メジナ 塩焼き。 メジナの刺身は主に3種類!調理法、食べ方を解説します。

【メジナの塩焼き】自分で釣った魚は自分で料理して食べると最高においしい

メジナ 塩焼き

メジナの魅力 ぷっくりとした身体と青々とした色合いのメジナは釣り人が釣るとアタリとされる人気の高い魚です。 見た目は食べられるのか心配になるほどの綺麗な青色をしていますが、そんな心配をよそにメジナは食用として広く食べられている魚です。 メジナの生態 釣り人にも人気のあるメジナは、スズキ目スズキ亜目メジナ科メジナ属に分類されます。 メジナとは別に呼ばれている呼び名もあり、 「クチブト」と呼ばれたり、 クロメジナのことを「オナガ」などと呼ぶこともあるのだそう。 そんなメジナは北海道以南の全国の沿岸に生息している至って一般的に姿を見かける魚です。 大きさは約60cm程度の大きさにまで成長し、仲間で群れになって行動しているのが特徴です。 また、メジナがエサとしているものは季節によって違いがあり、夏頃の時期は甲殻類などを好んで捕食し、冬の時期は海藻を食べて生活しています。 ちなみにメジナよりもクロメジナの方が肉食性の高い魚になります。 メジナとグレは同じ魚? メジナは地域によって呼び方が非常にたくさんあるため、メジナ以外にも様々な呼び方があります。 その中でも関西地方でよく呼ばれる「グレ」という呼び方は知名度が高く、 関西地方の多くの方がメジナのことをグレと呼ぶようです。 しかし、魚に詳しくない方はメジナとグレは同じ魚なのか、それとも異なる魚なのか困惑してしまうでしょう。 結論から言えば メジナとグレは同じ魚を指します。 ではなぜメジナがグレと呼ばれているのかというと、地方名が関係しています。 メジナのことをグレと呼ぶ意味は黒色を指す意味を含んでいるために呼んでいます。 メジナは地域によって色が変わるため、そういった意味でも地方名は変わるそうです。 グレの他に「ブレ」や「クマダイ」、「シシビ」、「マギリメ」、「タカイオ」、「クシロ」など多種多様な呼び方があります。 メジナは地域別で見ればまだまだ数えきれないほどの地方名が存在しているため、他の魚と比較すると呼び方が豊富な魚でもあります。 メジナの料理 メジナを食べたことがある方はメジナ=臭いと感じている方も多いでしょう。 魚が出す臭みは強いところがありますが、メジナはそんな魚臭さを強烈に感じることもあるのだそう。 そんなメジナはどうしたら臭みが出なくなるのでしょうか。 メジナはまずい?下ごしらえに気を付けて! よく言われていることと言えば、「メジナはまずい」ということです。 臭みが強いという認識が強いことから敬遠している方も多く、実際に調理してみたら強い臭いに嫌悪感を抱いたという方もいます。 しかし、メジナは正しいさばき方で行えば非常に美味しく食べられる魚です。 実はメジナは釣りたてで新鮮な状態のものはまだ硬直していないため、 内臓にマキエがある状態です。 そんな内臓を知らずに 下準備でグリグリと潰してしまうと強烈な臭いを発します。 また、特に 胆のうは誤ってさばくと強い臭いが空気中に回るため、余計に臭さを感じてしまいます。 そのため、 メジナをさばく際は内臓を傷つけずにさばくことが大切です。 内臓や胆のうを傷つけずにさばいたメジナは刺身などにすると非常に美味しく食べることができます。 今までメジナがまずいや臭いと感じていた方は正しいさばき方で調理すると本来の美味しさに驚くことでしょう。 そんなメジナは刺身をはじめ、塩焼きや煮付け、さらには鍋などの材料としてもOKです。 油を使う調理法とも相性が良いので比較的調理しやすい魚です。 メジナの旬な時期 メジナが旬とされる時期は 秋~冬の寒い季節に訪れます。 メジナは春の始まりから初夏にかけての時期に産卵期を迎え、寒い時期に産卵期を控えます。 そのため、産卵期を控えた寒い時期が最もメジナの味が堪能でき、美味しく食べられるでしょう。 また、 夏の時期のメジナは磯の臭いが強いため、香りを気にすることなく食べられるこの時期が適している時期とも言えます。 メジナの価格や値段 市場に中々出回らないメジナ。 釣り人の特権とも言われるメジナは流通されないこともあり、釣りをしない方には手に入りづらい魚と言えるでしょう。 出回らない魚だからこそ値段が高いイメージがありますが、実際はどの程度の価格なのでしょうか。 メジナは年中安価な値段で販売されていることが多いですが、冬の時期に流通する「寒グレ」というメジナは流通価格が高騰する傾向にあります。 メジナは地域によっても販売価格が異なるため一概には言えませんが、安価な場所では 100gあたり120円前後というところもありますし、1尾で2000円前後という場所もあるようです。 小さめのメジナであれば値段も心配することはありませんが、1尾丸ごととなると少々購入を躊躇う値段と言えるでしょう。 メジナに寄生虫はいるの? 魚にはよく聞く寄生虫ですが、メジナに寄生しているのか心配になりますよね。 しかし、メジナは人体に影響を与えるアニサキスという寄生虫の心配はほとんどいりません。 小さなメジナなどはエサを海藻としているため、アニサキスを介するエビやオキアミを口にしません。 そのため過度に寄生虫の有無を気にする必要はありませんが、万一、メジナなどの魚の体内に侵入してしまったら、寄生する内臓を早急に除去すれば心配を軽減できると思います。 アニサキスは魚の内臓壁に付着して寄生を行い、寄生している魚が死ぬと身の方へ移動を始めます。 そのため、釣ったメジナはなるべく早く内臓を処理すれば寄生虫は私たちが口にする過程にまで至らないという訳です。 実は美味しいメジナ…一度味わってみては? メジナについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。 メジナを今まで臭いと感じていたり、まずいと感じていた方は正しいさばき方と共に臭みがなくなる冬の時期に入手してみると良いでしょう。 実は美味しい魚ですからお好みの料理にして楽しんでみてくださいね。

