みこ に そ み。 みこや

みこや

みこ に そ み

称号・身位 [ ]• (みこ、おうじ) - またはの子。 狭義には男子のみをさす。 (ひめみこ、みこ、こうじょ、おうじょ) - 皇帝または天皇の女子。 (みこ、しんのう) - 男子の称号の一つ。 (みこ、おおきみ、おう) - 皇族の身位・称号の一つ。 広義には親王を含む。 役職 [ ]• (みこ、ふじょ)または(みこ) - において神に仕える女性。 人名 [ ] みこ [ ]• MICO [ ]• - 「SHE IS SUMMER」のヴォーカル。 - ・。 miko [ ]• - 日本の、。 - 日本の歌手。 - 日本の・ミュージシャン。 miko - 出身のによる歌手ユニットのメンバー。 このページは です。 一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。 お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。

次の

通関士試験勉強会(みこ会)

みこ に そ み

称号・身位 [ ]• (みこ、おうじ) - またはの子。 狭義には男子のみをさす。 (ひめみこ、みこ、こうじょ、おうじょ) - 皇帝または天皇の女子。 (みこ、しんのう) - 男子の称号の一つ。 (みこ、おおきみ、おう) - 皇族の身位・称号の一つ。 広義には親王を含む。 役職 [ ]• (みこ、ふじょ)または(みこ) - において神に仕える女性。 人名 [ ] みこ [ ]• MICO [ ]• - 「SHE IS SUMMER」のヴォーカル。 - ・。 miko [ ]• - 日本の、。 - 日本の歌手。 - 日本の・ミュージシャン。 miko - 出身のによる歌手ユニットのメンバー。 このページは です。 一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。 お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。

