会計士 転職 理由。 組織内会計士の働き方とは?監査法人を選ばない道

公認会計士の志望動機・面接で気をつけるべきことは?

会計士 転職 理由

FASやアドバイザリー部門、再生系のコンサルティングファームへ転職しM&A(FA業務)を行う 会計士がM&Aを行う上で最も転職しやすい先となります。 M&Aに係わる財務デューデリジェンスやバリュエーション業務は監査法人での業務経験が活かしやすく、比較的入っていきやすい業務となります。 財務・会計のスキルやファイナンスの知識を活かした業務が多く、監査法人での業務経験も評価されるため、比較的転職しやすい傾向にあります。 注意点としては、デューデリジェンスもバリュエーションもM&Aに関する業務の一部にすぎないということです。 M&A業務の全体を横断的に関わりたいと考えていたのに、デューデリばかりやる部門に配属されて、結果的に監査法人時代同様にルーティンワークばかりでつまらないと感じている方もいらっしゃるので、M&Aがやりたい場合の転職において、FASやアドバイザリーへの転職をする場合は、転職先企業の業務割をよく確認しておいてください。 大手監査法人系のFASへ転職される方は多いのですが、業務が細分化されていてルーティンワークになりやすい傾向もあるので、人によっては独立系の少数精鋭のFASの方が相性が良いというケースもあります。 そのあたりはあなたのご希望に応じて転職先は変わってくるかと思いますので、転職エージェント等からしっかり細かい情報を聞いてみてください。 FASやアドバイザリーでの経験を積んだ後のキャリアとしては、 事業会社内部のM&A戦略担当として転職される方やベンチャー企業のCFOとして活躍される方も多く、会計士としてキャリアパスに広がりが生まれます。 M&Aの需要は近年非常に高まっており、独立してコンサルティング会社を作り、大きく売上を伸ばす会計士の方も増えています。 キャリアとしては良いものが得られるでしょう。 経営コンサルを行うコンサルティングファームへ転職しM&Aを行う 経営コンサルを行うコンサルファームの場合、財務・会計・ファイナンスの知識だけが求められるわけではなく、ビジネススキル全般が求められます。 財務デューデリジェンス等の業務はそれほど多くはなく、どちらかといえばM&A戦略立案やPMI等の業務が多くなります。 このポジションの場合、年齢にもよりますが監査業務経験しかない会計士の転職は難しくなります。 事業会社にて経営企画やM&Aを担当していた方やコンサルティング会社等でM&A業務を行っていた方が転職されるケースが多いでしょう。 財務・会計、ファイナンスのスキルはもちろん強みの一つとして一定度評価されますが、それらに加えてビジネススキルの高さが必要です。 M&A戦略の立案にあたってはビジネスデューデリジェンスも必要となりますが、多くのビジネスモデルに触れてきた経験がないと、かなり厳しいと考えられます。 事業会社内にてM&Aに携わる 企業内部のM&Aの担当者の求人も近年多くなっています。 Webサービス等を展開するベンチャー企業やIT系の企業はもちろん、大手企業のM&Aも盛んで、需要は大きいです。 募集要件は企業によるため、求められるスキルは一概に言えないのですが、即戦力を求める傾向が強い上に、募集人数も1名ということが大半ですので、転職の難易度は高いでしょう。 M&Aの部分的な業務を行うことが求められるケースもありますが、多くの場合が、事業展開を見据えたM&Aの戦略立案を求められますので、 コンサルティングファーム等にてある程度経験された方の転職や引き抜きによる採用が多くなります。 事業会社にてM&A戦略立案を行いたいとお考えの方がいらっしゃいましたら、先まで見据えた転職・キャリア構築をしていくことが必要となります。 M&A仲介会社等への転職 M&AキャピタルパートナーズやM&AセンターのようなM&A仲介会社へ転職し、案件開拓からクロージングまで一気通貫でM&Aへ携わりたいとお考えの方も一定数いらっしゃいます。 