次の

似てるけど高級魚の尾長メジナ(ワカナ)!メジナとの違いわかりますか?

メジナ 塩焼き

お父ちゃんはこの笑顔に弱いんだ(笑) レッツクッキング!! 2007. 02 鯛&メジナの新レシピ記事を追加しました。 2017. 25 こちらのレシピの応用編をUPしました。 メジナも鯛も丸ごと一匹食べつくせ! 1.メジナを3枚におろす 基本的な捌き方は、 アジやタイの3枚卸しなどと同じです。 うろこを引き• 頭を落として• 内臓を取り出し• 皮に切れ目を入れ• 包丁の刃先を背骨に当て、3枚におろします。 こちらに関しては、 こちらのブログ内の、 をご参考ください。 失敗しないためのコツなんかも書いてあります。 2、皮をはいで刺身にする それでは、引き続きよろしくお願いいたします。 続いての工程は、• 腹骨・中骨を取る• 皮を引く• 薄づくりにする• 引いた皮を湯引きにする です。 美味しくいただくために、 最後まで気を抜かずに行きましょう。 2-1.腹骨・中骨を取る まずは腹骨を削ぎ取ります。 縦に包丁を入れると身がもったいないので、 腹骨の裏側を感じながら包丁を斜めに入れます。 いい感じに焼けました。 焼き魚などの場合、 「盛り付けは左頭」 基本です。 なので、最終的に左頭になる面=左側面を、 最後に焼きます。 上から焼くグリルの場合は、 最初に右側面を上に向けて焼き、 最後に左側面を焼く。 炭火など下に火があって焼く場合は、 最初に右側面を下に向けて焼き、 その後左側面を下にして焼く。 そうすると左側に頭を向けて皿に盛りつけた時に、 「焼きたてパリパリの面が上に来る」 わけです。 参考にしてみて下さい。 25 メジナ&鯛を丸ごと一匹食べつくせ!! 鯛とメジナの違いは、 かぶと焼きがあるかないかだと思います。 それ以外は はっきり言って同じです。 是非お試しあれ!! 長文・駄文に 最後までお付き合いありがとうございました。 「参考になったぜ!!」という方がいらっしゃいましたら、 ご共感頂けましたら、 下にあるSNSボタンで共有いただけますと幸いです。 「スポンサーリンク」 2017. 16 「メジナのさばき方&レシピ、刺身と皮の湯引きはもみじおろしで食す!! 」 の記事を2つに分割し、 と 「メジナのレシピ、刺身と皮の湯引きはもみじおろしで食す!! 」 にいたしました。 特に、魚の3枚おろしの方を皆さんに見ていただきたくて、 こういった形としましたので、 ご了承ください。 2020年6月 月 火 水 木 金 土 日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 最近の投稿• アーカイブ• 4 カテゴリー• 4 タグ.

