かしこ かしこまりました かしこ。 「かしこまりました」の意味と使い方は?「承知しました」との違いは?

【飲食店の接客英語】「承知致しました(かしこまりました)」を英語で何て言う?

かしこ かしこまりました かしこ

こんにちは! アメリカのカジノホテルでウエイトレスとして働いていた経験をいかし、飲食店専門の接客英会話講師をしています、㈱華ひらく MIKI です。 さて、今回のレッスンは、• 「かしこまりました」• 「承知致しました」 を英語で何というかです。 今回は、高級店用とカジュアルなお店用に2つお伝えします。 高級店向けの「かしこまりました」 高級店では、こちらの4つをよく使います。 Certainly. (サートゥンリー)• Of course. (オフコース)• Absolutely. (ア ブソルー テリー)• Thank you. (シャンパンをグラスでいただけますか?) 店員: Certainly. I will be right back with your drink. (かしこまりました。 (コーヒーのSをいただけますか?) 店員: Of course. Would you like some sugar and milk with your coffee? (かしこまりました。 (Sサイズのサラダをいただけますか?) 店員: Absolutely. What kind of dressing would you like? (かしこまりました。 (クラムチャウダーをお願いします) 店員: Thank you. May I get anything else for you? (かしこまりました。 以上でよろしいですか?) カジュアル店向けの「承知しました」 一方で、カジュアル店では、こちらの4つをよく使います。 Of course. (オフコース)• Sure. (シュア)• Absolutely. (ア ブソルー テリー)• Thank you. (かつ丼定食をいただけますか?) 店員: Of course. Miso soup is over there. Please help yourself. (承知しました。 味噌汁はあちらです。 So can I have a salad with no tomato? (トマトアレルギーなので、トマトなしのサラダをいただけますか?) 店員: Sure. We can take it out for you. (承知しました。 (僕は日本酒で、彼女には焼酎をお願いします) 店員: Absolutely. How would you like her shochu prepared? (承知しました。 (この焼き鳥盛り合わせをいただけますか?) 店員: Thank you. Anything else? (承知しました。 以上でよろしいですか?) これだけ色々あるとどれを使っていいのか迷ってしまうと思います。 まずは使ってみましょう! 丁寧な英語とカジュアルな英語。 使い分けるポイントはお客様との心理的な距離 一般的に、日本ではどんなお店であれ、「言葉遣いは丁寧であればあるほどいい」という様な考え方があるような気がします。 ファミリーレストランというカジュアルなお店の店員さんが 「かしこまりました」 「少々お待ちくださいませ」 等、とても丁寧な言葉を使われていますよね。 しかし、少なくとも私が住んでいたアメリカ(ネバダ州)では少し考え方が異なります。 向こうでは、 丁寧の度合いは、相手(お客様)との心理的な距離を表します。 ちょっとわかりにくいので、詳しくご説明しますね。 初めてご来店のお客様には、もちろん丁寧な英語で接客をします。 ただ、お客様が常連になってくると、たとえ高級店でも、カジュアルな英語でもOKになります。 なぜなら、丁寧な英語は言い方を変えれば堅苦しく、その分お客様との心理的な距離が生じます。 一方で、カジュアルな英語は言い換えれば図々しいのですが、その分お客様との親密な距離を表します。 ですので、 常連でもう何度もご来店されているお客様なのに、毎回初めてのお客様と同じように丁寧で接すると、逆に失礼にあたることがあるのです。 How are you today? 調子はいかがですか?) と、 「私はあなたのことを覚えていますよ」 「またお会いできてうれしいです」 という気持ちをカジュアルさの中に含めていました。 How are you? 私は元気よ。 あなたはどう?) と返してくださり、「店員とお客様」というより、 大切な人を家に招待しているかのような、アットホームな空間を作ることができるのです。 もちろん、中には何度面識があっても「丁寧に接してほしい」とお考えのお客様もいらっしゃいます。 しかし、毎回初めてのお客様に接するような話し方をすることで、 「何度も来てるのに、全然自分のことを覚えてくれない」 「常によそよそしい接客」 と快く感じない方も多くいらっしゃいます。 目の前のお客様がどちらのタイプなのかは、その都度判断しましょう。 そうすることで、より多くのお客様に「また絶対にこのお店に来たい」と思ってもらえますよ。

次の

【敬語】「承知しました」「かしこまりました」「了解しました」きちんと使い分けられてる?

