履歴書 メール パスワード。 履歴書をメールで送る場合のマナーとポイント<例文あり>

履歴書をメール添付で送る時の例文&マナー<パスワード設定・PDF作成方法も図解>

履歴書 メール パスワード

ご指示いただきました履歴書を、本メールに添付させていただきます。 ご査収のほど、よろしくお願い申し上げます。 なお、履歴書のファイルにはパスワードを設定しております。 パスワードはこの後のメールでお送りいたしますので、併せてご確認をいただきますようお願い申し上げます。 大変ご多忙なところ恐れ入りますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 私、山田太郎と申します。 この度、〇〇で御社の求人情報を拝見し、御社の〇〇職に応募させていただきたく、ご連絡差し上げました。 まずはメールにて履歴書を送付させていただきますので、ご査収いただきますようお願い申し上げます。 なお、履歴書のファイルにはパスワードを設定しております。 パスワードはこの後のメールでお送り申し上げますので、併せてご確認をいただきますようお願い申し上げます。 大変ご多忙なところ恐れ入りますが、ご確認、ご検討をいただき、一度、面接の機会をいただけますと幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 ——————————— 氏名:山田太郎 メールアドレス:〇〇〇〇 〇〇〇〇 電話番号:〇〇〇-〇〇〇〇-〇〇〇〇 住所:〒〇〇〇-〇〇〇〇 (都道府県から町名、番地、建物名、号室を正確に記載) ——————————— 2通目:パスワードを伝えるメール 履歴書データのパスワードは、履歴書本体を添付したメールを送った後、もう1通別のメールを作成して送りましょう。 履歴書本体を添付したメールの本文に「パスワードは、〇〇〇〇です」などと記載してはいけません。 先程、送付させていただきました履歴書のパスワードをお送り申し上げます。 パスワードは下記になります。 「〇〇〇〇」 大変お手数ではございますが、ご査収のほど、よろしくお願い申し上げます。 ——————————— 氏名:山田太郎 大学名:〇〇大学〇〇学部〇〇学科 メールアドレス:〇〇〇〇 〇〇〇〇 電話番号:〇〇〇-〇〇〇〇-〇〇〇〇 住所:〒〇〇〇-〇〇〇〇 (都道府県から町名、番地、建物名、号室を正確に記載) ——————————— 履歴書を送るときのメールのマナー3つ 履歴書を送るときのメールのマナーは3つです。 採用担当者には1日に何百通もメールが届くことがあるため、見落とされることがないよう、 用件と送り主がわかりやすい件名にすることが大切です。 本文は具体的かつ用件だけを書く 企業に送るメールは、 具体的かつ簡潔に要件のみを書くことを心がけましょう。 適度に改行を入れることで、読みやすい文面にすることも大切です。 メールの本文の内容構成は、基本的に下記4項目です。 宛名:メール本文の一番はじめには、「〇〇(担当者の名前)様」と書く。 担当者の名前がわからない場合は「採用ご担当者様」でOK。 企業名は株式会社を「(株)」、有限会社を「(有)」などと省略せずに正式名称を書く。 要件:履歴書を送ることや、パスワードを別のメールで送ることを書く。 採用に応募する場合には、応募したい旨も明記する。 締め:「お手数おかけいたしますが、よろしくお願いいたします」など、締めの挨拶を書く。 署名を入れるのを忘れずに! メールの最後には、署名を入れることを忘れないようにしましょう。 署名には、氏名・住所・電話番号・メールアドレスを記載します。 新卒の場合には、大学・学部・学科名の記入もするようにしましょう。 履歴書はPDFに変換した上で送ろう メールで送る 履歴書データは、必ずPDFに変換するようにしましょう。 