素早い 類語。 「早い」と「速い」

「早速」の意味とは?「早速ですが」の使い方や例文・類語も解説

素早い 類語

早速のご対応の意味は? 敬語は、いざ自分で使おうとすると、意味の解釈に不安を覚えてしまいがちです。 言葉を細かく分解し、意味をしっかりと理解しておきましょう。 素早く行動することの敬語表現 早速のご対応は、『早速(さっそく)』と『対応(たいおう)』に、尊敬の接頭語『ご』が付いた表現です。 早速とは「行動が素早いこと」を指す言葉です。 「すぐに」「速やかに」「直ちに」といった類語があります。 対応とは「相手がしたことなどに対して何かを行うこと」を指す言葉です。 ご対応と言う場合、対応の行動を起こす対象は相手であり、相手が対応したことに敬意を示す言葉となります。 したがって、早速のご対応は「こちらの要求や依頼などに素早く行動してくれたこと」を意味する表現です。 早速のご対応の使い方 早速のご対応が使えるシーンは、主に以下の2パターンです。 状況をイメージすると、より分かりやすくなるでしょう。 感謝を表すときに こちらから相手に何かをお願いするようなときは、どのような場合であっても相手の対応が素早いに越したことはないでしょう。 メールをすぐに返信してほしかったり、お願いした書類をすぐに届けてもらいたかったりする状況で、実際に相手が素早く動いてくれたときには、感謝したくなるはずです。 早速のご対応は、このように相手の迅速な反応に対する感謝の気持ちを示す際に、「ありがとうございます」などといった言葉と一緒に使います。 相手の素早い対応によって自分がどのように感じたのか、どんなことに対してプラスになったのかなど、さらに文章を付け足すことでより丁寧な表現が完成します。 依頼するときに 早速のご対応は、相手へ感謝の意を表す際に使われることがほとんどですが、以下例文のように、相手に対し何かの要求や依頼をする場合にも使用できます。 <例> 早速のご対応をお願いしたいのですが、明日までにメールにてご回答いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。 相手からの反応をとにかく急ぎでもらいたい場合や、返事の期日を近日中に設定しなければならない場合などに、使えないことはないフレーズです。 ただし、前後にどれだけ敬語表現を用いて丁寧な文章を作っても、言いたいことの核心は「急いでほしい」という内容です。 相手によっては失礼な印象を与えかねません。 素早い対応が求められている理由を、相手も十分に理解しているような場合に限り、使える言い回しだといえるでしょう。 早速のご対応の注意点 敬語表現は、何度も使っているうちに、自分勝手なアレンジが加わり、いつの間にか間違った使い方になっていることがあります。 気を付けるべきポイントをチェックしましょう。 いただき~の使い方 最初に、次の正しい表現を確認しましょう。 <例> ・早速のご対応をいただき、感謝申し上げます。 ・早速ご対応いただき、ありがとうございました。 助詞『の』を使うなら、対応する助詞『を』を必要とします。 『の』を使わない場合は、「ご~いただく」の謙譲表現を使った「ご対応いただく」で、一つの動詞として扱うことができます。 『ご』を抜かない 基本的に、ご対応は『ご』をとるのはNGです。 尊敬の接頭語を抜き、早速の対応とすると、敬語の要素が全くなくなってしまいます。 早速のご対応は、相手が行った対応という行動に対して敬意を伝える表現です。 文章全体に敬語をたくさん使用しても、ご対応からごを抜いてしまうと失礼な表現になります。 ただし、あくまでも敬意がなくなるだけであり、早速の対応という表現自体は間違いではありません。 例えば、部下が迅速に行動してくれたことに対し、上司が感謝を述べる言い回しとして、「早速の対応に感謝します」のように使えます。 上司には使える? これまで述べてきたように、早速のご対応は相手の対応に尊敬の意味を込めて使う表現です。 したがって、上司や取引先など目上の相手にも問題なく使用できます。 相手にとっては特に急いだ意識がなくても、自分にとって迅速な反応だと思ったのであれば、基本的にはどんな相手に対しても使える表現です。 ただし、相手によっては、「このくらいのスピード感でこなすことは当たり前だ」「もっと遅い反応を予想していたのか」などと、嫌味っぽい思いを抱く人もいます。 相手との関係性や、相手がおかれている状況を考慮し、むやみな多用は控えたほうがよいフレーズです。 ビジネスメールで使える例文 素早い反応をしてくれた相手に感謝の気持ちを伝える例文を紹介します。 