みずほ銀行カードローン 利用明細。 みずほ銀行 : ご利用カード

みずほマイレージクラブカード|クレジットカードはUCカード

みずほ銀行カードローン 利用明細

一括返済は店頭窓口で手続きをする ボーナスや臨時収入が入り、早くみずほ銀行カードローンの返済を終わらせたい時には一括返済をすると良いです。 カードローンは借入日数に比例して利息負担が大きくなるので、一括返済をすれば利息の支払いを抑えられます。 みずほ銀行カードローンで一括返済をしたい時は、原則として店頭窓口で手続きをする必要があります(ATMでの一括返済に関しては後述)。 店頭窓口なら、前回返済期日からの利用日数から支払わなければならない利息を店員が計算してくれるので、 元金と利息をその場で支払い、借り入れの完済が可能です。 また、カードローンを解約したい場合もその場で手続き可能です。 解約する際の手続きの流れや必要なものは「 」のページが詳しいので、参考にしてください。 ATMで一括返済はできない? みずほ銀行カードローンは、ATMで一括返済ができません。 ATMでの返済は任意返済として扱われ全て元金に充てられるため、利息の支払いができないからです。 残った利息が元金として補填されてしまい、利息が100円未満になるまで支払いが続きます。 たとえば、10万円を30日間借り入れし、みずほ銀行カードローンの返済期日にATMで元金を全額返済する場合、次のような流れで処理されます。 ATMに10万円入金する(利息の支払いはされない)• 10万円の利息1,150円が元金に補填される• 翌月の返済期日(10日)に元金1,150円を返済する• 次回借入時に残った残高が追加されます。 元金100円未満には利息が掛からなくなるので、上記の例だと3か月後に支払う必要が無くなります。 以上のように、ATMでも任意返済で一気に元金を減らし、返済負担を抑えることは可能ですが、 完済扱いになるまで2,3か月の期間が必要です。 そのため、住宅ローンを組みたいなどの理由で、カードローンの借り入れを完済したい、または解約したい時は、みずほ銀行の店頭窓口で手続きを済ませた方が良いでしょう。 みずほダイレクトでも一括返済はできない みずほダイレクト(インターネットバンキング)でもカードローンの一括返済はできません。 みずほダイレクトを利用した返済はATM同様に任意返済として処理されるため、利息が元金として翌月に繰り越されてしまうからです。 すぐに全額返済したい時は、会社の昼休みにでもみずほ銀行の店頭に行って支払いを済ませてください。 一括返済をする際にかかる利息 みずほ銀行カードローンで一括返済をする際にかかる利息は、借入した金額(元金)と借入日数で決まります。 カードローンは年利で利息を算出するため、計算するときには次のような計算式で利息を算出します。 みずほ銀行カードローンの約定返済は毎月10日(土日祝日の場合は翌営業日)の返済期日に約定返済額(最低2,000円から)がみずほ銀行の口座から引き落としされます。 同じ10万円の借入でも、一括返済と約定返済を続けるのでは、最終的に支払利息に50,000円程度の差が出ます。 利息の支払いは約定返済でするので、任意返済は全額元金に充てられます。 繰り上げ返済とも呼ばれます。 みずほ銀行側から一括返済を求められた場合の対処方法 こちらから一括返済をしようとするのではなく、みずほ銀行側から一括返済を求められることもあります。 みずほ銀行カードローンで一括返済を求められる場合は、次のようなケースが想定されます。 2か月間の長期延滞をした• 短期延滞を繰り返した• 他社借入が増えた• 規約違反をした いずれにしても、みずほ銀行がカードローン利用者として不適切と判断した際に一括返済が求められます。 また、一括返済を求められる時にはみずほ銀行カードローンの保証会社であるオリエントコーポレーションに債権(ローンの支払いを請求する権利)が移行しているので、オリエントコーポレーションとやり取りをすることになります。 まずは債権移行先に電話をして相談する 一括返済を請求されても返せるお金がない、そんな時はオリエントコーポレーションと連絡を取り、相談しましょう。 債権を回収する側も一括返済などできないと承知で請求を出しているので、返済計画の見直しなど、返済できる目途が立てば相談に乗ってくれます。 また、一括返済をしなければならない法的な義務はないので、相談して話がこじれた場合は無理な支払い請求は認めずいったん電話を切り、司法書士や弁護士の方に相談すると良いです。 みずほ銀行カードローンの特徴.