WordやExcelのままだと第三者による書き換えが可能であったり、使っているパソコンの違いによってはうまく表示されない可能性もあります。 そのため、 書き換えができず、使っているパソコンに左右されないPDF形式で送るのがおすすめです。 履歴書データをPDFに変換する方法は以下の通りです。 WordやExcelで作成した履歴書を開き、「ファイル」タブをクリックする• 「名前を付けて保存」をクリックし、保存する先を選ぶ• 履歴書本体に記載する日付も送信日に変更しておきましょう。 誰からの履歴書でいつ送られてきたのかがひと目で分かり、採用担当者が見つけやすくなるためです。 ファイル名の変更方法は以下の通りです。 WordやExcelで作成した履歴書のデータの上で右クリックする• 「名前の変更」をクリックする• パスワードをかけずに送ると、セキュリティ意識が低い印象を与えかねません。 パスワードのかけ方は以下の通りです。 WordやExcelで作成した履歴書を開き、「ファイル」タブをクリックする• 「名前を付けて保存」をクリックし、保存する先を選ぶ• pdf)」を選ぶ• 「オプション」をクリックし、一番下の「ドキュメントをパスワードで暗号化する」にチェックを入れ、OKボタンを押す• パスワードを記入しOKボタンを押した上で、保存する 履歴書をメールで送信する前の最終チェックリスト 履歴書をメールで送信するときにチェックしたい項目は以下の通りです。 下記の項目が一通り確認できてから、履歴書を送信するようにしましょう。 御社の採用に応募しております、山田太郎と申します。 先日ご指示いただきました履歴書を、本日〇月〇日(〇)付で送付いたしました。 ご査収のほど、お願い申し上げます。 大変ご多忙なところ恐れ入りますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 Q1:メールで送る履歴書の写真はどうやって用意する? メールで送る履歴書の写真データは以下の方法で入手できます。 写真館で撮影してもらう場合• 撮影した写真をデータ化してくれる写真館を探し、撮影してもらう• 受け取ったデータをパソコンに取り込む• 履歴書のファイルに貼り付ける スピード写真で撮影する場合• スピード写真で履歴書用の写真を撮影する• 撮影した写真を自宅やコンビニでスキャンしてデータとして取り込む• 自分のスマホやデジカメで履歴書用の写真を撮影する• データをパソコンに取り込む• 取り込んだデータをトリミングし、履歴書に貼り付ける 写真データのクオリティを考えると、費用は少し高めになりますが、写真館で撮影してもらうのがおすすめです。 万が一、写真データの準備が間に合わないなどの場合には、以下のような文面をメールに添えるといいでしょう。 顔写真データの準備ができていないため、 メールでは顔写真を貼付した履歴書データをお送りできません。 必要であれば、顔写真を貼った履歴書書類を郵送しますので、 大変お手数ではございますが、ご指示をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。 Q2:履歴書をスマホから送信してもいい? 履歴書をメールで送る際には、スマホから送っても構いません。 その際、件名や署名を忘れずにつけるほか、履歴書にパスワードをかけることを忘れないようにしましょう。 そもそも履歴書をスマホで作成したい場合は、下記のような履歴書作成用のアプリやウェブサイトを使用すると便利です。 スキャンは家庭用のプリンターや、コンビニのマルチプリンターで可能です。 データを取り込んだら、PDFデータに変更し、パスワードをかけてメールに添付しましょう。 まとめ 近年では、履歴書をメールで送るよう指定する企業も増えてきました。 履歴書を送る際には、マナーを守ったメールを送るように心がければ、基本的に問題ありません。 次の選考に進むためにも、印象の良いメールを送りましょう。

