太陽系 大きい 順。 太陽系を質量順に並べる!密度や半径が最大の星はどこだ?役立つ知識まとめサイト!生活の雑学

太陽系の衛星の一覧

太陽系 大きい 順

太陽系とは何? そもそも 太陽系って何でしょうか…。 え?そこ!? と思われた方も いらっしゃるかもしれませんが、 宇宙オンチの私は そこからして よく分かっていなかったので、 改めて調べてみました! ご存知の方は 今しばらくお付き合い いただけますでしょうか(笑)。 太陽系とは、 その名のとおり 太陽が 中心とし、 その周りを軌道を描いて 回る 惑星やその 衛星(えいせい) 小惑星や 彗星(すいせい)などの 天体のことを指します。 ちょっと 難しい言い回しに なってしまいましたが、 太陽とその仲間たちとでも言えば 分かりやすいでしょうか(笑)? ちなみにその仲間たちには 大きく分けて下記のような 種類があります。 ・惑星 惑星とは、簡単に言うと わりと 大きめの星です(笑)。 本当は色々 定義があるのですが、 ざっくり言うなら 十分な 大きさがあって、 丸い形をしていて、 自分の軌道から 重力の作用で 他の星を 追い出しているのが惑星。 ちなみに地球も惑星のうちのひとつです。 そして太陽系には下記の 8つの惑星が あるんですよ! ・水星 ・金星 ・地球 ・火星 ・木星 ・土星 ・天王(てんのう)星 ・海王(かいおう)星 すいきんちかもく…。 と、小学生のときに 一生懸命覚えた人も多いのでは ないでしょうか? あれ? 1つ 足りなくない? と思った方は私と 同年代かもしれません(笑)。 その ワケについては 後ほどご説明しますね。 ・衛星 衛星とは、 惑星の周りを回っている 小さな星です。 そう、 地球で言うところの 月ですね。 ちなみに、惑星を 観察するために 人間が作り出したのが 人工衛星です。 人間ってすごいですよね。 なんでも 作ってしまうんですから! ・準惑星 準惑星とは 読んで 字のごとく! 惑星よりちょっと 小さめの星です。 ちょっと小さいがゆえに 自分の軌道から 他の星を 追い出せない点が 惑星との大きな 違いなんだそうですよ。 ちなみに 冥王星(めいおうせい)という 星の名前に聞き覚えはありませんか? この冥王星は 以前は 惑星と定義されていたのですが、 のちの研究でその 大きさや 軌道の観点から、 惑星ではなく準惑星だということに なったそうです。 前段で 惑星の種類をご紹介した際、 小学生の時に習ったのと違う! 1つ 足りない! と思われたみなさん。 1つ足りないのは そういうワケ だったんですよ。 ・彗星(すいせい) 彗星とは、 数キロメートルくらいの 氷や チリでできている とっても小さな星です。 惑星や準惑星と違って 細長い形をしています。 その 軌道は様々で、 定期的に太陽の側に 戻ってくるものや、 2度と 戻ってこないものもあります。 彗星は太陽に 近づいた時に その熱で ガスが 発生して 尾のようなものができるのも 大きな特徴。 その形から、 日本では ほうき星と呼ばれているのは 有名ですよね。 ちなみに、 彗星が 通り過ぎる時に出た チリなどが 地球の 大気と ぶつかって燃え、 光って見えるのが 流れ星なんですよ。 つまり流れ星の 正体は、 星が流れているのではなく チリだったというわけです。 なんだか ショック! 私たちはチリに願い事を していたんですね(笑)。 惑星の種類 太陽系の惑星は 8つあるとご説明しましたが、 それぞれ どんな星なのかについてはご存知ですか? 名前は知っていても、 どんな星かまでは知らない人も多いのでは ないでしょうか。 そこで、それぞれの 特徴について まとめてみました! ・水星 水星は 岩石、 金属などでできていて 地表には クレーターが見られるため、 月とよく 似ていることでも 知られている惑星です。 もし人間がいたら ドロドロになってしまいますね…。 ・金星 金星は地球から 一番近い軌道を 公転する惑星で、 岩石などでできている点からも 地球と よく似た星として 知られています。 ただし、地球と大きく違うのが その大気がほとんど 二酸化炭素で できていること。 二酸化炭素は 地表の 熱を全く逃がさず ためこんでしまう 温室効果がありますから、 金星の 地表は とっても熱いんです。 そのため、 今の技術では人間が 金星の 地上に降りることは できないんだとか。 地球の近くにあって、 大きさも地球と同じくらいなのに 地球とは 全然違うんですね。 ・地球 我らが地球は、 ご存知のように 水が地表の 7割を占める惑星です。 窒素や酸素から構成される 大気があって、 生物が存在するのが 大きな特徴ですよね。 ちなみに、大気がなければ 太陽から発せられる 紫外線を 直で通してしまいます。 また、地表の 熱も大気がなければ 宇宙に 放出されてしまいますので、 生物が存在するには 過酷な状況であったと考えられます。 水や大気のおかげで 生物が 住みやすい環境が 作られていったんですね。 大気さん、ありがとう(笑)! ・火星 火星も地球の 近くにある惑星です。 地球のように 岩石などで できているのですが、 その岩石が 酸化して錆びるため、 赤く見えることで有名な惑星です。 ちなみに、酸化するということは…。 そう、わずかですが 酸素があるんです。 それに地形を観測したところ、 以前は地球のように 水があったのではないかと 考えられているんですって。 現在は 蒸発してしまったのか、 地下深くで 凍りついてしまったのかは ハッキリしていません。 しかし、酸素があって水がある。 と言うことは、 まだ発見されていないだけで 生物が住んでいる 可能性も あるかもしれませんね! ・木星 木星はとても 大きな惑星。 ガスや 水素でできているため 地球のような 地面はありません。 そして大きいわりに 質量は 少ないんだそうです。 しましまの模様と、 大赤斑 (だいせきはん)という 赤い斑点があるのが特徴。 あんまり大きいので 太陽に なりそこなった惑星とも 言われているんです。 でも実際は太陽のように いつも光り 輝くためには、 もっともっと 大きくないと いけないみたいです。 それにしても…。 「なりそこなった」とは! なんだか 不名誉なネーミングだと 思いませんか(笑)? ・土星 土星も木星と同じように 主に ガスや 水素でできているため、 大きさの割に 軽い惑星。 計算上は水に 浮いてしまうほど 軽いんだそうですよ。 土星と言えば、 特徴的なのが 輪 (わ)! この輪は 岩石や 氷で できているのですが、 どうしてできたのかは 判明されていないんだとか。 主力な説はあるようですが、 分からない方が 神秘的で 素敵ではないですか? ・天王(てんのう)星 天王星は メタンや アンモニアといった 氷や水でできているのがポイント。 このメタンは 赤い光を 吸収する 性質があるため、 青い光が外へ向けて 放出され、 私たち地球人の目には 青く輝いて 見えるのです。 そして最も面白い特徴は、 横に倒れたまま自転していること。 そのため、地球でいうところの 北極や南極にあたる地点では、 日々自転していても 太陽の光が当たる 位置が ちっとも変わりません。 と言うことは、 公転して 太陽からの位置が 変わることでしか、 光の当たる地点が 変わらないことになりますよね。 ちなみに天王星が 公転する周期は約 84年。 つまりその半分の 42年 が経たないと 昼と夜が 逆転しないんです! 