会計バックグラウンドは大きな強みになりますが、一方でいかに案件を開拓できるかといった営業力も重要な要素となります。 こうした企業はインセンティブが大きいので、個人で大きくノルマを持って動くような企業であれば、数千万~億の年収を得ることが可能です。 ただし、個人ノルマが大きい企業ですとそれなりにハードではあります。 一方で、M&A仲介を行う企業も最近はチームで分業しながら業務に取り組むところも増えています。 アドバイザリーを並行して行う企業も多くあります。 各自得意領域もありますし目標数値もチームでおっていくので、そこまで個人で大きなノルマを背負わなくても大丈夫なケースも多く、ワークライフバランスとそれなりに大きな年収、貴重な経験をバランスよく積めるところもございます。 M&A仲介というと激務なイメージをお持ちの方も多いのですが、必ずしもそうではありません。 ご自身がどのようなものを望んでいるかにより転職先は変わってくるかと思いますので、このあたりも転職サイト等で情報収集してみると良いでしょう。 当サイトでも求人情報(M&A仲介からFA,事業会社等)を一部掲載していますので、気になる方はご覧ください。 会計士がM&Aに携わるための転職をするために必要となるスキルは 監査法人での勤務経験しかない方でも、事業会社のM&Aポジションへ転職される方もいますので、 一概にどのような経験がないと転職できないとは言い切れません。 財務デューデリジェンスやバリュエーション業務をひたすらこなすというものでいいのであれば、それほど転職は難しくありません。 ただ、M&Aに携わりたい方の多くは、戦略立案までをお考えかと思いますので、 ビジネススキルを磨いていくことは必須でしょう。 財務・ファイナンスのスキルだけではどうしても弱いので、そうした部分を意識すると良いと思います。 また、海外展開等のグローバル展開に伴うM&Aも多いので、語学力も必要となるケースが多いでしょう。 事業会社への転職ということであれば、内部に既にプロフェッショナルの方がいるケースでは、経験の浅い方の採用を検討する企業もあるので、そうした求人が出てきた際にすぐに動けるように、エージェント等から情報収集しておいた方が個人的には良いと感じています。 いずれにせよ、求められるスキルは転職先により大きく異なりますので、会計士の転職に強い専門の転職エージェント等から情報収集しておくことをおすすめします。 会計士がM&Aに関わる転職をするならエージェントの活用が必要になることが多い 会計士がM&Aポジションへと転職する際には、転職エージェントやヘッドハンティングサービスを活用されることをおすすめします。 監査法人から転職されるケースにおいては、将来的にどのような業務がやりたいのかによって転職先のファームは変わってくるケースもありますので、キャリアパスを見据えた転職をされると良いでしょう。 なんとなくM&Aがやってみたい、というケースにおいても、公認会計士がどのようにM&Aに関わっているのか改めて知る意味でも参考になる意見が聞けるかと思います。 最後に公認会計士がM&A業務に携わるにあたって利用するのにおすすめの転職サイトをご紹介しますので参考にしてみてください。 成長を求める会計士向けの転職先の紹介を行っており、M&Aに関する求人等の提案を行ってくれます。 現在M&Aの業務に関わっているが財務DDばかりでもっと業務の全体に関わりたいといったお悩みをお持ちの方は転職相談をしてみると良いでしょう。 コンサルティング会社やM&Aに関するハイクラスポジションへの転職の場合、一般の面接とは違ったケース面談等が行われるケースもあり、専用の対策が必要になるケースもあるため、そうした面接対策まで含め細かく相談したい場合は利用すると良いです。 事業会社のM&A戦略ポジションなど、ハイクラスの転職においては利用しておいた方が良いでしょう。 あなたのスキル次第ですが、良い条件のヘッドハンティング案件等もたくさん届きます。 人気記事 人気記事.