次の

みずほ銀行カードローン、申込前に確認したいメリット・デメリットと契約の流れ

みずほ銀行カードローン 利用明細

【第5位】楽天銀行スーパーローン 楽天銀行スーパーローンの 上限 金利は 年14. 楽天会員ランクに応じた審査の優遇や、入会・利用により 楽天スーパーポイントが付与されるといった特徴があります。 またカードローンへの入会でもれなく 1000ポイント、入会月翌月末時点の利用残高に応じて 500ポイント(利用残高20万円以上30万円未満)〜最高 30,000ポイント(同400万円以上〜800万円以下)の 楽天スーパーポイントが付与されます(ポイント付与は1人1回のみ)。 楽天会員登録があれば氏名や連絡先といった情報は自動で入力されるため、入力のわずらわしさも軽減されます。 審査完了後はスマホ(WEB)から借入ができ、登録口座に振り込まれます。 楽天銀行口座を登録した場合には24時間即時振込、他行口座を登録した場合には平日0:10〜14:45まで申し込めば当日中に振り込まれます。 楽天銀行スーパーローン概要(2019年5月30日時点) 借入金利 年1. 楽天会員ランクに応じた審査優遇・楽天ポイント付与• 申込手続きはWEBで完結 【第4位】住信SBIネット銀行カードローン 住信SBIネット銀行カードローンには「プレミアムコース」と「スタンダードコース」があり、 プレミアムコースの上限金利は 年7. ただしコースは審査結果に応じて決まり、自分では選択できないため、 スタンダードコースとなれば上限金利は 年14. 仮審査の結果スタンダードコースとなった場合には申込の取り消しもできるため、見込みがあれば一度仮審査を申し込んでみる価値はあります。 借入金利の目安はWEB上の簡易借入診断から事前に確認できます。 利用明細はWEB上での確認のみで、郵送はありません。 住信SBIネット銀行の口座をすでに持っていれば審査後すぐに借入できますが、口座開設との同時申し込みの場合にはキャッシュカードが送られてくるまで借入できないため、1週間程度の余裕を見ておく必要があります。 住信SBIネット銀行カードローン概要(2019年5月30日時点) 借入金利 プレミアムコース 年1. 住宅ローンやSBI証券の利用などで金利優遇• 申込手続きはWEBで完結住信SBIネット銀行カードローン• カードの発行や明細書の郵送なし 【第3位】みずほ銀行カードローン みずほ銀行カードローンの 上限金利は 年 14. みずほ銀行の住宅ローン利用がある場合には、さらに借入金利が年0. また利用明細はWEB上での確認となり、取引明細の郵送はありません(初回のみ契約内容の確認資料が郵送されます)。 みずほ銀行カードローン概要(2019年5月30日時点) 借入金利 年2. 申込手続きはWEBで完結• キャッシュカード兼用・WEB明細利用可能 【第2位】イオン銀行カードローン イオン銀行カードローンの 上限借入金利は 年13. イオン銀行口座がなければ、ローンカードが到着して借入できるまでに5日程度かかります。 イオン銀行カードローン概要(2019年5月30日時点) 借入金利 年3. 8〜13. 申込手続きはWEBで完結• 新規申し込み時1回に限り、審査完了日に借入可能 【第1位】りそなカードローン りそなカードローンの 上限金利は 年12. 住宅ローンの利用や給与振込口座への指定による金利優遇、 オートチャージ(自動融資)機能などの特徴があります。 滞納を防ぐには有効ですが、借入に伴って利息が発生してしまいます。 あくまで保険的なものとしてなるべく利用しないに越したことはありません。 りそな銀行に口座があればスムーズに借入ができますが、口座を持っていなければ 契約までに口座開設が必要となります。 WEB・郵送での開設には2〜3週間かかることもあります。 利用明細は自宅への郵送のみで、郵送停止や自宅以外への送付先の変更はできません。 りそなカードローン概要(2019年5月30日時点) 借入金利 年3. 住宅ローンまたは給与振込の利用で金利優遇• オートチャージ(自動融資)• 申込手続きはWEBで完結• キャッシュカード兼用・利用明細は自宅へ郵送 低金利の銀行カードローンに関するまとめ カードローンを利用するのであれば、なるべく金利の低いカードローンを選ぶのがポイントです。 銀行カードローンには消費者金融のカードローンに比べ金利が低いというメリットがあります。 ただし即日融資は受けられず、その銀行の口座がないと借入までに時間がかかってしまうケースもあるため、すぐにお金が必要な場合には注意が必要です。

次の

みずほ銀行カードローン|明細ってどこで見れるの??

