ジャパン トラスト 債権 回収。 電話番号0355792612はジャパントラスト債権回収株式会社

0355792611はジャパントラスト債権回収株式会社

ジャパン トラスト 債権 回収

ジャパントラスト債権回収とは 「 ジャパントラスト債権回収って何の会社?無視したらダメ?」 ジャパントラスト債権回収株式会社は、2005年に設立された株式会社光通信グループの債権回収会社(サービサー)です。 債権回収会社とは、銀行などから債権を買い取り、 借金の取り立てを専門に行う企業です。 取り立て専門と聞くと、恐喝まがいの取り立てをイメージしするかもしれませんが、 法務省から正式に認められています。 一般的に、借金の取り立ては、借入れをした貸金業者が直接行いますが、これを取り立ての専門業者に委託されたというのは危険信号です。 なぜジャパントラスト債権回収から通知が来るのか 「 なんでジャパントラスト債権回収から通知が届くんだろう…身に覚えがない…」 ジャパントラスト債権回収は、株式会社光通信グループですが、もともとは親会社を持たない独立系の債権回収会社だったため、現在でもグループ会社以外から債権を引き受けています。 そのため、ジャパントラスト債権回収から直接借り入れをしていなくても、取り立てが来ることがあります。 見知らぬ企業から突然連絡がきて戸惑う方も多いと思いますが、冷静に対処しましょう。 ジャパントラスト債権回収から届く通知は全て督促 長年、借金を滞納していると、ジャパントラスト債権回収から催告書が届く場合があります。 通知書のタイトルは様々ですが、内容が借金の請求であることに変わりはありません。 身に覚えのない会社だから言ってと架空請求と間違えないように注意してください。 下記のようなタイトルで送られてきます。 請求書の主なタイトル• ご通知• 債権譲渡通知書• 法的措置予告通知 「債権譲渡通知」は債権回収会社による督促の始まり ジャパントラスト債権回収の通知には、「 債権譲渡通知」というものがあります。 これは、「 債権が元債権者からジャパントラスト債権回収に譲渡された事を通知する書類」です。 債権譲渡通知は、届いた段階ですぐに何らかの措置が取られるわけではありませんが、債権譲渡があったのだという事実を通知する書類だと覚えておいてください。 一般的に、取り立ては借入れをした貸金業者が行われますが、これが取り立ての専門業者に委託されたということは危険信号です。 ジャパントラスト債権回収から通知が届いたときの対処法 「 督促状が届いたけど返済できない…どうしよう」 「 知らない会社だけど…もしかして架空請求!?」 身に覚えのない会社からの通知だからと無視してしまう人もいますが、ジャパントラスト債権回収から通知が届いた場合、 無視だけは絶対にしてはいけません。 債権回収会社から通知が届く場合、裁判や差し押さえ強制執行の一歩手前の可能性があるため、一刻も早い対応が求められます。 STEP1. 通知の「送り主」「内容」が正しいかを確認する 「 知らない会社から請求書が届いたけど、詐欺じゃないの?」 債権回収会社を装った偽業者が報告されています。 債権回収会社は法務省に認可されているため、その信用力を悪用する業者もいます。 まずは督促の送り主が本当に「ジャパントラスト債権回収」であるかを確認することが大切です。 通知に記載されている 「会社名」「住所」「電話番号」が正しいかを確認しましょう。 会社名 ジャパントラスト債権回収株式会社 住所 (本社)東京都新宿区新宿6丁目27番56号 新宿スクエアビル6階 電話番号 03-5579-2611 許可番号 2006年1月 法務大臣 営業許可番号 第100号 出典: これらの情報と一致していない場合や身に覚えがない場合は、詐欺の可能性もあります。 念のため、正式な電話番号に電話して「督促のハガキ・電話があった」旨を伝えて、借金がジャパントラスト債権回収に移っているのかどうかを確認するのも良いでしょう。 また、「請求内容」「支払期限」「滞納金額」についてもしっかり確認してください。 STEP2. 借金の時効を確認する 「 もう何年も支払っていないけど、なんで今さら…」 意外かもしれませんが、借金には時効があります。 