次の

履歴書をデータ(pdf)でメール送付するときのマナーや気を付けるべきポイントとは?|求人・転職エージェントはマイナビエージェント

履歴書 メール パスワード

【このページのまとめ】• ・履歴書をメールで送信する場合も、指示がない限りは写真を貼るのが無難 ・写真をデータ化して、エクセルやワードに貼り付けて送信する ・写真をデータ化するには、自分でデジカメやスマートフォンで証明写真を撮ったり、スキャンしたりする ・撮影した証明写真をデータ化してくれる写真屋さんもある ・履歴書をメールで送信するときには、パスワードを設定する ・履歴書についてわからないことがあるときは、転職エージェントに相談するのも良い 履歴書と言えば、郵送したり持参したりするのが一般的でしたが、最近ではメールで送るよう指定されている場合も少なくありません。 こちらのコラムでは、履歴書をメールで送信する際に気をつけたいことについて、まとめてみました。 コンテンツ目次• 従来の紙の履歴書の場合は、証明写真をのりで貼り付けますが、パソコンで作成するときはどうすれば良いのでしょうか。 履歴書をメールで送信する場合、写真の添付の有無は、企業からの指示に従います。 もし指示がない場合や任意とされているときには、写真を添付しておけば問題ないでしょう。 パソコンで写真を送るときに気をつけたいのが、写真の画質。 引き伸ばすなどサイズを変更したり、証明写真をカメラで写したりなど、画質が荒いものを添付するのはやめましょう。 証明写真は、主に本人確認を目的とした写真。 写りがよく、しっかりと顔を確認できる写真を選びましょう。 また、いくら良く見せたいからといって、パソコンやスマートフォンで過度に加工した写真を送るのはやめましょう。 パソコンで履歴書を作成するときには、フォーマットをダウンロードして入力するという方も多いのではないでしょうか。 そのほか、手書きした市販の履歴書を、スキャンして取り込むという方法も。 手書きの履歴書に写真を貼ったままスキャンしてしまうと、写真の画質が荒く鮮明に映らない可能性があります。 スキャンする時は写真を貼らずに、履歴書だけを取り込むようにしましょう。 パソコンで履歴書を作成するときには、写真を別に取り込み、パソコン上で操作し貼り付けるようにしましょう。 写真をデータとして手に入れるには以下のような方法があります。 ・デジカメやスマートフォンで写真を撮影する ・スマートフォンの証明写真アプリを使って撮影する ・証明写真をデータ化してくれる写真屋さんで撮影する ・スキャナを使って、証明写真をスキャンし画質を調整する スキャナが自宅にない場合は、コンビニで取り込んでUSBメモリに保存することができます。 写真をパソコンに取り込んだあとは、以下のような手順で履歴書に写真を貼り付けます。 履歴書は、名前や住所、経歴などの個人情報が記載されているもの。 送信する際は、外部へ漏れることがないようパスワードを設定して送るのが一般的です。 さまざまな情報を取り扱うことがあるIT企業などでは、パスワードを設定しないと情報管理ができていないと判断される原因にもなります。 暗号化オプションが読み取りパスワード、共有オプションが書き込みパスワードとなっています。 保存する時には、ファイル名に日付と氏名を記載しておくと、企業側がわかりやすく管理もしやすいでしょう。 送信する際には、履歴書を添付したメールとパスワードを記入したメールの2回に分け送信しましょう。 受け取った側がわかりやすいよう、履歴書を添付したメールにはパスワードを別に送ることを記載しておきましょう。 以下に例文を用意しましたので、参考にしてください。 例)履歴書を添付するメール <件名> 履歴書送付(氏名) <本文> (応募先会社名) 採用担当者様 はじめまして。 (氏名)と申します。 メールにて履歴書を送付させていただきますので、ご査収の程、よろしくお願い申し上げます。 履歴書には念のため、パスワードを設定しております。 後ほどパスワードをお送りいたしますので、併せてご確認いただきますようお願い申し上げます。 お忙しいところ大変恐縮ですが、ご確認、ご検討いただき、面接の機会をいただけますと幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 (自分の氏名、住所、電話番号、メールアドレスを記載) 例)パスワードを送るメール <件名> パスワードの件(氏名) <本文> (応募先企業名) 採用ご担当者様 先程、履歴書を送付させていただきました(氏名)です。 履歴書に設定したパスワードをお送りいたします。 手書きでもパソコンでも、履歴書作成でわからないことがあったときには、ぜひハタラクティブにご相談ください。 就活アドバイザーが、あなたの良さをアピールする履歴書の作成をお手伝いします。 ハタラクティブでは、お仕事探しはもちろん、書類の作成や面接対策を実施。 働きながらの就職・転職活動は、時間が少なく難しい面もありますが、忙しいあなたに代わって細かな日程調整なども就活アドバイザーが代行するのでご安心ください。 ハタラクティブは、就職・転職活動を効率的に行いたい方に最適のサービスです。

