お盆 仏壇 お供え。 仏壇にお供えする花に決まりはある?種類はなにがいい?正しい飾り方と処分方法を知ろう|hanamaru

お盆(初盆)のお供え・準備で浄土真宗の正しい方法!なす・きゅうりは?|仏事のいろは(浄土真宗)と暮らしの雑学

お盆 仏壇 お供え

クリックして好きな場所へ移動• 何でも地獄の釜とは、地獄で罪人を煮る為の釜なのだそうです。 そして、その怖~い釜の蓋が開くのが お盆の8月16日で、 その日は開いた釜の中から罪人達が子孫の家へ 帰り、一時の帰省を楽しむ日とされ、 「 地獄の釜の蓋が開く」という言葉の意味は、 その日は鬼でさえお休みするから 人間も仕事はせずに休みをとりましょう という使われ方をするのです が、 これらの話は神道から来るものであって、 仏教の教えにはそぐわない話です。 神道では「霊」を肯定しますが、 仏教は「霊」を否定します。 浄土真宗はナスやキュウリで動物を作らない 出典: 本題のなす・きゅうりのお話ですが、 そもそも、この飾りは「精霊馬」と言って、 きゅうり=足の速い馬 なす=足の遅い牛 に見立てて割り箸を足にしてなすやきゅうりに差して作ります。 ご先祖がきゅうりの馬で早く我が家に帰れるように。 お盆が終わったら名残惜しくもなすの牛で お供えを積んでゆっくりあの世へ戻られるように。 という意味があるのだそうです。 しかし、先程も話したように そもそも 浄土真宗は特に「霊」は無いとする宗派 なので、当然ながら先祖の霊もありません。 だから、なすやきゅうりで精霊馬を作って飾ることをしません。 浄土真宗では亡くなった人は極楽浄土にいる じゃあ、浄土真宗ではご先祖様がいないの? と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、 浄土真宗では、亡くなった方は 浄土(極楽浄土)という 阿弥陀如来(あみだにょらい)の世界に生まれられます。 浄土真宗では亡くなった方が あの世とこの世を行ったり来たりするのではなく、 極楽浄土という世界は この世まで含んだ世界なので、目には見えなくても、 いつも私たちの側で 仏縁を結ぶはたらきとなっていらっしゃいます。 スポンサーリンク 浄土真宗は迎え火・送り火もしません ここまでお話すると、浄土真宗には 当然 「迎え火や送り火」も必要ない のがお分かりいただけると思います。 迎え火は戻ってくる先祖の霊が迷わない為の目印で、 迎え火は先祖の霊を送りだす為に 「あの世へ戻る日ですよ」と知らせる役割もあるようです。 しかし、浄土真宗の教えには当てはまりません。 迎え火や送り火は 地域の伝統行事として根付いている ということの方が多いのではないでしょうか? 日本のお盆の恒例行事的な要素も強くあり、 宗派関係なく行う場合もあるようです。 ひまわりがあっても大丈夫ですが、 赤い花は七回忌以降のほうが無難です。 お花の用意が不安な方は、お近くの生花店に お盆用のお花をおまかせで作ってもらえるネット注文の方法もあります。 ( 盆提灯に仏教的根拠はありませんので自由な判断でいいと思います。 ) お寺でお盆の法要があるところは、 門徒がお寺に参ったり、 地域によっては、 お寺さん ご院家さん が門徒の家々をまわったりと、 お盆の過ごし方は色々あります。

