トースター と オーブン の 違い。 電子レンジとオーブントースター、オーブンの違いを徹底解説!知らないとヤバイ!

オーブントースター・オーブン・電子レンジの違いは?商品ごとの特徴を徹底チェック

トースター と オーブン の 違い

家庭料理はそんなに難しいことではありません。 レシピのとおりに作ればいいのですから。 ただし、レシピに載っている用語を知らない場合は、ちょっと難しくなります。 例えばchopped(ぶつ切り)と diced(さいの目切り)とminced(みじん切り)の違いがすぐに分からないというあなた、他の用語の意味も、この機会にお教えしましょう! ぶつ切りvs. さいの目切りvs. みじん切り レシピを読んでいて、一番よく目にする言葉は、野菜をぶつ切り(chop)、さいの目切り(dice)、みじん切り(mince)、薄切り(slice)にしましょう、という表現です。 これらは、包丁さばきがある程度できれば、問題なくできそうな切り方です。 でも、料理にとってサイズはとても重要。 レシピを書いた人は、料理時間、口当たり、味を考えたうえで適切なサイズの切り方を教えています。 例えば、大きめのみじん切りが小さすぎると、味が変わってしまうこともあります。 下記に、本来の意味を載せておきます。 ぶつ切り(Chopped) ぶつ切りは、大きな四角形に野菜を切ることです。 27cm~1. 9cm)程度の大きさです。 でも、レシピによっては、1個あたりの大きさを正確に記述しているものもあります。 ぶつ切りは、割と大きさにゆとりがある場合が多いです。 さいの目切り(Diced) さいの目切りは、基本的には小さめのぶつ切りです。 レシピに、1つあたりの大きさについて、3mmなどと記述している場合も多いです。 みじん切り(Minced) レシピに、何かをみじん切りにしてください、と書いてある場合は、包丁でできる限り細かく切るように、という意味です。 みじん切りにする機会が一番多いのは、にんにくです。 の動画でにんにくを早くみじん切りする方法が紹介されているので、参考にどうぞ。 薄切り(Sliced) 薄切りは、言葉通り、薄くスライスすることです。 薄切りする野菜の、1枚あたりの厚さはお好みで、という場合が多いですが、レシピによっては「薄く」「厚く」と指示が書かれていることがあります。 にんにくや玉ねぎなど刺激の強い野菜は、通常小さく切ります。 (特に、火を通さない場合は!)切った食材のサイズの違いが、味や料理の時間にどのような影響を与えるか分かるまでは、しっかりと、レシピ通りに作りましょう。 グリル焼き(Broiling)vs. オーブン焼き(Baking) オーブンには通常、オーブンとグリルのモードがついています。 普通に使っていると、多くの人が「オーブン」モードばかり使ってしまいますが「グリル」焼きも、なかなか便利です。 2つの違いは下記の通り。 大きな違いがあるんです。 オーブン焼き(Baking) オーブン焼きは、一定の温度で食材を包み込み、全方向から調理します。 よって、オーブンで何かを焼く時は、オーブン全体が設定温度になって、食材をその設定温度で包み込んで焼きます。 グリル焼き(Broiling) グリル焼きでは、グリルのように、食材を熱に直接触れさせます。 オーブン焼きがショットガン(散弾銃)なら、グリル焼きは狙撃銃のようなものです。 グリル焼きのモードにすると、オーブンの上部に大きな火が見えます。 そして、その火の真下に食材を置いて、調理します。 グリル焼きは、薄いものや、すぐに溶けるものを調理する時に使うのが一番です。 よく使われる食材の例としては、ステーキやチーズなど。 オーブン焼きは、ケーキやビスケット、ピザなど、何かを一斉に焼きたいときに重宝します。 ぐつぐつ煮る(Simmer) vs. 沸騰させる(Boil) お米を炊いたり、スパゲッティをゆでている時など、レシピにはよく「ぐつぐつ煮る」「沸騰させる」という表現が出てきます。 