5年以上返済していない場合、時効となる可能性があるのです。 ジャパントラスト債権回収からの通知が「請求書」の場合、「約定返済日」「支払期日」「期限の利益喪失日」といった項目がないか確認してください。 もし、そのような項目がある場合、その日付が5年以上前であれば 消滅時効を主張できる可能性があります。 債権回収会社からの通知には、時効を中断させる狙いがあります。 最後の返済から5年以上経過していると思われる場合は、安易に連絡しない方が安全です。 焦って連絡をしてしまい、1円でも返済をしてしまったり、担当者と電話で分割払いの話をしたり、減額のお願いをすると 債務の承認となってしまい、それまで進行していた借金の時効期間がリセットされてしまいます。 特に以下の対応には注意してください。 時効が中断する代表的な行為• 電話で分割払いの話をしてしまう• 借金の一部を振り込んでしまう• 和解書や示談書にサインしてしまう• 借主(債務者)の方から借金の減額を持ち掛けてしまう 法的知識が必要な手続きであり、闇雲に対応すると危険なため、ご自身で対応するのに少しでも不安がある場合は、弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。 借金問題の経験豊富な弁護士や司法書士であれば、ジャパントラスト債権回収に受任通知を送り、すぐに請求を止めて、時効の中断事由がないか確認したうえで、確実に消滅時効の手続きを行います。 条件によっては時効期間が10年になることも 以下に該当する場合は、時効期間が10年に延長されることがあるため注意が必要です。 債務の承認とは「自分に借金があることを認めること」です。 借金を認める念書を交わすなど書面だけでなく、電話などで連絡をして「もう少し支払いを待ってください」など、うっかり口頭で話をするだけでも成立してしまいます。 STEP3. ジャパントラスト債権回収に返済計画を相談する 「最終返済日から5年経過していない」あるいは「誤って時効中断をしてしまった」ために時効が成立しない場合、 借金を返済する義務があります。 対応しようと思えばできたのに、引き落とし口座の変更などが面倒で、つい先延ばしにしているうちに債権回収会社から通知が来てしまったという方も多いものです。 このような場合は、ジャパントラスト債権回収に連絡して支払いの意思があることを伝え、具体的な返済方法について相談しましょう。 STEP4. どうしても返済できない場合は弁護士や司法書士と「債務整理」を検討する 時効が成立せず、返済目処も立たない場合、 すぐに弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。 ジャパントラスト債権回収からの通知を放置すると、 督促が続き、最終的に裁判を起こされ、家、車、預金、給与などあらゆる財産を差し押さえられてしまいます。 通知を無視する方の中には、借金の返済に充てられるお金がないために連絡をできない方もいるかもしれません。 弁護士・司法書士なら、これらを今すぐ安全に止めることができます。 何も行動しなければ、状況がますます悪化してしまいます。 もし借金で悩んでいるなら、なるべく早めに弁護士や司法書士に相談してください。 弁護士や司法書士に依頼することによって、国が認めた法的手続きである「 債務整理」を利用することが可能です。 これによって、 借金の元本の減額や将来利息の免除などができる可能性があります。 高額な費用のイメージの強い弁護士や司法書士はハードルが高いように感じるかもしれませんが、実際にはいくつかの手順を踏むだけで借金生活から解放される可能性があるため、弁護士や司法書士に相談する方が安く済むケースが多くあります。 弁護士・司法書士への相談・依頼を通じて分割払いで借金を支払うことが可能です。 気軽に連絡してみてください。 借金の減額や分割払いができる「債務整理」 債務整理とは、「 弁護士や司法書士に依頼することによって、借金の元本の減額や将来利息の免除などができる、国が認めた法的手続き」です。 弁護士や司法書士が行う法的手続きをいうとハードルが高く、「自分には関係ない…」と思ってしまう方もいるかもしれません。 