あせも 対処。 赤ちゃんのあせもの原因と治し方。自然治癒する?市販薬は?|医師監修

あせもに対処する際の意外な盲点!ボディソープや冷やす時など!

あせも 対処

スポンサーリンク 赤ちゃんのあせもの原因とは? 赤ちゃんは新陳代謝が活発なので大人の2~3倍は汗をかきます。 身体がとても小さい赤ちゃんですが、汗腺の数は大人と全く同じなので汗腺が密集しているため、たくさんの汗が出るのに加えて、汗がたまりやすいのです。 あせもは夏になる、というイメージが強いと思いますが、冬など寒い時期になることもあります。 寒いからと部屋の中で重ね着をさせてしまったり、寝る時に何枚も布団を掛けたりすると、代謝のいい赤ちゃんはいっぱい汗をかいてしまいます。 寒くないようにとたくさん着せてしまいがちですが、知らないうちにあせもになっていることもあるので、お風呂に入る時や着替えの時に、赤ちゃんの肌をチェックするようにしましょう。 また、「白いあせも」と「赤くなるあせも」があります。 「白いあせも」は新生児がなりやすいあせもで「水晶様汗疹」と呼ばれ、かゆみがなく、比較的早く治るあせもです。 ですので気付いたら治っていたなんてことも多いかもしれません。 「赤いあせも」は一般的に呼ばれるあせものことで「紅色汗疹」と呼ばれます。 かゆみがあるため、赤ちゃんがぐすって泣いたり、搔きむしってしまうこともあります。 赤ちゃんにあせもが出来てしまった時の対処方法は? どんなにケアしたとしてもあせもが出来てしまうことは当然あります。 あせもが出来てしまって、赤ちゃんがかきむしったりぐずるようなら、患部を冷やしてあげると、かゆみが感じにくくなるのでおすすめです。 あせもが広がってしまった、頻繁にかきむしる、など、なかなか治らないときには、自己判断せず、早めに病院を受診するようにしましょう。 病院ではステロイドの塗り薬を処方される場合がほとんどですが、きちんと指示通りに使えば、短期間で治り問題ありません。 それでもちょっと抵抗がある場合は、余計な場所まで塗らないように注意して、一週間ほどの期間の使用程度にとどめればだいじょうぶです。 どうしても使いたくないのであれば、今はステロイドを処方しない方針の小児科や皮膚科もありますので、そこを受診すればいいと思いますし、ステロイド以外の薬の処方をお願いしてもいいと思います。 スポンサーリンク 私の場合、ステロイドの使用に抵抗があり、使わない治療をしたことがありす。 治るまでに時間がかかってしまって、とびひになってしまった経験があり、赤ちゃんはぐずるしかゆがるしで、かわいそうなことをしてしまったなと、あとあと反省したことがありました。 でもその時は必死なんですよね。 自分の納得のいく最善の方法で赤ちゃんのケアをしてあげてくださいね。 赤ちゃんをあせもから守る!予防対策は? 大切なことは、清潔な肌の状態を保つことですが、どうしても赤ちゃんはすぐに汗をかいてしまいます。 散歩のあとや、昼寝のあと、また激しく泣いたあとなどはたくさん汗をかきやすいので、こまめに汗を拭いてあげたり、着替えさせるようにしましょう。 汗を拭くのは濡れタオルやおしりふきを使うといいですが、たくさん汗をかいているなと思った時は、シャワーで汗を流してあげるといいですね。 寝ている時の対策としては、背中にミニタオルを入れたり、肌と肌着の間に汗取りパットを入れておき、寝ている間にそれらを引き抜くのがおすすめです。 朝起床時の汗の状態がだいぶ違いますよ。 また、乾燥している赤ちゃんの肌の場合は、肌を守るバリア機能が弱いので、あせものトラブルも起きやすくなります。 予防するために、入浴後や汗を拭いた後などに、ベビーローションなどで保湿をするようにしましょう。 ・ベビーローションやワセリンを使ってもだいじょうぶ? ベビーローションにも色々ありるので、保湿効果の高いものを選ぶとよいですが、すでにあせもが出来ている場合は、悪化させてしまう可能性があるので、サラッとしたものを選びましょう。 ワセリンは、赤ちゃんの肌を保護するものですが、梅雨や夏などの時期や、すでにあせもがある時は、汗腺を詰まらせてしまう可能性大。 あせもの時は使うのを控えたほうがいいかもしれません。 赤ちゃんは大人より体温が高いので、部屋の温度設定を赤ちゃんに合わせて、汗をかかないような適温にするように心掛けるようにしましょう。 まとめ 赤ちゃんの肌は想像以上に敏感なので、戸惑うこともたくさんありますよね。 あせも予防と対策をして、大切な赤ちゃんを守ってあげましょうね。

次の

あせもが全身に広がる原因と対処法や注意点!大人と子供別に!