次の

履歴書をメールで送付する場合の注意点とは?マナーをわかりやすく解説(例文付き)|20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20's

履歴書 メール パスワード

履歴書のファイルの作り方 履歴書は「PDF形式」に 作成した履歴書は「PDF形式」に変換してから送ることをおすすめします。 PDF形式に変換することで、送り先のパソコンの使用環境に左右されずにファイルを開くことができるなどの利点があるからです。 PDF形式への変換方法 パソコンで履歴書を作成した場合 WordやExcelのファイルなら「名前を付けて保存」を選択後、ファイルの種類を「PDF」を選んで保存します。 また、その他の形式のファイルでも「PDF作成・変換ソフト」をインストールすればファイル形式をPDFに変換することが可能です。 手書きで履歴書を作成した場合 履歴書を手書きで作成している場合は、履歴書をスキャンしてPDF化しましょう。 家庭用のプリンターでもスキャニングできる機器があります。 また、スキャニングに対応した機器がなくても、コンビニのコピー機でスキャンすることも可能です。 ファイル名のつけ方 ファイルを確認する採用担当者が誰の・どんな内容のファイルなのか分かりやすく、かつ管理しやすいよう「日付」「氏名」のファイル名にしましょう。 誤送信などでの流出を防ぐためにも、メール送信時には履歴書のファイルにパスワードを設定しておくことをおすすめします。 履歴書をメールで送る際のマナー 件名はひと目で履歴書だとわかるように 企業の採用担当者は、応募者とのやり取りや社内業務など毎日多くのメールの送受信をしています。 そのため「件名」だけでメールの「内容」と「名前」がすぐにわかるようになっていると親切です。 メール文面はわかりやすく簡潔に メールの文面は、読んだ相手がわかりやすいよう簡潔に書くのがポイントです。 署名は忘れずに付ける メール文面の最後には「氏名」「住所」「電話番号」「メールアドレス」を記載した「署名」を挿入しておくことをおすすめします。 氏名に読みが難しい漢字が含まれている、あるいは一般的な読み方と異なる場合は、ふりがなを付けると親切です。 メールアドレスは、在職中であっても会社のものではなく個人で使用しているメールアドレスを記載するのが無難です。 履歴書をメールで送付する際の例文 上記の要素を踏まえ、履歴書をメールで送付する際は、見やすさを第一にわかりやすく書くことをおすすめします。 ここでは「企業に直接メールで応募をする場合」「企業から履歴書の送付指示があった場合」「パスワードを送る場合」の3つのケースの例文を紹介します。 こちらのメールに履歴書を添付しております。 ご査収の程、お願い申し上げます。 また、応募書類にはパスワードを設定しております。 後ほど、パスワードを別途お送りさせていただきますので、 ご確認いただけますでしょうか。 お忙しいところ大変恐縮ですが、 面接の機会をいただけますと幸いです。 何卒、宜しくお願い申し上げます。 ご指示いただきました、履歴書を添付いたします。 お手数ですがご査証のほど、宜しくお願いいたします。 尚、応募書類にはパスワードを設定しております。 後ほど、パスワードを送付させていただきますので、 ご確認いただけますでしょうか。 お忙しいところ大変恐縮ですが、 面接の機会をいただけますと幸いです。 何卒、宜しくお願い申し上げます。 添付ファイルに設定したパスワードを送付いたします。

次の