敬語なども一緒に覚えれば、ビジネスで使える表現の幅が広がります。 早速のご対応ありがとうございます まずは「ありがとうございます」を付けた基本形を、例文で確認しておきましょう。 <例> ・弊社スタッフからの突然のお願いにもかかわらず、早速のご対応、心より感謝申し上げます。 また、技術面でのご指導もいただいたようで、重ねてお礼申し上げます。 ・受付時間ぎりぎりに注文させていただいたのですが、早速ご対応いただき恐れ入ります。 先ほど商品を受け取りました。 大変満足しております。 文語的なニュアンスが強まるため、より堅い印象を与えられます。 ワンパターンにならないよう、数多くの置き換えを覚え、ビジネスメールなどで役立てましょう。 お忙しい中などを加えるのもあり 「ご多忙の折」「ご多用中」「お忙しい中」などを文頭に付け加えると、相手への印象がさらに良くなるでしょう。 忙しい中でも自分のために時間を割いてくれたことに対し、より強い感謝の気持ちを込められます。 相手への配慮を示す言葉として、たとえ相手が暇であったとしても使える表現です。 感謝する場面だけでなく、相手に依頼・要望する際にも、以下のように使うと効果的です。 <例> ・ご多忙の折とは存じますが、早速のご対応、よろしくお願い申し上げます。 ・大変お忙しい中、誠に申し訳ありませんが、早速ご対応いただけるとありがたく存じます。 早速のご対応の類語表現 意味が似ている、いくつかの言い換え表現を紹介します。 それぞれ微妙にニュアンスが異なりますが、ほぼ同じような使い方ができます。 迅速なご対応 『迅速(じんそく)』という言葉は、早速に比べ、よりスピード感のある意味合いが強くなります。 反応の速さを特に強調したい場合などに使うとよいでしょう。 例えば、締め切りまで1週間あるにもかかわらず、2日程度で済ませてもらったような状況では、迅速なご対応を使用しても違和感がありません。 納期などの設定がなかったとしても、メールの返信が数分後に届いていたような場合は、迅速なご対応を使える状況だといえます。 また、『ご』を抜いた「迅速な対応」は、自分の行動に対しても無理なく用いることが可能です。 早速をはじめ、他の類語は適さない表現であることを、以下でチェックしておきましょう。 <例> 皆様からのご期待に応えられるよう、常に迅速な対応を心掛けております。 早急なご対応 『早急』は「さっきゅう」と読みます。 「そうきゅう」と読まれることが一般的ですが、どちらでも意味は全く同じです。 一刻を争うような素早い行動を求めたい場合などに、「早急に対応すべき」「早急に対応しなさい」のようなニュアンスで使われます。 より緊迫感を出す意味合いを含む言葉であるため、お礼を言うような場面では使いにくいともいえるでしょう。 義務を主張したり命令したりする文章が似合います。 ただし、早速とほぼ同じような使い方ができる上、早速より丁寧でかしこまった言葉でもあるため、表現の幅を広げる選択肢の一つとして覚えておきましょう。 早々のご対応 「ある状態が成立した直後」というニュアンスを持つ『早々(そうそう)』は、次のような使われ方をする言葉です。 <例> ・当商品は、販売を開始した早々に、いくつかのショッピングサイトで売上ランキング1位を獲得しました。 ・現在の営業部長は、支社から転属してきた早々に、次々とクライアントを獲得した人物です。 『早々と』と書く場合は『はやばやと』と読みます。 「普通よりも早く」という意味合いを持つ言葉で、スピード感を強調する意味ではあまり使われません。 早々のご対応は、早速のご対応とほぼ同じ意味を持ち、そのまま置き換えて使用できます。 素早いご対応 早速・迅速・早急などは、いずれも『素早い(すばやい)』という意味を持つ言葉です。 したがって、これらの言い換えとして違和感なく使用できます。 動作がきびきびしている様子を表す『すばしこい』という言葉に、意味や読みが似ているため、くだけた口語的な印象を与えがちな言葉です。 素早いご対応という場合は、これまで挙げてきた類語表現と同じく、早速のご対応とそのまま置き換えられます。 ただし、かしこまったニュアンスを出しにくいため、形式ばった文章では、他の表現を使用したほうがよいでしょう。 まとめ 早速のご対応は、依頼や要望に対して素早く行動してくれた相手に対し、感謝を示すときに使われる敬語表現です。 ビジネス文書やフォーマルな場面で使えば、より丁寧できちんとした印象を与えます。 言い換え表現もしっかりとマスターし、敬語表現の幅を広げたいときに役立てましょう。