次の

仏壇へのお供えは「五供(ごくう)」が基本!マナーや注意点を紹介

お盆 仏壇 お供え

・ 3色の場合は「白」「黄」「紫」がよい ・3色以上なら 「白」「黄」「紫」「ピンク」「赤」などを基調とした明るい色のもの ・ 悲しみの時には「赤」は避ける 日常に飾る場合はそれほど気にする必要はないですが、お盆など特別な日の場合はふさわしくない色は飾らない方が無難ですね。 仏花の種類 仏花として一般的なものは、 「菊(キク)」です。 輪菊や小菊など種類があります。 他にも季節などによっていろいろな花を仏花として飾ります。 主なものは以下の通り。 お盆の仏花 お盆に仏壇に飾る花といえば ミソハギ、ホオズキ、カーネーション、ヒャクニチソウ、ストック、キンギョソウなどがおすすめです。 ホオズキはその実が灯篭に似ていることから、ご先祖様を導くものとしてよく飾られます。 春の仏花 仏壇に飾る春の花といえば アイリス、キンセンカ、スターチスなどがあります。 アイリスはアヤメ科の植物で、花びらが多く丸い形がかわいらしい花です。 夏の仏花 夏の仏花といえば菊の他に リンドウ、グラジオラス、ケイトウなどがあります。 リンドウは涼しげで上品な花です。 また、よく見かける 榊は「神棚」に備えるものですので、仏壇には使いません。 飾ってはいけないものは? 一般的に仏花に不向きとされるのは、 「棘があるもの・香りが強いもの・ツル状のもの」とされます。 バラやアザミは棘があるので適しません。 また、お彼岸の時期に咲くヒガンバナなども縁起が悪いとされますし、毒があるので、そういったものも不向きとされます。 自立できないツル植物も不向きのようです。 ただし、全て あくまで一般論であり根拠はないという見方もあります。 「洋花はふさわしくない」などとも言われますが、あの世(浄土)には色とりどりの花が咲き乱れているとされますので、 お供えする花も基本的にはどんな花でもよいという説もあります。 花を選ぶ時気をつけることは? 仏様に対して問題がなくても、仏壇の場合は室内にあるものですので、 飾る時や飾った後のことを考えて、気にした方がいいこともあります。 香りが強いとずっと香っているのは辛い場合もありますし、食事の時にも気になったりするでしょう。 また、毒や棘があるものは子供が触ったりすると心配ですし、ユリなど花粉が多いものや花が散りやすいものは、飾っているうちに下に花粉や花びらが落ちて掃除が大変です。 仏壇の部屋というのが別にあるようでしたら、香りなどはあまり気にせず、故人の好きだった花を飾るのもよいでしょう。 仏壇が一続きの部屋にある場合は、やはり 香りがきついものや毒があるものは避けた方がよいでしょうね。 家の花は供えていい? 家の仏壇に毎日供えることを考えるなら、わざわざ買ってくる必要はなく、 庭に咲く花をお供えしても構いません。 ご先祖様を思う気持ちが重要ですので、 買った花だとかそうでないということにこだわる必要はないでしょう。 我が家もお盆や墓参りの時は菊などの仏花を買いますが、それ以外は家の庭に咲く花を供えたりしています。 家族が心をこめて育てた花を供えてもらうのは、ご先祖様にとっては嬉しいことなのではないでしょうか。 ただ、自分の家で飾るだけならある程度自由に花を選んでも構いませんが、 お供えに持っていく場合は菊などの一般的なものをおすすめします。 飾り方は? まず、 花の本数は3・5・7本の奇数がよいとされます。 2カ所飾りますので、2セット用意してください。 「3・3」「7・7」という風に、本数は同じにしましょう。 花立などに入れる時は 上から見て菱形になるように、体裁よく供えるのがよいでしょう。 菱形にするというのは神事の榊からきているようですが、べたっと平面的に飾るより、ふんわり丸い感じで飾った方がきれいに見えるということもありますね。 子供の頃、束ねたままの花をそのままずぼっと入れたら、親に直されたのを思い出します。 ちなみに、買って来た花は茎を輪ゴムで止めてあることが多いですが、ゴムが付いたまま供えて構いません。 ゴムで束ねたままの方が、片づける時に散らからなくておすすめです。 束ねてあると向きなど整えにくいですが、ある程度は動きますので大丈夫です。 飾る時の 正面は、自分の側になります。 お墓参りでもそうですが、正面はお墓側ではなくお参りする側になります。 自分から見て綺麗に見えるように、お供えすればよいということです。 長持ちさせるには? 花を長持ちさせる一番大事な事は 「毎日水替えをする」ということです。 また、挿す時に、水につかる部分の葉は全部取って茎だけにしましょう。 葉があると腐ってきて痛みの元になり、臭いも出ます。 水替えの時に茎の部分のぬめりを洗い落して、夏場なら水に氷を入れると長持ちするようです。 菊など仏花は長持ちするものが多いですが、たいてい 一週間から10日で痛んできます。 高価な花である必要はありませんので、なるべく生き生きとした花をお供えしていたいですね。 仏花の処分の仕方 お供えしたものなので、処分の仕方に悩むこともありますよね。 基本的には、お供えした花は土に還すのがよいとされます。 お墓に行くと、水道や桶などがある所の隅の方などに穴があって、供えた後の花がたくさん積まれていたりするのを見かけます。 しかし、なかなか土に還せる場所がないのが現実ですよね。 一般的には 普通に燃えるゴミとして出して構いません。 そのまま捨てるのは気がひけるという場合は、半紙など白い紙 に包んで捨てるのがよいでしょう。 まとめ 基本的には、仏壇にお供えする花に決まりはありません。 ただ、仏花として一般的に知られている花というものはありますので、お盆やお彼岸などの節目の時や、相手に贈る場合はそういったものを選びましょう。 毎日花をお供えするというのは大変ですので、お盆の時期や花がある時だけ供えるというお宅も多いです。 季節の花を飾って、ご先祖様と一緒に楽しむという気持ちでお供えできたらよいのではないかと思います。

