フライ ボーイズ フライ 出演 者。 超映画批評『フライボーイズ』80点(100点満点中)

楽天ブックス: フライボーイズ プレミアム・エディション

フライ ボーイズ フライ 出演 者

2時間18分 字幕あり 音声:英語 第1次世界大戦時の壮絶な空中戦が、いま甦る! 第一次世界大戦真っ只中の1916年。 中立を守るアメリカでは、テキサスの農場に暮らしていた青年ローリングスが土地を追われ、新天地を求めてフランスへ渡る。 彼はそこで、同じように事情を抱えてアメリカからやって来た仲間たちと出会う。 パイロットとしては全くの素人の彼らを、司令官のセノール大佐は温かく迎え入れる。 ある日、ローリングスは訓練中に不時着事故を起こし、若いフ 第一次世界大戦真っ只中の1916年。 中立を守るアメリカでは、テキサスの農場に暮らしていた青年ローリングスが土地を追われ、新天地を求めてフランスへ渡る。 彼はそこで、同じように事情を抱えてアメリカからやって来た仲間たちと出会う。 パイロットとしては全くの素人の彼らを、司令官のセノール大佐は温かく迎え入れる。 ある日、ローリングスは訓練中に不時着事故を起こし、若いフランス人女性ルシエンヌに助けられる。 彼女に一目惚れしたローリングスだったが、そんな中、ローリングスと仲間たちの初陣の時がいよいよやって来る。 あらすじ 第一次世界大戦真っ只中の1916年。 中立を守るアメリカでは、テキサスの農場に暮らしていた青年ローリングスが土地を追われ、新天地を求めてフランスへ渡る。 彼はそこで、同じように事情を抱えてアメリカからやって来た仲間たちと出会う。 パイロットとしては全くの素人の彼らを、司令官のセノール大佐は温かく迎え入れる。 ある日、ローリングスは訓練中に不時着事故を起こし、若いフランス人女性ルシエンヌに助けられる。 彼女に一目惚れしたローリングスだったが、そんな中、ローリングスと仲間たちの初陣の時がいよいよやって来る。 独立系の映画会社で制作費を集めるのが大変だったそうな。 70億円!日本だったら、「20世紀少年」を3部作製作して外伝が作れる勘定ですね。 複葉機時代の様々なエピソードが微笑ましくも悲惨。 女性客を意識したつくりなのでしょうがないんですが、無理に恋愛エピソードを入れるのは、個人的には辟易してしまう。 主役のジェームズ・フランコの笑顔に、まいる女性ファンも多いのではないかと思います。 「バルジ大作戦」を見てしまったので、比較してしまうのですが、CGは、なるべく最小限の方がいいと感じます。 この作品は、本物が少なく、後はCG。 せっかくの本物がCGに見えてしまう。 監督は、黒沢ファンのようですね。 馬のシーンでチラッと菊千代ギャグを入れたような気がしました。 ズバリ!ジェームズ・フランコ・ファンと航空決戦物大好きな方にはお勧めでしょう。 キッパリ断言!• 今作はその見所である空中戦を存分に楽しめる。 男心くすぐるエンタメ作。 第一次世界大戦、アメリカが中立を立場を保っていた時、フランス軍に参加した勇気あるアメリカ人達がいた。 彼ら義勇軍の中には、戦闘機のパイロットとなった者もおり、『ラファイエット飛行隊』と呼ばれ活躍した史実の物語。 空中シーンは正に『紅の豚』実写版。 後ろを取ったぁ!!的なシーンはもぅ。 もろん一対一のドッグファイトの緊迫感も抜群です。 その戦闘シーンでは、空中でお互いの顔を確認し相手の技量に視線で敬意を表する、この騎士道精神もたまりません。 ドラマ部分も恋愛あり、友情あり。 そして幾度と戦闘を重ねる度に芽生える隊員達の友情や、パイロットとしての成長等、この手の作品に必要であろう要素も丁寧に描かれていた。 演者もジェームズ・フランコ、ジャン・レノだけではなく、他のキャラも大変魅力的。 先輩パイロットのリード・キャシディ マーティン・ヘンダーソン この方がよいポジション演じておりました。 空中戦闘での見せ場も彼が一番良かったですし。 それと新米兵達の戦闘機訓練風景。 本当にあんな訓練していたかはわかりませんが、君たち真面目にやってますか?と突っ込みたくなってしまった 笑• 実話ベース ライト兄弟が初飛行に成功してわずか15年後。 主役の戦闘機は布張りの複葉機、又は三枚翼。 これまで見てきた第二次大戦中のそれとはかなり趣が異なります。 パイロットが自殺用の拳銃を携帯する。 コクピットに風防が無いので敵パイロットの顔が見える。 機銃が故障したらトンカチで叩いて直す。 巨体な飛行船を爆撃機として使う。 敵のエースとの対決方法も、この時代の飛行機だからこそ出来ることではないでしょうか。 (本当にあんなこと出来たのかなぁ) 色々と新鮮でした。 空中戦のCGも迫力があり楽しめました。 そのお陰で入隊後の訓練や実戦を重ねていき、1人ずつ戦場で死んで行ったり、精神的に追い込まれていく登場人物達に同情心が生まれる作りになってました。 あとはブレインとフランス女性のルシエンヌとの恋物語や、ドイツ側の撃墜王との熱いバトルがあったりと楽しめる展開も多かったです。 それと久しぶりにジャン・レノさんを観れたのが良かったです!•