次の

ビジネスにおける「早速」の意味と類語 迅速,早々,取り急ぎとの違い

素早い 類語

「早速」の意味とは? 「早速」の意味は「行動や対応が素早いこと」 「早速」は「さっそく」と読み、「行動や対応が素早いこと」を意味する単語です。 すぐに取り掛かる・早い段階で行動することを「早速」と表現します。 「すぐに」「直ちに」「速やかに」などの意味で使うことのできる単語です。 なお、「早速」には、「さっそく」という読みの他「さそく」や「そうそく」という意味もありますが、先述の意味で使用する場合は「さっそく」と読むのが一般的です。 「早速」の使い方と例文 ビジネスメールでは「早速ですが」と本題・用件を切り出す ビジネスメールでは、挨拶文に続いて本題を切り出す際に「早速ですが」というフレーズをよく使用します。 「すぐに本題に入りますが」という意味もありますが、「起こし言葉」として、深い意味を持たない決まり文句と覚えておいても差し支えないでしょう。 早速ではございますが、現況についてご報告いたします。 早速ですが、先日の議事録を送付いたします。 なお、この「早速ですが」という表現は、メールに限らず口頭でも使用できます。 たとえば、プレゼンテーションの場などで「本日はお集まりいただきありがとうございます。 早速ですが、お手元の資料に沿って説明を始めさせていただきます」などといった使い方もよくある例です。 「早速のご対応・ご返信」と敬語でも使える表現 「早速」は「早速対応します」のように、自分の行動に対して使うこともできますが、相手の行動に対しても使うことができます。 この場合「早速」の後に続く言葉を敬語にすることで、失礼のない表現となります。 たとえば、「早速のご対応ありがとうございます」は、自分の依頼に対して素早く対応してくれたことへの感謝の意を伝える表現です。 また、(メールの返信に対して)「早速のご返信ありがとうございます」といった表現も、取引先とのメールでもよく目にします。 お忙しい中、早速ご対応いただき感謝申し上げます。 早速ご手配いただき、助かりました。 早速のお返事ありがとうございます。 なお、細かい点ですが、「早速ご対応いただき」とは言っても、「早速のご対応いただき」とは言いません。 「早速のご対応」という表現を使う場合は、「いただき」を使わず、「早速のご対応ありがとうございます」とします。 「早速取り掛からせていだたきます」もよく使うフレーズ ビジネスシーンでは「早速取り掛からせていただきます」というフレーズも大変便利です。 たとえば、取引先から仕事の依頼を受けた場合に「かしこまりました、早速取り掛からせていただきます」と返答すると、「すぐに対応します」という意味になり、良い印象を与えることができます。 他にも、「早速問い合わせてみます」「早速調べます」なども「すぐに対応する・行動する」という姿勢を伝えることのできるフレーズです。 「早速」の類語 「早々(そうそう)に」は「すぐに・急いで」の意味 「早々」は、「早々に(そうそうに)」と読む場合と「早々と(はやばやと)」と読む場合で意味が異なりますが、「早速」の類語としては「早々に」が挙げられます。 