サッシ の 掃除。 【窓のサッシを綺麗に掃除する方法】プロが教える洗浄のコツ

サッシの掃除は裏ワザを使って、細かい溝汚れやカビ汚れを撃退

サッシ の 掃除

この記事でわかること• サッシにつく汚れの種類• サッシの適切な掃除頻度・時期• 窓サッシの簡単掃除方法• 窓サッシの念入り掃除方法• カビの除去の仕方• 窓サッシ掃除に役立つ道具について 部屋の掃除に比べて窓掃除はついつい後回しにしてしまいがちですよね。 そして窓掃除を怠っている場合、サッシの部分にもホコリや汚れがほぼ確実に溜まっているはずです。 換気をしようと窓を開けたときにふとサッシを見たら、ホコリや汚れが隅の方にびっしり、黒いポツポツとしたカビも生えていた……なんてことも珍しくありません。 カビがひどい場合だと、窓やカーテンにまで広がってしまうこともあります。 住まいを常に清潔な空間にするためには、定期的な窓サッシの掃除は必要不可欠なのです。 目次 1)サッシにつく汚れの種類 窓サッシには、外から入ってきた汚れが目立って蓄積します。 土やホコリ、花粉や排気ガスの粉じんなどが主な汚れとして挙げられます。 しかしそれだけではありません。 室内で発生した糸くずやホコリももちろん溜まりますし、窓には結露ができやすいので黒カビが生えてしまうことも。 カビがひどくなってしまうと、サッシのみならず窓ガラスやカーテン、室内の壁や天井にまで繁殖し、喘息やアレルギーといった健康被害の原因となることもあります。 2)サッシの適切な掃除頻度・時期 窓サッシの掃除頻度は、 簡単な拭き掃除なら月に一度、水で洗い流す念入りお掃除なら半年に一度くらいがおすすめです。 半年に一度の 念入りお掃除は、花粉が飛散し終わった6月と、窓に結露ができやすい冬が適しています。 この時期は花粉などによる汚れが蓄積していたり、結露によるカビが発生しやすくなっているためです。 窓掃除の念入り掃除も同じ時期が適切なので、窓をきれいにするついでにサッシも掃除するとよいでしょう。 また、 サッシが濡れている状態だと汚れがへばりついて取りづらくなってしまうので、掃除は天気の良い日に行ってください。 3)窓サッシの簡単掃除方法 月に一度の簡単掃除は、 掃除機や小型のほうきでホコリをある程度除去してから、雑巾やキッチンペーパーで水拭きをするだけで十分です。 一か月に一度きちんと行っていれば、それほど汚れは溜まらないので、これだけでだいたいきれいになるはずです。 ただし、花粉や黄砂の時期などは汚れが溜まりやすいので、その時期だけ月に2~3回程度掃除を行うのがいいでしょう。 4)窓サッシの念入り掃除方法 毎月簡単お掃除をしていればひどく汚れることはそうそうありませんが、サッシの隅にこびりついた汚れなどはどうしても取り切れないので、次第に汚れが溜まってしまいます。 年に2回、6~7月と年末に、以下で説明する念入りお掃除方法を必ず行いましょう。 4-1)準備するもの• 掃除機または小型のほうき• 使い古しの歯ブラシ• 爪楊枝• スポンジ• 水の入れた500mlのペットボトル• 雑巾 隅に溜まった汚れは掃除機やほうきでは取り切れないので、歯ブラシや爪楊枝で掻き出す必要があります。 スポンジは食器などに使った使い古しのものでも構いませんが、 汚れをきれいに落としたいなら「メラミンスポンジ」がおすすめです。 メラミン樹脂でできたメラミンスポンジは、表面が密集した細かい無数の網目になっており、洗剤を使わなくても汚れを削り落とすことができる優れものなので、サッシの汚れ落としにも打ってつけです。 また、汚れを水で洗い流す必要がありますが、周囲にこぼさないようにサッシのレール部分に水を入れるには、口の小さいペットボトルが適しています。 4-2)掃除の仕方• 掃除機または小型のほうきで大きめの汚れやホコリを除去する• 取り切れなかった汚れを歯ブラシで掻き出す。 