次の

「フライボーイズ」戦争志願の若者が見た「最後の騎士道」: J

フライ ボーイズ フライ 出演 者

彼ら義勇軍の中には、当時まだ発明されたばかりの航空機のパイロットとなったものもおり、 ラファイエット飛行隊と呼ばれ活躍した。 『フライボーイズ』は、そんな実話をもとにしたスカイアクション&歴史ロマンであり、独立系の作品でありながら製作費70億円という、堂々たる体躯の大作だ。 1916年、ドイツと激戦を繰り広げるフランス軍の宣伝映画に触発された米国人青年ローリングス(ジェームズ・フランコ)は、フランス空軍に志願。 彼はテキサスのカウボーイだが、ある理由でちょうど故郷を離れざるを得なかったのだ。 現地フランスには、同様のアメリカ人が多数いた。 華々しく活躍する軍人一家の中で孤立していた気の優しいジェンセン(フィリップ・ウィンチェスター)や、黒人の自分を差別せず、プロボクサーとして活躍の場を与えてくれたフランスに恩返ししようとするスキナー(アブダル・サリス)など、それぞれ複雑な事情をもった男たちは、フランス人司令官のセノール(ジャン・レノ)の元、意気揚々としていた。 だが、そのとき彼らはまだ戦場の現実を何一つわかっていなかった……。 20年くらい前までは、複葉機が活躍する映画をよく見かけたが、最近はあまりない。 だが、プロペラ機の遅い速度は、映画的には 「一スクリーン内に多数の機体が乱れ舞うスペクタクルシーン」を作れるという、絶対的な長所になる。 そしてその撮影には古い歴史があり、技術としても成熟している。 加えて今ならVFXという名の打ち出の小槌も使える。 ただでさえ複葉機アクションの楽しさ、美しさには時代を超えた普遍性がある(1920年代の飛行機映画を今見ても新鮮な驚きがあるくらいだ)のだから、21世紀の今作って面白くないわけがない。 そこに目をつけたプロデューサーの ディーン・デヴリン(セルラー 2004 、インデペンデンス・デイ 1996 など)はさすがに鋭い。 本作では、新米飛行気乗りたちの訓練風景など、きっちりと時代考証したディテールをじっくり楽しめる。 木でできた(今で言う)シミュレーターでの地上訓練や、模型飛行機を後方から移動させ全方位視界を会得させるなど、航空機マニアでなくとも新鮮で興味深い。 飛行場面は 横長のシネスコ画面との相性が最高で、多数の同時離陸シーンなどは感動的なまでに美しい。 ドッグファイトの迫力に関しては言わずもがなで、CGによって機銃の軌跡まで表現され、戦場の恐怖感と緊迫感を視覚に訴えかけてくる。 特筆すべきは、それらが単なるドイツ対フランスの集団戦になっていないこと。 この時代にはまだ、正々堂々と一騎打ちを挑む 騎士道精神が残っていたが、本作の空中戦はそれをしっかりと表現している。 たとえばある撃墜王の名前は敵軍にも知れ渡り、一種の敬意すら持たれていたが、因縁あるその相手との対決は、 まるで互いの複葉機、三葉機自体に表情があるかのよう。 これこそが、航空機アクション真の醍醐味であろう。 なんといっても トニー・ビル監督は本物の曲芸パイロットであり、実機による飛行映像の多用はもちろんのこと、パイロット役の出演者たちには飛行訓練まで施した。 スパイダーマンの親友役で知られる主演の ジェームズ・フランコなどは、実際に飛行ライセンスまで取ったというから大したものだ。 ただ本作はフランス・アメリカ合作で、ラファイエット戦闘機隊として散った若者たちの勇気を称えるコンセプトだから、 戦争を公平な視点で見たい人や反戦主義者にとって承服しがたい部分も多いだろう。 なにしろドラマ部分はロマンスあり、友情、師弟愛ありと 国策映画ばりの直球真っ向勝負。 テストステロン豊富な男たちが熱くなれる要素が満ち溢れている。 メジャー資本のハリウッド映画ではないから、ジャン・レノ以外有名スターは出ていないにも関わらず、キャラクターもしっかりと立っている。 演出がしっかりしている証拠だ。 戦争の実話を美化して描いたこういう作品を「ロマン溢れる」と形容するのは、いささか不謹慎とされる時代ではあるが、あえて言いたい。 『フライボーイズ』は 男を奮い立たせる熱いものが詰まった映画であり、やはりそれはロマンと呼ぶほかない代物である、と。