しかし、債務整理は、基本的にどなたでも利用できる国の救済措置です。 この債務整理には、 任意整理・自己破産・個人再生・特定調停の4つがあります。 4つの債務整理の概要 任意整理 裁判所を通さず、弁護士や司法書士が貸金業者と交渉することで、 将来利息のカット(場合によっては元本の減額)によって月の返済額を抑える。 無理なく返済を続けたい方におすすめ。 リスクやデメリットが少なく、もっとも利用者が多い。 個人再生 裁判所を通して、 借金を原則5分の1に減額して、し、3~5年で完済する手続き。 所有する家を残すことができるのも特徴。 他の借金返済で住宅ローンの返済が圧迫されてしまっている方におすすめ。 再生計画と継続した収入が必要。 自己破産 裁判所を通して、 借金をゼロにする手続き。 借り入れの総額が大きく、毎月の返済で生活すら圧迫されている方・人生の再スタートを切りたい方におすすめ。 借金はなくなるが、家や車などの財産は失う。 特定調停 裁判所を通して、調停委員が貸金業者と交渉することで、 元本の減額や利息のカットによって、借金を3~5年で完済する手続き。 低額の予算で借金を何とかしたい方におすすめ。 手続きが複雑で成功率が低い。 どの手続きを選ぶべきかは、借金をしている方の借金額や期間、経済状況などによって異なります。 債務整理とは、 あなたの借金を整理して無理のない返済額にする方法です。 借金返済を楽にして、生活を立て直すことができます。 苦しい借金生活を抜け出すために、ぜひ弁護士や司法書士にお気軽に相談してみてください。 ジャパントラスト債権回収からの通知を放置するとどうなるのか 「 今までもカード会社からの通知を放置しても問題になったことはないから、今回も大丈夫かな?」 繰り返しになりますが、債権回収会社から通知が届くということは、裁判や差し押さえなどの法的措置に、いつ移行してもおかしくはない状況です。 ここからは、ジャパントラスト債権回収が取り立ての際に、どのような対応をするのかご紹介していきます。 それでも支払いがない場合は、「一括請求」の通知が送られてきます。 この一括請求が送られてくると、裁判や差し押さえ強制執行も近いと考えてください。 ジャパントラスト債権回収は、法務省が許可した正式な企業であるため、深夜や早朝に電話や恫喝をしたり、近所や玄関に張り紙を貼るといった違法な取り立てはしません。 しかし、無視を続けると親や保証人、職場に電話をかけるなど、取り立てが厳しくなっていきます。 (一度目からこうした通知が届くケースもあります) このような通知は、裁判所を利用せず交渉で解決できる 最後通告のようなものです。 催告書を無視し続けると簡易裁判所を通して督促が来る 催告書を放置し続けると、早ければ1ヶ月程度で簡易裁判所から「 支払督促」が届きます。 支払督促とは、「 このまま滞納を続けると、財産を強制的に差し押さえます」という通知書です。 簡易裁判所の支払督促は、特別送達という特殊な郵便で届きます。 特別送達とは、公的な機関から書類を送る時に使われる方法で、封筒の表面には特別送達である旨が記載されており、必ず配達員から手渡しされます。 裁判所から普段目にしない形で督促が届くと動揺すると思いますが、 絶対に放置してはいけません! 身に覚えのない請求ならば、同梱されている異議申立書を支払督促の受け取り後、 2週間以内に簡易裁判所に提出しなければならず、無視してはいけません。 裁判所からの督促も無視すると訴訟を起こされ最終的には強制執行 簡易裁判所から届いた督促状は、書類を受領してから2週間以内に何らかの返答をする必要があります。 これを無視して期日を過ぎてしまうと、全面的にジャパントラスト債権回収側の請求が認められ、裁判所から支払い命令が出てしまいます。 判決は、支払い命令を受け取ってから約2週間で確定し、いつ財産を差し押さえられてもおかしくない状況になってしまいます。 支払督促を受け取ってから2週間を経過すると、その日から30日間、債権者は仮執行宣言の申立てをすることができます。 裁判所書記官がこの申し立ての内容を審査して、問題がなければ仮執行宣言が発付され、仮執行宣言付支払督促が債務者に送られます。 