コロナ予言漫画。 AKIRAの予言まとめ!オリンピック開催や新型コロナウイルスやWHOなど

漫画「AKIRA」が新型コロナを予言!?ネット民が震える怖い噂の種明かし

コロナ予言漫画

「 2020年頃、肺や気管支にダメージを与える肺炎と似た病気が世界中に広がり、あらゆる治療法が効果を発揮しないだろう」 2008年に出版された「End of Days: Predictions and Prophecies About the End of the World」という書籍の中に、現在世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスのことを予言したと思われる個所がみつかり世界中で話題になっている。 す、すげ~!! というわけでこの記事では、彼女の新型コロナウイルスについての予言や、この書籍に記載されたその他の予言も紹介したい。 In around 2020 a severe pneumonia-like illness will spread throughout the globe, attacking the lungs and the bronchial tubes and resisting all known treatents. Almost more baffling than the illness itself will be the fact that it will suddenly vanish as quickly as it arrived, attack again ten years later, and then disappear completely. 2020年頃、肺や気管支にダメージを与える肺炎と似た病気が世界中に広がり、あらゆる治療法が効果を発揮しない。 病気そのものよりも不可解なのは、それは突如として表れ、同じように突如として消え失せてしまうだろう。 そうして10年後、再び流行し、そして完全に消えさる。 これは2008年に出版された「End of days」の中の新型コロナウイルスに関して言及していると思われる部分。 2020年。 肺炎と似た疾患。 治療が困難。 すべてが現状を正確にいい当てているような気がする!! この予言が正しいとすれば、新型コロナウイルスは近い未来、ある日突然収束に向かうのだろうか。 もしシルビアさんがホンモノの予言者なら、ほかにどんな予言をしていたのか? どんな未来を見ていたのか? 気になるところ。 というわけで、予言者シルビア・ブラウンが著書で語ったその他の予言がこちら。 2020年代後半までにドーム型の都市が建設され、最終的には裕福な人たちだけがそこに住む。 未来の建物=ドーム型。 だれもが考えそうな近未来像だ。 でも、このまま地球の気候変動が加速して人が住みにくい環境になったら、都市をまるごとドームで囲って気温や湿度を管理するってのも合理的な気がする。 地球の気候を変動させるのは無理でも、ドームの中の気候を自由にコントロールするのはできそうだしね。 シルビアさんの予言は当たるのか?? シルビア・ブラウンさんは予言の内容と同じくらいブッ飛んだ人だったらしい。 いろんなトークショーにゲストとして参加して、ブッとんだ予言を披露!! その予言がまったく当たらなかったので、評判も非常に悪かったとか。 重い精神疾患を患っていたという話もある。 2020年の肺炎と似た疾患についての予言も、2003年頃に世界中で流行したSARSにインスパイアされたものだとも考えられる。 彼女は生前に何千もの適当な予言を残しているが、そのうちのひとつが偶然、現実と似通っていた。 真相はそんなところだろう。 結局シルビアさんは、予言の結果を見ることなく2013年に亡くなっている。 シルビアさんはホンモノの予言者なのか? もしそうだとしたら、アトランティス大陸やレムリア大陸が浮上したり、隕石が降ってきたり、少子化が進んだり、いろいろ大変そう。 でもまあ…恐らただのデタラメだろう、きっと。 もしホンモノの予言者なら、新型コロナウイルスの治療法についても予言しておいて欲しかったものですね。