次の

神田 みこ|福岡放課後クラブ::福岡風俗 学園イメクラ

みこ に そ み

概要 [ ] 古来より巫女はを舞ったり、をしたり、をしたり、を得て他の者に伝えたり、などをする役割であったが、以降はで神事の奉仕をしたり、を補佐する役割へと変化していった。 なお、現在、一部ので白衣にという、巫女装束そのもの、または類似の服装で奉職する若い女性もみられるようになっている。 巫女はやの分類によると、おおむねの()系と民間の系に分けられる。 柳田によれば巫系巫女は、関東ではミコ、京阪ではイチコといい、口寄せ系巫女は京阪ではミコ、東京近辺ではイチコ アズサミコ、東北ではと呼ばれる。 これらの呼称に関する点から、柳田は「もともとこの二つの巫女は同一の物であったが、時代が下るにつれ神を携え神にせせられて各地をさまよう者と、宮に仕える者とに分かれた」という説をだした。 なお、日本に限らず他国の女性も巫女と訳されることが多いが、によれば日本の巫女は「海外のシャーマンのように、全員が精神的疾患を持っていない」「『神にせせられて』さまようものの、いわゆる憑依の症状をしていない」「そもそもシャーマンは『口寄せ』をしない」という点から、歩き巫女を含めた巫女とシャーマンを区別しうるとする。 巫女となる女性には、を払う、神、貴人にを付与する(霊鎮め)、など様々な行為を行なう職掌である ことから、心身ともに健康な者が求められた。 『巫女考』 によれば、巫(かんなぎ)系巫女、口寄せ系巫女を問わず多くの巫女が結婚した後も巫職を継続したものの、座摩巫(いかすりのみかんなぎ)のように7歳頃から勤め結婚後引退する者や、常陸のに勤める物忌(ものいみ)、(いつきめ)、の(いつきのみこ)のように終生結婚せずに過ごした巫女も存在した。 歴史 [ ] 古代 [ ] での、神を鎮める様々な行為のなかで特に、やなどがとなって、神を自らの身体に神を宿す、「」や「」(かみがかり)の儀式を「」(かんなぎ)といった。 これを掌る女性が巫女の発生と考えられる。 男性でそのような祭祀に仕える者はと称される。 『』・『』に記されるでは、の前で舞ったとされる(アメノウズメ)の故事 にその原型が見られる。 また、『』によると、はで衆を惑わしていたという(卑彌呼 事鬼道 能惑衆)記述があり、この鬼道や惑の正確な意味・内容は不明だが、古代に呪術的な儀式が女性の手で行われたことがうかがえる。 にはに(みかんなぎ)やの子孫とされた(『貞観儀式』)のが置かれ、を舞っていたと推定されている。 平安時代末期のの著である『新猿楽記』には、巫女に必要な4要素として「占い・神遊・・口寄」が挙げられており、彼が実際に目撃したという巫女の神遊(神楽)はまさしく神と舞い遊ぶのようだったと、記している。 中世 [ ] 以後、各地の有力な神社では巫女による神楽の奉納が恒例となった。 さらに神楽も旧来の神降ろしに加えて、現世利益を祈願するものや、必ずしも巫女によらないや、などの曲芸に変貌したとされ、そのためか、現在でも祈祷・祈願自体を神楽、あるいは「神楽を上げる」と称する例がみられる。 の元である「かぶきおどり」を生み出したとされる(いずものおくに)はの巫女であったという説 もあり、古代の呪術的な動作が神事芸能として洗練され、一般芸能として民間に広く伝播していった経過がうかがわれる。 渡り巫女 [ ] 渡り巫女()は、祭りや祭礼や市などの立つ場所を求め、旅をしながらやをおこなったとされるの側面を持つ巫女である。 その源流は、にあったといわれる芸能集団で、の源流一つとされる。 旅回りや定住せず流浪して、町々で芸を披露しながら金子(きんす)を得ていたが、必ずしも流浪していたわけではない ので後にの「お抱え」となる集団もあり、男性はをし、女性は傀儡回しという唄に併せて動かす人形劇を行っていた。 この傀儡を行う女を傀儡女とよび、時には客と閨をともにしたといわれる。 また、というを行える祭神具によってや祓いを行った(あずさみこ)もいた。 近世 [ ] 近世社会においてはからへの変遷において、神社の庇護者であったの消失や社地の縮小による経済的衰退、神主による神事の掌握などを事情に神子は減少した。 また、近世社会においては名跡を継ぐことが許されるのは男性のみであったため、神子の多くは神子家を継承させるため夫を迎えていた。 近代 [ ] を迎え、神社および祭祀の制度が復古的・抜本的に見直された。 ()にはに 御巫(みかんなぎ)が置かれ、の元が御巫の職務に当たった。 (6年)にはによって、神霊の憑依などによって託宣を得る、民間習俗の巫女の行為が全面的に禁止された( cf. これは 巫女禁断令と通称される。 このような禁止措置の背景として、復古的な神道観による神社制度の組織化によるものである一方、による旧来の習俗文化を否定する動きもうかがえる。 禁止措置によって、神社に常駐せずに民間祈祷を行っていた巫女はほぼ廃業となったが、神社あるいはに所属し姿・形を変えて活動を続ける者もいた。 また、神職の補助的な立場で巫女を雇用する神社が出始めた。 後、春日大社のらが、神道における巫女の重要性を唱えると同時に、と呼ばれる巫女達の舞をより洗練させて芸術性を高め、巫女およびの復興に尽くした。 また、の楽師であったは、日本神話に基づく、神社祭祀に於ける神楽舞の重要性を主張して認められ、を制作した。 現代 [ ] 現代日本では巫女はに勤務し、主にの補助、また神事において・を奉仕する女性を指す。 巫女に資格は必要ないが、神職の資格を持つ女性が巫女として神社に勤務することもある。 なお、巫女はの適用外なので、女性を指定しての募集が認められている。 本職巫女 [ ] 資格が不要なため、心身ともに健康な女性ならば巫女になれる。 本職巫女の多くは神職の娘・近親者など、そのに縁がある人が奉仕することが多く、本職巫女の求人はあまり多いとは言えない(本職巫女を置けるのはおおむね大規模神社に限られる)。 本職巫女の求人は、新聞・求人広告、などに掲載されることがある。 また、には、神職の他に少ないながら本職巫女の求人が寄せられることもある。 女性が本職巫女として奉仕できる年数は短く、終了後(現実的には卒業)から勤務し、20代後半で定年を迎える例が多い。 ・を卒業してからの奉仕であれば、数年間しか在職しないことになる。 定年以降に神社に勤務する場合は、神社指定の制服や松葉色・紺色などの袴を履くなどして服装で区分され、また職掌の上でも神事に奉仕する女性職員を巫女、それ以外の事務作業などを行うのが一般女性職員と区分されることが多い。 なお、を奉仕、指導する巫女については、結婚後も、技術継承などの問題から神社職員として勤務する例もある。 助勤巫女 [ ] などの繁忙期には、神社の大小にかかわらず臨時のアルバイトを採用している例が多い。 一般的にアルバイトは神社では「助勤」「助務」と呼称される。 神社独自で雇用を呼びかける、あるいは・などへの求人の呼びかけなどで採用される。 また、神職養成機関に所属する女子学生が研修生・実習生として臨時に助勤巫女として奉仕する例もある。 神社によっては、の着用の有無などで本職巫女と区別される場合もある。 神事・催事の巫女 [ ] 詳細は「」を参照 現在では、巫女装束は白い小袖(白衣)にを履くのが通常である。 元来、袴は襠(まち)ありであったが、になって教育者のが女学生用の袴として行灯袴を発明し、好評だったため後に巫女の分野にも導入されることとなった。 したがって、現代は行灯型の緋袴が一般的であるが、伝統的な襠有りの袴を採用している神社もある。 特に神楽を舞う場合は足裁きの都合上、襠有りでないと不都合が生じることがある。 また、神社によっては若い女性向けの「濃」(こき、赤紫色)袴を用いるところもある。 神事の奉仕や神楽を舞う場合など、改まった場面ではを上から羽織る場合もある。 髪型については、長い黒髪を後ろでや、装飾用のなどを組み合わせて(と呼ばれる)束ねるのが基本だが、髪の長さを足すためにを付ける場合もある。 巫女による舞 研究史 [ ] 神子に関する研究は・の両面からアプローチされ、民俗学においては1910年代から30年代にかけて、、、らによって東北地方をフィールドに展開され、1990年代にはによる研究が展開された。 歴史学においては、1990年代にが古代社会における神子を社会・経済的に位置づけ、は近世社会における神子の存在をの観点からその多様性を指摘している。 巫女と女性シャーマン [ ] 本項で取り上げた大和の神道における巫女やの(かみんちゅ)である祝女()以外にも、「巫女」を「女性の」として広義に解釈するのであれば、民間のやにおける 、の巫堂( 무당;)の他、、、などにみられるシャーマンなども巫女の一種であり、日本語訳として「巫女」が当てられる。 また、フィクションでは西洋宗教などにおける神職を指すこともある。 中山太郎は、口寄せ巫女にユタ、のツス(トゥス)を入れる。 ・の伝説に現れる女予言者「」(, sibylla)なども「巫女」と訳される。 神懸かりとなり神託を伝えるのはシャーマンの特徴であり、古代ギリシアではの神託は尊重されていた。 神の言葉を介するもの、という意味からメディア(media. 中間にあり媒介するもの)とも称される。 またと呼ばれる巫女が神殿で儀式を行っていた。 民間伝承ではを待望する異教徒のシンボルであり、キリスト教美術の図像にはアトリビュート(持物)として書物を持つ姿が多く見られる。 他に「の巫女」は頭にヴェール、「リビアの巫女」は灯りのともった蝋燭、「の(イタリアの)巫女」は、「エリュトレイア()の巫女」は「」の預言者として百合、「の巫女」は「」の預言者として秣桶(まぐさおけ)か揺り籠、「クマエの巫女」も「キリストの降誕」の預言者として貝殻、「ヘレスポントスの巫女」は「」の預言者として釘、「アグリッパの(エジプトの)巫女」は浅黒い肌で「キリストの笞打ち」の預言者として笞、「エウロパの巫女」は「」の預言者として「」の剣を持つ。 「フリュギアの巫女」は「」の預言者としてを伴い、「ティブルの巫女」は片手を切り落とされている。 巫女の単独像は少なく、多くは群像として表現される。 13章18節に、「手の節に呪縛の組紐をつけ、諸々の頭に合う呪祓の被り物(ミスパホート 散らすを表すサパーフから)を作り被らせる」巫女が罵倒されている。 組紐(占い紐 あるいは枕)と訳されるケサトートが、「縛る」を表すカシートの派生語であり、「鳥 を捕らえるごとく魂をとる」と表現されているので、そのような儀礼を行う者であったらしい。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 巫女の水引(みずひき)は、と同じ形をしており、巫女はこれをを隠しつつ髪を飾って神々しさを高めるために用いる。 一応、柳田國男に寄れば、『巫女考』 に「モリコ、イタコの別名」としてクグツが紹介されている。 『民俗学辞典』 によればマンニチと呼ばれる歩き巫女は、被災地、戦場跡に居を構え、死者の供養をしていたらしい。 13章20節の新共同訳。 ただし、の『エゼキエル書』 では、この原語「ポーレホート」(パーラハ、の女性複数分詞形。 ただし、パーラハは「芽吹く」の意であるが、諸翻訳家はこれから出た語説を取らない)の、旧来の「p ーrー h」(飛ぶ、走る)の派生語とし「鳥」とする訳が、後の文と合わない無理訳であるとしての「パラーウ」(切り刻む)からの派生語とし「魂を切り刻む 女の妖怪のような者」を巫女の崇拝するものと想定して訳している。 出典 [ ]• , pp. 223-224. , p. 665. , p. 103. , pp. 234-235. , p. , p. , p. 参考文献 [ ]• (著)『図解 巫女』シブヤユウジ(画)、渋谷ちづる(画)、〈F-Files No. 028〉、2011年4月8日。 PDF抜粋: 朱鷺田祐介 2011年. 2020年1月10日閲覧。 『日本巫女史』パルトス社〈中山太郎歴史民俗シリーズ 3〉、1984年1月1日、復刻版。 『我が国民間信仰史の研究』2 宗教史編、、1953年11月1日。 『定本柳田国男集』第9巻、、1962年。 『民俗学辞典』柳田國男(監修)、民俗学研究所(編纂)、、1951年1月1日。 『旧約聖書 9 エゼキエル書』旧約聖書翻訳委員会(翻訳)、 翻訳 、、1999年12月20日。

次の