このとき再び異議を申し立てる機会が与えられますが、このときにも何もしなければ、債権者は裁判所に差押等の強制執行の申立てをすることができます。 裁判放置をして強制執行をされてしまうと、問答無用で大切な財産を持ち出されてしまいます。 差し押さえの対象になるものは、 預貯金や生命保険、株式、給料などにとどまらず、車や貴金属、骨董品なども含まれます。 原則的には、最低限の生活の保障のためのもの以外はすべて対象になります。 このように多くのものを差し押さえられてしまうと大事なものを失うばかりではありません。 給与が差し押さえられると会社に居づらくもなってしまいます。 実質上は生活が成り立たない状況になってしまうでしょう。 また、この段階になってしまうと、弁護士や司法書士でも対処することは非常に難しくなります。 そのため、強制執行まで事態が進む前に手を打つことが大切です。 債権譲渡されても保証人や連帯保証人の返済義務はなくならない 債権が債権回収会社に譲渡されでも、 保証人や連帯保証人の立場は変わりません。 債権回収会社と直接、保証契約を交わしたわけではないですが、保証人や連帯保証人としての義務がなくなるなどということはありません。 債権が別の会社に移った時に保証契約もそのまま移行されます。 したがって、保証人は、債権回収業者に債権が譲渡されたとしても、同様の保証義務を負います。 保証人や連帯保証人もあなたと同じように状況が悪くなっていると言うことです。 債権譲渡の時点で信用情報には傷がついている 債権回収会社に債権譲渡が行われるということは、不良債権のなかでも相当程度の重い債権となっている状況です。 つまり、長期間、借金を滞納している状況です。 そのため、債権譲渡が行われる時点で、信用情報機関に登録されています。 つまり、 ブラックリスト入りです。 ブラックリストに載ってしまうと、返済能力に問題があると判断され、 銀行や消費者金融などからの借り入れはもちろん、クレジットカードを作成することも困難になります。 まずは弁護士・司法書士に相談 借金の取り立てに悩んでいる人のなかには、誰の力も借りずに自分で解決したいと思っている人もいます。 しかし、債権回収業者が連絡してくる時点で借金の返済が難しい状況です。 この状況で何をすれば、自分で解決できるのでしょうか。 残念ながら、自力での解決は容易ではありません。 もしできたとしても、そこまでの道のりは険しいものになるでしょう。 できるだけ早く、苦しみのない生活を取り戻すためには、自分で解決しようとしないで弁護士や司法書士に相談することです。 債権回収業者への対応はもちろんのこと、自己破産すべきなのか、ほかの債務整理の手段を選ぶのがよいのかといったことも、専門家である弁護士や司法書士なら的確に判断しアドバイスしてくれます。 また、最初の相談は無料ですし、契約して弁護士・司法書士費用がかかることになっても分割払いができます。 まずは、無料相談を利用してみましょう。 ジャパントラスト債権回収の取り立てに関するお問い合わせ 当サイトがおすすめする「みつ葉グループ」は、2012年3月に創業し、8年目を迎える総合士業グループです。 東京・福岡・大阪・札幌・広島・沖縄の6拠点で、経験豊富な債務整理専属チームがフルサポートしています。 みつ葉グループは、弁護士・司法書士・行政書士・税理士・土地家屋調査士など多数の専門家を有する 総合士業グループです。 そのため、それぞれの専門家が連携・協力することで、あなたの状況に最適なワンストップサービスを提供することが可能です。 全国で365日24時間、いつでも相談可能です。 また、 相談は無料で受付けており、安心して相談できる良心的な事務所です。 また、職場や家族、知人に知られたくないという方にもサポートをしています。 気になる費用ですが、分割払いができるため、手元にお金がなくても気軽に相談ができます。 みつ葉グループは、本当に必要な手続きを見極めてくれる良心的な法律・法務事務所です。 もし借金問題に苦しんでいるなら、一人で悩ますに、まずは相談してみてください。 あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法を提案してくれます。