42年間ずっと夜だったら… と考えると、 地球に産まれて 良かったと しみじみ思います(笑)。 ・海王(かいおう)星 海王星は 天王星とよく似た星で、 やはりメタンなどを含む 氷や水でできているため、 青く見えます。 地球からはとても 遠いため 観測するのは非常に 難しい惑星。 実際、無人探査機の ボイジャー2号が観測するまでは 海王星のことはほとんど 知られていなかったそうです。 太陽から遠いためとても 寒く、 風が強い のがポイント。 時速2,000kmもの風が 吹いているそうですよ! 寒くて風が強いなんて。 海王星にはお引越し したくないですね(笑)。 惑星の大きさは? 前述のとおり 惑星とは 大きな星のことを言いますが、 大きいというのは一体 どのくらいの 大きさのことなんでしょうか? ちなみに太陽系で1番 小さな惑星は 水星。 この1番小さい水星でも その直径は約 4,900kmもあるんです。 直径4,900kmと言うと? 東京から京都の ちょっと手前までの距離が だいたい 500kmですから、 東京から京都間を 5往復したくらいでしょうか。 うーん…。 全然想像ができませんが、 かなりの距離ですよね! しかもあくまで 直径ですから、 外周ですともっと距離が あることになります。 それぞれの惑星の 大きさの比率については 次の項目でご紹介しますね! ちなみに 太陽の直径は 約 1,400,000km。 ここまでくるともう 桁が 大きすぎて 何が何やら分かりませんね(笑)。 東京から南米の ペルーあたりが 約 14,000kmだそうですから、 その100倍くらいですが…。 100倍と言われても(笑)。 そして我らが 地球の直径は 約 12,700km だそうです。 東京から フランスが 約 10,000kmくらいだそうですので、 それよりもうちょっと 行ったくらいでしょうか? 直径で言われても イメージしづらいですよね。 とにかく惑星は 大きいということです(笑)! Sponsored Link 大きい順にランキング さて、それでは気になる 太陽系の惑星の 大きさランキング ! 栄えある 第1位は 木星。 その直径は約 139,800km。 地球の約 11倍の大きさです。 地球の大きさが直径 1. 5cmの ビー玉だとすると、 木星は ハンドボールの球 くらいのサイズです。 かなり大きいですねえ! そして 第2位は 土星で、 地球の約 9. 地球がビー玉なら、 土星は プリンスメロン くらいのサイズです。 第3位は 天王星。 地球の 3. 9倍で、 例えるなら ビリヤードの球 くらいでしょうか。 第4位は 海王星。 天王星とほとんど同じで 地球の約 3. 8倍の大きさ。 こちらも ビリヤードの球くらいですね! そして 第5位が 地球 です。 第6位は金星。 地球とほとんど同じ大きさ。 第7位は 火星で、 地球の約 0. 54倍。 地球がビー玉なら バファリン (球体ではありませんが)位の 大きさです。 そして最後は 水星。 地球の約 0. 39倍で、 ビー玉のたとえを使うなら 正露丸 くらい・・・(笑)。 ちなみに太陽は地球の 110倍もの大きさ。 地球が直径1. 5cmのビー玉なら、 太陽は 玉転がしの球 くらいでしょうか。 しかも直径 165cm以上の、 特注の! そう考えると、 太陽の大きさはもう、 規格外ですねぇ。 太陽からの距離は? それでは 太陽から それぞれの惑星までの 距離は、 どのくらいなのでしょうか? 順番は? そう、 すいきんちかもく…と 呪文のように唱えて覚えた あの順番です。 ちなみに前述のとおり 冥王(めいおう)星は 準惑星に分類されたので はずしてくださいね。 え?冥王星なんて 最初から入ってなかった? …。 ジェネレーションギャップですね…。 単位が 大きすぎて一体 どのくらいなんだか 想像がつきませんので、 それぞれ 歩いてどのくらいかかるのかを 表にまとめてみました。 一般的な 大人の歩く速度は 約 4. 8kmと言われているので その値で計算したものです。 地球から太陽まで 3,570年…。 その間に少なくとも 3,500回は 死んでいますね(笑)! ちなみに 光の速さは 秒速約 30万kmですから、 光速でも 8分はかかると いうことになります。 地球と太陽って 遠いんですねえ。 地球から近い順にランキング 各惑星の 太陽からの 距離は分かりましたが、 地球からの距離はそれぞれ どのくらいなんでしょうか? 惑星はそれぞれ 公転していますから その距離は 一定ではありませんが、 おおよその距離間をまとめてみました。 うーん。 これまた想像しにくい! 1番近い 金星が 最も 近づいたときの距離で計算すると、 時速約4. 8kmの大人が歩き続けて約 950年 という計算になりますね。 それでもだいたい 10回は死んでしまいますから、 歩いては行けそうにありませんね(笑)。 それにしても、 宇宙って 広いんですね! 地球の他に生物はいるの? 宇宙を語る上で最も 興味深いのがコレ。 地球の他にも 生物がいるのかどうか! 気になりますよねー。 宇宙人って本当にいるんでしょうか。 本当は発見されているけれど、 アメリカ政府がその事実を 隠している。 なんて 都市伝説もあるようですが 今のところ、地球以外の星で 生物は 発見されていないことに なっています(笑)。 しかし、生物が存在する 可能性があるのでは? 言われている星は いくつかあります。 まず代表的な星は 火星。 先にもご説明したとおり、 わずかな 酸素があること。 そして過去には 水が存在したと 言われていることから、 何かしらの 生命体が 存在するのでは!? と考えられているんだそうです。 他にも 木星の 衛星である エウロパや、 土星の 衛星である タイタンや エンケラドスにも 生命体が存在する可能性があると されているんですよ。 なぜかと言うと この 3つはとても 寒い星で、 地表は 氷で固まっています。 そしてその 氷の下には 水が存在するのでは!? と言われているのがその 理由です。 水が存在するならば、 生物が存在する 可能性は グッと 上がるからですね。 しかし、もし生物が存在したとしても 私たちが 想像するような 宇宙人ではなく、 例えるならば バクテリアのような シンプルな構造の 微生物だろうと 言われているそうです。 それらの微生物が 進化して 動物や 人間になるまでには…。 ウン十億年かかりそうですね(笑)。 太陽系以外には宇宙人がいる可能性も!? 太陽系の 惑星の 大きさや 距離などについて ご紹介しましたが、 いかがでしたでしょうか。 そして 生物が 存在する惑星は 今の所どうやら太陽系では 地球だけだとご説明しましたが…。 それでは 太陽系以外では どうなのでしょうか? 我らが地球を含む太陽系は、 広い 宇宙の中の ほんの一部にしかすぎません。 今の地球人の技術では 観測できない惑星も もっともっとたくさん あるかも しれないですよね。 そこには 海や川があって、 大気があって、 私たちのような 人間が住んでいる 可能性も ゼロではありませんよね。 そしていつか 宇宙旅行や 宇宙留学が 当たり前になる時代が 訪れるかもしれません。 でも、もし 宇宙人がいるんだとしたら、 よく イラストにされている あの姿でないといいなぁ、と 思うのは私だけでしょうか。 だってあの姿だったら 怖くて直視できませんよね…(涙)。

次の

太陽系惑星の大きさを比較!順番に並べるとどうなる?