次の

漫画「AKIRA」が新型コロナを予言!?ネット民が震える怖い噂の種明かし

コロナ予言漫画

AKIRAの予言は東京オリンピックや伝染病も 作品は1982年12月20日号から1990年6月25日号にかけて『週間ヤングマガジン』にて連載されたSF漫画で、その作中では 【 翌年に東京オリンピックを控えた2019年の『ネオ東京』】が舞台になっています。 その中の第三次世界大戦後の復興で東京湾上に建設された『ネオ東京』というのが、もしかすると新型コロナウイルスの影響で東京が壊滅的なダメージを受けて新たに再生する?という事なのでしょうか。 『第三次世界大戦後の復興』も気になるフレーズですが、これは東日本大震災を指し、未だ復興がままならない状況の事を示唆しているようにも思えます。 AKIRAの予言で東京オリンピックについて AKIRAの舞台は2019年で、翌年が2020年東京オリンピックという点です。 2013年に決定された『東京オリンピック2020』の開催年までもピッタリ同じだったことから 『AKIRAの予言』と言われた所以です。 AKIRAはなぜ2019年? AKIRAの作者は 『大友克洋』さんですが、 AKIRAの世界観について、 『昭和の自分の記録』があり、その中には戦争そして敗戦、政治、国際的な動きや安保反対運動があり、東京オリンピックや万博があると語っていて、 大友さんにとっての東京はまさに 『昭和のイメージ』なのです。 AKIRAが初めて連載されたのは、1982年で 戦後37年(終戦1945年)でした。 1982年から 37年後が2019年なので設定が偶然にもそうなった、という見方もあります。 AKIRAの予言?通りに東京オリンピックは2020年は中止であり、2021年開催も果たせるのかどうか、まったく先が見えていません。 AKIRAにある147日前とは 【2月28日】 漫画「AKIRA」 1982年 が予言した東京オリンピック147日前は本日です。 原作ではAKIRAが覚醒し東京が壊滅します。 この147日前とは、AKIRAの作中では、『オリンピック中止!』というデモが起きるようになるとされていました。 2021年のオリンピック開催前147日前に何かあるのかもしれませんね。 緊急事態宣言の時期について遅いという見解を見せ、これについてもAKIRAの予言通りになったということです。 AKIRAの予言は税制改正失敗も? 今、世界中を震撼させている新型コロナウイルスですが、その影響で人々の生活も脅かされています。 世界的に見ても経済に暗い影を落としているのは間違いなく、先の見えない不安に人々の気持ちも疲弊しています。 2019年に行った政府の消費増税も、今生活がままならない状況下では大きな負担となり今後の影響も懸念されます。 AKIRAの予言で歴史的失敗とは AKIRAの作中にある 『前総理の行った税制改革の歴史的失敗である』というセリフが何を物語っているのかを想像してみましょう。 昨年の2019年10月に 消費税が10%になりましたが、 AKIRAでも、その事を示唆するような描写がありました。 この前総理こそ、 そろそろ退陣したらすごい。 現在はコロナ禍で国民の生活がままならない中、特別な減税措置もなく、このままの消費税のまま今後の経済がどのような方向に向いていくのか、国民の暮らしがどのようになっていくのか、 AKIRAを見ると恐ろしくもあります。 消費税増税にコロナの追い討ちで経済は大打撃になるはず。 首相が近所の行きつけで飲み歩いたって経済効果はないんだよ。 感染防止と共に経済対策を本腰で考えないとして日本沈没。 AKIRA予言が当たってしまうよ。 — tsunoyayo tsunoyayo 消費増税に加え、今のコロナ禍で人々の生活不安がより一層増してくる気配で、今後の日本の状況がどうなるかとても心配です。 AKIRAの予言で暴走する超能力とは AKIRAにはさらに、数々の『予言』と言われている描写があります。 その中でも衝撃的で恐怖を覚える『超能力開発』という少し現実離れしたワード。 これがどのような意味を持つのかは明確ではありませんが、何かメッセージのような気がしてなりません。 AKIRAの予言でコントロールできないが示すもの AKIRAでは、軍が秘密裏に超能力開発を進めて研究施設で実験を繰り返していく中、実験体28号『アキラ』が覚醒して手が付けられなくなったというもの。 その AKIRAに対して、 『 暴走する超能力は誰もコントロールできない』と語る場面があります。 それが何を意味するのかはわかりませんが、 原子力ではないかという見方が強いようです。 東日本大震災の 福島の原発事故を示唆しているようにも思えます。 世界最大レベルの原子力事故が起きて10年目を迎えた今も、いまだ人が住めない『帰還困難区域』があるのは、その放射能の凄まじさで、『暴走する超能力』と表現しているようにも感じます。 — たま太郎@小学校教師 tmtrgg AKIRA予言説を見るとAKIRAを見たりした誰かがAKIRAのストーリーを成立させるために行動して現実にしてるのでは…って思うな?たしか21世期少年の実写映画そんな感じだったハズ。 — 大崎なんど nandythm 【38年前の漫画『AKIRA』の予言】 2019年が舞台の漫画でアニメ化もされている その中で ・2020年東京オリンピック ・オリンピック中止 ・伝染病 コロナ 対策で日本政府がWHOに非難される ・増税 ・第3次世界大戦勃発 が言われており、すでにほぼ成就 — 🐹公名㌠🐾オンライン教会牧師代理 Hamutarosanteam 予言なのか、それともそのシナリオ通りに何かが蠢いているのかはわかりません。

次の

2062年から来た未来人は新型コロナウイルスや東京オリンピックを予言していた?

