これから どうなる コロナ。 新型コロナウイルスで結婚式はこれからどうなる? :プロポーズプロデューサー業 山中淳一 [マイベストプロ北海道]

【コロナ】によるこれからの学校の休校や再開はどうなるの?

これから どうなる コロナ

10年前、会社がフレックス制度入れた時、結局10時ギリギリのエレベーターから毎朝吐き出されてくる人達は、フレックス制度を使って生産性を上げてる人やワークライフバランスを改善している人でなく、朝起きなくて良くなってラッキーという人達だった気がする。 集団で毎朝同じメンバーが出てくる リモートワークも同じかもしれない。 リモートワーク自体、全く否定しないし、僕の様なポートフォリオワーカーのフリーランスは既にそのスタイルに慣れてるし、もっと積極的に推進すべきと思ってる。 リモートワークのビデオ会議では、リアルと違った環境でより本質的なコミュニケーション能力が必要とされる。 空気を読んで、隣で耳打ちとか、立ち話での事後調整とかできない。 チャット機能を使いこなせばより効果的にできかもしれないが 全員の前で明確に発言し、コンセンサスを得る必要がある。 今までは会議室の端で目立たなかったかもしれないがボーっとしてたり発言しないと画面一面の1人として普通に目立つ。 会社が新しい価値を生み続ける為に必要な知恵の創造、意思決定、コミュニケーションの総量は変わらない。 本質的に価値を生み出している社員は、PCやメール、Slack等で知的作業もしくは現場で作業を行っているから、リモートになろうが、仕事内容も変わらない。 「日本的経営が育成してきた組織特殊的な人的資産の役割」(岩井克人, 「会社とはだれのものか」)だけのおじさん(*注)達の存在価値が問われていく。 「ラッキー、会社行かなくても意外と仕事回るじゃん」って思ってる人は危ないかもしれない。 それは 経営者の目線では、あいつ会社にいなくても回るじゃん、と気づかれたのと同じかもしれない。 なので(普段からバリバリ仕事できている社員以外で)リモートでも一見うまく仕事が回った気がしている社員は、下記の点に留意する必要がある。 その「可能性がある」というだけだけど。 世の中が正常化したときに、今、コロナウィルスで短期的に困っている人達、劇団員、シェフ、音楽家、アーティスト、スポーツマン等、 リアルな環境で価値を生む人たちが、再び熱狂的に再評価される。 (これだ、これを待っていたんだ) そして、ホワイトカラーで、人間関係とか組織特殊的なスキルしかなく、リモートワークで存在価値がないことが証明された人たち(とにかく 家に居場所がないのでネクタイ締めて朝早く会社来るというおじさん*注)そしてその人たちだけの会社に冬の時代が来る。 取引先訪問も、「あ、30分のビデオ会議で良いですよ、あれ便利ですよねー、資料事前に見ておくので送ってくださいー」となっていくと思う。 全身に雰囲気を漂わせて隣りに黙ってスーツで座っていた白髪のおじさん(ハゲでもいいけど)も、PC画面の端からは、圧もかけられない。 (チラ) 「もう、会社に来なくていいよ」 って言われたときに A「ええ、僕も(私も)今回、そう思いました。 個人会社作ったのでこれからは業務委託でお願いします」 か B「・・・(会社が唯一の居場所だったのに。。 )」 となるか。 今回のコロナウィルスは、ドイツ、フランス、アメリカ含め全世界に拡散が確認されてしまった以上、長期化は避けられない。 次の「国民の皆さん」の戦いが、違うところで既に始まってる。

