魔剣伝説 広告 うざい。 魔剣伝説はおもしろい?レビュー評価まとめ

魔剣伝説とは (マケンデンセツとは) [単語記事]

魔剣伝説 広告 うざい

例のアプリ、魔剣伝説ですが インストールした日に9時間ぶっ続けでクトとボス周回してました。 お陰様で色々と見えてくるものがありました。 このゲームやたらと「サーバー一位になるのちょろい!」という推し方をしています。 (の広告) ちょっとでもMMOやった事ある人ならサーバー一位ちょろいとか寝言は寝て言ってくれっつー噴飯もの以外の何物でも無いんですが、 ちょっとしたトリックがあってサーバーランキング入りがかなりちょろい事になってるんですよね。 そうです、 サーバーが650個もあるんですわ。 しかも全部に「人気」の表記が付いてる。 ログイン人数が多すぎて負荷が高いサーバーではプレイするのも一苦労だったなんかを遊んだ経験がある身としては 「本来のサーバーってそういう為にあるもんじゃねぇだろw」としか思えないんですけど、あまりにも面白いので良しとしたくなります。 さらには課金導線の手口もえげつない意味で上手。 このゲーム、無限ボス以外のボスエリアは自動の仕様になっていて、ボスドロップを狙う前に他のプレイヤーを排除しなきゃいけないんですよね。 以前紹介した通り 技術介入度が一切無いので、 「やけど操作上手いから課金者しばけるで」みたいなプレイは不可。 純粋に時間かけて無限ボスで鍛えるか、課金装備で罷り通るか。 というかその両方のスタイルが最も強い。 令和のタイトルですが、ソシャゲ黎明期の「カードの強さで勝負!」という時代のシステムに巻き戻っているわけなんですよね。 上達する為に考えながらプレイする必要はなく、現実的な価格の投資でサーバーランキングに載れる。 これが魔剣伝説のセールスポイントというわけです。 前回の記事で散々めちゃめちゃ言いましたし、実際このアプリ"マジ"か?と思ってます。 ですがなんとなく、 こういったタイトルも必要なんだろうなぁと最終的には思いました。 正直なところこれでを名乗られたら他のは何なんだよ。 と真面目に考えてます。 ですけどまぁゲームの腕関係なく小遣い入れたらある程度承認欲求が満たせるという娯楽が必要な人達も世の中には居るでしょう。 こういったタイトルが世に跋扈したら今後リリースされるタイトルはゲーム性が薄い作品ばかりになる!なんて危惧も全くしてないです。 今の世の中、幾らでも面白いゲーム出てますしね。 (近年マジで面白いと思ったのはこの辺) そして魔剣伝説でサーバー一位になるためにゴリゴリ課金して四六時中に目を光らせるのも、他ゲーに目玉ひん剥いて熱中するのとあまり変わりはないのかもしれない。 ランキングを目指す行為自体が、きっと等しく酔狂なのではないか。 難しい事をしているかそうでないかの違いはあれど、姿勢は多分同じはず。 うん、もうちょっと、こう、あるじゃろ。 魔剣伝説、ダメっぽいです。 ダメでした。 sizaemon.

