妊娠 後期 お腹 かゆい。 妊娠後期、お腹が痒い!!眠っているのに飛び起きるくらいの猛烈な痒みに悩まされる

妊娠後期、お腹が痒い!!眠っているのに飛び起きるくらいの猛烈な痒みに悩まされる

妊娠 後期 お腹 かゆい

ページの目次• 妊娠中期にお腹が固い原因は何? 妊娠中期、お腹が固くなってしまうと「これって大丈夫かな?」と心配になってしまいますよね。 お腹が固くなる原因は一つではありません。 妊娠初期にはホルモンの影響で便秘になりやすく、中期から後期にかけては赤ちゃんが大きくなり、子宮が大腸を圧迫することにより便秘になってしまいます。 便秘になってしまうと便の水分が腸に吸収されカチンカチンになり余計に出なくなってしまうんです。 妊娠しているので思いっきりお腹に力を入れて踏ん張るということもなかなかできません。 1週間便が出てない・・・という人も少なくありません。 お腹が固いのは便秘によるものかもしれません。 便秘がひどいようであれば先生に相談して薬を出してもらうのもいいでしょう。 この頃の赤ちゃんはまだ脂肪があまり付いていないために、触ると固いと感じるでしょう。 お腹の出っ張りを触った時に固いと感じたらそれば赤ちゃんかもしれません。 多くの妊婦さんがお腹の張りを経験しますが、長時間立っていたり疲れていたり。 ストレスを感じている時などに起こります。 安定期に入ったことで初期よりも活動的になってしまいお腹が張ってしまう人も多いようです。 お腹が張るというのは流産や早産といった危険な時のサインの場合もありますし、 あまりにも頻繁にお腹が張るろいう時には病院で診てもらう必要があります。 妊娠中期のお腹が固い原因が判断できない! 妊娠中期にお腹が固くなる原因はいくつかあることをお話ししましたが、 お腹が固い原因が「便秘によるものなのか」「お腹が張っているからなのか」が初めての妊娠であれば分かりにくいかもしれません。 あまりにもお腹が固く張っている感じがしたから病院へ行ったらただの便秘だったという事もありますし、便秘だったら少し運動しなくちゃいけないけれど、お腹が張っているのであれば安静にしなくてはいけないので 対処法も変わってきます。 便秘なのかお腹が張っているのかはどうやって見分ければいいのでしょうか。 妊娠中期のお腹が固いのは便秘?子宮収縮? お腹が固いと感じるのには便秘であったり、子宮収縮によるお腹の張りであったりします。 お腹が張っているな~と思って病院へ行ったら、便秘だったということもあるのでその違いが分からないという人もいるでしょう。 子宮収縮によるお腹の張りは横になっていれば収まりますが、便秘であった場合休んでも収まりません。 どちらも張ったという感覚はありますが、その違いはお腹の固さにあります。 子宮収縮によるお腹の張りの場合はお腹が空気がパンパンに入ったボールのようになり、カチカチになってしまいます。 カチカチになってしまいますが、痛み自体はありません。 逆に便秘によりお腹が張ったようになる場合、お腹はそれほど固くはなっていないと思います。 便秘であればお腹が痛むこともあるでしょう。 便秘か子宮収縮か迷った時はお腹の固さや痛みの有無などを確認してみましょう。 ただし、便秘がひどくなるとそれが原因で子宮収縮が起こる可能性もあります。 そういった時はお腹がカチカチになって痛みもあるなんてことになってしまいます。 便秘が解消して痛みやお腹の張りが収まればいいのですが、なかなか解消しないようであれば病院で診てもらいましょう。 どんな時にお腹が張るの? 妊娠中期であればまだまだ仕事を続けているという人も多いと思います。 立ち仕事であれば立っている時間が長く、デスクワークであれば座っている時間が長くなってしまいます。 同じ姿勢で長時間いるということがお腹が張る原因になってしまいますので仕事中でも少しづつ休憩をとるようにしましょう。 また仕事をしていない場合でも家事はしなければなりません。 妊娠中期で安定期にも入っていることからついつい無理してしまったり、ちょっとした運動ならいいかなと体を動かすこともありますが体が疲れてしまうとお腹も張りやすくなります。 もちろんお腹が張らなければ家事をしたり軽い運動なら問題ありませんが、違和感を感じるようであればすぐに中止しましょう。 家事は家族に協力してもらいながら無理をしない程度にしましょう。 肉体的に疲れている場合はお腹が張りやすくなりますが、精神的に疲れていてもお腹は張ります。 ストレスが溜まらないように好きなテレビをみたり音楽を聴いたりとリラックスする時間を作りましょう。 またお腹が張るのは危険な時のサインという場合があります。 頻繁にお腹が張ったり、お腹が張った時に強い痛みを感じる、出血があるという場合は流産や早産、別の病気の可能性もあるので、病院を受診して下さい。 妊娠中期はどんなことに気を付ける? 安定期に入れば今までのように慎重になる必要はありません。 適度な運動も便秘解消につながりますし、むくみの改善にもなるのでおすすめです。 妊婦さんを集めたマタニティヨガやスイミングもあるので参加してみると楽しいかもしれません。 ただ、妊娠中毒症や貧血などで病院の先生から運動を控えるようにと言われている場合は指示に従うようにしましょう。 妊娠中期に入るとお腹も目立ってくるので寝る時の体勢にも気を遣ってしまいます。 うつぶせに寝ないようにと仰向けで寝てしまいがちですが、仰向けでねるとお腹が張りやすくなってしまいます。 寝る時の体勢は仰向けよりも横向きにしてお腹を圧迫しないようにしておきましょう。