次の

【新型コロナウイルス肺炎】これから日本に起きる可能性の3つの重大事項

これから どうなる コロナ

現時点で考えられる3つのパターン この記事を書いている時点では、これからどのように休校が明けて、学校が再開されていくのかは100%わかっていません。 少しずつ再開してきている学校もありますが、 今後どうなるかはわからないからです。 そこで、この記事では、現時点で考えられる3パターンに分けて解説していきます。 パターン1 このまま終息 6月頃にすべての学校が再開されて、そのまま終息するというパターンです。 状況によっては、9月入学になるかもしれません。 パターン2一旦終息し再度休校になる 6月頃から学校が始まったが、冬~来年の春にかけて再び感染者が増え、休校になるパターンです。 パターン3 しばらく終息しない 休校がずるずる延長され、結局学校が始まらないケースです。 状況別で起きる学校の変化 このまま収束するパターンの場合、しばらくはマスクをつけて学校に行く状況が続くと思います。 いくらコロナが終息したといっても、 恐怖心はすぐには消えないからです。 一旦学校が始まるが、冬に再度休校になる場合は、ルールが厳しくなると思います。 「マスクが無いと学校に入れない」「学校から配布されたマスクをつけて登校する」「学校に入る前に検温をして、熱がない子だけ入る」などの ルールが設けられるでしょう。 しばらく終息しないパターンの場合は、本格的にオンライン化が進むと思います。 現時点ではオンライン授業に出席しても、 文科省のルール上、出席扱いにできません。 ここが突破できる条例ができれば、本格的なオンライン化が進むと思います。 課題については、ワード形式で子どもに送って、 子どもが打ち込んで提出するという感じになるでしょう。 ネットがない環境の場合は、タブレットを配布したり、パソコン室に登校して勉強する形になりそうです。 子どもをサポートするうえで必要な2つのこと 3パターンのどれになっても、今からお伝えする2つは意識していれば、子どもの未来は明るくなります。 愛情バロメータを上げる たとえ授業がオンラインになっても、なんらかのトラブルが起こります。 たとえば、「LINEいじめ」などです。 その時、 子どもを守れるのは親だけです。 日ごろから愛情バロメータを上げて、良好な親子関係を作ることで、トラブルに巻き込まれても適切な対応ができます。 自宅学習対応 コロナの影響で、自宅で学習することが増えると思います。 「学習塾に行くのが怖い」という子も多いからです。 そこで、自宅学習でも、 今まで通りの点数を取れるようにしていくことが大事です。 自宅学習のやり方については、過去の記事でも解説しているので参考にしてみてください。 なお、自宅学習をするうえで 最も大事なことは、勉強環境を整えることです。 机の上をきれいにする、勉強部屋をつくるなど、集中できる環境を作れるかどうかで子どもの集中力は大きく変わるかからです。 この辺りのポイントを意識して、 お子さんをサポートしていただければと思います。 本日のまとめ コロナによって、 学校は今後様々パターンに変わっていくと思います。 どんなパターンになっても、これから1年間は気持ち的な面で変化が出てくるでしょう。 そこで、これからの変化に対して どのように親がサポートしていくのかが大切になります。 今後、さらに細かい話もメルマガやYouTubeで配信していきますので、参考にしていただければ幸いです。 明日ですが、「子どもが望む塾に行かせられない時は?」というお話をします。 本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。 思春期の子育てアドバイザー道山ケイ 動画で解説!コロナで学校はどう変わるのか?.

次の

三菱自停止…これからどうなるの 不安広がる水島 協力会社は悲鳴:山陽新聞デジタル|さんデジ

これから どうなる コロナ

現時点で考えられる3つのパターン この記事を書いている時点では、これからどのように休校が明けて、学校が再開されていくのかは100%わかっていません。 少しずつ再開してきている学校もありますが、 今後どうなるかはわからないからです。 そこで、この記事では、現時点で考えられる3パターンに分けて解説していきます。 パターン1 このまま終息 6月頃にすべての学校が再開されて、そのまま終息するというパターンです。 状況によっては、9月入学になるかもしれません。 パターン2一旦終息し再度休校になる 6月頃から学校が始まったが、冬~来年の春にかけて再び感染者が増え、休校になるパターンです。 パターン3 しばらく終息しない 休校がずるずる延長され、結局学校が始まらないケースです。 状況別で起きる学校の変化 このまま収束するパターンの場合、しばらくはマスクをつけて学校に行く状況が続くと思います。 いくらコロナが終息したといっても、 恐怖心はすぐには消えないからです。 一旦学校が始まるが、冬に再度休校になる場合は、ルールが厳しくなると思います。 「マスクが無いと学校に入れない」「学校から配布されたマスクをつけて登校する」「学校に入る前に検温をして、熱がない子だけ入る」などの ルールが設けられるでしょう。 しばらく終息しないパターンの場合は、本格的にオンライン化が進むと思います。 現時点ではオンライン授業に出席しても、 文科省のルール上、出席扱いにできません。 ここが突破できる条例ができれば、本格的なオンライン化が進むと思います。 課題については、ワード形式で子どもに送って、 子どもが打ち込んで提出するという感じになるでしょう。 ネットがない環境の場合は、タブレットを配布したり、パソコン室に登校して勉強する形になりそうです。 子どもをサポートするうえで必要な2つのこと 3パターンのどれになっても、今からお伝えする2つは意識していれば、子どもの未来は明るくなります。 愛情バロメータを上げる たとえ授業がオンラインになっても、なんらかのトラブルが起こります。 たとえば、「LINEいじめ」などです。 その時、 子どもを守れるのは親だけです。 日ごろから愛情バロメータを上げて、良好な親子関係を作ることで、トラブルに巻き込まれても適切な対応ができます。 自宅学習対応 コロナの影響で、自宅で学習することが増えると思います。 「学習塾に行くのが怖い」という子も多いからです。 そこで、自宅学習でも、 今まで通りの点数を取れるようにしていくことが大事です。 自宅学習のやり方については、過去の記事でも解説しているので参考にしてみてください。 なお、自宅学習をするうえで 最も大事なことは、勉強環境を整えることです。 机の上をきれいにする、勉強部屋をつくるなど、集中できる環境を作れるかどうかで子どもの集中力は大きく変わるかからです。 この辺りのポイントを意識して、 お子さんをサポートしていただければと思います。 本日のまとめ コロナによって、 学校は今後様々パターンに変わっていくと思います。 どんなパターンになっても、これから1年間は気持ち的な面で変化が出てくるでしょう。 そこで、これからの変化に対して どのように親がサポートしていくのかが大切になります。 今後、さらに細かい話もメルマガやYouTubeで配信していきますので、参考にしていただければ幸いです。 明日ですが、「子どもが望む塾に行かせられない時は?」というお話をします。 本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。 思春期の子育てアドバイザー道山ケイ 動画で解説!コロナで学校はどう変わるのか?.

次の