次の

仏壇へのお供えは「五供(ごくう)」が基本!マナーや注意点を紹介

お盆 仏壇 お供え

飯椀:白ご飯 汁椀:おみそ汁やお吸い物(例:絹豆腐のすまし汁) 平椀:煮物(例:がんもどきといんげんの煮物、高野豆腐と野菜の煮物) 高杯:漬物(例:キュウリの浅漬) つぼ椀:煮物・和え物(例:大根とにんじんの胡麻和え、昆布の佃煮、煮豆、ごま豆腐) 器の並べ方はあまりこだわる必要はありませんが、 お膳の向きは仏壇側が手前になるように置きましょう。 つまり、お箸が仏壇側にくるようにということです。 ・お盆のお膳の供え方 お膳を用意したいけど、時間がない! 4日間、毎食しきたり通りの献立を準備するのはとても大変です。 かと言って何もないというのも、さみしいもの。 気構えて億劫になってしまうよりは、手軽に、でも心はしっかり込めてお供えする方が喜ばれることでしょう。 自分たちが食べている献立と同じものをお供えしているご家庭もあるようです。 また、おかずを用意するのが難しい場合は、炊き立てのあたたかいご飯だけでも盛り付けるようにしてはいかがでしょうか? メリハリをつけて、どこか1日は真心を込めた仏様のためのお膳を用意し、それ以外の日は自分たちの食事と同じものをお供えするというやり方でもいいでしょう。 お膳はいつお供えして、いつ下げるのか 1日3回、自分たちが食事をする前にお供えしましょう。 生きている人が先に食べてしまうと 「生き仏が先に食べる」と言われ、失礼にあたります。 下げるタイミングについては、悩まれる方も多いと思いますが、長時間お供えしておく必要はありません。 せっかくのお膳がいたんでしまう前に下げましょう。 湯気がたたなくなったら、下げても構いません。 「お膳を下げさせていただきます。 」ときちんとご挨拶してから下げ、そのお膳は仏様からの「お下がり」としてありがたくいただきましょう。 お膳の処分方法は? うっかり長時間そのままにして、いたんでしまった場合は処分するよりほかありません。 そのまま、ゴミ箱に!ではなく、 半紙などの白い紙に包んでゴミとして処分するようにしましょう。 3.意外と知らない、いただいたお供えの扱い方 いただいたお供えは包みをとき、すぐに食べられるように。 仏様が召し上がれるように、包みをといてお供えしましょう。 果物は皮をむき、食べやすい大きさに切ってお供えします。 お供えの置き方 お客様からいただいたお供え。 迷ってしまうのがその置き方です。 仏様にお供えするのだから、仏様に正面を向けて置くべき?と思いますが、実はそうではありません。 自分の正面に向くように置くのが正しい置き方です。 なぜなら、仏様は置く向きを変えることができないからです。 どういうことかと言うと・・・?? 仏様に正面を向けてお供えすると、仏様が慈悲を感じ、供えた人の方へ向けようとして下さるのだそうです。 ですが、仏様は向きを変えることができないため、はじめから自分に正面を向けてお供えする方がよいとされているのです。 気が利いてる!ってやつですね。 私の家には仏壇がないので・・・「そう言えば祖母宅のお供えはどうだったかな」と思い浮かべてみると、確かにお花もいただいたお供えも、ぜんぶこちらを正面に置かれていました。 お供えのお下がり 供えの語源は「共に供すること」と言われています。 ご先祖様と同じものをわけ合って食べることで、大切に思っている気持ちを伝えることができ、供養にもなります。 お供えしたものをお参りした人に配ってもかまいません。 「お供えしていたものを渡すなんて、なんだか先方に失礼かな?」と思いますが、一度仏様のものとなったお供えをいただけるのは、むしろありがたいことだとされています。 お供えのお返し お供えのお返しとして、お礼状を添えて返礼品を送りましょう。 いただいたお品の3割~半額程度の金額を目安にします。 事前に用意しておいて、お参りした帰りに渡しても構いません。 ですが、親戚間の場合はお互い様ということでお返しの風習がない場合もあります。 取り決めを確認しておくようにしましょう。 4.お盆の仏壇の飾り方 お膳やお供え以外に、必要なことはなんでしょうか?お盆といえば、ナスやキュウリで作った動物を思い浮かべますよね。 そのほかにもお盆ならではの準備があります。 盆棚(精霊棚、魂棚) お盆のときに特別に用意する棚のことを言います。 ご先祖様をお迎えし、おもてなしするためのもの。 供物を並べて飾り付けをしましょう。 本格的な盆棚は、祭壇の四隅に青竹をたて、上部をしめ縄で結んだもの。 ですが、スペース的にもちょっと厳しいですよね・・・。 仏壇の前に机を置くことで盆棚にできるので、今回はそちらの方法をお伝えします。 盆棚に並べるもの.

次の