隅に溜まっている汚れは爪楊枝を使う• サッシのレールの幅に合わせて切ったスポンジに水を含ませ、汚れをこすり落とす• ペットボトルの水をサッシに流し、水で汚れを外側に洗い流す• 乾いた雑巾でサッシの水気を拭き取る 最初に水を流してしまうと、汚れが濡れて粘土状になり、取りづらくなってしまいます。 必ず乾いた状態で掃除機やほうき、歯ブラシをかけてからスポンジでこするようにしてください。 サッシについている汚れの大部分は土埃や泥汚れなので、よほど汚れていない限り、洗剤を使わない上記の方法で充分きれいになるはずです。 5)カビの除去の仕方 掃除をしても取り切れなかった汚れを放置したままにすると、窓に結露ができる冬場や湿度の高い時期にサッシに黒いシミのようなものが発生することがあります。 これは汚れと湿気を養分に繁殖した黒カビで、スポンジで擦って水洗いをしたり、中性洗剤などで落とそうとしてもなかなか落とすのは難しいです。 しかし、カビに効果的な洗剤を用意すればきれいにすることが可能です。 以下に、サッシに発生したカビの除去の仕方を説明します。 5-1)準備するもの• 重曹とクエン酸• 水を入れた500mlのペットボトル• 雑巾2枚 カビには市販のカビ用の洗剤が効果的ですが、皮膚についたら炎症を起こしたり、使い方によっては有毒なガスが発生したりすることもあります。 特に、小さな子供やペットがいるご家庭では、使用は避けたいところですよね。 そんなときにおすすめなのが、 重曹とクエン酸です。 カビ用洗剤ほど強力ではありまえせんが、人に優しい成分でできているので安心して使えます。 5-2)除去の仕方• 重曹とクエン酸を粉のままで同量ずつ混ぜる• カビ部分に混ぜた粉をまぶし、ペットボトルの水を少量混ぜる• 雑巾で水拭きし、クエン酸と重曹、カビを拭き取る• 重曹とクエン酸を混ぜることで発生する泡には、汚れやカビを浮かす作用があると言われています。 発泡してからしばらく放置することでカビと泡が馴染んで浮いてくるので、雑巾でふき取るだけで落とすことできます。 もし、この方法でも落ちない場合は市販の強力なカビ用洗剤を使って除去するか、に掃除を依頼しましょう。 6)窓サッシ掃除に役立つ道具 サッシ掃除は隅の方の汚れが取りづらかったり、レールの上に水を溢れさせないように流したりと、細かい作業が多くて大変ですよね。 以下に、そんな窓サッシ掃除を手助けするお役立ちグッズを紹介するので、掃除を少しでも楽にしたい方はぜひ使ってみてください。 6-1)木工用ボンド 意外なことに、サッシ掃除には工作用の木工用ボンドが非常に役に立ちます。 使い方は簡単で、 取りづらい隅の方などの汚れの上にボンドを厚めに塗布して、乾いたら剥がすだけです。 固まったボンドに汚れがくっついてくれるので、うまくいけばボンドを剥がした跡は見違えるほどきれいになります。 また、木工用ボンドはサッシだけでなく、手では取りづらいブラシの隙間やリモコンのボタンの隙間など、さまざまな細かい場所の掃除に使えます。 6-2)ペットボトルブラシ サッシを洗い流す際に水を入れたペットボトルが便利だということは上述しましたが、その ペットボトルに付けられる掃除用のブラシがあります。 水を入れたペットボトルにこのブラシを付けて掃除をしようとすると、水が少しずつ出てくるという仕組みなので、 水で洗い流しながらブラシで掃除できるという、非常に効率的なアイテムです。 100円均一ショップにも取り扱いがあり、安価で購入できるのでサッシ掃除を手軽に済ませたいという方におすすめです。 7)どうしてもサッシの汚れが落ちない場合は 念入りにサッシ掃除をしてみたけれど、どうしても落ちない汚れやカビがある……という方は、に依頼してみてはいかがでしょうか。 素人では取れない蓄積した汚れや根の深いカビも、プロの技術と道具で見違えるようにきれいになるはずですよ!.

