雅子 様 性格。 雅子様の性格は良いの!?学生時代のエピソードまとめ・友人と恩師の証言|KININARU JORNAL

美智子様の雅子様への意地悪とは?性格が嫌いで不仲の真相を調査!

雅子 様 性格

Contents• 文/新藤幸人 饗宴の儀 10月22日の「饗宴の儀」では、両陛下と海外王室との温かいご交流の場面が印象的だった。 特にお出迎えの際に、皇后さまがかねてより親交を築いてこられたオランダのマキシマ王妃、スペインのレティシア王妃、デンマークのメアリー皇太子妃と挨拶を交わされた場面は感動的だった。 それぞれのロイヤルとの深い友情が伝わり、我が国の皇后の堂々たるお姿に誇らしさを覚えた人も多いのではないだろうか。 言うまでもなく、皇后さまはかつて超一流の外交官としてご活躍されていた。 卓越した国際感覚をお持ちで、プロトコールへの理解も深く、博識で海外王族とのコミュニケーションも当意即妙だ。 さらに、特筆すべきは陛下と皇后さまのお人柄の素晴らしさだろう。 常に人々の心に寄り添われる姿勢、にこやかで飾らない自然なお振る舞いは、誰しもに安心感を与える。 両陛下が、海外王族から深く慕われていることは疑いようもない。 「特にスペインのレティシア王妃の熱い抱擁は、涙を誘うものでした。 レティシア王妃が心から雅子さまを慕われているのが伝わって来ましたね。 王妃は元国営放送のキャスターでジャーナリストですし、王室入りしてからも大変なバッシングを経験しています。 雅子さまとは共通点が多く、国際親善の枠を超えた深い友情を築いているのでしょう」(皇室ジャーナリスト) スペイン国王夫妻と挨拶を交わす紀子さま 皇后さまへの対応とは明らかに違う様子に、驚いた人も多いだろう。 「国王夫妻からすれば『饗宴の儀』は重要な親善の場です。 傍系宮家である秋篠宮ご夫妻との会話だけに、そこまで時間を割くつもりはないという部分があったのかもしれません。 欧州ロイヤルにとって、あくまでも正統は天皇ご一家であるという認識がありますからね。 また、秋篠宮家はこれまで殆どスペイン王室とのご交流を持っていない、関係性が築けていないのではないでしょうか。 海外ロイヤルとの会話がお得意では無いと懸念されている紀子さまは、共通の会話を持てず『相手を褒め称える』お言葉を矢継ぎ早に述べられる傾向にあるとも言われています。 会場も非常に賑やかですから、国王夫妻は紀子さまのお声が聞こえなかったのかもしれません。 そういった訳で、コミュニケーションがやや難しかったのでしょう。 不自然に引き止められたため王妃も非常に不機嫌な表情をされていましたから、国王も『もう会話は終わりです』とジェスチャーを交えて明確に伝えざるを得なかったのではないでしょうか」(同前・皇室担当記者) 皇后さまとの特別な関係性 このレティシア王妃の塩対応にショックを隠せないのは紀子さまだ。 ある宮内庁関係者は次のように振り返る。 「 紀子さまは、レティシア王妃から相手にされず大変ショックを受けていました…。 侮辱されたと思われたのかもしれません。 また、このようなまさかの塩対応に周りも凍り付いてしまいました。 どう紀子さまを慰めればよいのやら…」(宮内庁関係者) 確かに紀子さまに対してレティシア王妃は驚くべき塩対応であった。 だが一方で、雅子さまとは歓談が盛り上がられたという。 この対応の差には皇后さまとスペイン王室との関係性にも要因はある、と別のジャーナリストは指摘する。 「雅子さまはアメリカのハーバード大学を卒業後、東京大学在学中に外交官試験に合格。 アメリカ通商代表部との会談で通訳をされるなど、国内のみならず海外でも若手女性外交官として脚光を浴び、ご活躍が知られていました。 いわばスペインは両陛下の仲人役でもあったのです。 レティシア王妃が特別な想いを抱くことは自然なことです。 またヨーロッパ王室の共通認識として、そのような輝かしい経歴を持つ雅子さまが過激なバッシングを受けた要因の一つに紀子さまの存在がある、というものがあるようです。 国王夫妻も紀子さまに複雑な感情をお持ちなのかもしれませんね」(別の皇室ジャーナリスト) 今回の「饗宴の儀」は紀子さまにとって苦い経験となったのかもしれない。 天皇ご一家の国際親善でのご活躍が期待される中、秋篠宮ご一家にもいち早く親善力を磨いて欲しい、という期待を抱かずにはいられない。