みずほ銀行カードローン 利用明細

利用残高は「みずほダイレクト」「電話」「提携ATM」「店頭」で確認 冒頭でも説明したように、みずほ銀行カードローンの利用明細(利用残高照会)の確認は、下記の方法で行なうことができます。 みずほダイレクト(インターネットバンキング)• 電話(カードローン専用ダイヤル)• 提携ATM(第1・第4土曜日の3:00~5:00を除く)• 店頭窓口(みずほ銀行店頭で取引明細証明書を発行) 上記に挙げた利用明細の確認方法には、それぞれ注意点があるので解説していきましょう。 みずほダイレクト(インターネットバンキング)で利用明細を確認する方法 みずほダイレクト(インターネットバンキング)で利用明細(利用残高照会)を確認するためには、みずほダイレクトに加入していることが条件となります。 みずほダイレクトに加入しているのであれば、以下の方法で確認することが可能です。 パソコン・スマートフォンからみずほダイレクトにログインする• みずほダイレクトのトップ画面からメニューを選択する• 残高照会からカードローン口座を選択する• 照会ボタンを選択する 上記の流れで利用明細を確認することができます。 各種お取引を選択して残高照会を選択すれば、画面中央に利用残高が表示されるのですぐに分かるでしょう。 また、 みずほダイレクトはスマホアプリ「みずほ銀行 みずほダイレクトアプリ」でも利用可能です。 「出先で利用残高を確認したい」という場合には、スマホからの簡単アクセスですぐに確認できるので便利です。 「みずほダイレクトに加入していない」という方は、みずほ銀行カードローンの公式サイトの「インターネット残高照会」の画面上から、書面の提出をすることなく新規申し込みが可能なので覚えておきましょう。 「みずほ銀行 かんたん残高照会アプリ」はカードローン非対応 みずほ銀行が提供しているスマホアプリには、「みずほ銀行 かんたん残高照会アプリ」というのもありますが、こちらはカードローン非対応なので利用残高を確認することができません。 「みずほ銀行 かんたん残高照会アプリ」で確認できるのは預金口座残高です。 毎月10日の返済日前に「普通預金口座の残高を確認しておきたい」といった方であれば利用を検討してみてもいいですが、カードローン利用残高を確認したいという目的であれば、「みずほ銀行 みずほダイレクトアプリ」をダウンロードするようにしましょう。 電話(カードローン専用ダイヤル)で利用明細を確認する方法 電話(カードローン専用ダイヤル)で利用明細を確認する際、下記に問い合わせることになります。 【カードローン専用ダイヤル】 カードローン専用ダイヤルに問い合わせると音声ガイダンスが始まるので、指示に従い「2」を選択しましょう。 みずほ銀行のカードローン担当者につながります。 カードローン専用ダイヤルの受付時間は、下記の通りです。 【カードローン専用ダイヤル受付時間】• 月曜日から金曜日9:00~21:00• 土曜日・日曜日9:00~17:00 ただし、 連休前や週末の金曜日は、みずほ銀行カードローンへの問い合わせが集中する傾向にあります。 「すぐに利用残高を確認したい」という方は、午前中など早めの時間帯に電話連絡してみることをおすすめします。 また、「1月1日~1月3日」「祝日・振替休日」は営業していないので問い合わせることができず、12月31日は9:00~17:00までと受付時間が通常と異なるので注意しましょう。 提携ATMから利用明細を確認する方法 みずほ銀行カードローンの利用明細は、みずほ銀行ATMだけでなく、提携ATMの画面上でも確認することができます。 営業時間は各ATMにより異なるので事前に確認が必要ですが、 全ての提携ATM共通で「第1・第4土曜日の3:00~5:00はメンテナンスにより利用できない」ので覚えておきましょう。 また、お手持ちのカードローンカードの種類によって少しですが、利用明細の確認方法が異なります。 キャッシュカード兼用型カードをお持ちであれば、提携ATMにカードローンカードを挿入し、画面上で「みずほのカードローン」ボタンを選択する必要があります。 そして残高照会のボタンを選択することで利用残高を確認することができます。 その他の提携金融機関ATM・セブン銀行ATM・イオン銀行・ゆうちょ銀行ATMでは利用残高照会は行えないので注意しましょう。 