太陽系 大きい 順

太陽系惑星の相対質量。 水星と火星は合計しても 0. 太陽系の天体の分類 () 太陽の 周りを 回る 天体 にあるもの (のみ) 冥王星型天体以外の 太陽以外の の周りを 回る天体 (未定義) 大きさ順の太陽系天体の一覧(おおきさじゅんのたいようけいてんたいのいちらん)では、平均 が判明している、または推定されている太陽系内の主な天体を大きな順に並べている。 この一覧は天体のや体積、表面重力の順に並び替えることもできる。 この一覧に含まれているのは、、、、大型の(を含むや TNO の一部)、それらの、そして科学的・歴史的に興味深いやといった他の天体である。 一般に天体の密度はそれぞれ異なるため、半径順や質量順のリストでは順序が異なっている。 例えば、はよりも体積が大きいが、質量は小さい。 また、やはよりも体積は大きいが、質量は水星の半分以下である。 1990年代以降、非常に大きな外縁天体が続々と発見されている。 見つかってからまだ日が浅いため、これらの半径の数値は暫定的である。 以下のリストでは幅や近似位置で表示されることがある。 10 21 以上の質量を持つ天体は、ほぼ球状の形をしていることが知られている。 天文学的に、天体自身の重力が自らの物理的構造の強度を上回るとき、に達し、その天体は丸みを帯びた形に変形していく。 なお、氷天体は岩石天体より レギュラー (調整の取れた形)になりやすく、事実氷天体は低い質量でも、その多くがの形をしている。 半径が 200 km を超えるか超えないかが、レギュラーとなるか否かの大よその境界である。 や、といった、10 18 から 10 21 kg の質量を持つ大きな天体は自重力のため、均衡の取れたの形をしている。 一方、やといった質量の小さい は丸みを帯びてはいるが、球状ではなく、 イレギュラー と呼ばれる。 一般的に、楕円形の天体には自転による遠心力のため、平らな極がいくつか存在している。 しかし、イレギュラーな形である天体の特徴は2つの赤道直径の長さが非常に異なるということである。 土星より遠方に存在する天体の半径を計算することは一般的に難しい。 以下のリストに掲載されているTNOの直径のデータはいくらかの信憑性があるが、非連星TNOの参照のない質量・密度データは実際のところ信憑性がない。 多くのTNOは、密度 0. 5 ほどの彗星と同密度の密度であるにもかかわらず、2. ゆえに、多くのTNOには地球との質量比較は掲載しない。 やといった探査機の数多くの観測により、木星と土星の衛星の大きさと質量はよく知られている。 しかしのような、半径が 100 km 以下の衛星の多くは、未だ質量がよく分かっていない。 さらに、土星より遠方の天体になると、より不明確になる。 天王星や海王星の長期的な衛星研究のための探査機は未だ打ち上げられていない。 のようなのフライバイでも発見されなかった天王星の小さなの推定質量やは NASA のウェブページによっても異なる。 より小さい一覧の天体データは質量や半径の数値が不確実であり、形状や密度分布が不規則であるため信憑性に欠けている。 25 1. 0 28. 02 レギュラー 69,911 10. 97 1. 83 24. 79 2. 535 レギュラー 58,232 9. 14 827,130 764 568,460 95. 159 10. 445 1. 06 木星型惑星 レギュラー 25,362 3. 98 68,340 63. 1 86,832 14. 536 8. 87 0. 9 レギュラー 24,622 3. 87 62,540 57. 7 102,430 17. 147 11. 15 1. 140 天王星型惑星 レギュラー 6,371. 0 1 1,083. 21 1 5,973. 6 1 1 6,051. 8 0. 950 928. 43 0. 857 4,868. 5 0. 815 8. 872 0. 9 地球型惑星 レギュラー 3,390. 0 0. 532 163. 18 0. 151 641. 85 0. 107 3. 7 0. 2 0. 413 76. 30 0. 0704 148. 2 0. 0248 1. 428 0. 404 71. 52 0. 0660 134. 5 0. 0225 1. 354 0. 14 レギュラー 2,439. 7 0. 383 60. 83 0. 0562 330. 2 0. 0553 3. 7 0. 3 0. 378 58. 65 0. 0541 107. 6 0. 018 1. 23603 0. 5 0. 286 25. 32 0. 0234 89. 3 0. 015 1. 797 0. 183 木星の衛星 レギュラー 1,737. 1 0. 273 21. 958 0. 0203 73. 5 0. 0123 1. 625 0. 245 15. 93 0. 0147 48 0. 00803 1. 316 0. 4 0. 212 10. 38 0. 0096 21. 5 0. 00359 0. 782 0. 0797 レギュラー 134340 1,185 0. 186 7. 15 0. 0066 13. 105 0. 0022 0. 61 0. 183 7 0. 007 16. 7 0. 0027 0. 662 0. 9 0. 124 2. 06 0. 0019 3. 526 5. 378 0. 5 0. 120 1. 89 0. 0017 2. 2 3. 363 0. 4 0. 12 1. 87 0. 0017 2. 3166 3. 26 0. 4 0. 12 1. 85 0. 0017 3. 347 0. 035 天王星の衛星 レギュラー R A 136472 750 0. 126-0. 157 1. 8 0. 002 4 6. 47 0. 113 1. 55 0. 0014 1. 9739 3. 223 0. 095 0. 220 8. 52 2. 279 0. 7 0. 092 0. 2 2. 234 0. 9 0. 091 0. 35 2. 269 0. 027 天王星の衛星 レギュラー R 136108 575 0. 117 1. 3-1. 6 0. 001 4. 2 6. 44 0. 6 0. 088 0. 096 1. 232 0. 0871 0. 0843 0. 05 P-2. 5 1. 7-4. 281 0. 083 0. 6173 1. 145 0. 078 0. 483 4. 03 1. 33-0. 50 0. 0337-0. 076 0. 95 1. 27 0. 0275 () レギュラー 90482 R A 473 0. 069-0. 08 0. 186 0. 074 0. 278 0. 0284 カイパーベルト天体 () 不明 9 439 0. 069 0. 246 0. 025 不明 9 419 0. 0658 0. 235 0. 024 カイパーベルト天体 不明 2006 QH 181 9 382 0. 06 0. 233 2. 214 0. 5 0. 0585 0. 209 0. 021 () 不明 R 367 0. 0576 0. 207 1. 414 P 6. 206 0. 0211 カイパーベルト天体 不明 9 365 0. 0573 0. 2036 1. 407 P 6. 205 0. 02096 カイパーベルト天体 不明 R 363 0. 057 0. 203 1. 4005 P 6. 204 0. 02086 カイパーベルト天体 不明 R 343 0. 0538 0. 169 1. 338 P 5. 192 0. 0196 カイパーベルト天体 B 不明 R 340. 6 0. 0535 0. 166 1. 331 P 5. 191 0. 01952 カイパーベルト天体 B 不明 R 338. 5 0. 0531 0. 162 1. 325 P 5. 19 0. 0194 カイパーベルト天体 不明 28978 R A 325 0. 051 0. 144 1. 3 5. 19 0. 021 カイパーベルト天体 不明 9 318 0. 05 0. 134 1. 269 P 4. 178 0. 049 0. 125 1. 37 6. 258 0. 028 カイパーベルト天体 不明 2003 UZ 413 9 303 0. 048 0. 116 1. 33 P 5. 241 0. 0455 0. 573 P 2. 321 0. 0455 0. 2 P 3. 159 0. 016 不明 120347 9 290 0. 0455 0. 2 P 3. 159 0. 016 カイパーベルト天体 B 不明 290 0. 0455 0. 2 P 3. 159 0. 016 不明 R A 288 0. 045 0. 1 9. 2 3. 162 0. 044 0. 092 8. 154 0. 0157 カイパーベルト天体 不明 2004 NT 33 277 0. 043 0. 089 8. 178 P 2. 155 0. 043 0. 089 8. 178 P 2. 155 0. 0158 カイパーベルト天体 不明 38628 R 266 0. 04175 0. 0788 7. 158 P 2. 15 0. 042 0. 211 3. 2 0. 6 0. 042 0. 262 4. 251 0. 5 0. 041 0. 018 6. 584 0. 1 0. 039 0. 108 1. 111 0. 04 0. 134 P 2. 141 0. 039 0. 13 P 2. 139 0. 014 カイパーベルト天体 不明 250 0. 039 0. 13 P 2. 139 0. 014 不明 250 0. 039 0. 13 P 2. 139 0. 8 0. 037 0. 0659 1. 07910 0. 00806 レギュラー 235 0. 037 0. 544 5. 109 P 1. 131 0. 5 0. 036 0. 051 4. 1026 P 1. 129 0. 013 カイパーベルト天体 不明 2002 CY 248 230 0. 036 0. 102 P 1. 129 0. 013 カイパーベルト天体 不明 2002 XV 93 230 0. 036 0. 102 P 1. 129 0. 013 カイパーベルト天体 不明 2003 QX 113 230 0. 036 0. 102 P 1. 129 0. 036 0. 05 4. 1 P 1. 128 0. 013 カイパーベルト天体 不明 220 0. 0345 0. 