次の

経理の転職 ポジティブな転職理由を伝えてキャリアアップを目指そう

会計士 転職 理由

「近い将来、税理士という仕事はなくなる」という話を耳にしたことはないでしょうか?これは、税理士が請け負う仕事は難度が高い反面、会計ソフトへの入力や計算といった作業をAI(人工知能)やRPA(ロボットによる業務自動化)が代替するようになるといわれているからです。 2014年に英国オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授が、カール・ベネディクト・フライ研究員との共著で論文「未来の雇用ーいかに仕事はコンピューター化されていくのか?」を発表しました。 その中で、702の職業を項目ごとに分析した結果、米国の雇用者の約47%が10年後には職を失うと結論付けました。 この論文を基にした「10年後に消える職業・なくなる仕事」といったニュースが、世間で話題となっています。 そして、その中には「税務申告書代行者」「簿記、会計、監査の事務員」が含まれていたことから、税理士や会計士の仕事がなくなるという噂が飛び交っているのです。 そうした背景があってか、近年は税理士試験の受験者数も減少傾向にあり、税理士業界の先行きに不安を感じて公認会計士への転職を考える税理士も増えています。 そこで、なぜ税理士から公認会計士への転職なのか、2つの職種の違い、そして実際のキャリアチェンジにおけるポイントなどについて、税理士業界の現状を交えながら紹介していきます。 税理士を取り巻く不安要素 現在、税理士業界を取り巻いている将来への不安要素には、次のようなものがあります。 ・IT化の進行 AIやRPAの台頭を待つまでもなく、現在はITの進化によって、企業が税理士に依頼する業務が減少しています。 従来は税理士事務所が行っていた仕訳処理の入力業務や税務申告業務を、今は会社員がクラウド会計ソフトを使って自社で行えるようになってきているからです。 そうなると必然的に、また仮に業務依頼をするクライアントがあったとしても、その業務報酬は今よりかなり低単価になっていく可能性が高いといえます。 また、インターネットの普及によって税務に関する知識が手軽にわかり、簡単な納税対策であれば誰でもできるようになってきているという現状もあります。 ・中小企業の衰退 小規模な税理士事務所は、その多くが個人商店や中小・零細企業を顧客にして成り立っています。 しかし、地方を中心にシャッター商店街が増え、中小企業のオーナー経営者が引退して廃業となるケースも出てきています。 また、経済のグローバル化によって製造拠点を海外へ移転する企業などもあり、税理士業界では顧客の争奪戦が激化することが懸念されています。 税理士業界は二極分化する傾向にある 現在、税理士業界は大手税理士法人と中小規模の税理士事務所に二極分化しているといわれます。 大手税理士法人は大手企業などを顧客に持ち、その規模や数、収益で、中小規模の税理士事務所を圧倒しています。 一方、中規模の税理士事務所は、これまで顧客だった個人商店や中小企業などが減少傾向にある上に、一定の人件費や事務所の維持経費がかかるため、採算が取れなくなっています。 個人の税理士事務所の場合は、人件費などがかからず、場合によっては事務所経費もかからず、低コストで収益性を高めることもできます。 税理士業界には中規模の税理士事務所が多く、こうした現状も税理士業界の先行きに不安を感じる税理士が増えている原因のひとつとなっています。 