次の

浩宮皇太子 妃候補だった人は性格重視だった?天皇の皇后選びとは

雅子 様 性格

Contents• 紀子様の正体は性格悪くて怖い? 紀子様の正体について「 性格悪くて怖い」という噂が立った一番の原因は文春砲で知られる週刊文春にあります。 というのが、秋篠宮家の料理番を名乗る人物が週刊文春に「ブラックバイト」と話したんです。 その内容には「 紀子様は凄まじく気が強くて陰険で恐ろしい人」というコメントも見受けられました。 人から子供の教育方針に意見された時には「自分は将来皇后 天皇の妻 になる人間」という趣旨の発言をしたこともあるらしいです。 これはちょっと性格悪いというか怖いですよね... どうやら 皇后の美智子様のお言葉に対しても反論をするようで気が強いのは間違いなさそう。。。 紀子様は皇室に入るために秋篠宮様へ近づいたなんてことを言う人もいるわけですが、これについてはどこまで真実か分かりません。 スポンサーリンク 紀子様がタバコ吸っている画像も? 元は民間人・一般人であった紀子様。 その性格からすると「学生時代にはずいぶんヤンチャだったのでは?」という推測もあり、 紀子様がタバコを吸っていたという噂まであります。 紀子様が タバコを吸っている画像を探す人も多いようですが、これは実は秋篠宮様の話である可能性が高いです。 紀子様の家柄は? 民間から皇室入りしたということで、 紀子様の家柄が気になり調べてみました。 紀子さまの旧姓は川嶋紀子で、お父さんの仕事の都合で幼少期に6歳までアメリカに住んでいました。 気になる 父親の職業はというと、学習院大学の名誉教授という肩書きを持っていました! すごく立派なご家庭ですね。

次の

紀子さま、レティシア王妃から「無視」されショック! 雅子さまとの「歴然たる差」が明るみに|菊ノ紋ニュース

雅子 様 性格

先日の令和天皇様に続き、今度は皇后になられた雅子様について性格人格診断を密教占いでしてみようと思います。 ・雅子様のイメージ 雅子様のイメージってみなさんありますか?私は、どちらかというと ちょっと神経質かな~というイメージで皇族としては難しいのではないのかなと思ってます。 これはまあ向き不向きがあります。 私のような生来家業を伝統的に継いでいる人と、ポッとこの業界に入ってきた人とでは考え方ややり方が違うな~と思います。 まあでも30年ほどやってればこなれてくるんですけどね。 それでは雅子様の性格人格診断を始めましょう。 公式プロフより令和皇后(この呼び方は正解なのか?)の雅子様宿曜は 角宿で星禽は蛟 (みずち) これはこれはという感じですね。 正直に言いますと、あまりトップとか目立つタイプには向いていないという感じでしょうか。 まず雅子様と言えば、精神的なご病気で公務を長らく離れている時があったと思います。 それをマスコミはやんやと言っていましたが、これは雅子様の宿曜からすると まあ、そうなりますよね という感じでしょうか。 この雅子様の宿曜は 非常に神経質のタイプです。 そして 物事を一つのことに集中するタイプでございます。 なのでオールマイティに何でもこなせるタイプではありません。 なので、今現在、娘の愛子様に尽力を尽くしているのならもしかして公務に支障がでるかもしれません。 ムスっとしたりね。 そしてもし、逆に公務に集中してしまうならば、愛子様やプライベートで支障がでるかもしれません。 これは令和天皇の徳仁様や上皇様が優しいからとか、つけあがってるとかではなく、これは雅子様の性質、基本的な人格なわけです。 だからこれは仕方ない。 ただ、見方を考えれば一 つのことに集中できるという素晴らしい才能があり、それをサポートするのが皇室関連の諸機関なわけです。 なので、 ばっちりとはまり込めば、歴代稀に見る皇后さまになれるわけです。 ・皇后さまとしての雅子様の密教宿曜の性質 ネットで調べれば嘘かまことかは分かりませんが婚前前やらで雅子様は世間知らずお嬢様のようなコメントを取り上げられています。 これもこの雅子様の宿曜で説明がつくのですが、この雅子様の宿曜は 好き嫌いがはっきりしており、またもう一度言いますが 神経質に人すら選びます。 運勢的には人と関わりあう、しかも薄くではなく 濃く関わりあうと運命が安定するのですが、ここに皇室というフィルターがはいると、以前のような公務に支障が出る精神状態になります。 ちょっと気難しい性質ですので今後どうなるのでしょうかね。 もう少し分かりやすいと言えば ももいろクローバーZを抜けられた緑の有安杏果様も同じ宿曜です。 彼女も神経質でしたよね。 ちなみにですが、雅子様の過去現在未来とすっとんきょうな事、またコメントをするかもしれませんが、雅子様自体悪気というのは全くありません。 この蛟という星禽は善の象徴ともいえますので、 悪くとらえるよりもいいようにとらえたほうが雅子様の意図であると思います。 それではこれから公務応援しております。

次の