089 P 1. 123 0. 0126 カイパーベルト天体 不明 1999 CD 158 220 0. 0345 0. 089 P 1. 123 0. 0345 0. 089 P 1. 123 0. 033 0. 038 3. 050 8. 0666 0. 0326 0. 606 5. 294 0. 3 0. 0325 0. 0373 3. 075 P 1. 117 0. 6 0. 032 0. 035 3. 0885 1. 143 0. 5 0. 0315 0. 0675 P 1. 113 0. 031 0. 0335 1. 067 P 1. 112 0. 011 不明 200 0. 031 0. 0335 1. 067 P 1. 112 0. 011 散乱円盤天体 不明 半径が 100 km から 200 km の天体 [ ] これらの天体で最大のものは丁度静水圧平衡の境界上に存在するが、ほとんどのものはイレギュラーな形である。 半径が 200 km とされているのほとんどはアルベドに基づいて 想定された大きさである。 3 37. 49 レギュラー 191. 5 不明 180 24? 5 カイパーベルト天体 () 不明 704 M 158. 4 16. 7 43. 8 14. 78 小惑星 T(小惑星帯) イレギュラー 139. 0 5. 58 イレギュラー 2005 PU 21 9 132. 5 不明 9 132. 4 11. 8 26. 7 小惑星 — (小惑星帯) イレギュラー 31 M 128 6. 7 31. 7 17. 5 M 小惑星 — (小惑星帯) イレギュラー 115 カイパーベルト天体 () 不明 2004 VN 112 9 115 不明 115 カイパーベルト天体 不明 65489 M 114. 85 3. 74 散乱円盤天体 B イレギュラー 324 M 114 10 — () イレギュラー 451 112. 5 小惑星(小惑星帯) イレギュラー 532 111 小惑星 — (小惑星帯) イレギュラー 48 A 111 17 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) イレギュラー 375 108 小惑星(小惑星帯) 不明 45 M 107 5. 6 8. 8 小惑星 — (小惑星帯) イレギュラー 53311 105. 5 () イレギュラー 105. 5 カイパーベルト天体 (キュビワノ族) 不明 423 A 104. 385 16 小惑星 — (小惑星帯) イレギュラー 104. 33 イレギュラー 13 M 104 16. 9 12. 7 小惑星 — G型小惑星(小惑星帯) イレギュラー 54598 103. 5 小惑星() イレギュラー 94 102. 5 小惑星(小惑星帯) イレギュラー 624 A 101. 5 14 小惑星 B() イレギュラー 22 M 101. 4 8. 09 小惑星 B(小惑星帯) イレギュラー 4348 Poulydamas 100. 6 小惑星(トロヤ群) イレギュラー 38083 100. 5 イレギュラー 100 カイパーベルト天体 () 不明 半径が 50 km から 100 km の天体 [ ] これより下の天体は自身の重力によって丸みを帯びるには不十分な質量しか持たない。 915 13. 6 — () 24 M 99 11. 3 小惑星(小惑星帯 — ) 702 97. 4 6. 05 小惑星 B(小惑星帯) A N 7 97 4. 2 96 () 121 M 95 5. 38 小惑星 B(小惑星帯) 372 94. 31 小惑星(小惑星帯) 128 94. 1 12. 0 21. 9 小惑星(小惑星帯) 5145 92. 5 6. 6 小惑星() 154 92. 47 5. 2 小惑星 — (小惑星帯) 76 91. 83 6. 5 小惑星(小惑星帯 — ) 9 91. 5 — 不安定 130 M 91. 1 6. 4 1. 912 259 89. 3 5. 97 小惑星(小惑星帯) N 6 88 2. 12 88611 88 2. 36 B () 87. 5 5. 6 カイパーベルト天体 (キュビワノ族) 120 87. 05 5. 9 11. 3 小惑星(小惑星帯) 747 85. 86 小惑星(小惑星帯) 153 85. 32 5. 2 小惑星(小惑星帯 — ) 790 85. 2 小惑星(小惑星帯) M J 6 85 -92 4. 19 () Haumea II 85 2 96 84. 95 5. 1 小惑星(小惑星帯) 241 84. 45 5. 05 小惑星 — (小惑星帯) 194 84. 21 5 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 566 84. 5 2. 08 911 83. 3 小惑星() 66652 83 2. 39 B () 54 82. 88 小惑星(小惑星帯) 386 82. 5 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 59 82. 4 小惑星(小惑星帯) 1437 82. 16 4. 6 小惑星(トロヤ群) 444 M 81. 54 12. 5 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) A U 15 81 2. 9 409 80. 81 4. 42 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 20461 80. 2 () 15760 80 () 80 カイパーベルト天体 () 209 79. 97 4. 28 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 334 79. 275 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 804 78. 79 9. 95 小惑星 — (小惑星帯) 185 78. 76 4. 09 小惑星(小惑星帯) 139 78. 3 4 小惑星(小惑星帯) 354 77. 585 小惑星 — (小惑星帯) 85 77. 4 3. 4 小惑星(小惑星帯) 165 77. 39 3. 91 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 173 77. 05 3. 83 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 11 76. 67 6. 15 M 小惑星(小惑星帯) 76. 5 () 42355 76 -87. 5 0. 949 B 14 76 8. 2 小惑星(小惑星帯) 89 75. 75 3. 6 小惑星 — (小惑星帯) 536 75. 7 小惑星(小惑星帯) 75. 62 776 75. 59 小惑星(小惑星帯) 145 75. 57 3. 6 小惑星(小惑星帯 — ) 150 75. 565 3. 62 小惑星 — (小惑星帯) Eris I 75 の衛星 A N 5 75 2. 1 49 M 75 2. 69 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) U 17 75 2. 3 39 74. 75 3. 5 小惑星(小惑星帯) 117 74. 36 3. 4 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 238 74. 245 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 168 74. 195 3. 42 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 283 M 74 1. 38 小惑星 B(小惑星帯) 51 73. 93 小惑星(小惑星帯) 106 73. 3 小惑星 — (小惑星帯) 73 () 137 72. 71 3. 5 5. 67 小惑星(小惑星帯) 211 71. 6 3. 07 小惑星 — (小惑星帯) 1172 71. 41 小惑星() 144 71. 19 3 小惑星(小惑星帯) 508 71. 18 小惑星(小惑星帯) 895 70. 95 小惑星 — (小惑星帯) 361 70. 86 小惑星 — (小惑星帯) 420 70. 625 小惑星 — (小惑星帯) 93 70. 5 2. 9 小惑星 T(小惑星帯) 308 70. 345 2. 92 小惑星 — (小惑星帯) 18 70. 3 3 小惑星(小惑星帯) 268 69. 945 2. 87 小惑星(小惑星帯) 349 69. 885 小惑星 — (小惑星帯) 489 69. 695 小惑星(小惑星帯) 69 69. 07 2. 76 小惑星 — (小惑星帯) 2003 UZ 117 69 () 762 68. 54 小惑星 B(小惑星帯) 66652 Borasisi I 68. 5 1. 34 外縁天体の衛星 196 68. 195 2. 65 小惑星 — (小惑星帯) 212 68. 06 2. 64 小惑星(小惑星帯) 588 67. 735 小惑星() A U 12 67. 6 1. 7 690 67. 325 小惑星(小惑星帯) 111 67. 28 小惑星 — (小惑星帯) 247 67. 215 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 705 67. 11 小惑星(小惑星帯) 471 67. 095 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 65489 Ceto I 67 1. 67 外縁天体の衛星 66. 5 2 () B 147 66. 465 2. 5 小惑星(小惑星帯) 344 66. 135 2. 42 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 146 66. 1 2. 4 小惑星(小惑星帯) 356 65. 655 小惑星(小惑星帯) 141 65. 52 1. 6 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 187 65. 2 2. 