次の

サッシ掃除に便利なグッズ6選 簡単な掃除方法のコツもまとめてみた

サッシ の 掃除

家事アドバイザー・節約アドバイザーとしてテレビ・講演・コラム連載などで活動。 頭を使って賢くスマートに、時間とお金をバランスよく使う暮らし方を提唱。 著書に「シンプルライフの節約リスト」(講談社)などがある。 普段の掃除ではなかなか手が行き届かない、窓のサッシ部分。 人によっては年に1回大掃除のときしか掃除しないというかたも多いのではないでしょうか。 そうなると汚れが固まり、掃除が大変になってしまいます。 基本は普段の掃除でこまめに掃除してあげることが大切。 既に汚れが貯まってしまっている場合は、使い古しの歯ブラシや100円ショップで売っているサッシ用の小さなブラシを使って汚れをかきだし、その後にしっかりと雑巾でふき汚れを落としてあげましょう。 窓サッシを掃除する準備 窓サッシの掃除に必要な道具を用意します。 準備するもの• ドライヤー• 掃除機• 食器用洗剤(または重曹水)• バケツ(多めに水を入れて準備する)• ぞうきん(使い捨てできるもの)• 歯ブラシ(使い捨てできるもの)• つまようじ この7点を準備しておけば窓サッシの掃除がスムーズにできます。 窓サッシを掃除する方法とコツ 手順1. 窓サッシの汚れを掃きだす まずは窓サッシのゴミやホコリを掃き出します。 この際、 窓サッシ部分が湿気で湿っていたらドライヤーを使ってゴミやホコリを乾燥させます。 乾燥させることにより、汚れを履きだしやすくし、また掃き出したゴミやホコリを掃除機で吸い込みやすくするためです。 掃除機内に水分を含む湿ったゴミを吸い込むと湿気によって掃除機の故障に繋がってしまいます。 乾燥させた窓サッシのホコリは歯ブラシで掻き出してください。 歯ブラシでは届かない隅のゴミやホコリはつまようじを使って掻き出すといいでしょう。 長年掃除をせずに溜まってしまったゴミやホコリは、硬く固まっているので マイナスドライバーなどで削り取りたくなってしまうかと思いますが、金属製の工具はサッシを傷つけてしまう可能性が高いのでおすすめしません。 汚れが硬く固まってしまっている部分は、掃除機で他のゴミやホコリを吸ったあとで水を吸わせてやわらかくしてから取ります。 家事アドバイザー:矢野きくの 手順2. 掃きだした汚れを掃除機で吸い込む 歯ブラシやつまようじで掻き出したゴミやホコリを掃除機で吸い込みます。 ゴミやホコリが濡れたり湿っている場合は、掃除機を使わずにぞうきんで拭きとってください。 手順3. 固まった汚れを歯ブラシで掻き出す 水で濡らした歯ブラシで、窓サッシをこすって汚れを落とします。 硬く固まってしまったゴミやホコリは水を含ませてやわらかくしてからゴシゴシ掻き出します。 窓サッシに水を撒いてから一気に掃除をしても良いのですが、ゴミとホコリで汚れた水がお部屋の中に入ってしまうことがあるので注意してください。 窓サッシに溜まってしまうゴミやホコリは外からの土ぼこりなどですので、酷い汚れでない場合は、特に洗剤を使わなくても水だけでキレイに落とすことができます。 100均に「ペットボトルサッシ掃除用ブラシ」というものがあり、ペットボトルに水を入れてサッシ用のブラシをつけ、水を出しながら窓サッシを掃除できるすぐれものがあります。 使用時はお部屋に水が入らないように注意してください。 手順4. 仕上げに窓サッシをぞうきんで拭く 最後に水で濡らしてからしっかり絞った雑巾で仕上げ拭きをします。 窓サッシのカビを落とす掃除方法 外気との気温差が大きい窓の近くは結露によって水が溜まり、カビが発生しやすい環境になっています。 窓サッシに黒いドロドロした汚れがついていたらそれはカビです。 発生してから間もないカビでしたら、アルコール除菌のスプレーを使って窓サッシを拭くだけでキレイにすることが出来ますが、それで消えない頑固なカビでしたら片栗粉を使ってキレイにしましょう。 