この2つは、少し異なる意味があります。 ぐつぐつ煮る(Simmer) お鍋でぐつぐつ煮る、と書かれている時は、食材を沸騰させてから、火を小さくして、泡が見えない程度の火力にして煮ることです。 ぐつぐつ煮る、とは、沸騰させて素材を悪くしない程度の熱さで、料理を早く温める方法です。 沸騰させる(Boil) 水は約100度で沸騰します。 沸騰させるには、通常、コンロの火力を最大にして水を加熱する必要があります。 野菜をゆでたり、米や麺類などでんぷん質の食材や、堅い肉を調理するときは、沸騰させると良いです。 レシピによく出ている表現は「鍋で水を沸騰させ、食材を入れ、~分間ぐつぐつ煮ましょう」といったもの。 この場合、水が沸騰したら食材を鍋にいれて、火力を少し弱めましょう。 そして、沸騰していない状態の時に水や牛乳などを入れましょう。 炒めるときのやり方がほんの少し違うだけですが、食材の準備の仕方が違います。 通常は、フライ返しで食材を動かしながら、料理を焦がさないように、きつね色に仕上げます。 フライパンで焼く(Pan Fry) フライパンで焼く、と書かれている場合、鶏の胸肉やステーキなど大きな食材を、中火以上の火力で焼きます。 食材をひっくり返すのは、通常、1回だけです。 には、2つの違いが下記のように書かれています。 炒める、ソテーするときは、フライパンで焼く時よりも時間が短いので、食材を小さく切ります。 ソテーをする時は、食材を動かしているので、フライパンの温度は、そんなに重要ではありません。 ちょうど良い火力、熱さを知るには、水を数滴たらして、すぐに沸騰して、2、3秒で消えるかどうか確かめると良いです。 フライパンで焼く時は、フライパンの温度の管理が、重要です。 フライパンが優しく「ジュージュー」と音をたてている状態が理想です。 細かく刻む(Shredded) vs. すりおろす(Grated) チーズやスパイス、にんじんなどを使う時は「細かく刻む」と「すりおろす」違いを知っておく必要があります。 なお、細かく刻んだり、すりおろすには、が必要です。 細かく刻む(Shredded) 細かく刻む場合、チーズおろしの大きめの穴で食材を削ります。 出来上がりは、料理ですぐ火が通り、ゆっくり溶ける、細長い一片になります。 すりおろす(Grated) すりおろすと、食材は粉のような形状になります。 皿の上にのせたチーズをすぐに溶かしたいときや、ソースのなかに野菜を隠してしまいたいときに便利な方法です。 細かく刻む、すりおろす、という2つの表現が使われる理由は、料理の時間や食材の堅さの違いによって、料理の仕上がりが変わってくるからです。 液体用計量カップ(Liquid Measuring Cup) vs. 粉類用計量カップ(Dry Measuring Cup) 2つの違いは、その名の通り、液体に使うか、粉類などの乾燥した食材に使うか、です。 液体用計量カップはオンスで書かれており、粉類用計量カップは、カップで書かれています。 正確に計量するため、2種類必要なのです。 には、正確な計量カップが必要な理由が下記のように書かれています。 液体用計量カップは、液体をこぼさないように、カップの端より少し下に線が書かれています。 砂糖や小麦粉などの粉類を液体用計量カップではかろうとすると、正確な量を量れず、ケーキなどの計量が大切なものを作る時、失敗してしまいます、 粉類用計量カップで液体を計量すると、こぼす可能性が高く、書かれた量よりも多くなったり、少なくなったりします。 2つの計量カップは、それぞれ異なる目的のために作られているので、その目的にしたがって使い分けると、料理が上手にできます。 少量(Dash) vs. ひとつまみ(Pinch) vs. ごく少量(Smidgen) スパイスの量について、少量(Dash)、ひとつまみ(Pinch)、ごく少量(Smidgen)といった昔ながらの表現を目にすることが、よくあります。 、正確な量は、下記のとおり。