次の

05035035692はジャパントラスト債権回収

ジャパン トラスト 債権 回収

今回あなたにお任せするのは、コールセンターでの対応。 返済が滞っている方に対して、契約内容の確認など、債権管理業務を通してお客様や社会に貢献できるお仕事です。 返済の案内を行なう仕事ということもあり、簡単ではありません。 またトークスクリプトもご用意していますが、全てがマニュアル通りに行く仕事でもありません。 しかしだからこそ、相手にご納得いただくトークスキルが身につくほか、どんな時でもロジカルに対応できるスキルも養うことができます。 また、債権管理業務を通じて、お客様の事業の成長を後押しすることもできるのです。 難しく感じるかもしれませんが、現在10名ほどのスタッフがコールセンターにおり、全員が未経験からのスタート。 慣れるまで丁寧に業務を教えるので、未経験でもじっくり成長できる環境を整えています。 高度な対応スキルを身に着けながら、お客様の事業を支える。 そんな社会的意義のある仕事に取り組みませんか。 債権管理回収業務(コールセンタースタッフ) 未経験者歓迎/正社員登用前提金融機関の各種契約などで返済が滞っている方に対して返済のご案内を行なっていただきます。 入社後は研修のほかマンツーマンで業務を教えるので、特別な経験は不要。 高度な対応スキルを身につけながら、お客様の事業運営を支える仕事です。 対象のお客様は、個人や法人などさまざまです。 大まかなトークスクリプトはありますが、契約内容やお相手によって対応方法が異なるため、状況に応じて臨機応変に対応しています。 つながらない電話もあるようですが、1日に電話をかける件数は、150件ほど。 きちんと丁寧な対応ができれば十分なお仕事です。 入社後の教育については、下記「サポート体制」をご覧ください。 募集背景 債権管理回収業務を行なっている当社は、豊富なノウハウのもと、丁寧かつ着実に成果が出ている点が評価され、安定した経営を続けています。 今後もより多くの企業の健全な事業運営をサポートするため、組織体制を強化することになりました。 お金に関わることなので、細かなルールについても丁寧に教えます。 その後はロープレを通して、どんなケースの問い合わせが多いのかなどを学んでいきましょう。 2日間の研修が終われば、現場に配属。 先輩がマンツーマンでついて業務を教えます。 一人で対応ができるまでに半年程度を想定しているため、焦らずじっくり経験を積んでいきましょう。