次の

【実例】妊娠中のおなかの張りとは、こんな感じの症状のことです。

妊娠 後期 お腹 かゆい

予防はシャワーをまめに浴びて、下着も刺激の少ないものにかえること。 かゆみが強い場合は、かきこわさないうちに、かかりつけ医に相談して、かゆみ止めの塗り薬などを処方してもらいます。 妊娠が原因でかゆみを感じたことはありましたか? (回答者数=2178名) かゆみを感じた人は半数以上。 いずれも早めの処置が大切なよう。 お腹が非常にかゆくなることがあったけど、当時、妊娠性掻痒なんてことは知らなかったので医師に相談することもありませんでした。 妊娠線予防の為に顔につけるような乳液をお腹に塗っていたので、痒いときはとにかく塗って塗ってぬりまくりました。 コンソメパンチさん[静岡県](かゆみはあったが原因は不明)• だんだんひどくなってきたので、妊娠中は産婦人科で、産後は皮膚科で塗り薬を処方してもらいました。 (もちろん授乳中ということを伝えましたが、皮膚に塗るステロイドは母乳には影響しないとのことでした) いめさん[岩手県](あった)• カンジダ膣炎になってしまって薬をもらいました。 妊娠の本に妊娠中は石鹸で膣を洗わないほうが良いと書いてあったから…。 でも二人目のときは洗いました。 でもなんともなかったしカンジダにもならないですみました。 かづきママさん[東京都](あった)• 元々アトピー性皮膚炎があり、それがひどくなったものだと思っていた。 でも、切迫早産で自宅絶対安静だったため、皮膚科に行けず、写真を撮ってそれを病院に見せに行ってもらったところ妊娠性掻痒の疑いがあるのでと入院を勧められた。 結局入院はせずにアトピーの薬でかゆみを逃れていた。 出産後はなくなりました。 ぴろりんさん[埼玉県](あった)• 病院では恥ずかしくて言えずにひどくならない程度にかいていたら健診の時に先生に突っ込まれました。 清潔を心がけました。 しょ~たママさん[大阪府](あった)• ひじの内側は我慢できないほどのかゆみだったが、先生にそのことを告げると、「産まれたら治るよ。 」と言われ、薬をもらえなかった・・・。 言いにくいタイプの先生だったので、薬を欲しいとも言えず、出産まで我慢した。 なおまるさん[東京都](あった)• ひざのうらがかゆかったですが、薬をもらうほどではなかったです。 妊娠本を見て、初めてそのかゆみが妊娠によるものと知りました。 さん[千葉県](あった)• かゆみ止めの軟膏をずっと処方してもらっていましたが、ほとんど効き目がありませんでしたが、妊娠線予防クリームに変えたらかゆみがおさまりました。 冬場だったので乾燥していたからかもしれません。 掻きすぎてかさぶたができて出産後はシミになってしまいました。 もっと早く気付けば良かった・・・ ナカチナさん[静岡県](あった)• 上の子の時も下の子の時も妊娠後期に足、腕、お腹、背中にかゆみがありましたが、医師には特に相談しませんでした。 かき過ぎて血が出て、かさぶたになってはまたかいて血が出てと、どんどんひどくなり、市販の保湿クリームを塗ったら少し良くなったりという感じでした。 下の子の時は主人の母に見せたら驚いてアロエを塗ると良いと言われアロエの皮をむいてネバネバを塗ったら良かったです。 プルートンさん[埼玉県](あった)• 非常にかゆくなり、かいてしまったら入浴時うずくまり動けなくなる程の激痛が・・・。 泣く泣く翌日、お休みのはずの産婦人科へ。 結局カンジダ膣炎になってました。 妊婦はなりやすいみたいです。 まきんこさん[高知県](あった)• 我慢できない程かゆかったのですが、病院には行きませんでした。 夏場だったので、シャワーなどでかゆみをおさえました。 vivio8584さん[福島県](あった)• 我慢できる程度のかゆみだったので、薬はもらわずに市販の保湿クリームでケアしました。 あと、お風呂ににがりを数滴入れて入浴したらかゆみは収まりました。 ぐずら。 さん[東京都](あった)• 主治医に薬のついたタンポンを入れられた。 飲み薬ももらった。 かゆくなると洗ったり清浄綿でふいたりしてかゆみをおさえた。 パンティライナーを下着にあてていつも取り替え清潔にしていました。 主治医に診てもらってからは2・3日でかゆみはなくなりました。 sarymamaさん[東京都](あった)• アロマトリートメントの知識があったので、キャリアオイルやアロマオイルで自分なりのオイルを作り、それを塗ってかゆみを鎮めていました。 あげちゃんさん[東京都](あった)• 胸がかゆくて、一時期は夜も眠れないほど。 4ヶ月から出産まで。 主治医は皮膚科へ行け、と言いましたが、「乾燥による皮膚のかゆみ」に効くローションを発見し、それを塗っておさえてました。 まつまつさん[埼玉県](あった)• オリモノが原因で、デリケートゾーンがかゆくなって、ケアの方法と塗り薬を貰ったことがります。 オリモノシートも使いました。 むっちゃんのママさん[福井県](あった)• おなかが大きくなるにつれて皮膚がひっぱられるので、やはりそこがかゆくなってきます。 お医者様に相談しても赤ちゃんが大きくなってる証拠ですよとのお返事。 そのうちかゆいというより痛くなってくるんですが、薬を塗ったりはしませんでした。 ももママさん[東京都](あった)• ついつい掻いて肌がカサカサになったりするのでスプレータイプの薬を処方してもらいました。 赤ぴくさん[京都府](あった)• 主治医の産婦人科医に処方してもらったぬり薬ではヒドクなり、皮膚科に行くと『なぜ産婦人科医がこんなダメな薬を渡したのだろう?』って驚かれ、違うぬり薬を処方されました。 そしてバッチリ効きました。 やっぱり妊婦とは言え、かゆみのことは専門医の方がいいですね。 ちーちゃんママさん[滋賀県](あった)•