次の

オーブンとトースターの違いって何?ないときの代用は?

トースター と オーブン の 違い

オーブン 「オーブン」は 熱した空気を対流させて庫内の温度を上げ、食品全体をムラなく加熱調理する器具。 食品の表面だけでなく、内部にまで火がしっかりと通るのが特徴です。 余熱調理も可能。 そして、ほとんどの商品で温度調節が可能となっています。 また、進化した「オーブン」の場合、「グリル」できるものも。 「グリル」機能がついたオーブンやオーブンレンジも出ているので一緒くたにしちゃいがちですが、「オーブン」と「グリル」は違います。 グリル 「グリル」は 対流熱で食品全体をムラなく加熱調理(オーブンと同様)しつつ、放射熱で表面を焼き上げます。 表面はパリっと焼きつつ、食品内部までしっかりと熱を入れることが可能。 「グリル」と聞くと魚をイメージする人も少なくないですよね。 魚だけでなく、肉を焼くときや天ぷらの温めなおしなどにも使えます。 ちなみに、トーストを焼くときにも使え、短時間で焼けるので「トースター」を使うよりも電気代の節約にもなるでしょう。 オーブントースター 「オーブントースター」は 放射熱で表面から焼き上げるオーブン型の器具。 電気トースターのオーブン版というのが元々の商品です。 食パンを焼くときに使うことの多い器具ですが、グラタンや揚げ物の温め直しなどにも使えます。 「グリル」とは違い、放射熱で表面を焼く機能しかないと考えるとわかりやすいかもしれません。 また、「オーブントースター」は食パン用ということもあって温度調整の出来ないものが一般的でしたが、最近は温度調整が可能なものが多いです。 電子レンジ 「電子レンジ」は マイクロ波(電磁波)で食材の水分子を振動させることで発熱させる調理器具。 「オーブン」や「グリル」、「オーブントースター」が外部から温めるのに対し、「電子レンジ」は内部から温めるのが特徴です。 そして、食品を温めるだけでなく、冷凍食品を解凍するときにも使います。 「オーブン」と「オーブントースター」、「電子レンジ」の違い 「オーブン」と「オーブントースター」、「電子レンジ」は 温め方(焼き方)が違います。 「オーブン」は対流熱、「トースター」は放射熱、「グリル」は対流熱と放射熱で食材を焼き、「電子レンジ」はマイクロ波で食材を温めると覚えるといいでしょう。 ただ、「電子レンジ」と「オーブン」が一緒になっている「オーブンレンジ」や「オーブン」で「グリル」機能のあるもの、トースト機能のある「オーブンレンジ」など多機能化してきていて見分けるのが難しくなっています。 そのため、商品ごとにどの機能があるかきちんと見たり調べたりしてから買うようにしたほうがいいです。 いかがでしたか? 今回は「オーブン」と「オーブントースター」、「電子レンジ」の違いについてお伝えしました。 家電の進化はすごいですが、ここ数年でこれらの商品は一気に進化しましたね。 その分、お値段も上がってしまっているので、買う前にじっくり調べて自分に合う商品を選ぶようにしましょう。 また、ここでは触れませんでしたが、高温の水蒸気(スチーム)で調理する「スチームオーブン」などもあります。 ぜひ参考にしてみてください。