あせも 対処

肥満のある人は、皮下脂肪が多いために体内の熱が放出されにくく、肥満のない人に比べて多く汗をかいて、あせもができやすくなります。 皮下脂肪が多いと、下腹部や脚の付け根、わきの下、首などで皮膚と皮膚が重なってこすれることで、エクリン汗腺が塞がりやすいからです。 また、女性で 胸が大きい人や、 垂れた形をしている人も、乳房と胸の皮膚の間に汗がたまってあせもが生じやすくなります。 高齢者の中には、エアコンを敬遠しがちな人も多いのですが、汗をかいたままにしていると、あせもができる場合があります。 また、病気などで ベッドに寝たまま1日の大半を過ごすような人の場合は、背中などの皮膚がベッドに密着したままになるため、あせもができやすくなります。 軽症の場合、こまめに入浴やシャワーなどで汗を洗い流し、皮膚を清潔に保つことで、あせもは基本的には自然に治ります。 あせもがある部分を洗うときに、ごわごわした硬いタオルやスポンジなどを使うと、あせもを傷つけてしまい、伝染性膿痂疹が起こりやすくなるため、避けてください。 泡のボディソープや、せっけんを泡立てるネットなどを使ってつくった泡をつけた手で優しく洗うようにしましょう。 入浴後は、皮膚をこすらないようにタオルを体に押し当て、水滴をとるようにして拭きます。 かゆみがある場合は、まず保冷剤や冷やしたタオルなどで冷やします。 そのうえで、あせもの市販薬を使ってかゆみを緩和します。 あせもの治療薬は、剤形や配合されている成分など、さまざまな種類のものがあります。 症状や年齢などによって適切な市販薬は異なるので、薬局などで相談してください。 湿疹から浸出液が出ている場合はパウダータイプ、浸出液が出ていない場合はクリームタイプの市販薬を使うとよいでしょう。 あせもに加えて、アトピー性皮膚炎などの皮膚の病気がある場合や、細菌やかびなどの感染が疑われる場合は、市販薬を使うと症状が悪化することがあります。 市販薬で症状が悪化する場合や、眠れないほどかゆみが強い場合などは、早めに皮膚科を受診してください。 あせもの予防には、汗をかきっぱなしにせず、皮膚を清潔に保つことが大切です。 皮膚を清潔に保つには、汗をかいたら、こまめに拭き取ることが大切です。 外出先などでは、タオルやハンカチ、汗拭き用のシートを使うなどして、汗を拭き取るようにしましょう。 また、服装は、汗を吸いやすく、乾きやすいものにするようにしましょう。 ゆったりとしていて、乾きやすい木綿などの生地の服を選ぶとよいです。 スポーツをするときは、汗を吸い取り、すぐ乾く素材のスポーツウェアを着用することがおすすめです。 皮膚が乾燥しやすい人は、入浴後のスキンケアを心がけることが大切です。 入浴後は、保湿剤を塗って皮膚を乾燥から守ることが、あせもの予防につながります。 保湿剤は、べたつかない乳液タイプのものがおすすめです。 ワセリンは脂分が多くベタつき、エクリン汗線の出口を塞いでしまい、かえってあせもができる原因になるので避けましょう。