次の

妊娠性痒疹とは?湿疹は妊娠後期に出やすい?産後に跡が残るの?

妊娠 後期 お腹 かゆい

痒みを和らげるためにはどうしたらよいのでしょう? 現役保健師の金子奈菜絵さんに痒みの原因や対処法について伺いました。 また、妊娠中お腹がかゆくて掻いてしまったというママたちにも、対処法を教えてもらいました。 保湿剤を使ってしっかりと保湿する お肌が乾燥すると刺激を受けやすくなり、痒みを引き起こしてしまいます。 痒みなどのトラブルからお肌を守るために、 こまめに保湿するといいですね。 お肌を清潔に保ち、入浴後にはきちんとスキンケアをすることで痒みなどのトラブルからお肌を守ることができます。 妊娠線予防用保湿クリーム 妊娠中の軽い痒みには保湿クリームを塗るといいですね。 保湿クリームを塗ることでクリームがお肌を包み込み、乾燥などのトラブルからお肌を守ってくれます。 また、 妊娠線予防クリームを塗ることで、妊娠線の予防にも繋がりますので一石二鳥ですね。 妊娠中の当サイトのママモデルの間で、保湿性が高いと人気だったのはベルタのクリームでした。 使用したクリーム: 妊娠中期から出産までずっと痒かったです。 冬に出産だったので乾燥もあったかもしれませんが、お風呂上がりや寝る前 寝てるとき がけっこう痒かったです。 皮膚は赤く掻いたあとがのこり、ぷつぷつと赤く血がでるくらい掻いてしまいました。 最初は我慢しようとしたり市販の保湿剤を塗っていましたが、検診のときにお腹のエコーをとる際にお医者さんが気づいてくれて、弱めの 赤ちゃんにも使えるレベル 塗り薬を処方していただきました。 塗ってる間は良かったのですが薬を切らすと復活してしまうため、結局ほぼ臨月まで継続して処方してもらってました。 (ひろ30歳・9ヶ月息子・愛知県在住) 先輩ママの体験談:産婦人科からすすめられた保湿クリームを塗りました 妊娠中は大きくなるお腹によって、お腹やわき腹の皮膚がどんどん伸ばされていきます。 さらに、ホルモンが変化することで皮膚が薄く硬くなってしまいます。 そのため、皮膚にかゆみが出やすくなります。 軽い痒みであれば、保湿をしっかりしてあげることで解消します。 妊婦さん向けの低刺激クリームや、馬油、ホホバオイルなど、肌に優しい保湿剤を選びましょう。 特に入浴後は乾燥しやすいので、お風呂上りに丁寧にお腹を保湿してください。 【注意したいこと】 妊娠中の軽い痒みであれば、保湿をしっかりしてあげることで解消しますが、注意したいのは妊娠中期からどんどんひどくなる痒みや蕁麻疹のような赤味がある場合です。 この場合は、「妊娠性痒疹(にんしんせいようしん)」と呼ばれる症状の可能性があります。 妊娠性痒疹の場合は、痒み止めの内服薬やステロイドの塗り薬で治療する必要があるため、皮膚科を受診しましょう。

次の