片栗粉でカビを落とす• 大さじ1杯の片栗粉と塩素系漂白剤(キッチンハイターなど)を大さじ1杯使い捨ての紙皿や紙コップに入れて割り箸でぐるぐる掻き回しペースト状の手作り洗剤を作ります• ペースト状の手作り洗剤を窓サッシのカビの上に乗せて5分間放置します。 長時間放置してしまうと塩素系洗剤は窓サッシのゴムを劣化させてしまうので注意してください• 5分後、いらない布や濡れたティッシュペーパーなどで窓サッシを拭き取ればカビはキレイに落とせます。 片栗粉を塩素系洗剤と混ぜてペースト状にすることによって、カビに洗剤が密着した状態になるのでカビの根元までしっかり届いて効果的にカビを落とすことが出来ます 重曹は塩素系漂白剤と違い人の身体にも優しいので小さなお子さんがいる家庭はこちらをお試しください。 重曹とクエン酸を1:1の割合で混ぜ合わせます• 手順1で混ぜ合わせた粉をカビに振り掛けます• 振りかけた粉に霧吹きで水を吹きかけます。 すると化学反応が起こって泡立ちますますので、そのまま30分程放置します• 放置後は要らない布や濡れたティッシュなどで拭き取ればカビはキレイに落とせています 窓サッシのカビを掃除せずに放置してしまうと、カビにとっては居心地が良く、どんどん繁殖して広がってしまいます。 カビは健康にも害をおよぼすことになりますので、見つけたら放置せずになるべく早くお掃除しましょう。 スチームクリーナーがあればわずらわしい手間も一気に解消されます。 高温の蒸気と圧力で汚れを一気に落とすことができます。 高温の蒸気で掃除をするのでカビ対策や雑菌除去にも効果的です。 洗剤を使わずに水だけで汚れを落とすので赤ちゃんや子供、ペットがいるご家庭でも安心して使うことが出来ます。 窓サッシを掃除する際の注意点 カビ取りで使った洗剤を放置しない 窓サッシのカビを落とす際は、洗剤の放置時間に注意してください。 長時間放置してしまうと窓サッシのゴムを劣化させてしまいます。 掃除をしたために隙間風の原因になってしまっては嫌ですよね。 窓と網戸を外す時は説明書をしっかり確認する 簡単に窓サッシを掃除するコツという事で、少し大掛かりになってしまうので割愛していましたが、本来は網戸と窓ガラスを外してから窓サッシの掃除をすることをおすすめします。 窓や網戸が重なった部分の掃除は大変やりづらく、窓と網戸を外すことができれば一気にきれいに窓サッシを掃除をすることができます。 窓と網戸を外す場合はメーカーの説明書をよく読んでからにしましょう。 よく確認せずに取り外しをしてしまうと窓や網戸がうまくつけられなくなってしまう場合があります。 一人の時は窓を外さない 窓サッシに付いている状態ですと簡単に動かせるので重さが感じられないかと思いますが、窓ガラスが入った枠はかなりの重さになります。 1人で窓を外して重さに耐え切れず倒してしまうとガラスが割れて大変危険な上、掃除の手間も増えてしまいます。 窓を外す時は1人では行わず2人以上で必ず作業してください。 難しいと感じたら窓を外さない 家の2階以上の部分にある窓や網戸だったり、外したり元に戻すことが難しそうな窓や網戸の場合は破損させたり怪我をしてしまう危険があります。 ご自分で掃除をせずに ハウスクリーニングなどのプロの清掃業者に依頼することも掃除方法の1つです。 業者に依頼する場合は清掃手数料がかかりますが、ケガをする危険を考えたらプロへ依頼を検討してみてください。 まとめ いかがでしたでしょうか?窓サッシの汚れに気がついても、お掃除まではなかなか手がまわらず後回しにしているかもしれませんが、ゴミやホコリの汚れがカビ菌の温床になってしまうことを忘れないでくださいね。 窓サッシの掃除だけをしようとするとなかなかできないものですが、普段掃除機を掛ける際に窓サッシのホコリも一緒に吸ってしまいましょう。 ちょっとの手間ですがホコリが溜まらなければカビの発生の予防になります。