次の

あせもの対策と対処法 - 暑い季節の皮膚トラブル その①

あせも 対処

赤ちゃんのあせもの原因と予防・対処法とは?自然治癒する? 2020. 11 赤ちゃんがあせもになったけれどどうすればいい? あせもが治らなくて心配。 最近、急にあせもが出てきた。。 赤ちゃんは汗っかきで皮膚がデリケートなため、あせもはよくあるトラブルの1つです。 症状が軽ければ、普段の家庭でのケアで十分ですが、放っておくと悪化する可能性もあるので注意が必要です。 今回は、赤ちゃんのあせもができる原因やあせもの種類、処方法についてご紹介していきます。 赤ちゃんのあせもの原因とは? あせもができる原因とは、汗が皮膚の中にたまり、汗が体の外に出ていかないことが原因です。 汗には尿酸やアンモニアなどの成分が含まれており、これらの成分が皮膚を刺激して炎症を起こします。 赤ちゃんは汗をかきやすく、大人よりもあせもができやすい傾向にあります。 あせもができやすい箇所は、肘の内側や膝の裏側、脇の下など… 汗が蒸発しにくく、皮膚が擦れ合う箇所です。 おむつのウエスト部分や頭部、背中、首筋などにもできやすいので気をつけて見ておきましょう。 赤ちゃんのあせもの種類 同じあせもでも種類がいくつかあります。 「水晶様汗疹」、「紅色汗疹」、「深在性汗疹」の3つです。 また、あせもの種類によって症状が異なります。 水晶様汗疹 プツプツとした白色の透明感のある水泡が特徴です。 皮膚に汗がたまりできます。 気づかないことが多く、ほとんどの場合自然に治るため、特に治療の必要はありません。 赤くなったり、痒くなったりすることはなく、1日〜数日で消えてなくなります。 紅色汗疹 一般的なあせもで、赤いブツブツができるのが特徴です。 皮膚の少し深い部分に汗がたまってできるあせもで、かゆみがありチクチクします。 このあせもができると、我慢出来ずにかいてしまう事があるので注意しましょう。 また、高温多湿な環境や汗っかきな赤ちゃんによくできる傾向があります。 悪化した場合は、細菌感染が起こることもあるのでよく観察しておきましょう。 深在性汗疹 皮膚が赤くなることはなく、皮膚がもりあがる事が特徴です。 日本ではあまり見ることはないので、普段の生活では心配ないでしょう。 赤ちゃんにあせもができた場合の対処方法 赤ちゃんにあせもができてしまったらどうすれば良いのでしょうか。 基本的には自然治癒するのですが、あまりひどいときは病院に行けば塗り薬を処方してもらえます。 あせもが長引く場合や、さらに悪化している場合には感染症や皮膚病の可能性も考えられます。 あせもが痒くて掻きむしってしまうと、肌の表面に傷口ができ細菌が繁殖する恐れがあります。 なかなか治らない場合には皮膚科などの医療機関を受診して相談してみましょう。 普段のケア 赤ちゃんは、汗が汗腺にたまりやすいので、あせもができやすい傾向にあります。 汗をかいたらそのままにせずに、その都度濡れたタオルで優しく拭き取るようにしましょう。 汗を多めにかいているときは、シャワーやお風呂で洗い流すと良いでしょう。 お風呂では石鹸や洗剤を使わずに、ぬるま湯で洗い流すくらいで十分です。 また、保湿にも十分気を使いましょう。 こまめに着替えを行い肌を清潔に保つ 夏や暑い日にはよく汗をかきます。 汗をそのままにしておくとあせもができる原因となるので、出来るだけこまめに着替えを行うようにしましょう。 また、たくさん汗をかいている場合はお風呂に入れるのも良いでしょう。 汗をこまめに拭き取る 外出先などではそう頻繁に着替えはできませんよね。 そんなときは、汗をこまめにタオルで拭き取ると良いでしょう。 タオルは少し濡らしてから拭き取る方が、汗の成分をきれいに拭き取ることができます。 ただ、肌を強くこすり過ぎるのは厳禁です。 赤ちゃんは肌がまだデリケートなため、肌に負担を与えないようにしましょう。 肌を保湿する シャワーやタオルで汗を拭き取った後は、肌を保湿するために保湿剤を塗るようにしましょう。 肌が乾燥していると、肌のバリア機能が低下し、さらにあせもができやすくなる可能性があります。 しっかり保湿をしてあげると、肌が清潔に保たれます。 まとめ 今回は赤ちゃんのあせもができる原因とあせもの対処・予防方法についてご紹介しました。 急に暑くなるとあせもができて心配になりますよね。 対処法を知っていればいざという時に役立つかと思います。 是非、参考にされてみてくださいね。

次の