次の

オーブントースターの適正温度と他調理家電で代用する方法

トースター と オーブン の 違い

家庭料理はそんなに難しいことではありません。 レシピのとおりに作ればいいのですから。 ただし、レシピに載っている用語を知らない場合は、ちょっと難しくなります。 例えばchopped(ぶつ切り)と diced(さいの目切り)とminced(みじん切り)の違いがすぐに分からないというあなた、他の用語の意味も、この機会にお教えしましょう! ぶつ切りvs. さいの目切りvs. みじん切り レシピを読んでいて、一番よく目にする言葉は、野菜をぶつ切り(chop)、さいの目切り(dice)、みじん切り(mince)、薄切り(slice)にしましょう、という表現です。 これらは、包丁さばきがある程度できれば、問題なくできそうな切り方です。 でも、料理にとってサイズはとても重要。 レシピを書いた人は、料理時間、口当たり、味を考えたうえで適切なサイズの切り方を教えています。 例えば、大きめのみじん切りが小さすぎると、味が変わってしまうこともあります。 下記に、本来の意味を載せておきます。 ぶつ切り(Chopped) ぶつ切りは、大きな四角形に野菜を切ることです。 27cm~1. 9cm)程度の大きさです。 でも、レシピによっては、1個あたりの大きさを正確に記述しているものもあります。 ぶつ切りは、割と大きさにゆとりがある場合が多いです。 さいの目切り(Diced) さいの目切りは、基本的には小さめのぶつ切りです。 レシピに、1つあたりの大きさについて、3mmなどと記述している場合も多いです。 みじん切り(Minced) レシピに、何かをみじん切りにしてください、と書いてある場合は、包丁でできる限り細かく切るように、という意味です。 みじん切りにする機会が一番多いのは、にんにくです。 の動画でにんにくを早くみじん切りする方法が紹介されているので、参考にどうぞ。 薄切り(Sliced) 薄切りは、言葉通り、薄くスライスすることです。 薄切りする野菜の、1枚あたりの厚さはお好みで、という場合が多いですが、レシピによっては「薄く」「厚く」と指示が書かれていることがあります。 にんにくや玉ねぎなど刺激の強い野菜は、通常小さく切ります。 (特に、火を通さない場合は!)切った食材のサイズの違いが、味や料理の時間にどのような影響を与えるか分かるまでは、しっかりと、レシピ通りに作りましょう。 グリル焼き(Broiling)vs. オーブン焼き(Baking) オーブンには通常、オーブンとグリルのモードがついています。 普通に使っていると、多くの人が「オーブン」モードばかり使ってしまいますが「グリル」焼きも、なかなか便利です。 2つの違いは下記の通り。 大きな違いがあるんです。 オーブン焼き(Baking) オーブン焼きは、一定の温度で食材を包み込み、全方向から調理します。 よって、オーブンで何かを焼く時は、オーブン全体が設定温度になって、食材をその設定温度で包み込んで焼きます。 グリル焼き(Broiling) グリル焼きでは、グリルのように、食材を熱に直接触れさせます。 オーブン焼きがショットガン(散弾銃)なら、グリル焼きは狙撃銃のようなものです。 グリル焼きのモードにすると、オーブンの上部に大きな火が見えます。 そして、その火の真下に食材を置いて、調理します。 グリル焼きは、薄いものや、すぐに溶けるものを調理する時に使うのが一番です。 よく使われる食材の例としては、ステーキやチーズなど。 オーブン焼きは、ケーキやビスケット、ピザなど、何かを一斉に焼きたいときに重宝します。 ぐつぐつ煮る(Simmer) vs. 沸騰させる(Boil) お米を炊いたり、スパゲッティをゆでている時など、レシピにはよく「ぐつぐつ煮る」「沸騰させる」という表現が出てきます。 この2つは、少し異なる意味があります。 ぐつぐつ煮る(Simmer) お鍋でぐつぐつ煮る、と書かれている時は、食材を沸騰させてから、火を小さくして、泡が見えない程度の火力にして煮ることです。 ぐつぐつ煮る、とは、沸騰させて素材を悪くしない程度の熱さで、料理を早く温める方法です。 沸騰させる(Boil) 水は約100度で沸騰します。 沸騰させるには、通常、コンロの火力を最大にして水を加熱する必要があります。 野菜をゆでたり、米や麺類などでんぷん質の食材や、堅い肉を調理するときは、沸騰させると良いです。 レシピによく出ている表現は「鍋で水を沸騰させ、食材を入れ、~分間ぐつぐつ煮ましょう」といったもの。 この場合、水が沸騰したら食材を鍋にいれて、火力を少し弱めましょう。 そして、沸騰していない状態の時に水や牛乳などを入れましょう。 炒めるときのやり方がほんの少し違うだけですが、食材の準備の仕方が違います。 通常は、フライ返しで食材を動かしながら、料理を焦がさないように、きつね色に仕上げます。 フライパンで焼く(Pan Fry) フライパンで焼く、と書かれている場合、鶏の胸肉やステーキなど大きな食材を、中火以上の火力で焼きます。 食材をひっくり返すのは、通常、1回だけです。 には、2つの違いが下記のように書かれています。 炒める、ソテーするときは、フライパンで焼く時よりも時間が短いので、食材を小さく切ります。 ソテーをする時は、食材を動かしているので、フライパンの温度は、そんなに重要ではありません。 ちょうど良い火力、熱さを知るには、水を数滴たらして、すぐに沸騰して、2、3秒で消えるかどうか確かめると良いです。 フライパンで焼く時は、フライパンの温度の管理が、重要です。 フライパンが優しく「ジュージュー」と音をたてている状態が理想です。 細かく刻む(Shredded) vs. すりおろす(Grated) チーズやスパイス、にんじんなどを使う時は「細かく刻む」と「すりおろす」違いを知っておく必要があります。 なお、細かく刻んだり、すりおろすには、が必要です。 細かく刻む(Shredded) 細かく刻む場合、チーズおろしの大きめの穴で食材を削ります。 出来上がりは、料理ですぐ火が通り、ゆっくり溶ける、細長い一片になります。 すりおろす(Grated) すりおろすと、食材は粉のような形状になります。 皿の上にのせたチーズをすぐに溶かしたいときや、ソースのなかに野菜を隠してしまいたいときに便利な方法です。 細かく刻む、すりおろす、という2つの表現が使われる理由は、料理の時間や食材の堅さの違いによって、料理の仕上がりが変わってくるからです。 液体用計量カップ(Liquid Measuring Cup) vs. 粉類用計量カップ(Dry Measuring Cup) 2つの違いは、その名の通り、液体に使うか、粉類などの乾燥した食材に使うか、です。 液体用計量カップはオンスで書かれており、粉類用計量カップは、カップで書かれています。 正確に計量するため、2種類必要なのです。 には、正確な計量カップが必要な理由が下記のように書かれています。 液体用計量カップは、液体をこぼさないように、カップの端より少し下に線が書かれています。 砂糖や小麦粉などの粉類を液体用計量カップではかろうとすると、正確な量を量れず、ケーキなどの計量が大切なものを作る時、失敗してしまいます、 粉類用計量カップで液体を計量すると、こぼす可能性が高く、書かれた量よりも多くなったり、少なくなったりします。 2つの計量カップは、それぞれ異なる目的のために作られているので、その目的にしたがって使い分けると、料理が上手にできます。 少量(Dash) vs. ひとつまみ(Pinch) vs. ごく少量(Smidgen) スパイスの量について、少量(Dash)、ひとつまみ(Pinch)、ごく少量(Smidgen)といった昔ながらの表現を目にすることが、よくあります。 、正確な量は、下記のとおり。

次の