選ばれる税理士になるためには戦略が必要な時代に 以前は、開業すれば勝手に顧客がつくとまでいわれていた税理士業界でしたが、これからは選ばれる税理士になるための戦略が必要です。 これからの税理士に求められるものは、次のような要素です。 ・AIやRPAを駆使できるスキル 将来的にAIが記帳代行業務などをこなすようになったとしても、機械はエンジニアがメンテナンスをしなければ動きません。 AIやRPAが「税務申告書代行者」「簿記、会計、監査の事務員」の仕事をこなしてくれるとしても、それを操作して管理する人材が必要です。 税理士がそうしたスキルを持っていれば、AIの監視役となれます。 そうすれば、仕事の直接の担当が変わるだけで、仕事を奪われる心配はなくなります。 ・人間にしかできない業務のスキルを磨く AIやRPAの能力には、まだまだ限界があります。 着実にコミュニケーションをとってクライアントとの良好な関係を築きながら、経営に関してケース・バイ・ケースでアドバイスをするといった業務は、まだAIにはできません。 その技術に磨きをかければ、AIやRPAも恐れるに足りません。 ・突き抜けた専門分野を持つ 特定の分野について高い専門性を身に付けることも、これからの税理士には必要な要素です。 特に「国際税務」と「相続」は、今後需要が伸びていくと予想される分野です。 英語力を身に付けたり、不動産鑑定士とのダブルライセンスを狙ったりするなど、今からクライアントの信頼を獲得する努力が必要です。 公認会計士と税理士の比較 それでは、会計士と税理士について、いくつかのポイントを整理して比較してみましょう。 試験 税理士 会計士 受験資格がある 誰でも受験可能 科目合格制度がある 全科目同時合格が必要 合格しても会計士資格は取れない 合格すれば税理士資格も自動付与 おもなクライアント 税理士 会計士 中小企業、個人事業主、個人 上場会社や大会社、学校法人 業務 税理士 会計士 会計士業務の中心である監査業務はできない 税理士業務の中心である税務もできる こうして比較してみると、会計士は税理士の業務をカバーできるものの、反対は難しいことがわかります。 税理士と会計士とのダブルライセンスを持つ魅力は、こうしたポイントからも理解できるでしょう。 公認会計士試験の受験科目 会計士試験の受験科目は、次のような内容となっています。 ・必修科目 財務会計論、管理会計論、監査論、企業法、租税法 ・選択科目 経営学、経済学、民法・統計学から1科目 試験は、短答式(マークシート方式)試験と論文式試験に分かれています。 短答式試験は年2回、論文式試験は年1回実施されます。 税理士試験のように科目合格制度はなく、短答式では一括合格を、論文式でも原則として一括合格を求められるため、広範囲の科目を一度に学ぶ必要があります。 税理士であっても会計士であっても顧客に選ばれる存在になろう! 古くから税理士業界では、2001年の税理士法改正によって生まれた税理士法人制度によって「個人事務所は淘汰される」「不況だから独立開業しても顧客がつかない」と、将来を悲観する声がありました。 現在はその不安の対象が、「AIに置き換わっているだけ」といった話も聞こえてきます。 しかし、公認会計士の資格取得を目指すならば、「もう税理士には将来性がない」といったネガティブな理由からではなく、「資格を取得することでよりクライアントの発展に寄与できるようになる」といったポジティブな理由が大切です。 税理士でいても、会計士でいても、顧客から選ばれる存在であり続けることを目指しましょう。