「早々に」とは、「すぐに・できるだけ早く」という意味です。 「新年早々に風邪をひいてしまった」というと、「新年になってすぐに風邪を引いた」という意味になります。 この「早々に」は、通常同僚あるいは部下など自分と同等以下の人にのみ使う表現ですが、すでに完了した行為に対しては目上の人にも使えるという特徴があります。 たとえば、「早々にお返事いただきありがとうございます」はOKですが、「早々にご対応ください」は失礼にあたるので注意が必要です。 なお、「早々と(はやばやと)」と読む場合には「急いで物事を行う」という意味があり「早々と帰宅する」などといった使い方が可能です。 「迅速」は「物事の進捗・行動が非常に速いこと」 「迅速(じんそく)」とは、「物事の進捗や行動が速いこと」を意味する単語です。 行動が素早いという意味では「早速」と似たニュアンスがありますが、「迅速」は「速」の字にもあるようにスピードが速い場合・スピード感を強調したい場合に用いる点が特徴です。 たとえば、「納期よりも3日も早く納品してくれた」という場合にはその対応スピードの速さに対して「迅速な対応」ということができるでしょう。 この「迅速」は自分の行為にも目上の人にも使える表現です。 迅速に対応します• 迅速なご対応ありがとうございます 「取り急ぎ」は異なるニュアンスの単語 「取り急ぎ、ご連絡しました」などに使われる「取り急ぎ」という表現は、「真っ先に・すぐに」といった意味がありますが、「早速」とは少しニュアンスが異なります。 「取り急ぎ」には、「急な事態に急ぐ」というニュアンスがあり、「細かいことは気にせず・準備は不十分だが・とにかく」という意味を含むのです。 そのため、特段急ぎではない用件に対し「取り急ぎ」と使うと準備不足の意味にとられることもあります。 「早急」は差し迫る様を含む単語 「早急(さっきゅう・そうきゅう)」とは、「非常に急ぐ様・差し迫っている様」という意味があり、「至急」と同様に急を要する場面で使用されます。 たとえば、「早急にご対応いただきありがとうございました」「早急なご対応のおかげで、無事、納期に間に合いそうです」などと使うことができます。 目上の人に対しては、すでに完了した事柄について使うことはできますが、「早急にお願いします」「早急に頼みます」といった使い方は「急いで」というニュアンスを含むため、失礼です。 「早速」の英語訳 「早速」は英語で「immediately」 英語で「早速」を意味する単語は「immediately」です。 「immediately」には、「すぐに・直ちに・早速」などの意味があります。 また、「promptly」も同様の意味を持つ単語です。 たとえば、日本語で言うところの「早速のご返信ありがとうございます」は、「Thank you for your prompt reply. 」と表現することができます。 また、「早速のご対応ありがとうございました」は、「I appreciate your prompt response. (早速のご対応に感謝します)」と表現することも可能です。 他にも「早速」のように「すぐに・迅速な」という意味の表現はいくつかあり、以下のように表すこともできます。