次の

ビビッドアーミーのCM広告がうざい?邪魔や消したい気持ち悪いも?|情報屋ピッピ通信

魔剣伝説 広告 うざい

魔剣伝説は縦画面で片手でも遊べるゲームです。 東南アジアと韓国などで人気を博し、日本でリリースされることになったようですね。 伊藤英明さんや黒澤優介さん、また声優の梶裕貴さんなど豪華な出演者がCM広告に登場しているのでかなり猛プッシュなアプリですね。 しかしこちらのアプリのCM広告がウザいとなぜか話題になっていました。 ゲームに関しては 魔剣伝説地味にハマる — れつや retuya081retuya 鈴原るるさんが魔剣伝説してたからやってみてるけど微妙にハマる 脳死できる — 単眼 u2dXYut7xXAb ハマるなどの声もあり人それぞれなようですね。 魔剣伝説のCM広告のBGMや出演している女性は誰? 魔剣伝説のCM広告のBGMが良い曲でとても気になりました。 出演している女性は外国人の方で特定ができませんでした。 分かり次第追記していきます。 魔剣伝説のCM広告のまとめ 今回は『 魔剣伝説のCM広告がうざい?BGMや出演している女性は誰?』と題して調べていきました。 魔剣伝説のCM広告がうざい?• 魔剣伝説のCM広告のBGMや出演している女性は誰? 最後まで読んでくれてありがとうございます。

次の

魔剣伝説をインストールしました

魔剣伝説 広告 うざい

「初回チャージでレア武器がもらえる?ハハありえねぇw」 「うおー!爆炎セットぉ」 「攻撃力 300万もアップした」 「赤竜の剣!全サーバー初!」 珍広告としてタイムラインで屈指の人気を誇りはじめた「魔剣伝説」 ネタにするだけなのもアレなのでインストールしてプレイしてみる。 グラはまぁまぁ綺麗っすね というかキャラセレ画面の足元の水の表現とかがすっごく綺麗。 水の表現は普通に越えとるかもしれん。 キャラ名をランダムロール出来るんですが、一発目で「アジアの実況者」とかいう微妙に笑えるやつになったんでこれに決めました。 壮大すぎる。 の独立史でも実況するのか?これがだったら発音不可能なランダムネームを付けられていたところだ。 危ない。 ゲームスタートした瞬間、何の説明も無しに荒野に放り出される。 一切操作してないのにキャラが勝手にザコ敵の群れに走りだして範囲技をぶっ放し始め、突然画面に 「任務完成」の文字。 オッッ これヤベー雰囲気がするぞ?? 俺が頭にビッグな疑問符を浮かべてる間にも、キャターはひたすら画面の敵をしばき続けている。 オート操作を解除すると移動は出来るものの、敵をタップしても攻撃しないし、スキルボタンも無い。 調べてみたところ、どうやら 自分で回避・攻撃・スキルなどの操作は一切出来ないゲームらしい。 を謳っているものの、 町も無ければフィールドのプレイヤーとお喋りも出来ないし、自分で能動的に操作して敵と闘う事すら出来ない。 じゃあ何すんの?って話なんだけど、画面にPOPしてる「ダンジョン」「ボス」といったコンテンツを選んで、自キャラがボス相手に踊り狂いながら戦う(?)のを見守るだけ。 プレイヤーが介入出来る要素は無し。 「ダンジョン」とは言うものの、一本道を歩いた先にいる中ボスみたいなのとオートで戦うだけ。 にも関わらず、画面上には元気よく「チャージ」と称した課金導線が2つも3つもPOPしている。 ここまで紹介した通り、 例え課金して戦闘力を上昇させたところで、プレイヤーが戦闘力上昇を感じられるようなゲーム体験自体が存在していない。 もういいかな……と思ってアプリを落として、暫くしてから起動したらいきなりレベルが100を越えていました。 ここで完全に打ちのめされる。 まあとにかく プレイヤーが操作をし、ゲームがそれに対し何かしらのレスポンスを返してくる、というゲーム体験の基本的な部分を一切させてくれない全く新しい感覚のアプリでした。 ゲームと呼ぶのもつらいのでアプリと呼んでいます。 これがだったらがを自称していたのも頷けます。 納得です。 さすがにヤメよう。 と思ってた矢先、レベル120になったところで 闘技場とかいうコンテンツが開放されました。 相手プレイヤーが画面に並んでいたので 「まさかがあるのか?!はーん…こっちに力を入れていたんだな」とワクワクして対戦者を選んで対戦ボタンを押してみました。 対戦画面などは一切無くいきなり画面に勝利の文字。 ありがとう、魔剣伝説。 最高のゲーム。 sizaemon.

次の