次の

会計士が転職したい理由って?スムーズに中途採用されるには?!

会計士 転職 理由

眞山:亀井さんが公認会計士への道を志したきっかけを教えてください。 亀井(敬称略):正直なところ「志した」とも言えないレベルです。 自分が進学した大学は比較的公認会計士試験の合格者が多いことで知られています。 しかも私は付属の高校から持ち上がりで進学したので、進路のことを余裕をもって考えられる立場でもありました。 大手の専門学校が配布している公認会計士講座のパンフレットを見て、「ああこういうのもいいな」と思って決めました。 眞山:他の資格とは比較検討しなかったですか? 亀井:司法試験よりは楽かな、という安直な考えがあったくらいで、どの資格が自分に向いているかはあまり考えてませんでした。 学部も商学部でしたし、ちょうどいいかな~と思って公認会計士にした、という程度です。 眞山:その選択を、今になってどう思っているか、ということをお聞きしたいのですが、率直にいかがですか? 亀井:まずは勉強を始めてみて非常に面白いと思ったので、そういう意味ではラッキーだったと思いますし、監査法人の仕事もとても面白いと思っています。 決断自体は行き当たりばったりでしたが、結果オーライかな、と(笑) 眞山:合格後最初に就職した監査法人では、どのような仕事をしていたか、教えてください。 亀井:いわゆる普通の監査業務ですね。 国内大手企業の監査をしていました。 先輩や上司の指導の仕方もとても手厚かったですし、伸び伸び仕事をさせてもらえたと思います。 これを自分から言うのも非常に恥ずかしいことですが、付属校から有名大学に内部進学して、難関資格を取って大手監査法人に就職して、しかも名だたる大手企業を監査する花形部署に配属された自分の人生のことを、順風満帆としか思っていなかったですね。 眞山:なるほど…確かに今までの経歴を伺うと、率直にうらやましいと思います。 しかし亀井さんはその後転職を決意しますよね?何かきっかけがあったのでしょうか? 亀井:はい。 同期入社の中に同じ付属校出身者もいて、彼と久しぶりに飲もうという話になったのですが、その時にグチを聞かされまして(笑)。 「主任からのレビューメモに反論したら『マネージャーに口答えするな』と言われた」という内容のものでした。 私から見たら、上司の言うとおりにしておけば楽なのにな、と思うようなことだったので、思った通りのことを言ったのですが、「そんなのはプロじゃない」と言い返されて「いや、でも組織で仕事しているんだから」と反論して…今思えば青臭い議論ですが。 眞山:私にも似た経験があります…その後「事務所辞めたい」っていう話が一度は出ますよね(笑) 亀井:はい、まさにそれでした。 「もう独立しちゃいたいな~」と彼が言った時に何だかびっくりしてしまいました。 自分と全く同じ学歴・職歴の人なのに、こんなに考え方が違うんだな、と。 自分は組織人として利口に生きる術みたいなものを備えていた反面、上司のアドバイスや、事務所が用意してくれる監査マニュアルに淡々と従う存在でしかなかったということにも気づかされて、「自分のやりたいこと」ってなんだろう?とその時初めてまともに考えるようになりました。 眞山:最初の大手監査法人を退職して、今の監査法人に就職したのはいつ頃ですか? 亀井:2013年から2017年まで大手にいたので、キャリア4年目の転職でした。 転職エージェントを通して一番待遇が良さそうなところに何となく就職することにしたのですが、面接した人たちの感じが良くて、あっという間に溶け込めそうな雰囲気があったので不安はあまりありませんでした。 眞山:仕事の内容に変化はありますか? 亀井:前職と比べればクライアントのサイズは小さくなりました。 結果として、クライアントとの距離感が縮まったように思います。 あまりに大きなクライアントだと、メールのやり取りの相手も比較的若い人が多かったのですが、転職後は経理課長・財務部長みたいな肩書の人とのやり取りが増えて、最初のうちは少し緊張しました。 でも、その分クライアントの役に立てているという実感は得られやすいと思っています。 眞山:お聞きしていると、仕事に対する向き合い方にも変化があるように思うのですが、その辺いかがでしょうか? 亀井:仕事にというより、人生に対する姿勢が変わったと自分では思っています。 非常に恥ずかしいことなのですが、それまで彼女もいなかった自分が、転職してからお付き合いを始めることができたりとか。 眞山:すごい変化じゃないですか。 どうしてそうなったと思いますか? 亀井:自分で転職しようと思ったあたりから、自分が選んだことに責任を持つ心構えができたように思います。 それまでは既定のレールを淡々と進んでいて、それはそれで何も疑問を持たずに楽しい人生ではあったのですが、その分、自分が「いいな」と思った女性に声をかけるという決断すらしていなかったわけで。 自分で決めたことに対して、自分で責任や愛着を持っていくことを覚えたと思います。 眞山:亀井さんが話してくださったように、なんとなく進路を決めた人って、決して少なくないと思うのです。 そんな方々に何か伝えたいことはありますか? 亀井:何となく決めた進路も、立派な進路だということをまずは伝えたいですね。 私も幸運なことにとても恵まれた道を歩むことができたので。 そんな恵まれた道から踏み出すことって勇気が要りますが、私はその勇気を出せたおかげで色々なものに出会うことができました。 自分の人生で何か変化をもたらしたいと思ったら、勇気をもって踏み出してみてほしいと思います。

次の