次の

メジナという魚の味や料理。寄生虫についても

メジナ 塩焼き

城ヶ島で35cmの寒メジナ(オス)を釣ってきたので、捌き方(三枚おろし)の手順を動画で収録してみました。 動画で使用しているまな板はです。 包丁はたまにしか魚を捌かないならそんなに高級なものを購入する必要は全く有りません。 鋼のもので5000円以上するものならマメに研げば良いと思います。 青鋼の包丁は研ぎやすく切れ味も持続するのでプロの料理人でも使用する方が多いです。 切れ味の点では白鋼の方が食い付きがよく鋭く切れ込む気がしますが、この辺りは好みだと思われます。 お金に糸目をつけないなら白鋼や青鋼の水本焼き包丁をお勧めしますが、手入れをまともに出来ないのでしたら宝の持ち腐れになるばかりか、気温の低いときなどは保管に気をつけないと温度差で折れたりしますのでお勧めしません。 また最近はステンレス製のものも多く見かけますが、使う本人が使いやすいものを使うと良いと思います。 ただ、ステンレス製の刃物は40cm程度のメジナを1匹捌いているうちに直ぐに切れなくなってしまいます。 切れ味の悪い包丁で魚を捌くと魚の組織の断面が潰れたようになり、特に刺身で食べた時は顕著で、味が抜けたように感じます。 出刃包丁はともかく、刺身を作る柳刃包丁はソコソコ良いものを購入する事をお勧めします。 ついでに木製のまな板なのですが、和包丁を使うときは必須で、その理由は包丁の刃を守る為です。 プラスチック製品の硬いまな板などを使用した場合、まな板に包丁の刃が当たる時に、刃が欠けてしまったりする場合があります。 和包丁は硬い分脆いので、木製のまな板を使うようにしましょう。 ウロコを落としたら肛門から胸鰭にかけて切り込みを入れ、画像のように頭から胸鰭にかけて切り込みを入れます。 反対側も頭から胸鰭にかけて切り込みを入れ、最後に中骨の部分を切り離します。 内臓が残っている場合はこの時点で内臓も頭に一緒についてきます。 ワシの場合、釣り場で血抜きをした後、エラと内臓は取ってきてしまうので、この画像の魚には有りません。 頭を切り離した後は、流水で腹の中まできれいに洗い、キッチンペーパーで水分を良く拭き取っておきます。 まな板もきれいに洗って水分を拭き取っておきましょう。 この後は魚の味が抜けてしまうので一切水は使用しません。 三枚におろす 画像の様な向きにメジナをまな板の上に乗せ、背中側から捌いていきます。 (腹側からでもかまいません) 最初は頭側から尾の方まで皮に切り込みを入れ、皮が切れたら包丁を中骨に沿うように入れていきます。 慣れない内は一度に切ろうとせず、2回ぐらいに分けて切った方が良いです。 腹側も背中側と同じように皮に切り込みを入れ、皮が切れたら包丁を中骨に沿うように入れていくと背中側と貫通します。 貫通したら画像のように包丁を入れ、尾を滑らないようにキッチンペーパー等で掴みながら、包丁を頭の方に滑らせて中骨と切り離します。 ある程度力が掛かりますので、怪我をしないように注意してくださいね! 反対側の身も同じようにして捌きます。 画像のように中骨には殆ど身が残らないようにきれいに捌けます。 腹スを切り取る 腹スの部分は、腹骨と中骨がくっついていますので、画像のように包丁を逆さに入れて、腹骨と中骨の付け根をはじくようにして、腹骨と中骨を切り離します。 腹骨と中骨の付け根を切り離したら、腹骨に沿うように包丁を入れて、削ぐ様にして腹スを切り取ります。 メジナの腹には少しへこんだ部分があり、これが残っていると刺身にしたときこの部分だけ生臭くなります。 包丁の先で軽く弾く様にめくり、めくれた部分を指先で引っ張りながら、少しずつ削いでいきます。 焼いてしまう場合は気にしなくて良いのですが、刺身にする場合はこの部分は取って下さい。 皮を引く 尻尾側に皮を切らないように少しだけ切込みを入れます。 この工程は柳刃包丁を使います。 切込みを入れた部分を左手で摘み、包丁を切り込み部分から入れて刃を寝かせ、左手で皮を引っ張りながら包丁を軽く動かして行けば皮が引けます。 感覚としては包丁を動かすと言うより皮を引っ張ると言う感じです。 だから魚の皮を剥ぐ事を「皮を引く」と言うのです。 血合い骨を抜く メジナの場合、画像の赤丸部分に血合い骨があります。 分からなければ腹側を指でなぞれば骨があるのが分かると思います。 画像のように皮を剥いだ反対の面から骨抜きで一本一本血合い骨を抜いていくときれいに抜けますが抜き辛いですので、反対側から抜いたほうが分りやすいし抜きやすいと思います。 抜き終わったら念のために腹側を指でなぞって抜きの腰が無いかチェックして、抜き残しが有れば抜き取ります。 大きい魚の場合、面倒なのでこの部分は切り取ってしまう場合も有りますが、ワシは勿体無いので丁寧に抜いていたりします(笑) ちなみに、活きが良い魚ほど身が締まっているので血合い骨は抜き辛いです。 刺身にする場合はこの後柳刃包丁の刃を一杯に使い断面を潰さないように切れば、美味しい刺身が出来上がります。 前記しましたがこの捌き方を覚えてしまえば殆どの魚を捌く事が出来ますので覚えておくと良いでしょう。

次の