かしこ かしこまりました かしこ

『了解しました』の使い方とは? 「了解しました」とはどのような人に使う言葉なのでしょうか。 こういう人に使うべき 「了解しました」は 自分と同等か自分より立場が低い相手に対して使います。 友達相手でも「了解!」と使うことがあると思います。 相手が会社内の人物であったとしても後輩や仲間であれば「了解しました」と使っても大丈夫です。 逆に後輩や仲間に「承知しました」とかだと少し堅苦しい感じになってしまいますから、「了解しました」位のほうが適切かもしれませんね。 こういう人に使ったらマズイ 会社の先輩や上司には使うべきではありません。 仮にもし自分が上司だったとして、後輩や部下に何かお願いを頼んだとしましょう。 そうしたときに後輩や部下から「了解!」と返事が来たらどう思うでしょうか。 あんまり良い気分にはならないはずです。 もし 「了解!」じゃなくて「了解致しました」と語尾を変えても、しっくりこないですよね。 やはり「了解しました」は自分よりも目上の人に使うべき言葉ではないです。 今まで何気なく先輩とかにも「了解しました」と使ってた人は注意が必要ですよ~。 知らない間に不快に思われているかもしれません。 『かしこまりました』の使い方とは? かしこまりましたはどのような時に使うのでしょうか。 こういう人に使うべき 「かしこまりました」は目上の人・上司・お客様に使うのに適しています。 目上や上司に使う言葉は多数ありますが、 その中ではかなり丁寧な表現になります。 例えばレストランとかホテルに行った時にサービスマンは「かしこまりました」と言うはずです。 レストランとかホテルに行った時は自分達はお金を払うお客様になるわけですから、サービスマンも丁寧な言葉で返事をしています。 これらのことから、 目上や上司から何かを頼まれた時などは「かしこまりました」と返事をするのが適切ということが分かりますね。 こういう人につかったマズイ 使ったらマズイ相手はいません。 強いて言えば、仲の良い後輩や仲間に使うには適していないかもしれません。 「かしこまりました」はとても丁寧な言葉遣いになるので、仲の良い人に言われるとちょっと「距離感」のある言葉に感じてしまいます。 仕事中であればどんなひとに使っても丁寧な言葉に受け取られると思いますが、後輩や仲間であれば「了解しました」の方が適切でしょう。 「承知しました」との使い分けは? 同じような言葉で『承知しました』という言葉があります。 「承知しました」 と 「かしこまりました」ではどちらのほうが丁寧でしょうか。 答えは「かしこました」の方が丁寧です。 ではどのように使い分けるのかというと、「かしこました」は 相手がお客様・社外の人・自分よりもかなり目上の人物だった場合に適していると思います。 「承知しました」は 自分の会社の目上の人に使うのが良いかと思います。 しかし相手が社長など、普段お目にかかることがないような人が相手だったら「かしこました」の方が適切だと思います。 相手が自分に対してどれくらい目上の人物なのかというところを意識すれば、使い分けができると思います。 ビジネスマナーとしては両方の使い方を覚えておきたいですね。 スポンサーリンク 『わかりました』の使い方は? わかりましたとはどのような時に使うのでしょうか。 こういう人に使うべき 「わかりました」とは「承知しました」や「かしこまりました」と同じ意味の言葉です。 ですが丁寧さが違います。 順番でいうと「かしこまりました」>「承知しました」>「わかりました」となります。 使うべき相手は、気心がしれた仲の良い先輩か社外の先輩が適切かと思います。 自分よりも目上の人だけど、そこまで肩肘張らず話ができる相手に使う言葉ですね。 ただし、自分がそう思っていても相手がどう思っているのか分かりませんから、安易に使わないようにしましょう。 こういう人に使ったらマズイ 「わかりました」は目上の人に使う言葉ではありますが、その中では1番ランクが低い言葉になります。 ですから 会社の上司やお客様には使うべきではないと言えます。 もし自分が上司だったとして、部下から「わかりました」と言われたらしっくりこないですよね。 むしろ、「もっと適切な返事の仕方があるだろう」と思ってしまうはずです。 会社の先輩か上司であれば「承知しました」、自分よりもかなり目上の人やお客様が相手であれば「かしこまりました」が適切です。 『了解しました』『かしこまりました』『わかりました』のまとめ ・『了解しました』は自分と同等か後輩に使うのに適しています。 ・『かしこまりました』は自分よりもかなり目上の人(社長とか幹部)やお客様に使うのに適しています。 ・『わかりました』は社外の先輩か気心の知れた先輩に使うのに適しています。 ビジネスマナーのまとめ記事 色んなシチュエーションのビジネスマナーをまとめた記事があります。 スポンサーリンク.