37 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 95 65 2. 6 小惑星(小惑星帯) 419 64. 505 小惑星 — (小惑星帯) 200 64. 18 小惑星(小惑星帯) 8 63. 9 8. 47 小惑星(小惑星帯 — ) 92 63. 8 2. 1 小惑星 — (小惑星帯) 712 63. 785 小惑星 — (小惑星帯) 654 63. 7 小惑星(小惑星帯) 426 63. 55 小惑星(小惑星帯) 47 63. 48 小惑星 — (小惑星帯) 279 63. 295 小惑星 — (小惑星帯) 1143 62. 82 小惑星( L 4 ) 469 62. 785 小惑星(小惑星帯 — ) 159 62. 5 1. 4 小惑星(小惑星帯) 405 62. 45 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 602 62. 36 小惑星(小惑星帯) 216 62 小惑星 T(小惑星帯) 46 A 62 3. 5 小惑星(小惑星帯) 104 61. 9 2 小惑星(小惑星帯) 410 61. 785 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 134 61. 64 2 小惑星(小惑星帯) 328 61. 46 1. 94 小惑星 — (小惑星帯) 68 61. 3 小惑星 — S型小惑星(小惑星帯) 70 61. 01 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 127 61 小惑星(小惑星帯) 88611 Teharonhiawako I 61 外縁天体の衛星 617 60. 9 -70. 46 1. 36 小惑星 B() 276 60. 8 小惑星(小惑星帯) 176 60. 52 1. 76 小惑星 — (小惑星帯) 28 60. 5 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 156 60. 495 1. 85 小惑星 — S型小惑星(小惑星帯) 86 60. 3 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 78 60. 3 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 381 60. 29 小惑星(小惑星帯) 225 60. 245 1. 83 小惑星(小惑星帯 — ) 618 60. 145 小惑星(小惑星帯) 59. 75 105 59. 6 1. 8 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 81 59. 54 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 5 59. 535 2. 9 小惑星(小惑星帯) 74 59. 36 1. 8 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 350 59. 175 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 772 58. 83 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 476 58. 38 小惑星(小惑星帯) 171 58. 35 1. 66 小惑星(小惑星帯 — ) 203 58. 13 小惑星(小惑星帯) 3063 58. 07 1. 6 小惑星() 38 57. 97 1. 6 小惑星(小惑星帯) 360 57. 88 小惑星(小惑星帯) 521 57. 825 小惑星(小惑星帯) 490 57. 97 小惑星(小惑星帯) 466 57. 765 小惑星 — (小惑星帯) 53 57. 69 小惑星(小惑星帯) 2241 57. 315 小惑星() 388 57. 085 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 34 56. 75 1. 7 0. 5304 596 56. 67 小惑星(小惑星帯) 56 56. 62 1. 5 小惑星(小惑星帯) 129 56. 5 2 小惑星 — (小惑星帯) 12 56. 4 小惑星 — (小惑星帯) 57 56. 3 小惑星(小惑星帯) 617 Patroclus I 56. 3 小惑星の衛星 545 55. 645 小惑星(小惑星帯) 2797 55. 57 小惑星( L 4 ) 2920 55. 5 小惑星(トロヤ群 L 4 ) 2001 QR 322 55 (トロヤ群) 91 54. 9 1. 4 小惑星 — (小惑星帯) 140 54. 895 -55 1. 4-1. 5 小惑星(小惑星帯) 595 54. 535 小惑星(小惑星帯) 230 54. 495 小惑星 — (小惑星帯) 659 54. 435 小惑星(トロヤ群) 37 54 1. 3 小惑星 — S型小惑星(小惑星帯) 23 53. 8 1. 3 小惑星 — S型小惑星(小惑星帯) 739 53. 765 小惑星 — (小惑星帯) 2007 VL 305 A 53. 75 (トロヤ群) 40 53. 6 1. 3 小惑星 — S型小惑星(小惑星帯) 181 53. 33 1. 2 小惑星 — (小惑星帯) 346 53. 26 小惑星 — S型小惑星(小惑星帯) 514 53. 085 小惑星(小惑星帯) 357 53. 05 小惑星(小惑星帯) 506 52. 97 小惑星 — (小惑星帯) 365 52. 8 0. 1033 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 36 52. 8 小惑星(小惑星帯) 713 52. 76 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 164 52. 435 1. 21 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 98 52. 25 1. 2 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 35 52 1. 1 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 240 51. 95 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 221 51. 935 1. 17 小惑星 — (小惑星帯) 51. 85 192 51. 7 小惑星 — (小惑星帯) 63 51. 57 1. 1 小惑星 — S型小惑星(小惑星帯) 570 51. 405 小惑星(小惑星帯) 233 51. 39 1. 4 小惑星 — (小惑星帯) 4063 Euforbo 51. 23 小惑星() 175 50. 585 1. 08 小惑星 — (小惑星帯) 191 50. 515 1. 08 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) 387 50. 255 小惑星 — S型小惑星(小惑星帯) 522 50. 61 小惑星(小惑星帯 — ) 663 50. 44 小惑星(小惑星帯) 626 50. 365 小惑星(小惑星帯) 42 50. 以下の多くの天体の質量は推定値である。 も参照。 91 1,000 () 114 49. 86 1,000 小惑星 — (小惑星帯) 162 49. 55 小惑星(小惑星帯) 401 49. 56 小惑星(小惑星帯) A J 14 49. 3 430 148 48. 88 980 小惑星 — (小惑星帯) 404 48. 855 小惑星 — (小惑星帯) 27 A 48 930 小惑星 — (小惑星帯) 26 48 900 小惑星(小惑星帯) 773 47. 94 小惑星 — (小惑星帯) 21 M 47. 8 2,570 小惑星 — (小惑星帯) 62 47. 7 910 小惑星(小惑星帯 — ) 50000 Quaoar I 47. 5 外縁天体の衛星 345 47. 06 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) A U 11 46. 8 560 58 46. 72 850 小惑星(小惑星帯) 229 46. 6 小惑星 — C型小惑星(小惑星帯) Pluto II 46 70 103 45. 6 790 小惑星(小惑星帯) 17 45 1,200 小惑星(小惑星帯) 143 44. 965 760 小惑星(小惑星帯) 109 44. 7 750 小惑星(小惑星帯) 100 44. 5 1,000 小惑星(小惑星帯) 90 A 43. 9 410 小惑星 B(小惑星帯) 227 43. 1 156. 6 110 43. 05 670 小惑星(小惑星帯) A J 7 43 870 () 72 42. 9 小惑星の衛星 71 41. 7 610 小惑星(小惑星帯) 102 41. 5 小惑星(小惑星帯) 97 41. 4 590 小惑星(小惑星帯) 61 41. 02 小惑星(小惑星帯) A N 4 41 350 122 40. 85 570 小惑星 — (小惑星帯) 83 40. 69 560 小惑星 — (小惑星帯) 32 A 40. 3 135. 6 A U 14 40 360 A U 9 40 340 天王星の衛星 115 39. 92 小惑星(小惑星帯) 135 39. 62 小惑星(小惑星帯) 84 39. 58 520 小惑星(小惑星帯) 80 39. 2 小惑星(小惑星帯) 1001 39 小惑星(小惑星帯) 58534 38. 5 -40 270 B 124 38. 18 470 小惑星 — (小惑星帯) 55576 Amycus 38. 15 小惑星() 25 37. 6 小惑星(小惑星帯) 8405 37 -42 小惑星(ケンタウルス族) 112 36. 95 390 小惑星(小惑星帯) 66 35. 91 小惑星(小惑星帯) 116 35. 85 小惑星(小惑星帯) 44 35. 32 370 小惑星(小惑星帯) — 10370 35 小惑星() 77 34. 