ピーター ビアード。 ビアード(びあーど)とは

ピーター・ビアード

ピーター ビアード

『ジャンクジャーナル(Junk journal)とは』 ジャンクジャーナル(Junk journal)という手帳を知っていますか? おもにアメリカ・カナダ・オーストラリアを中心に広まった『手作りの手帳』を指すようです。 この手作りの手帳が、とても アーティステックで面白いスタイルなんです。 古紙や印刷紙、ラッピングペーパーなどあらゆる紙を用いてつくる。 手帳本文には様々な紙がミックスして綴じてあり、表紙も手作り。 統一感というよりは、ミックス感の面白さ・味わい深さ重視。 コラージュ・スケッチブック・スクラップブック・手帳をミックスした要素をもつ。 手帳本体を作るところから、様々な素材で飾ったり書きこんだりして手帳を使うところまでを含めて、「ジャンクジャーナルを作る」こと。 ・・・といったことが、ジャンクジャーナルに当てはまるようです。 紙って、新しくても古くても、シワやシミがあっても破けていても、 それぞれに面白い んですよね。 古本に挟まっているレシートや、梱包材として使われたくしゃくしゃの新聞紙、黄ばんだ辞書の紙、絵ハガキが色あせたもの、映画パンフレットの硬い印刷面など・・・ フランス田舎町の蚤の市で買い付けました。 フランスアンティーク ペーパー5です。 流れるように美しい筆記体の文字やバードのエンボス、 破れや染み、くすみも、過ごしてきた時を感じられる素敵なペーパー。 はっきりとは分かりませんが、おそらく、何かの契約書と思われます。 ちょっとここで、ジャンクジャーナルを紹介した動画を見てみましょう。 コラージュやシールなどを貼りこんで、かなり楽しそうな手帳ですよね。 とにかく紙をまとめて綴じるだけでも、とても楽しそうなので、 私もいつか ジャンクジャーナル(Junk journal)を 作ってみたいなあと思います・。 使うモチーフだけ切り抜いて、手帳にワンポイントで貼ったり 色々楽しめそうです。

次の

ギャラリー ときの忘れもの ピーター・ビアード Peter BEARD

ピーター ビアード

アメリカの写真家、美術家、エッセイスト。 ニューヨーク生まれ。 エール大学卒業後、1961年にケニアに移住する。 この間に、ツァボの野生動物たちの写真を本格的に撮影し始める。 その成果は、初の著書『ジ・エンド・オブ・ザ・ゲーム』 The End of the Game(1965)にまとめられ、高い評価を受けた。 密猟と、旱魃 かんばつ による食糧不足で倒れた象たちの死骸を撮影した最終章は、息を呑 の むようなイメージの集積であり、自然環境を破壊してきた人間たちに対する痛切な告発となっている。 アフリカの野生動物たちの運命と人類の未来とを重ね合わせるような視点は、次の著書である『夜明けの瞼 まぶた 』 Eyelids of Morning(1973)にも見られる。 ケニア北部、トゥルカナ湖で行われたナイルワニの生態調査に基づく同書では、豊富な写真とイラストを駆使して、太古から続いてきたワニと人間との関わりが、時にはショッキングに、時にはユーモアを交えて綴 つづ られている。 一方ビアードは少年のころから、文章だけでなくイラストや彼が拾い集めてきたさまざまなオブジェをコラージュした、独特の「日記」を作り続けてきた。 この「日記」はケニア移住後には、より渾沌とした体裁になり、ページにはびっしりと暗号めいた記号や文字が書き込まれ、新聞や雑誌などから切り抜かれた写真や個人的な書簡、メモなどが貼り込まれた分厚いものになっていった。 職業を問われれば、「日記制作者」と答えるという彼にとって、それは単なる個人的な記憶の貯蔵庫というだけでなく、むしろ現代文明をあらゆる角度から探索し、自問自答を繰り返す彼自身の精神の軌跡を刻みつけた、魔術的な呪具のようになりつつあるように見える。 これらの「日記」は、80年代からは彼自身が撮影した写真(石ころ、骨、植物、身体の一部などにより再構成したイメージ)の形で発表されるようになり、特異なアート作品としての評価も高まっている。 ビアードは90年代以降も、写真、映画、エッセイ、そして「日記」の制作など、さまざまな領域に関わる刺激的な仕事を続けている。 92年には、ケニアからタンザニアにかけて住むマサイ族の工芸品について論じた『マサイの芸術』 The Art of Maasaiを刊行した。

次の

ビアード(びあーど)とは

ピーター ビアード

にて初日の夜に(2006年9月25日) 大学在学中にのに見出され、モデル活動の為にに移り住んだ。 、『』の表紙を飾りデビューした。 彼女はすぐに多くの雑誌の表紙を飾り、何れも高く評価された。 そして、としての名声を確立した。 彼女は長い首、高くて細い体格、美しい容貌、銅色の肌、エキゾチックなアクセントでファッション業界で即座に成功を収めた。 しかし、イマンは自身は平均的なソマリア人の容貌であると主張している。 イマンは、、、、、などの著名なデザイナーのミューズになった。 14年間のハイファッションモデルとして活動の中で、、、、を含む多くの著名なカメラマンと働いた。 現在、ニューヨーク市のワン・マネージメント、のインディペンデント・モデルと契約している。 女優として『』や『』に出演。 現在はモデルを引退しており、自分の化粧品会社「イマン・コスメティックス」を持っている。 私生活 [ ]• 18歳のにヒルトンホテルの幹部だったソマリア人の男性と結婚したが、に大物カメラマンにモデルになることを強く勧められ、ニューヨークに行くことを決めたのをきっかけに離婚して渡米した。 にバスケットボール選手のとし、娘ズーレカをもうけたが、夫婦揃って浪費やパーティ漬けの生活が止められず、さらに酒と麻薬に溺れ夫婦生活が破綻してしまいにした。 荒れた私生活の発覚と離婚で、神秘的なイメージが崩れイメージダウンしてしまい、仕事も減りシングルマザーとして経済的にも苦しい日々が続いていた。 のが自分のコンサートにイマンを招待したことがきっかけで親しくなり、にボウイとした。 2人はお互い同士がファンであったことや、当時ボウイもイマンも再婚相手を探していたため、最初のデートの時から再婚を前提に交際を始めた。 2人の間にはに生まれた娘アレクサンドリア・ザーラ・ジョーンズ(はレクシー)がいる。 ボウイは2016年1月10日に死去した。 アメリカ国籍を獲得している。 出典 [ ] [].

次の