カードローン専用カードをお持ちの方は、カードローンカードを挿入した時点ですぐにみずほ銀行カードローンの画面に移ります。 ATM画面上に残高照会のボタンがあるのですぐに分かるでしょう。 みずほ銀行の提携ATM一覧 みずほ銀行の提携ATMは、下記の通りです。 【E-net(イーネットマーク)のあるコンビニATM】• ファミリーマート• スリーエフ• セーブオン• コミュニティ・ストア• ポプラ• 生活彩家• デイリーヤマザキ• セイコーマート・・・など 【ローソンATMマークのあるローソンATM】• ローソン 【セブン銀行マークのあるATM】• セブンイレブン• イトーヨーカドー 【提携金融機関ATM】 三井住友銀行 りそな銀行 埼玉りそな銀行 青森銀行 荘内銀行 東北銀行 横浜銀行 富山銀行 但馬銀行 西日本シティ銀行 近畿大阪銀行 北日本銀行 東和銀行 栃木銀行 京葉銀行 神奈川銀行 福邦銀行 愛知銀行 島根銀行 トマト銀行 徳島銀行 香川銀行 愛媛銀行 高知銀行 みちのく銀行 秋田銀行 北都銀行 山形銀行 東邦銀行 鳥取銀行 山陰合同銀行 阿波銀行 伊予銀行 仙台銀行 東日本銀行 大正銀行 みなと銀行 イオン銀行 スルガ銀行 ゆうちょ銀行 山形第一信用組合 群馬県信用組合 七島信用組合 大東京信用組合 第一勧業信用組合 興栄信用組合 協栄信用組合 富山県信用組合 金沢中央信用組合 豊橋商工信用組合 三河信用組合 益田信用組合 大阪貯蓄信用組合 神戸市職員信用組合 福江信用組合 空知商工信用組合 秋田県信用組合 西京銀行 VIEW ALTTE Patset 上記でも説明したように、 キャッシュカード兼用型カードをお持ちの方は、ATMから利用残高を確認するためには「みずほ銀行ATM」「提携ATM(イーネット・ローソンのみ)」のどちらかを利用することになります。 カードローン専用型カードをお持ちの方は、上記に挙げた「E-net(イーネットマーク)のあるコンビニATM」「ローソンATMマークのあるローソンATM」「セブン銀行マークのあるATM」「提携金融機関ATM」といったATMで利用残高を確認できるので覚えておきましょう。 店頭窓口で利用明細を確認する方法 みずほ銀行カードローンの 利用残高を店頭窓口で確認する場合、みずほ銀行店頭で取引明細証明書(利用明細書)を発行することになります。 取引明細証明書の発行は 依頼月から3か月前であれば発行手数料が無料ですが、3か月を超える場合には、1か月あたり216円の手数料(消費税含む)がかかるので覚えておきましょう。 また、取引明細証明書の発行を店頭窓口で発行する場合には、みずほ銀行店頭の営業時間に注意しましょう。 みずほ銀行店頭の 営業時間は「平日9:00~15:00」となっているので、運転免許証などの本人確認書類と印鑑を持参して上記時間内に向かうようにしましょう。 カードローンの取引証明明細書(利用明細書)は自宅に郵送されない みずほ銀行カードローンの取引証明明細書(利用明細書)は、自宅に郵送されることはありません。 取引証明明細書が自宅に届くことはないので、借入額や返済額を家族に知られることはありませんが、 カードローン契約時には以下の郵送物が発送されます。 カードローンカード専用型を申し込みの方:カードローンカード• キャッシュカード兼用型を申し込みの方:契約内容を確認する書類(契約内容確認書)• 契約時の利用限度額が申し込み時と異なる方:契約内容を確認する書類(契約内容確認書) 月々のカードローン取引証明明細書は自宅に郵送されることはありませんが、 カードローン契約時に「カードローンカード」「契約内容確認書類」が届くことになるので、「家族に内緒でカードローンを利用したい」という方は難しいかもしれません。 家族にカードローンの利用を知られたくないという方は「アコム」を利用する 家族にカードローンの利用を知られたくないという方は、「アコム」の利用を検討してみましょう。 アコムは大手消費者金融ですが、利用者数ナンバーワンの知名度と安心感があります。 申し込みはネットで行ない、無人契約機(むじんくん)で契約することで全ての書類をその場で受取できるので、確実に郵送物を防ぐことも可能です。 また、契約時に利用明細書の受取方を「電磁交付」にすることで、郵送によるアコムの利用バレを回避することができます。

次の