コロナ予言漫画

画像:twitter (CNN) 2008年夏、5歳の時からお告げが聞こえるようになったと主張する高齢の霊媒師が、不吉な予言について記した本を出版した。 「2020年ごろ、重い肺炎のような疾病が世界中に拡散し、肺と気管支を攻撃し、既知の治療法全てに対して耐性を持つ」「疾病そのものよりもさらに不可解なことに、それは到来した時と同じように突如として消え去り、10年後に再び攻撃し、そして完全に消滅する」 【コロナ予言者】お告げが聞こえる霊媒師が2008年に出版していた不吉な予言書が海外で話題に「2020年頃、重い肺炎が世界中に拡散する」「既知の治療法全てに対して耐性を持つ」 - 大地震・前兆・予言. com 災害や噂の情報サイト — AZUMIJUNKO azumijunko 2008年夏、5歳の時からお告げが聞こえるようになったと主張する高齢の霊媒師が、不吉な予言について記した本を出版した。 「2020年ごろ、重い肺炎のような疾病が世界中に拡散し、肺と気管支を攻撃し、既知の治療法全てに対して耐性を持つ」 「疾病そのものよりもさらに不可解なことに、それは到来した時と同じように突如として消え去り、10年後に再び攻撃し、そして完全に消滅する」 この予言は人々の記憶から消え去り、著者のシルビア・ブラウン氏は2013年に亡くなった。 しかし新型コロナウイルスのパンデミックを受け、この予言本 「End of Days: Predictions and Prophecies About the End of the World(この世の終わり:世界の終末についての予言と天啓)」が改めて脚光を浴びている。 米アマゾンのランキングではノンフィクション部門で2位に浮上、売り上げも急増した。 同書のように、新型コロナウイルスは「この世の終わり」の兆候だとする予言者の言葉は、専門家にも食い止める術がない疫病と化している。 インターネットではブラウン氏の予言のような人類滅亡説が数え切れないほど拡散し、新型コロナウイルス流行の不安を政治的混乱やオーストラリアの山火事、 アフリカを襲うバッタの大群などと結びつけて不安をあおる。 そうした説の多くは、聖書の中の「ヨハネの黙示録」に関する非常に不正確な解釈を含む。 「聖書を持っていなければ買いなさい」という一節で予言を終わらせるものも多い。 銃や弾薬の買いだめに走る人がいるのも無理はないのかもしれない。 しかし宗教や予言について研究している専門家は、そうしたソーシャルメディア予言者や霊媒師に対して自己隔離を促している。 人類滅亡説は人の心をかき乱し、精神の健康を損なわせると専門家は言う。 人類滅亡説を唱える人たちの動機が何であれ、そうした予言は過去に何度も浮上していた。 2000年にかけての滅亡説に続き、古代マヤ文明の暦を根拠に2012年で世界が終末を迎えるという説もあった。 サバイバルキットの売り上げは急騰し、中国のある男性は現代版のノアの箱舟まで建造したと伝えられた。 そうした現象は現代に限ったことではなく、17世紀の欧州では多くのキリスト教徒が、世界は1666年に終わると予言していた。 冒頭の予言本を執筆したブラウン氏は生前、不確かな予言をめぐって常に批判されていた。 自身についても88歳で死ぬと予言していたが、実際に死去したのは77歳の時だった。 事実関係検証サイトの「Snopes」はブラウン氏の予言について検証し、「あり得そうな出来事に関するあいまいな主張を説いて回ることは予言ではない」と指摘。 ブラウン氏の予言は真実と虚偽をない交ぜにしたものと位置づけ、真実でも虚偽でもないとした。 そのうえで、 「同書が重症急性呼吸器症候群(SARS)の流行後に執筆されたことを考えると、ブラウン氏の『予言』がまぐれ当たり以上のものだったのかどうかは定かではない」 と結論付けている。 どえらいことできるから、どうしても磨いておいて下されよ。

次の