スナップ エンドウ 筋 取り 方。 スナップエンドウ

スナップエンドウの筋の取り方とゆで方・ゆで時間

スナップ エンドウ 筋 取り 方

スポンサーリンク スナップエンドウの品種の選び方 初夏の味覚であるスナップエンドウ。 さまざまな種類がありますが、 それぞれには一体どんな違いがあるのでしょうか? まずは、スナップエンドウの 品種の選び方について紹介していきます。 「つるあり」と「つるなし」、違いは? スナップエンドウの品種には、 大きく分けて「つるあり」と「つるなし」の2種類が存在します。 これらの違いはその草丈にあり、 「つるあり」種は最終的に 200cmほど、 「つるなし」種では 50~100cmほどに成長します。 栽培スペースや希望する収穫量に合わせ、 育てる品種を決めていきましょう。 肉厚で食べ応えがあり、耐病性を持つつるあり種「スナック」。 北海道などの寒冷地では… 北海道や東北など、関東以北の 寒冷地では、 スナップエンドウは「 春まき・夏どり」で育てることになります。 一般的な「秋まき・初夏どり」の方法に比べ、栽培期間が短くなるため、 成長の早い「 つるなし」種を選ぶことがおすすめです。 強健な性質で、初心者にも育てやすいつるなし種「ホルンスナック」。 甘みが強く、おいしさには定評があります。 露地・プランター栽培における土作りのポイント では、実際にスナップエンドウを栽培していきましょう。 初めに、露地・プランター栽培における 土作りのポイント について説明していきます。 土の酸度調整を忘れずに スナップエンドウは酸性土壌を嫌うため、 露地栽培で育てる場合には、忘れずに 酸度調整を行いましょう。 植え付けの2週間前までには畑に苦土石灰を施し、 1週間前までに元肥を混ぜ込むようにします。 スナップエンドウをプランターで育てる場合は… スナップエンドウをコンテナで栽培するときは、 プランターには幅が60cm程度のものを使用します。 スナップエンドウは株間を 30cmほど取って育てるため、 栽培したい株数に合わせてプランターを選ぶとよいでしょう。 また、用土には野菜用培養土を利用する方法が手軽でおすすめです。 このとき、用土には適量の 元肥を混ぜ込むようにしてください。 種まき~定植までの育て方 スナップエンドウを種から栽培する場合、 一体どんなことに気をつければよいのでしょうか? ここでは、スナップエンドウの 種まきから苗の植え付けまでの育て方 についてピックアップしていきます。 種まきの適期は秋か春 一般的に、スナップエンドウの種まきは 10月中旬~11月中旬に行います。 種まきが早すぎると苗が育ちすぎてしまい、 冬の寒さに耐えられなくなってしまうため、 適期を守るようにしてください。 なお、北海道などの寒冷地では冬期の栽培は避け、 3月中旬~4月中旬に種をまくようにします。 種まきには育苗ポットを利用する スナップエンドウの種は、直まきにすることも出来ますが、 ポットまきにするとより確実です。 9cmのポリポットに 4粒ほど種をまき、発芽後、 本葉が出るころに2本を残して( 2本立ち)間引くようにしてください。 追肥と摘心・支柱立て~収穫までの栽培管理 苗の定植が完了したら、収穫に向けてしっかりと栽培を進めていきましょう。 最後に、スナップエンドウの 追肥・ 摘心のコツと収穫までの管理方法 について解説していきます。 追肥の適期は2月ごろ 2月ごろになり、気温が上がってきたら追肥を行います。 露地栽培では株元に化成肥料を施し、同時に 土寄せもしておきましょう。 プランター栽培の場合では、このころから 週に1回、 水やり代わりに希釈した液体肥料を与えるやり方が簡単です。 同時に支柱立てを行う 春になってスナップエンドウのつるが伸びてきたら、 それを支える支柱を立てる必要があります。 「つるあり」種では 2mほどの支柱を立ててネットを張り、 「つるなし」種では 1mほどの支柱を立てて、つるを絡ませましょう。 収穫量を増やす摘心・整枝のコツ スナップエンドウのつるを伸ばしっぱなしにしていると、 実つきが悪くなったり、味が落ちたりします。 おいしい実を多く収穫するためには、 摘心と 整枝を行いましょう。 根元から伸びる 親づる(主枝)と、 親づるから伸びる 子づるは実つきがよいので残し、 子づるから分かれた孫づるは早めに摘心していきましょう。 こうすることで、栄養を分散させずに収穫を迎えることが可能になります。 さらに、 3月下旬以降に伸びたつるや、 花つきの悪いつるも取り除いて整枝するようにしてください。 同時に、日照不足が起こらないよう、それぞれのつるの伸びる方向を変え、 誘引していくことも大切です。

