アンデルセン公園 イルミネーション。 アンデルセン公園のイルミネーションを無料開放!千葉・船橋でクリスマス

ふなばしアンデルセン公園クリスマス夜間開放の混雑状況や駐車場、見どころやおすすめの周り方は?

アンデルセン公園 イルミネーション

ふなばしアンデルセン公園クリスマス夜間開放の混雑状況は? ふなばしアンデルセン公園クリスマス夜間開放は、例年クリスマス前の2日間、17:00~20:00まで行われています。 開催期間が2日間と短いこともあり、例年とても混雑します。 当日は 16時に一旦閉園した後17時から無料開放が始まります。 駐車場の混雑を避けたい場合には17時より前に到着しておいた方が安心です。 会場内は、 クリスマスツリーの点灯が行われる17時~18時頃までが一番混雑します。 そのため、あえて少し時間をずらした18時~19時頃に到着するようにお出かけするのもいいかもしれません。 ふなばしアンデルセン公園クリスマス無料開放の駐車場や渋滞は? ふなばしアンデルセン公園は公共交通機関で行くには少々不便な場所にあるため、車で訪れる人が多いようです。 そのため、 1100台駐車できる広い駐車場も非常に混雑します。 さすがに満車になることはないようですが、混雑を避けたい場合は早めに到着するようにしましょう。 駐車料金は通常300円ですが、 無料開放時には無料となります。 また、周辺の道路が渋滞することはほとんどないようです。 ただし、最近はテレビで紹介されることも多くなり、年々人出が増えているようです。 ある程度の混雑は予想して余裕をもってお出かけするのがおすすめです。 公共交通機関を使う場合は、新京成線・東葉高速線「北習志野駅」から北総線「小室駅行き」バスに乗車して「アンデルセン公園下車」下車します。 スポンサードリンク ふなばしアンデルセン公園夜間開放の見どころは? ふなばしアンデルセン公園でイルミネーションが楽しめるポイントは「メルヘンの丘ゾーン」と「花の城ゾーン」の2か所です。 例年公園内の噴水やデンマーク風の風車、童話館という建物が10万球の電球でライトアップされる他、大きなクリスマスツリーも見ることができます。 少し遅い時間になると列が短くなるので、園内をゆっくり見て回ったあとで様子を見て自撮りスポットに並ぶのがおすすめです。 また、ふなばしアンデルセン公園クリスマス無料開放の魅力はイルミネーションだけではありません。 例年クリスマスツリーの点灯式や、ハンドベルの演奏など、クリスマスらしい催しが開催されています。 クリスマスツリーの点灯式は17:00~17:20なので、点灯式を見たい場合には早めの時間に会場に到着するようにしましょう。 サンタ衣装を着たヤギさんがサンタさんと共に登場する催しも、毎年大人気です! ただ見ているだけでも可愛くて癒されますが、一緒に記念写真を撮ることもできます。 ヤギさんは一匹だけでなく、会場内に何匹も登場するので、ぜひ探してみてくださいね! 到着後、まずは「メルヘンの丘ゾーン」で風車などのイルミネーションを鑑賞してから、各種催しを楽しんで、後半に「花の城ゾーン」で記念写真を撮ると比較的混雑を避けてイルミネーションを楽しむことができそうです。 幻想的なイルミネーションと楽しいクリスマスの催しが楽しめるふなばしアンデルセン公園クリスマス無料開放ですが、会場は基本的に野外となるため、とても寒いです。 雨天時でもイルミネーションを楽しむことはできますが、その場合はさらに冷え込みも厳しくなります。 必ず暖かい恰好で、防寒対策をしっかりしてお出かけしましょう! また、会場内には何か所か飲食店もあります。 温かい食べ物も売っているようなので、体が冷えてきた時には軽く休憩をするのもおすすめです。 ふなばしアンデルセン公園夜間無料開放の詳細|開催期間やアクセス方法など• 点灯期間:12月下旬• 点灯時間:17:00~20:00 (クリスマスツリー点灯式 は17:00~17:20)• 点灯場所:ふなばしアンデルセン公園 花の城ゾーンとメルヘンの丘ゾーンの一部• 料金:入場無料(夜間開放日の17:00~20:00)• アクセス: 【電車】新京成電鉄三咲駅からバスでアンデルセン公園下車 【車】京葉道路花輪ICから約40分• 公式HP:.