次の

窓の掃除と一緒に!!意外と汚れている窓のサッシ部分の掃除方法

サッシ の 掃除

窓枠のお掃除、どれくらいの頻度でしていますか?ふだんは床掃除だけで精一杯、窓なんて大掃除のときくらいしか手が回らない~と、つい先送りにしている方も多そうですね。 窓は外側はもちろん内側も汚れが付くもので、特に窓枠やサッシ部分にはホコリと黒カビが付きやすいです。 格子状の窓枠やゴムパッキンなどにカビがはえていた場合などは、「これ、何時間かけたら取れるの…?」と気が遠くなってしまいますよね。 窓周りは結露などの影響が強く、浴室に次いでカビが大量発生しやすい場所でもあります。 放置すれば室内中にカビが漂い続けることになり、免疫力を落としたりアレルギー症状を引き起こしたりと、体に悪い影響が出てしまう可能性も…。 見た目にも健康にも悪い窓枠のカビと黒ずみですが、身近なもので意外と簡単に撃退することができます。 カビ汚れが気になっている方は、ぜひ一度お試しください。 どちらかができていないと再発しやすくなります。 また、作業中はカビや薬剤の影響を避けるためマスク、ゴム手袋、眼鏡などを着けましょう。 台所用品とドラッグストアにあるもので除去する方法• 食器用洗剤を薄めたものか、住宅用の中性洗剤をスプレーし、数分おく• よく絞った雑巾で窓枠の汚れを拭き取る• 消毒用エタノールやカビ取り剤で殺菌する もし2の段階でパッキンの黒ずみなどの汚れが落ちなかったら、3で殺菌する前に下記の方法も行ってみましょう。 それでもダメなら漂白剤かゴムパッキン専用のカビ取り剤! 窓枠の掃除で困るのが、ゴムパッキン部分のカビがなかなか取れないこと。 カビの根がゴムの中まで入り込んでいるため、簡単には黒ずみが落ちなくなりがちです。 カビ取り剤にはゴムパッキン専用のものが売られていますので、こういった頑固なカビ汚れはパッキン専用の薬剤を使って除去してみましょう。 塩素系漂白剤も効果があります。 マスク、ゴム手袋を付け、液だれした時に備えて床に新聞紙をしく• 窓枠に、薬剤をしみ込ませたキッチンペーパーを貼る• ゴムパッキン専用のカビ取り剤や塩素系漂白剤を布塗し、30分ほどおく• 雑巾で拭きとる• まだ汚れていたら、再度1から繰り返す 長年こびりついていたカビ汚れは一度ではなかなか落ちませんが、何度かこの工程を行うことで徐々にきれいになっていくはずです。 エタノールやカビ取り剤の使用で気を付ける点 カビ取り剤を使う時には、他の洗剤と混ぜない、必ず換気しながら行うという点に気をつけてください。 有毒なガスが発生する危険があります。 そして先述のようにマスクやゴム手袋、眼鏡などを使用することも大切です。 最後に、作業の後はしっかり洗顔・手洗いをしておきましょう。 サッシのカビやホコリは割り箸と綿棒でゴッソリ取る 窓のサッシも、長いこと掃除をサボってしまうと驚くほどホコリやゴミが溜まります。 それを放っておくと、窓ガラスが結露した時の水分をホコリが吸ってカビの巣窟に…。 窓枠やサッシの掃除がおっくうなのは、手やブラシなどが入りにくく掃除がしづらいからというのも大きいでしょう。 細かい場所は、割り箸や綿棒を使ってトライしてみてください。 サッシの簡単お掃除、必要アイテムとコツ• 窓サッシ全体のホコリを、掃除機のホースやハタキなどを使って大体取り除く• 割り箸に、湿らせたクッキングペーパーや薄手の雑巾などを巻き付け、汚れを落とす• 細かい隙間のホコリや黒ずみは、歯ブラシや綿棒、つまようじなどで取り除く• ホコリが取れたら、消毒用エタノールやカビ取り剤でカビ菌を退治していく サッシの場合も、カビがしつこいようであればカビ取り剤を付け時間をおいてから拭き取る、という手順を繰り返してみましょう。 ついでに窓ガラスもササッとピカピカにできます せっかく窓枠がキレイになっても、窓ガラスが曇っていてはスッキリできませんね。 この際ついでに窓ふきもやってしまおう!という方は、ぬるま湯で濡らした新聞紙でササっと拭けばキレイになります。 