63 350 小惑星(小惑星帯) 55 33. 35 小惑星(小惑星帯) 133 33. 29 310 小惑星 — (小惑星帯) 79 33. 24 小惑星(小惑星帯) A N 3 33 190 58534 Logos I 33 150 外縁天体の衛星 43 32. 94 小惑星(小惑星帯) 101 32. 9 300 小惑星(小惑星帯) 108 32. 48 小惑星(小惑星帯) 60 30. 5 () 67 29. 06 小惑星(小惑星帯) 119 28. 65 200 小惑星 — (小惑星帯) 142 27. 645 180 小惑星 — (小惑星帯) 75 27. 96 180 小惑星 — (小惑星帯) 52872 Okyrhoe 26. 99 小惑星(小惑星帯) 1000 23. 89 小惑星(小惑星帯) 113 23. 75 99 小惑星 — (小惑星帯) 126 22. 4 94 小惑星(小惑星帯) 73 22. 22 92 小惑星(小惑星帯) N 11 22 125 21. 79 87 小惑星 — (小惑星帯) J 16 21. 5 36 木星の衛星 132 21. 4 53 N 12 21 海王星の衛星 118 20. 87 76 小惑星(小惑星帯) 208 20. 665 73. 9 小惑星 — (小惑星帯) 136 20. 5 68 小惑星(小惑星帯) — M型小惑星 131 20. 97 66. 685 46. 3 小惑星 — (小惑星帯) 226 16. 84 66. 9 33 地球近傍小惑星(アモール群) 1815 15. 8 小惑星(小惑星帯) 243 15. 2 4. 95 土星の衛星 J 12 14 38. 2 S 13 or Tethys B 11. 1 10. 7 S 20 11 8. 2 土星の衛星 U 22 11 7. 2 S 14 or Tethys C 10. 4 天王星の衛星 U 23 10 5. 4 天王星の衛星 149 9. 88 8 () 87 Sylvia I 9 4 小惑星の衛星 S 19 9 土星の衛星 U 21 9 3. 9 天王星の衛星 U 27 9 3. 8 天王星の衛星 2002 8. 72 5. 5 小惑星(小惑星帯) J 15 8. 2 2 S 24 8 土星の衛星 S 21 7. 5 土星の衛星 2685 7-10 5-11 小惑星(小惑星帯) 7. 3 3. 1 S 39 7 土星の衛星 45 Eugenia I 6. 5 1. 2 1. 48 951 6. 1 2-3 小惑星(小惑星帯) S 38 6. 5 0. 5 1. 5 小惑星の衛星 U 26 5. 0 S 28 5. 0 土星の衛星 26858 Misterrogers 4. 75 小惑星() J 17 4. 3 S 44 4. 0 土星の衛星 J 18 4. 0 0. 69 木星の衛星 S 35 3-4 土星の衛星 87 Sylvia II 3. 5 0. 2 小惑星の衛星 S 52 3. 5 土星の衛星 S 45 3. 5 土星の衛星 S 30 3. 5 土星の衛星 S 25 3. 5 土星の衛星 S 23 3. 5 土星の衛星 J 27 3. 4 S 31 3. 3 土星の衛星 S 27 3. 7 0. 05 () J 24 2. 6 J 23 2. 6 木星の衛星 — 3200 2. 55 14 地球近傍小惑星 — (アポロ群) S 40 2. 5 土星の衛星 3753 2. 5 0. 13 地球近傍小惑星() 5535 2. 4 彗星 J 19 2. 25 J 20 2. 2 木星の衛星 — J 22 2. 2 木星の衛星 2. 043 土星の衛星 J 47 2 木星の衛星 J 45 2 木星の衛星 J 41 2 木星の衛星 J 30 2 木星の衛星 J 29 2 木星の衛星 J 28 2 木星の衛星 J 26 1. 9 木星の衛星() J 21 1. 9 木星の衛星(カルメ群) 1. 75 () 2867 1. 75 小惑星(小惑星帯) S 34 or Dione C 1. 75 0. 7 J 25 1. 6 木星の衛星(カルメ群) J 43 1. 5 木星の衛星 J 39 1. 5 木星の衛星 J 33 1. 5 木星の衛星 J 32 1. 5 木星の衛星 J 46 1. 5 0. 45 木星の衛星 J 31 1. 5 木星の衛星 S 32 1. 5 0. 019 4055 Magellan 1. 245 — () 132524 1. 15 () 1. 15 0. 002 地球近傍小惑星 — (アモール群) 9969 1 by 1 by 2 小惑星() S 49 1 土星の衛星 J 49 1 J 48 1 木星の衛星 J 44 1 木星の衛星 J 40 1 木星の衛星 J 38 1 木星の衛星 J 37 1 0. 015 木星の衛星 J 36 1 木星の衛星 J 35 1 木星の衛星 J 42 1 木星の衛星 J 34 1 0. 015 木星の衛星 1 km 以下の天体の例 [ ] 小惑星帯だけでも、半径が0. 5km 以上 の天体は110万から190万個存在すると推定されている。 5 km 以下 の天体は無数に存在する。 このサイズの天体で、探査、ないし画像が撮られたものはごく小数である。 例外は探査機によって観測されたか、地球に非常に接近し、大型の望遠鏡で撮られたり、電波観測のデータに基づいて合成されたものである。 半径は幾何学的平均半径である。 順位にの影響は考慮していない。 質量の単位は 10 15 の代わりに 10 12 kg Pg を用いている。 6 地球近傍小惑星(アテン群) 432 1. 2 地球近傍小惑星(アポロ群) 6489 350 地球近傍小惑星(アポロ群) 25143 346 0. 0358 地球近傍小惑星(アポロ群) 300 地球近傍小惑星(アポロ群) 290 3 地球近傍小惑星(アポロ群) 200 地球近傍小惑星(アポロ群) 4660 165 地球近傍小惑星(アポロ群) 150 99942 135 0. 05 地球近傍小惑星(アテン群) 125 地球近傍小惑星(アポロ群) 1994 WR 12 55 0. 002 地球近傍小惑星(アテン群) 45 の衛星 S2 27 地球近傍小惑星(アテン群) Duende S1 22. 6 地球近傍小惑星(アテン群) S3 0. 4 地球近傍小惑星(アポロ群) このリストにある 10 9 から 10 12 kg のすべての天体はである。 1994 WR 12の質量はの質量 5. R 様々な方法により半径を決定した。 例えば、光学的()、熱学的()、直接的(探査機)手法。 9 半径不明。 一般的にアルベドを0. 09と想定。 小惑星のサイズと質量は James Baer のより。 M 質量はにより決定。 小惑星は James Baer のを参照。 A 推定質量。 B を1個持つ小惑星。 O の観測により半径を決定。 P 冥王星の密度 2. 注意: 多くの詳細な衛星の半径は より取られた。 T 衛星を2個持つ小惑星。 S1 最も小さな名称のある小惑星。 S2 最も小さな小惑星番号のある小惑星。 大きさは絶対等級による推定。 S3 最も小さな小惑星。 大きさは絶対等級による推定。 表面重力の計算 [ ] 天体の赤道上での表面重力は多くの場合、とを用いて正確に計算できる。 赤道上の は万有引力によって与えられる。 Mike Brown. CalTech. 2008年9月25日閲覧。 Britt; G. Consol-magno SJ; W. Merline 2006年. Lunar and Planetary Science XXXVII. 2008年12月16日閲覧。 Solar System Dynamics 2008年10月24日. 2008年12月16日閲覧。 David R. 2007年11月23日. National Space Science Data Center. 2008年12月12日閲覧。 Jacobson, R. ; Antreasian, P. ; Bordi, J. ; Criddle, K. ; et al. December 2006. The Astronomical Journal 132 6 : 2520-2526. 2010年11月7日. 2015年8月3日閲覧。 Brown and E. Schaller 2007. Science 316 5831 : 1585. 2016年3月5日時点のよりアーカイブ。 2016年5月13日閲覧。 University of Arizona, Lowell Observatory, California Institute of Technology, NASA Ames Research Center, Southwest Research Institute, Cornell University. 2008年7月27日閲覧。 Braga-Ribas, F. ; Sicardy, B. ; Ortiz, J. ; et. al 2013. The Astrophysical Journal 773: 26. Fornasier, S. ; Lellouch, E. , T. ; et. al 2013. VIII. 2014年9月8日閲覧。 Robert Johnston 2008年8月22日. Johnston's Archive. 2008年12月8日閲覧。 Fornasier, E. Lellouch, T. Santos-Sanz, P. Panuzzo, C. Kiss, T. Lim, M. Mommert, D. Vilenius, J. Stansberry, G. Tozzi, S. Mottola, A. Delsanti, J. Crovisier, R. Duffard, F. Henry, P. Lacerda, A. Gicquel 2013. Santos-Sanz, P. ; Lellouch, E. ; Fornasier, S. ; Kiss, C. ; Pal, A. ; Vilenius, E. ; Stansberry, J. et al. 2012. 2008年9月7日閲覧。 Robert Johnston 2008年11月26日. Johnston's Archive. 2009年3月4日閲覧。 JPL Solar System Dynamics. 2009年3月12日閲覧。 2008年11月25日閲覧。 2008年11月6日閲覧。 Millis, R.