次の

スナップエンドウの筋の取り方はこうしよう!画像でわかりやすく解説

スナップ エンドウ 筋 取り 方

栽培のポイント スナップエンドウは連作と酸性土壌を嫌うので、輪作を心がけ、石灰を散布して植えつけます。 植えつけ時期が早いと株が大きくなったころ寒さにあうので、タネまきと植えつけの適期を守ります(高さ30cmを超えると耐寒性が弱くなる)。 春になってつるが伸び出したら支柱を立て、つるもの用のネットを張って、つるを誘引します。 スナップエンドウの栽培でよくある疑問、悩み Q.タネまきの最適な時期とポイントは? 関東地方で直まきする場合は10月中旬から11月上旬にタネをまくのが一般的です。 タネをまく時期が遅いと、小さい株の状態で冬越しすることになり、寒さで枯れてしまうことがあります。 逆に早くまきすぎると、冬越し前に株が大きくなりすぎて、寒さに対する抵抗力がなくなります。 時期は早からず、遅からず、その地方の適期にまくのが重要です。 目安としては、草丈15~20㎝程度で冬越しさせるのがベストです。 Q.春に苗を植えられる? サヤエンドウは、秋にタネをまいて冬越しさせる方法と、春に苗を植えつける2通りの栽培法があります。 中間地や暖地では、秋にタネをまくのがオーソドックスなやり方ですが、春(3月から4月上旬ごろ)に苗を植えつけても、秋まきより収穫時期は若干遅めになりますが、十分収穫できますよ。 ちなみに寒冷地では、春にタネをまく栽培法もあります。 Q.春先に株が黄色くなり、枯れてしまった 2つの原因が考えられます。 1つ目は、連作障害による「立枯(たちがれ)病」です。 これは、元気よく成長していたつるが急にしおれて垂れ下がり、やがて枯れてしまう病気で、エンドウやソラマメなどのマメ類では、特に気をつける必要があります。 対策としては、連作しない(最低でも4~5年は間隔をあける)ことが大切です。 2つ目は、冬の間、霜柱が立って地面から根が浮き上がり、そのままにしておいたため枯れてしまうケースです。 こうならないように、霜柱が立った朝には株のまわりを手で押さえるか、足で軽く踏んで、霜柱をつぶしておきます。 これ1冊でお悩み解決!野菜73種の「ギモン」が満載もおすすめです。 寒さに強く、簡単な防寒で冬越しします。 スナップエンドウはさやと未熟な豆を食べる種類で、さやは肉厚、実は甘みがあります。 たんぱく質、...

次の

スナップエンドウの筋の取り方はこうしよう!画像でわかりやすく解説

スナップ エンドウ 筋 取り 方

栽培のポイント スナップエンドウは連作と酸性土壌を嫌うので、輪作を心がけ、石灰を散布して植えつけます。 植えつけ時期が早いと株が大きくなったころ寒さにあうので、タネまきと植えつけの適期を守ります(高さ30cmを超えると耐寒性が弱くなる)。 春になってつるが伸び出したら支柱を立て、つるもの用のネットを張って、つるを誘引します。 スナップエンドウの栽培でよくある疑問、悩み Q.タネまきの最適な時期とポイントは? 関東地方で直まきする場合は10月中旬から11月上旬にタネをまくのが一般的です。 タネをまく時期が遅いと、小さい株の状態で冬越しすることになり、寒さで枯れてしまうことがあります。 逆に早くまきすぎると、冬越し前に株が大きくなりすぎて、寒さに対する抵抗力がなくなります。 時期は早からず、遅からず、その地方の適期にまくのが重要です。 目安としては、草丈15~20㎝程度で冬越しさせるのがベストです。 Q.春に苗を植えられる? サヤエンドウは、秋にタネをまいて冬越しさせる方法と、春に苗を植えつける2通りの栽培法があります。 中間地や暖地では、秋にタネをまくのがオーソドックスなやり方ですが、春(3月から4月上旬ごろ)に苗を植えつけても、秋まきより収穫時期は若干遅めになりますが、十分収穫できますよ。 ちなみに寒冷地では、春にタネをまく栽培法もあります。 Q.春先に株が黄色くなり、枯れてしまった 2つの原因が考えられます。 1つ目は、連作障害による「立枯(たちがれ)病」です。 これは、元気よく成長していたつるが急にしおれて垂れ下がり、やがて枯れてしまう病気で、エンドウやソラマメなどのマメ類では、特に気をつける必要があります。 対策としては、連作しない(最低でも4~5年は間隔をあける)ことが大切です。 2つ目は、冬の間、霜柱が立って地面から根が浮き上がり、そのままにしておいたため枯れてしまうケースです。 こうならないように、霜柱が立った朝には株のまわりを手で押さえるか、足で軽く踏んで、霜柱をつぶしておきます。 これ1冊でお悩み解決!野菜73種の「ギモン」が満載もおすすめです。 寒さに強く、簡単な防寒で冬越しします。 スナップエンドウはさやと未熟な豆を食べる種類で、さやは肉厚、実は甘みがあります。 たんぱく質、...

次の