丸めた新聞紙を濡らしたら、上から下に向かって汚れを落とし、仕上げに乾いた新聞紙を丸めたもので乾拭きすればOKです。 もっとしっかりやりたい方は、下記を参考にされてくださいね。 ガラス用洗剤か、台所用洗剤(洗剤1:水9の割合)を含ませたスポンジで拭く• 窓ガラスが洗浄液でたっぷり濡れたら、ワイパーで下から上に向かって拭き上げる• 固く絞った布でワイパーの跡を拭き取る• 乾いた雑巾で窓とサッシに残った水分を拭いて仕上げる どちらの方法も、ゴム手袋はお忘れなく…! 窓枠にカビ=カーテンにも?!カーテンのカビも取っちゃおう 「カーテンをめくってみたら、カビでドット柄ができていた…!」遮光や防音効果のある分厚いカーテンでは珍しくないことですが、見つけたときはショックですよね。 カーテンのカビは普通に洗濯しても全部はとれないことが多いため、液体酵素系漂白剤を使うのがおすすめです。 お使いのカーテンが自宅で洗濯可能な素材でしたら、下記の手順でお洗濯していきましょう。 カーテンフックを全てカーテンから外し、プリーツに沿ってきれいに畳む• コースは、手洗いモードやドライモードなどの、生地に優しいコースを選ぶ• 脱水でカーテンが痛むため、布カーテンでは1分、レースカーテンは30秒で止める(もしまだカビが落ちていなかったら、もう一度同じように洗濯する• 脱水後は元通りカーテンレールに吊るし、手で優しくシワを伸ばす 洗濯が終わったら、天気がよければ窓を全て開放するか、エアコンの除湿モードなどを使って乾燥を早めてあげましょう。 窓枠やサッシのカビとホコリ黒ずみを予防するには ひとつひとつは単純な作業ですが、窓周り全体をキレイに掃除するのは大変ですし時間もかかります。 日頃から予防対策をしておくと、頑固なカビ取りや黒ずみ掃除の頻度を下げることに繋がります。 結露が発生しにくい環境を簡単にキープする方法 カビは水分とホコリを栄養にして発生します。 ということは、結露防止と簡単なホコリ取りをしていけば、カビ取りで苦労することもなくなるはずです。 換気や結露のふき取りをこまめに行って窓ガラスの湿度を下げ、定期的にカビ菌を殺菌することで、カビは予防できます。 また、下記のような便利アイテムも有効です。 窓ガラスに結露防止シートを貼る• 新聞紙を貼り付けて水分を取る 換気は暖房をつけたままでもいいので、とにかくこまめに行う癖をつけておくと効果的です。 換気で部屋に新鮮な酸素が行きわたるので、健康面でも一石二鳥と言えますね。 毎月1回は薬剤をスプレーしてカビ菌退治! 窓枠のカビは、窓ガラスの湿気に気をつけると同時に、菌自体を退治しておくことが特に重要です。 カビが発生しやすい時期には、月に1回は消毒用エタノールやカビ取り剤をスプレーしておけば、黒ずみのないキレイな状態をキープできるでしょう。 どしても結露する時期は拭き取りをこまめに 色々と対策しても、どうしても結露してしまう場所もありますよね。 大きな窓ですと結露防止シートを貼るのも大変です。 このような場合は、運動を兼ねてこまめに結露とりワイパーでキュッキュと水気を拭き取りましょう。 結露最盛期になると1日1回では足りない日もありますが、健康のためのスクワットだと思えば有意義な日課にできそうです。 窓はピカピカ、スタイルアップも叶うなんていう嬉しい結果に繋がるといいですね。 まとめ 窓周りの黒いカビ汚れ…見て見ぬふりしたくなりますが、掃除を先送りするほど除去に時間がかかり、健康面の被害も心配になります。 現時点で「窓枠まっくろ」という方は、さっそく割り箸とキッチンペーパー片手に着手してみましょう。 1度キレイにしてしまえば、定期的な換気と消毒で清潔な窓周りをキープしやすくなります。 冬場など結露が多い時期は特に、水分の拭き取りを忘れないようにしましょう。 また、暑い時期の窓掃除は、なるべく曇りの日に行うと負担が少ないです。 よく風水では「ガラスなど光るものを磨くと幸運が舞い込む」と言われています。 キレイにした窓を毎日朝一番に開けて、換気とカビ予防を気持ちよく続けていきたいですね。

次の