次の

ジャパントラスト債権回収|支払い遅れで取り立てがきた!その対処法とは?|あんしん債務整理の相談窓口.com

ジャパン トラスト 債権 回収

海外の債権回収|情報調査、特殊調査はトラストジャパン トラストジャパンは海外の債権回収で必要な調査を業務として対応しております。 現在中国、韓国、台湾をはじめ、アジア諸国に日本人が移住し、日系企業が進出しています。 これまでも多くのトラブルのご相談に応じて参りましたが、中でも債権回収に関するご相談は増加している傾向にあります。 弊社はアジアから欧米諸国など世界各国現地で人探し、尾行調査、詐欺調査、身辺調査などを行い、債権回収に必要な調査や弁護士、現地機関との協力体制を行うことが可能で債権回収に必要なスキルがあります。 この築き上げたスキルとコミュニティーとの連携に加え、債権回収のノウハウを生かすことでこれまでも実績を多く残して参りました。 海外でお金を貸したが対象相手との連絡が取れなくなってしまった、取引先の企業が売掛金を何ヶ月も未払いのまま、など調査の部分でもお悩みの際はご相談ください。 韓国の債権回収+特殊調査 韓国ではネットを利用した金銭トラブルが横行しており、近年多くのご相談が寄せられています。 日本人を相手に高金利で資金を誘致するものの、結局韓国企業側が投資金を返さないといったトラブルです。 注意は呼びかけられているものの、手口や言い回しが巧妙で、被害は定期的に報告されています。 現状、被害に遭われた多くの個人投資家や企業は、被害額を回収することができずに居る状況です。 また、ネットを介しただけで、団体の正体や、どのような組織なのかもわからないままといったケースも多いです。 トラストジャパンは韓国では長年、調査活動、各分野のコンサルなど歴史あり弁護士事務所とも提携、調査も含め様々な場合、シチュエーションをクリア対応できる環境を形成しており、債権回収の解決や調査のご相談にも迅速に対応できる環境を整えております。 中国での債権回収+特殊調査 現在中国に進出している日系企業は上海、北京、広州を筆頭に増加の一途を辿ります。 そのような状況下で、売掛金の回収トラブルば問題視されているところです。 もともと滞納や踏み倒しなどは、国民性柄多い国です。 その為、中国に進出しても日系企業同士でしか取引をしないケースが多かったものですが、現地で経営開拓していくには中国の企業との取引は必要不可欠であり、民間企業との取引は今後も増えていくことが予想されています。 トラストジャパンはこれまでも中国各地の弁護士、調査会社、その他様々なネットワーク網を駆使して中国の債権回収に挑んで参りました。 詐欺、売掛金回収など多くの成功事例がございます。 随時ご相談に対応しております。 台湾の債権回収+特殊調査 「親日家」というイメージが先行する台湾人に対しては、他のアジア諸国の人物との交流に比べ、いささか警戒心が薄れている印象があります。 こういった「親日家イメージ」を利用し、台湾人の詐欺や、借りたお金を返さないといった行為は増えており、弊社にも度々ご相談が寄せられます。 個人間では、「信頼していた台湾人にお金を貸したら連絡が取れなくなってしまった」「個人売買で商品をネットで購入したが、何も送られてこない」、また、企業間では、「売上金が何ヶ月も回収されないまま」「売掛金未回収のまま取引先が夜逃げしてしまった」といった事例もこれまで報告されています。 トラストジャパンはこの国の弁護士、調査機関など台湾全国のブレーンにより強い回収方法ができる環境+回収に活用できる特殊調査を整えております。 台湾の債権回収について長年の実績と経験があり、随時ご相談に対応しております。 東南アジアの債権回収+特殊調査 ベトナム、タイ、マレーシア、インドネシアなど、東南アジア諸国から現在多くの債権回収に関するご相談を受けております。 近年よくあるご相談内容としては、株や不動産の投資詐欺に関する案件が多い印象です。 東南アジアでは日本人は富裕層と見られるケースが多く、狙われ易いです。 うまい話を持ち掛け、お金を搾取した後に音信不通になるケースや、再三の催促に応じない例など多数です。 また、日系企業の東南アジア進出の影響で企業間のトラブルも増加しており、売上金未回収をはじめとした取引先とのトラブルも相次いでいる印象です。 ただ、債権回収においてトラストジャパンは実績があり、現在東南アジア諸国全域で現地の弁護士や調査機関のブレーンを利用した調査環境を整える事が出来ております。 諦めずに、ご相談ください。 欧米・ヨーロッパの債権回収+特殊調査 アメリカ、カナダなどの欧米諸国、また、ドイツ、フランス、イギリスなどヨーロッパでの債権回収業務に対応致します。 諸国では、弁護士を含めた現地協力会社との合同チーム構成し、これまでも成果を残して参りました。 アメリカ、カナダなどはとくに国土面積も大きく、一度行方がわからなくなれば対象を探し当てる術がなくなってしまいます。 しかし、トラストジャパンは各国の所在調査や人探しにも対応しており、対象の居場所を掴む事で債権回収のきっかけを作った事例があります。 また、ニューヨーク、ロサンゼルス(アメリカ)、トロント、バンクーバー(カナダ)、パリ(フランス)、ロンドン(イギリス)などには、多くの日系企業が進出している傍ら、売上金未回収など、債権トラブルの被害に遭われている企業も少なくありません。 円滑に欧米やヨーロッパでビジネスを行うことができるよう、サポートして参ります。 債権回収に必要な様々な調査はお任せください 債権回収を行う場合、状況によっては証拠が必要な場合があります。 いくら債権者が「貸した」という事実を言い張っても、債務者側がその事実を否定し、そこに証拠が無ければお金の貸し借りが立証されないこともあります。 たとえば投資関連の債権トラブルで、対象に現金での融資を行い、借用書など何も書かなかった場合、お金の貸し借りの証拠が残りません。 そこで、トラストジャパンは各国の弁護士や調査機関と提携し、証拠収集を行うことが可能です。 各国で培ったブレーンのもと、独自のルートから証拠を収集した事例は数多くあります。 明確な証拠があれば、裁判になった際も有利になり、最終的に債権を回収できる可能性が高くなります。 対象人物や企業の身辺調査、素行調査、潜入調査などを駆使し、証拠を掴んで参ります。 海外債権回収関連の事はトラストジャパンにご相談を 韓国、中国、台湾から東南アジア、欧米諸国など、トラストジャパンは世界各国の債権回収業務に対応しております。 既に多くの結果を残すことができている理由は、各国の弁護士や調査機関と提携し、状況証拠の収集や詳細な身辺調査や素行調査、債務者が行方不明になった際の捜査などにも対応することが可能だからです。 実際、海外で債権トラブルに遭った多くの日本人や日系企業主は損失額の回収が出来ていません。 理由として、海外での債権回収に対応している調査機関が皆無な点と、現地の弁護士や調査機関に依頼したとしても言語の面や外国人だからといったコミュニケーションの面で円滑なやりとりが出来ないからというところにあります。 しかし諦める事はありません。 弊社は既に各国で債権回収を成功させています。 まずはご相談ください。 債権回収が可能かどうかも含め、状況を判断し最適案を提案して参ります。

次の