそも QuizKnock(クイズノック)の メンバーは全員イケメン! これは揺るぎなき定説 のようですね。 外見だけでなく 内面もカッコイイ 頭脳明晰な 男性たちの集団です。 なのでコメント欄には スゴイ!天才! 神!笑った! イケメン!素敵! といった言葉が溢れます。 個性の種類と 才能の方向性がバラバラなのが かえって死角なしの 魅力となっています。 なので何がイケメンかは 評価が分かれるところ。 そこを敢えて! 女性ファンの心を掴んでいる 川上さんと 自分でナイスガイと言っている 須貝さんを 「イケメンチーム」 として少々強引に カテゴライズしてみました。 須貝カメラ。 単体のイケメンが 二人いる… ということだと ご理解いただけると 幸いです。 頭脳プレイヤーで 少し引いたスタンスと 時々変わる髪色と しぐさや発言から 男性の色気を感じる! とのウワサも。 そして写真よりも 動いている姿のほうが イケメンを感じる という話もあります。 また学歴では 代表で元東大王の伊沢さんと 比べられることが多く 学歴上のライバルポジション。 中学受験や大学受験の話になると この二人によって 必ずオモシロイ話が披露されます。 またクイズの罰ゲームで Twitterで指定の言葉をつぶやく という企画で、 『灘だからではなく、俺だから…』 という言葉を強要!?され 本人は「恥ずかしー」と笑い 周りのメンバーも大爆笑 していました。 もはやファンの間で 『 灘俺』という言葉となって 川上さん絡みのコメントや ツイッターで使用されています。 このように極端に目立つことは そんなに多くはないのですが 主要メンバーだけあって 多くの動画に出演しています。 そして実は ちょっと面倒くさそうな企画や 体を張る企画だと ちゃっかり欠席する 身軽さも持っている様子。 ご本人は「たまたま」と おっしゃっていますが ホントでしょうか? もちろんクイズには 真摯に取り組んでいるので 回答は鮮やかです。 早押しの腕前も確かで 知識の幅広さと深さによって 存在感を示しています。 総合文化研究科。 Twitter もともとクイズを やっている訳ではなかったのが この須貝さん。 途中加入メンバーで クイズ特化型の頭脳集団の中で 最初は一般のユーザー寄りの発言や ファンと同じようなリアクション付の 回答をしていました。 しかしながら短期間で めきめきと成長。 早押しはまだ苦手なものの 記述式やゲーム企画などでは 持前の頭の良さで 正解をきちんと狙ってきます。 物理が専門で 超伝導を研究。 ちなみにですね、9月の物理学会でも領域6の学生優秀発表賞もらってました。 ありがとうございます。 これからも精進します。 野球経験者だそうです。 そのキャラと目立ち方には 独特なものがあります。 一人だけ 「ナイスガイ須貝です!」と YouTuberっぽい 挨拶をしたり、 元東大王の伊沢さんと 筋トレ仲間だったり QuizKnockLab(クイズノックラボ)と 称して物理実験をやったり そしてそれを出版したり しています。 また着ているトップス Tシャツやパーカーが 独特でオモシロイと 密かにコメント欄で話題に。 ピュアモンのみんなへ、 東大に来てくれてありがとう。 本当に嬉しかったです。 久しぶりに最前でYeah! でした。 普通のシャツのときもありますが 同じ洋服を着ているところは あまり見ない気がします。 独自のコダワリ満載の イケメンが須貝さんなのでしょう。 QuizKnock(クイズノック)伊沢さんとイケメンの関係 言わずと知れた 元東大王の伊沢さんは QuizKnock(クイズノック)の 代表であるだけでなく、 活躍をしている爽やかで 頭脳明晰なタレントさんですよね。 テレビで見ることも多いのですが あれはまだ少し「 よそ行き」の 伊沢さんなのかもしれません。 このQuizKnock(クイズノック)での 伊沢さんのキャラは もう少し自由でヤンチャです。 頭脳を使って どこまでも真剣に遊ぶ そんな良き仲間として 皆が素敵なチームワークで まとまっているのでしょう。 この「イケメンチーム」の 二人とも、公私共に 仲が良いようで 動画内の空気感も軽く 楽しさが満ちています。 伊沢さんとイケメン達との これからにも期待。 頭脳で、筋肉で? 様々な絡みを 見せてくれることでしょう。 伊沢さんも もちろんイケメンです。 スポンサードリンク QuizKnock(クイズノック)イケメンたちまとめ いかがだったでしょうか。 QuizKnock(クイズノック)の イケメンたちは 外見も中身も充実。 動画の内容も とても面白く 調べている最中に 何度も爆笑しました。 掘れば掘るほど オモシロイ情報が これでもか!と出てくる そんなYouTuberで YouTubeチャンネルが QuizKnock(クイズノック) だと感じています。 まだまだ 書ききれないことは多いのですが 今回で 「深掘りのQuizKnock特集」は 一旦、終了です。 第1弾、第2弾の記事はこちら!.

次の