次の

太陽系で一番大きい衛星って地球と同じぐらいの大きさ?まあ、太陽系で一番...

太陽系 大きい 順

太陽系とは何? そもそも 太陽系って何でしょうか…。 え?そこ!? と思われた方も いらっしゃるかもしれませんが、 宇宙オンチの私は そこからして よく分かっていなかったので、 改めて調べてみました! ご存知の方は 今しばらくお付き合い いただけますでしょうか(笑)。 太陽系とは、 その名のとおり 太陽が 中心とし、 その周りを軌道を描いて 回る 惑星やその 衛星(えいせい) 小惑星や 彗星(すいせい)などの 天体のことを指します。 ちょっと 難しい言い回しに なってしまいましたが、 太陽とその仲間たちとでも言えば 分かりやすいでしょうか(笑)? ちなみにその仲間たちには 大きく分けて下記のような 種類があります。 ・惑星 惑星とは、簡単に言うと わりと 大きめの星です(笑)。 本当は色々 定義があるのですが、 ざっくり言うなら 十分な 大きさがあって、 丸い形をしていて、 自分の軌道から 重力の作用で 他の星を 追い出しているのが惑星。 ちなみに地球も惑星のうちのひとつです。 そして太陽系には下記の 8つの惑星が あるんですよ! ・水星 ・金星 ・地球 ・火星 ・木星 ・土星 ・天王(てんのう)星 ・海王(かいおう)星 すいきんちかもく…。 と、小学生のときに 一生懸命覚えた人も多いのでは ないでしょうか? あれ? 1つ 足りなくない? と思った方は私と 同年代かもしれません(笑)。 その ワケについては 後ほどご説明しますね。 ・衛星 衛星とは、 惑星の周りを回っている 小さな星です。 そう、 地球で言うところの 月ですね。 ちなみに、惑星を 観察するために 人間が作り出したのが 人工衛星です。 人間ってすごいですよね。 なんでも 作ってしまうんですから! ・準惑星 準惑星とは 読んで 字のごとく! 惑星よりちょっと 小さめの星です。 ちょっと小さいがゆえに 自分の軌道から 他の星を 追い出せない点が 惑星との大きな 違いなんだそうですよ。 ちなみに 冥王星(めいおうせい)という 星の名前に聞き覚えはありませんか? この冥王星は 以前は 惑星と定義されていたのですが、 のちの研究でその 大きさや 軌道の観点から、 惑星ではなく準惑星だということに なったそうです。 前段で 惑星の種類をご紹介した際、 小学生の時に習ったのと違う! 1つ 足りない! と思われたみなさん。 1つ足りないのは そういうワケ だったんですよ。 ・彗星(すいせい) 彗星とは、 数キロメートルくらいの 氷や チリでできている とっても小さな星です。 惑星や準惑星と違って 細長い形をしています。 その 軌道は様々で、 定期的に太陽の側に 戻ってくるものや、 2度と 戻ってこないものもあります。 彗星は太陽に 近づいた時に その熱で ガスが 発生して 尾のようなものができるのも 大きな特徴。 その形から、 日本では ほうき星と呼ばれているのは 有名ですよね。 ちなみに、 彗星が 通り過ぎる時に出た チリなどが 地球の 大気と ぶつかって燃え、 光って見えるのが 流れ星なんですよ。 つまり流れ星の 正体は、 星が流れているのではなく チリだったというわけです。 なんだか ショック! 私たちはチリに願い事を していたんですね(笑)。 惑星の種類 太陽系の惑星は 8つあるとご説明しましたが、 それぞれ どんな星なのかについてはご存知ですか? 名前は知っていても、 どんな星かまでは知らない人も多いのでは ないでしょうか。 そこで、それぞれの 特徴について まとめてみました! ・水星 水星は 岩石、 金属などでできていて 地表には クレーターが見られるため、 月とよく 似ていることでも 知られている惑星です。 もし人間がいたら ドロドロになってしまいますね…。 ・金星 金星は地球から 一番近い軌道を 公転する惑星で、 岩石などでできている点からも 地球と よく似た星として 知られています。 ただし、地球と大きく違うのが その大気がほとんど 二酸化炭素で できていること。 二酸化炭素は 地表の 熱を全く逃がさず ためこんでしまう 温室効果がありますから、 金星の 地表は とっても熱いんです。 そのため、 今の技術では人間が 金星の 地上に降りることは できないんだとか。 地球の近くにあって、 大きさも地球と同じくらいなのに 地球とは 全然違うんですね。 ・地球 我らが地球は、 ご存知のように 水が地表の 7割を占める惑星です。 窒素や酸素から構成される 大気があって、 生物が存在するのが 大きな特徴ですよね。 ちなみに、大気がなければ 太陽から発せられる 紫外線を 直で通してしまいます。 また、地表の 熱も大気がなければ 宇宙に 放出されてしまいますので、 生物が存在するには 過酷な状況であったと考えられます。 水や大気のおかげで 生物が 住みやすい環境が 作られていったんですね。 大気さん、ありがとう(笑)! ・火星 火星も地球の 近くにある惑星です。 地球のように 岩石などで できているのですが、 その岩石が 酸化して錆びるため、 赤く見えることで有名な惑星です。 ちなみに、酸化するということは…。 そう、わずかですが 酸素があるんです。 それに地形を観測したところ、 以前は地球のように 水があったのではないかと 考えられているんですって。 現在は 蒸発してしまったのか、 地下深くで 凍りついてしまったのかは ハッキリしていません。 しかし、酸素があって水がある。 と言うことは、 まだ発見されていないだけで 生物が住んでいる 可能性も あるかもしれませんね! ・木星 木星はとても 大きな惑星。 ガスや 水素でできているため 地球のような 地面はありません。 そして大きいわりに 質量は 少ないんだそうです。 しましまの模様と、 大赤斑 (だいせきはん)という 赤い斑点があるのが特徴。 あんまり大きいので 太陽に なりそこなった惑星とも 言われているんです。 でも実際は太陽のように いつも光り 輝くためには、 もっともっと 大きくないと いけないみたいです。 それにしても…。 「なりそこなった」とは! なんだか 不名誉なネーミングだと 思いませんか(笑)? ・土星 土星も木星と同じように 主に ガスや 水素でできているため、 大きさの割に 軽い惑星。 計算上は水に 浮いてしまうほど 軽いんだそうですよ。 土星と言えば、 特徴的なのが 輪 (わ)! この輪は 岩石や 氷で できているのですが、 どうしてできたのかは 判明されていないんだとか。 主力な説はあるようですが、 分からない方が 神秘的で 素敵ではないですか? ・天王(てんのう)星 天王星は メタンや アンモニアといった 氷や水でできているのがポイント。 このメタンは 赤い光を 吸収する 性質があるため、 青い光が外へ向けて 放出され、 私たち地球人の目には 青く輝いて 見えるのです。 そして最も面白い特徴は、 横に倒れたまま自転していること。 そのため、地球でいうところの 北極や南極にあたる地点では、 日々自転していても 太陽の光が当たる 位置が ちっとも変わりません。 と言うことは、 公転して 太陽からの位置が 変わることでしか、 光の当たる地点が 変わらないことになりますよね。 ちなみに天王星が 公転する周期は約 84年。 つまりその半分の 42年 が経たないと 昼と夜が 逆転しないんです! 