次の

英語の敬語で「かしこまりました」と丁寧に伝える英会話表現まとめ

かしこ かしこまりました かしこ

『了解しました』の使い方とは? 「了解しました」とはどのような人に使う言葉なのでしょうか。 こういう人に使うべき 「了解しました」は 自分と同等か自分より立場が低い相手に対して使います。 友達相手でも「了解!」と使うことがあると思います。 相手が会社内の人物であったとしても後輩や仲間であれば「了解しました」と使っても大丈夫です。 逆に後輩や仲間に「承知しました」とかだと少し堅苦しい感じになってしまいますから、「了解しました」位のほうが適切かもしれませんね。 こういう人に使ったらマズイ 会社の先輩や上司には使うべきではありません。 仮にもし自分が上司だったとして、後輩や部下に何かお願いを頼んだとしましょう。 そうしたときに後輩や部下から「了解!」と返事が来たらどう思うでしょうか。 あんまり良い気分にはならないはずです。 もし 「了解!」じゃなくて「了解致しました」と語尾を変えても、しっくりこないですよね。 やはり「了解しました」は自分よりも目上の人に使うべき言葉ではないです。 今まで何気なく先輩とかにも「了解しました」と使ってた人は注意が必要ですよ~。 知らない間に不快に思われているかもしれません。 『かしこまりました』の使い方とは? かしこまりましたはどのような時に使うのでしょうか。 こういう人に使うべき 「かしこまりました」は目上の人・上司・お客様に使うのに適しています。 目上や上司に使う言葉は多数ありますが、 その中ではかなり丁寧な表現になります。 例えばレストランとかホテルに行った時にサービスマンは「かしこまりました」と言うはずです。 レストランとかホテルに行った時は自分達はお金を払うお客様になるわけですから、サービスマンも丁寧な言葉で返事をしています。 これらのことから、 目上や上司から何かを頼まれた時などは「かしこまりました」と返事をするのが適切ということが分かりますね。 こういう人につかったマズイ 使ったらマズイ相手はいません。 強いて言えば、仲の良い後輩や仲間に使うには適していないかもしれません。 「かしこまりました」はとても丁寧な言葉遣いになるので、仲の良い人に言われるとちょっと「距離感」のある言葉に感じてしまいます。 仕事中であればどんなひとに使っても丁寧な言葉に受け取られると思いますが、後輩や仲間であれば「了解しました」の方が適切でしょう。 「承知しました」との使い分けは? 同じような言葉で『承知しました』という言葉があります。 「承知しました」 と 「かしこまりました」ではどちらのほうが丁寧でしょうか。 答えは「かしこました」の方が丁寧です。 ではどのように使い分けるのかというと、「かしこました」は 相手がお客様・社外の人・自分よりもかなり目上の人物だった場合に適していると思います。 「承知しました」は 自分の会社の目上の人に使うのが良いかと思います。 しかし相手が社長など、普段お目にかかることがないような人が相手だったら「かしこました」の方が適切だと思います。 相手が自分に対してどれくらい目上の人物なのかというところを意識すれば、使い分けができると思います。 ビジネスマナーとしては両方の使い方を覚えておきたいですね。 スポンサーリンク 『わかりました』の使い方は? わかりましたとはどのような時に使うのでしょうか。 こういう人に使うべき 「わかりました」とは「承知しました」や「かしこまりました」と同じ意味の言葉です。 ですが丁寧さが違います。 順番でいうと「かしこまりました」>「承知しました」>「わかりました」となります。 使うべき相手は、気心がしれた仲の良い先輩か社外の先輩が適切かと思います。 自分よりも目上の人だけど、そこまで肩肘張らず話ができる相手に使う言葉ですね。 ただし、自分がそう思っていても相手がどう思っているのか分かりませんから、安易に使わないようにしましょう。 こういう人に使ったらマズイ 「わかりました」は目上の人に使う言葉ではありますが、その中では1番ランクが低い言葉になります。 ですから 会社の上司やお客様には使うべきではないと言えます。 もし自分が上司だったとして、部下から「わかりました」と言われたらしっくりこないですよね。 むしろ、「もっと適切な返事の仕方があるだろう」と思ってしまうはずです。 会社の先輩か上司であれば「承知しました」、自分よりもかなり目上の人やお客様が相手であれば「かしこまりました」が適切です。 『了解しました』『かしこまりました』『わかりました』のまとめ ・『了解しました』は自分と同等か後輩に使うのに適しています。 ・『かしこまりました』は自分よりもかなり目上の人(社長とか幹部)やお客様に使うのに適しています。 ・『わかりました』は社外の先輩か気心の知れた先輩に使うのに適しています。 ビジネスマナーのまとめ記事 色んなシチュエーションのビジネスマナーをまとめた記事があります。 スポンサーリンク.

次の