次の

フライボーイズ

フライ ボーイズ フライ 出演 者

彼ら義勇軍の中には、当時まだ発明されたばかりの航空機のパイロットとなったものもおり、 ラファイエット飛行隊と呼ばれ活躍した。 『フライボーイズ』は、そんな実話をもとにしたスカイアクション&歴史ロマンであり、独立系の作品でありながら製作費70億円という、堂々たる体躯の大作だ。 1916年、ドイツと激戦を繰り広げるフランス軍の宣伝映画に触発された米国人青年ローリングス(ジェームズ・フランコ)は、フランス空軍に志願。 彼はテキサスのカウボーイだが、ある理由でちょうど故郷を離れざるを得なかったのだ。 現地フランスには、同様のアメリカ人が多数いた。 華々しく活躍する軍人一家の中で孤立していた気の優しいジェンセン(フィリップ・ウィンチェスター)や、黒人の自分を差別せず、プロボクサーとして活躍の場を与えてくれたフランスに恩返ししようとするスキナー(アブダル・サリス)など、それぞれ複雑な事情をもった男たちは、フランス人司令官のセノール(ジャン・レノ)の元、意気揚々としていた。 だが、そのとき彼らはまだ戦場の現実を何一つわかっていなかった……。 20年くらい前までは、複葉機が活躍する映画をよく見かけたが、最近はあまりない。 だが、プロペラ機の遅い速度は、映画的には 「一スクリーン内に多数の機体が乱れ舞うスペクタクルシーン」を作れるという、絶対的な長所になる。 そしてその撮影には古い歴史があり、技術としても成熟している。 加えて今ならVFXという名の打ち出の小槌も使える。 ただでさえ複葉機アクションの楽しさ、美しさには時代を超えた普遍性がある(1920年代の飛行機映画を今見ても新鮮な驚きがあるくらいだ)のだから、21世紀の今作って面白くないわけがない。 そこに目をつけたプロデューサーの ディーン・デヴリン(セルラー 2004 、インデペンデンス・デイ 1996 など)はさすがに鋭い。 本作では、新米飛行気乗りたちの訓練風景など、きっちりと時代考証したディテールをじっくり楽しめる。 木でできた(今で言う)シミュレーターでの地上訓練や、模型飛行機を後方から移動させ全方位視界を会得させるなど、航空機マニアでなくとも新鮮で興味深い。 飛行場面は 横長のシネスコ画面との相性が最高で、多数の同時離陸シーンなどは感動的なまでに美しい。 ドッグファイトの迫力に関しては言わずもがなで、CGによって機銃の軌跡まで表現され、戦場の恐怖感と緊迫感を視覚に訴えかけてくる。 特筆すべきは、それらが単なるドイツ対フランスの集団戦になっていないこと。 この時代にはまだ、正々堂々と一騎打ちを挑む 騎士道精神が残っていたが、本作の空中戦はそれをしっかりと表現している。 たとえばある撃墜王の名前は敵軍にも知れ渡り、一種の敬意すら持たれていたが、因縁あるその相手との対決は、 まるで互いの複葉機、三葉機自体に表情があるかのよう。 これこそが、航空機アクション真の醍醐味であろう。 なんといっても トニー・ビル監督は本物の曲芸パイロットであり、実機による飛行映像の多用はもちろんのこと、パイロット役の出演者たちには飛行訓練まで施した。 スパイダーマンの親友役で知られる主演の ジェームズ・フランコなどは、実際に飛行ライセンスまで取ったというから大したものだ。 ただ本作はフランス・アメリカ合作で、ラファイエット戦闘機隊として散った若者たちの勇気を称えるコンセプトだから、 戦争を公平な視点で見たい人や反戦主義者にとって承服しがたい部分も多いだろう。 なにしろドラマ部分はロマンスあり、友情、師弟愛ありと 国策映画ばりの直球真っ向勝負。 テストステロン豊富な男たちが熱くなれる要素が満ち溢れている。 メジャー資本のハリウッド映画ではないから、ジャン・レノ以外有名スターは出ていないにも関わらず、キャラクターもしっかりと立っている。 演出がしっかりしている証拠だ。 戦争の実話を美化して描いたこういう作品を「ロマン溢れる」と形容するのは、いささか不謹慎とされる時代ではあるが、あえて言いたい。 『フライボーイズ』は 男を奮い立たせる熱いものが詰まった映画であり、やはりそれはロマンと呼ぶほかない代物である、と。

次の