42年間ずっと夜だったら… と考えると、 地球に産まれて 良かったと しみじみ思います(笑)。 ・海王(かいおう)星 海王星は 天王星とよく似た星で、 やはりメタンなどを含む 氷や水でできているため、 青く見えます。 地球からはとても 遠いため 観測するのは非常に 難しい惑星。 実際、無人探査機の ボイジャー2号が観測するまでは 海王星のことはほとんど 知られていなかったそうです。 太陽から遠いためとても 寒く、 風が強い のがポイント。 時速2,000kmもの風が 吹いているそうですよ! 寒くて風が強いなんて。 海王星にはお引越し したくないですね(笑)。 惑星の大きさは? 前述のとおり 惑星とは 大きな星のことを言いますが、 大きいというのは一体 どのくらいの 大きさのことなんでしょうか? ちなみに太陽系で1番 小さな惑星は 水星。 この1番小さい水星でも その直径は約 4,900kmもあるんです。 直径4,900kmと言うと? 東京から京都の ちょっと手前までの距離が だいたい 500kmですから、 東京から京都間を 5往復したくらいでしょうか。 うーん…。 全然想像ができませんが、 かなりの距離ですよね! しかもあくまで 直径ですから、 外周ですともっと距離が あることになります。 それぞれの惑星の 大きさの比率については 次の項目でご紹介しますね! ちなみに 太陽の直径は 約 1,400,000km。 ここまでくるともう 桁が 大きすぎて 何が何やら分かりませんね(笑)。 東京から南米の ペルーあたりが 約 14,000kmだそうですから、 その100倍くらいですが…。 100倍と言われても(笑)。 そして我らが 地球の直径は 約 12,700km だそうです。 東京から フランスが 約 10,000kmくらいだそうですので、 それよりもうちょっと 行ったくらいでしょうか? 直径で言われても イメージしづらいですよね。 とにかく惑星は 大きいということです(笑)! Sponsored Link 大きい順にランキング さて、それでは気になる 太陽系の惑星の 大きさランキング ! 栄えある 第1位は 木星。 その直径は約 139,800km。 地球の約 11倍の大きさです。 地球の大きさが直径 1. 5cmの ビー玉だとすると、 木星は ハンドボールの球 くらいのサイズです。 かなり大きいですねえ! そして 第2位は 土星で、 地球の約 9. 地球がビー玉なら、 土星は プリンスメロン くらいのサイズです。 第3位は 天王星。 地球の 3. 9倍で、 例えるなら ビリヤードの球 くらいでしょうか。 第4位は 海王星。 天王星とほとんど同じで 地球の約 3. 8倍の大きさ。 こちらも ビリヤードの球くらいですね! そして 第5位が 地球 です。 第6位は金星。 地球とほとんど同じ大きさ。 第7位は 火星で、 地球の約 0. 54倍。 地球がビー玉なら バファリン (球体ではありませんが)位の 大きさです。 そして最後は 水星。 地球の約 0. 39倍で、 ビー玉のたとえを使うなら 正露丸 くらい・・・(笑)。 ちなみに太陽は地球の 110倍もの大きさ。 地球が直径1. 5cmのビー玉なら、 太陽は 玉転がしの球 くらいでしょうか。 しかも直径 165cm以上の、 特注の! そう考えると、 太陽の大きさはもう、 規格外ですねぇ。 太陽からの距離は? それでは 太陽から それぞれの惑星までの 距離は、 どのくらいなのでしょうか? 順番は? そう、 すいきんちかもく…と 呪文のように唱えて覚えた あの順番です。 ちなみに前述のとおり 冥王(めいおう)星は 準惑星に分類されたので はずしてくださいね。 え?冥王星なんて 最初から入ってなかった? …。 ジェネレーションギャップですね…。 単位が 大きすぎて一体 どのくらいなんだか 想像がつきませんので、 それぞれ 歩いてどのくらいかかるのかを 表にまとめてみました。 一般的な 大人の歩く速度は 約 4. 8kmと言われているので その値で計算したものです。 地球から太陽まで 3,570年…。 その間に少なくとも 3,500回は 死んでいますね(笑)! ちなみに 光の速さは 秒速約 30万kmですから、 光速でも 8分はかかると いうことになります。 地球と太陽って 遠いんですねえ。 地球から近い順にランキング 各惑星の 太陽からの 距離は分かりましたが、 地球からの距離はそれぞれ どのくらいなんでしょうか? 惑星はそれぞれ 公転していますから その距離は 一定ではありませんが、 おおよその距離間をまとめてみました。 うーん。 これまた想像しにくい! 1番近い 金星が 最も 近づいたときの距離で計算すると、 時速約4. 8kmの大人が歩き続けて約 950年 という計算になりますね。 それでもだいたい 10回は死んでしまいますから、 歩いては行けそうにありませんね(笑)。 それにしても、 宇宙って 広いんですね! 地球の他に生物はいるの? 宇宙を語る上で最も 興味深いのがコレ。 地球の他にも 生物がいるのかどうか! 気になりますよねー。 宇宙人って本当にいるんでしょうか。 本当は発見されているけれど、 アメリカ政府がその事実を 隠している。 なんて 都市伝説もあるようですが 今のところ、地球以外の星で 生物は 発見されていないことに なっています(笑)。 しかし、生物が存在する 可能性があるのでは? 言われている星は いくつかあります。 まず代表的な星は 火星。 先にもご説明したとおり、 わずかな 酸素があること。 そして過去には 水が存在したと 言われていることから、 何かしらの 生命体が 存在するのでは!? と考えられているんだそうです。 他にも 木星の 衛星である エウロパや、 土星の 衛星である タイタンや エンケラドスにも 生命体が存在する可能性があると されているんですよ。 なぜかと言うと この 3つはとても 寒い星で、 地表は 氷で固まっています。 そしてその 氷の下には 水が存在するのでは!? と言われているのがその 理由です。 水が存在するならば、 生物が存在する 可能性は グッと 上がるからですね。 しかし、もし生物が存在したとしても 私たちが 想像するような 宇宙人ではなく、 例えるならば バクテリアのような シンプルな構造の 微生物だろうと 言われているそうです。 それらの微生物が 進化して 動物や 人間になるまでには…。 ウン十億年かかりそうですね(笑)。 太陽系以外には宇宙人がいる可能性も!? 太陽系の 惑星の 大きさや 距離などについて ご紹介しましたが、 いかがでしたでしょうか。 そして 生物が 存在する惑星は 今の所どうやら太陽系では 地球だけだとご説明しましたが…。 それでは 太陽系以外では どうなのでしょうか? 我らが地球を含む太陽系は、 広い 宇宙の中の ほんの一部にしかすぎません。 今の地球人の技術では 観測できない惑星も もっともっとたくさん あるかも しれないですよね。 そこには 海や川があって、 大気があって、 私たちのような 人間が住んでいる 可能性も ゼロではありませんよね。 そしていつか 宇宙旅行や 宇宙留学が 当たり前になる時代が 訪れるかもしれません。 でも、もし 宇宙人がいるんだとしたら、 よく イラストにされている あの姿でないといいなぁ、と 思うのは私だけでしょうか。 だってあの姿だったら 怖くて直視できませんよね…(涙)。

次の