次の

ビジネスにおける「早速」の意味と類語 迅速,早々,取り急ぎとの違い

素早い 類語

この表現は非常にオーソドックスな表現であり、フォーマルなシーンに限らずカジュアルなシーンにおいて目上の人に対して使っても違和感のない表現になっています。 「ありがとうございます」と伝えることもできるのですが「感謝しております」という表現を使った方が、相手に落ち着いた印象を与えることができます。 また、より丁寧な言葉で感謝を伝えたい時には「感謝しております」を選択すると良いでしょう。 こんなに素晴らしい学習環境を用意していただきいつも感謝いたしております。 この表現は「心からのお礼を言いたい」という意味合いの表現になります。 心底感謝している時に伝える表現になります。 また、この表現は「お礼を言いたい」というニュアンスを直接相手に伝える言い回しになりますので、感謝の気持ちを伝える相手がその場にいる状況で使います。 最大級の感謝を相手に伝えたい時に「心から感謝申し上げます」と伝えれば、相手に深い感謝の気持ちがあることをしっかりと表現することができるでしょう。 深々と頭を下げたい、そんな大きな感謝の念がある時に使いたい表現です。 私のような者がこんなにも素敵な賞をいただけますことに心から感謝申し上げます。 この表現は非常に大きな感謝の気持ちを使う際に使われる表現です。 「誠に」という表現がビジネスで非常に好まれる表現であり、特にフォーマルなシーンで使っていきたい表現になります。 ただし、「誠にありがとうございます」が大袈裟に聞こえてしまうと相手がネガティブに感じてしまうこともあります。 特にメールで使用する場合には注意が必要です。 会話では「本日もご来店誠にありがとうございます」というような、大勢に向けて発信する状況ではちょうどいい表現であると言えるでしょう。 「appreciate」は「感謝する」という動詞であり、英文翻訳で「感謝している」という表現をする場合には一番使いやすい言葉かもしれません。 特に一番よく使われる「サンキュー」の構文と比較すると、「Thankyou+for」を直訳するなら「~をしてくれてありがとう」になるのですが、「appreciate」については「感謝している」と直訳ができる表現になります。 感謝を示す相手が目の前にいるなら「サンキュー」でいいのですが、感謝している状態を示すのであれば「appreciate」の方がしっくりくる翻訳ができることでしょう。 I always appreciate his kindness. 例えば目上の人に対しての「感謝しております」というニュアンスでも、社内の直属の上司に対して「心より感謝申し上げます」という言葉を選ぶと距離を感じてしまうかもしれません。 もっとフランクでいいでしょう。 逆に取引先であれば、どのくらいの関係値かによって言葉を選ぶ必要があります。 社外ということで、少し改まり過ぎている表現を最初は使うようにして「そんなに堅苦しくしないでよ」と言われたら表現を崩すくらいでちょうどいいかもしれません。 社内と社外のニュアンスはしっかり使い分けるようにしましょう。 何故なら「感謝感激」という響きにフォーマルな要素がほとんど見受けられないからです。 あまりにも距離を感じるような堅い表現も避けるべきですが、フランク過ぎる表現で上司の癇に障ることもあるかもしれません。 上司に対しては基本的に目上に対する礼儀や、ビジネス上の言葉遣いをしっかり守りつつも、上司の方が雰囲気を和らげてきたらその雰囲気に乗って少しフランクな表現を使っていくくらいでちょうどいいかと思われます。 最初から距離を縮めようとフランク過ぎる表現を使うのは控えた方がいいかもしれません。 TPOとは 時(time)と、所(place)と、場合(occasion)になります。 これらを意識して、どのような表現が一番相手方に喜ばれるのかを考えて言葉を選ぶ必要があります。 例えばちょっとしたことに対して「大変感謝いたしております。 誠にありがとうございます」と深々と頭を下げるようなことがあれば不愉快に感じる人もいるかもしれません。 大袈裟過ぎるのも、そっけないのも良くないので、どのくらいがちょうどいいのかを、状況に応じてしっかり判断するようにしましょう。 「感謝しております」が自然に出てくるようになりたい! 「感謝しております」「大変感謝いたしております」「心から感謝申し上げます」といった、御礼の言葉が意識せずとも自然と出てくるようになるとビジネスにおけるコミュニケーションはより円滑になることでしょう。 お礼の言葉を伝えるということは、ビジネスにおいて非常に重要な礼儀作法です。 「感謝しております」をはじめとした御礼の言葉がスムーズに、そして自然と出てくるように日ごろから意識しておくといいでしょう。 それは会話のシーンももちろんなのですが、まずはメールにおいて意識すると会話でも自然と出てくるようになります。 ここで紹介したことを役立ててもらえたら本当にうれしいです!.

次の