次の

[アンデルセン公園イルミネーション2019]開催日はいつ?混雑や口コミ/駐車場まとめ

アンデルセン公園 イルミネーション

ふなばしアンデルセン公園について アスレチックや芝生広場、動物とのふれあい広場など自由に遊べるワンパク王国。 1800年代のデンマークの田園風景を再現したメルヘンの丘。 つくる楽しさを体験できる子ども美術館。 四季折々の里山の自然を体験できる自然体験。 小さな子供達が創造と空想の遊びを楽しめる花の城。 5つのゾーンからなる公園です。 必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。 ちょうど1987年、船橋市制50周年を記念したからです。 船橋市の北部の比較的交通の便の良くない所の山林等を切り開いて作られました。 翌年には「平和都市宣言」を記念して、シンボルとなる岡本太郎作の「平和を呼ぶ」像が完成しました。 そして、1989年にはデンマークのオーデンセ市と姉妹都市になり、その後、急速に19世期のデンマークに特化したコンセプトでの公園づくりが進みました。 子ども美術館の建設やオーデンセ市出身の童話作家であるハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話の世界を再現するような建築物が建てられました。 中でも一際目立つ大きな風車が作られて、1996年には「アンデルセン公園」として再出発したのです。 ここは、当初は子どもたちのための公園という印象でしたが、その後、デンマークの歴史が楽しく学べる大人にも十分楽しめる施設となっていきました。 花壇や多様な植物も四季折々に楽しめます。 65歳以上は無料で入園できるなど、今ではお年寄りにも大人気のスポット化した感がありますが、基本は未来ある子どもたちが楽しく学んだり遊んだりして豊かに育つためにある公園だと思います。 あの、「ワンパク王国」が今や誰もが知っている「ふなばしアンデルセン公園」になってしまいました。 感慨深いものがあります。 観光MAP• 6ha お問い合わせ じゃらん旅行ガイドを見たと伝えるとスムーズです。 park-funabashi.

次の

アンデルセン公園で「イルミネーション」-夜間無料開放イベントも

アンデルセン公園 イルミネーション

スポンサードリンク アンデルセン公園のイルミネーションの駐車場について 仕事が終わってぎりぎりでしたが 昨日アンデルセン公園のイルミネーションに行ってきました! そうしたら例年とちょっと違う点がありましたので シェアしますね。 その違うと言う点は駐車場です。 イルミネーションの時間、駐車場は無料開放になり 園内も無料開放されるのは今までとかわりません。 違うのは解放される駐車場です。 昨年までは南ゲートの1箇所だけでした。 それが今年からは北ゲートも解放されました。 その理由を聞いてみたら 今やUSJに次ぐ人気の船橋アンデルセン公園なので 回り近所の対策だそうです。 どういうことかと言うと、 今までは南ゲートだけでしたから結構混雑して渋滞しました。 入るのも、帰るのも 時間帯によってはビタッと動かなくなってしまうことが有りました。 ただそう言ってもまだ有名になる前でしたから ちょっと待てばいいくらいでした。 しかし、有名になってしまったものだから 予想がつかなかったそうです。 もし例年通り南ゲートだけ解放していたら 今年はもう2度と行くか!くらい混んでいたと思います。 ご近所対策として2箇所の駐車場を空けたとのことでした。 スポンサードリンク その効果でしょうか? 昨日は2箇所の駐車場を開放したことにより 来場者の割には周辺道路は混んでいませんでした。 アンデルセン公園のイルミネーションに北ゲートはちょっと・・・ 実は今回は混んでいるかもということで北ゲートから行ってみました。 (正確に言うと「あれっ?北ゲート開いているぞ」って入っただけですが・・・) ご存知かもしれませんが アンデルセン公園のイルミネーションは南ゲートから入った すぐのところで開催されています。 そして北ゲートから南ゲートは約5分は歩きます。 南ゲートまでの道のり 大きな明かりを何箇所も設置してくれているし、 警備員の方もいるので迷うこともなく辿り着けますが とにかく遠いです・・・ なので出来ればやっぱり南ゲートに行きたいですね。 でも南は混んでいます。 なので時間に余裕を持っていける方はあえて北ゲートにして 混雑を避けるというのもいいかもしれません。 ギリギリにしかいけない場合は南がいいかもしれませんね。 残り20分で北ゲートに着いたりしたら役10分は歩いて終わりです。 ただ20:00までとされているイルミネーションも20:10分くらいまでは 楽しめるのですが、公式では20:00ですから毎年そうなのかは分かりませんね。 一番いいのはこんなに大人気なアンデルセン公園なので 北ゲートから南ゲートまでの間もイルミネーションにしてくれれば いいのですが・・・ でも、そうなるとおそらく関東最大級のイルミネーションになるので 大混雑しちゃうのでしょうね。 以上が今年北ゲートから入場してみて感じたことでした。 アンデルセン公園のイルミネーションの渋滞について そして楽しんだ後は帰らなければいけません。 帰りですが 県道57号へ向かう道は避けたいかなぁ~と言う感じです。 1本道で県道に合流するので大渋滞です。 地図だとこの場所です。

次の