ドラミ ちゃん 声優。 ドラミちゃん

ドラミ

ドラミ ちゃん 声優

ドラミちゃん2019年現在の声優は千秋! ドラえもんの声優さんが2005年に一斉に入れ替わった時に、ドラミちゃんの声優さんも変わりました。 「理想の男性はドラえもん」と公言してきた千秋は「最高の形で携わることができてすごく幸せ」と大喜び。 実は昨年の声優陣一新の際、千秋は主要キャラクターすべてのオーディションに挑戦。 結果は落選だったが、総監督の楠葉宏三監督は「その時の強烈な印象があった。 今回はおきゃんなドラミを目指そうと思い、千秋さんの演技力、かわいらしさを考えた」と抜擢の理由を語った。 ドラミ役の決定を固く口止めされ、夫のココリコ、遠藤章造(35)にも言わなかったが、長女の彩華ちゃん(3)の前で練習していたため、「娘の口ぐせが『私ドラミよ!』になりました」と笑わせた。 9月1日放送(後7時)の1時間スペシャルから登場する。 (サンケイスポーツ) — 7月28日 なんと千秋さん、ジャイアンやスネ夫のオーディションも受けたそうです。 ドラえもんへの深い愛が伝わりますね。 また千秋さんの ドラミちゃんへの熱意にはこんなエピソードもあります。 千秋さんは声優のイメージはあまりありませんが、「ノンタン」の声は千秋さんなんですよ。 かわいらしい声を活かしてキュートなドラミちゃんを演じてくれています。 「OKよ、えへん!」「そんなのやーよ、ぷんっ」などは千秋さんが考えた口癖だそうです。 千秋さんらしい口癖ですね! 愛やで、愛。 ドラミちゃん声優の千秋は棒読みで下手くそと話題 ドラえもんへの並々ならぬ愛を感じる千秋さんですが、 声優としての実力や評価はどうなのでしょうか? ドラえもんやのび太くんの違和感ある人はまだいる?ウチは最近はなくなってきた ドラえもんあまり見てないけどw ドラミちゃんは千秋さんの声で最初から違和感ないから不思議。 千秋まじドラミちゃんド下手くそやからなあ………ただの棒読み。 ズバッと言ったれ三ツ矢さん! — ざらめ ばんちょ zarame419 千秋はちゃんと声優の練習してほしい。 ドラミちゃんが下手くそすぎて聞いてられないよ — ぼやきおばさん dondonboyakuyo 千秋、声優が下手くそすぎる。 もう少し滑舌と縁起の練習したほうがいい。 ドラミちゃん好きなのに声が下手すぎてやだなあ。 これから、キュートなドラミちゃんのイメージが定着していけるよう励んでくれることを期待します。 ドラミちゃんの初代声優はよこざわけい子? 千秋さんが引き継ぐ前の 初代声優さんは誰なのでしょうか?? それは よこざわけい子さんです。 1952年9月2日生まれの新潟出身。 1979年からドラミちゃんの声を担当していました。 ほかのドラえもんやのび太、ジャイアンにスネ夫たちの声の担当は1度入れ替わっていますが、 ドラミちゃんの声は最初からずっと変わらずよこざわけい子さんが担当していました。 また、 よこざわけい子さんはしずかちゃんのお母さんも担当していたとのこと!驚きです! よこざわけい子さんはほかに、• 天空の城ラピュタ シータ• エスパー魔美 佐倉 魔美• おばけのQ太郎 O次郎(3代目)• にこにこぷん ピッコロ• はいからさんが通る 花村紅緒• レディレディ 緑川美鈴 など数々のヒロインや色々な役柄を演じてきました。 子どもの番組にも出演されていたということで、耳にもなじみのある声ですよね! 2005年にドラミちゃんの声の担当を変わってからは声優業をはずれ、声優スクールで講師としてお仕事されているようです。 以上、ドラミちゃんの声優さんについてでした!.

次の

質問!ITmedia

ドラミ ちゃん 声優

国民的アニメ『ドラえもん』の劇場版、映画ドラえもんのシリーズ37作目『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』が3月4日に公開される。 2005年に声優陣が一新されてから数えても13作目となるが、そのメイン声優陣のひとりとしてドラミ役をつとめている千秋は『ドラえもん』の大ファンとして有名。 『南極カチコチ大冒険』の見どころと共に、ドラミ役をつかんだ経緯を改めて振り返ってもらった。 自分からマネージャーさんに「オーディションがあるみたいだから、受けたい」って言ったんです。 ドラミちゃんをふくめて登場キャラクター全員が好きなんですけど、自分の声から考えて可能性があるのはドラミちゃんかなと思って、だからドラミちゃんのオーディションを受けたかったんです。 だけど、そのときはドラえもん、のび太、ジャイアン、しずか、スネ夫のオーディションだけだったんで、「ドラミちゃんはないんだね」と思いながら、その5つを受けました。 その後に第一次審査とか最終審査があるのかなと思って、ひとつぐらい受かんないかなと思ってたんですけど、気がついたら新しい声優さんが発表されたっていうニュースを新聞で見たんです。 やっぱ、そんなに簡単じゃないなと思ったんですけど、1年ぐらいして、「そう言えば一番やりたかったのはドラミちゃんだったんだけど、ドラミちゃんはどんな人がやってるんだろう?」と思って調べてもらっても分からなくて。 「ドラミちゃん役はどんな人なんだろう?」って言ってたら、それから1週間後ぐらいに「ドラミちゃんをやりませんか」って連絡が来たんです。 「そんなにドラえもんが好きなのか」ってことが、スタッフさんの頭に残って、ドラミちゃんをリニューアルの最後の目玉にしようって話をしていた会議のときに「千秋ちゃんでいいんじゃない」って決まったって聞きました。 そういうつもりでオーディションで役を5個受けたわけじゃないんですけど、好きすぎて無謀な挑戦をしたことで、自分の思いがみんなに伝わったんだなと思ってうれしかったです。

次の

ドラミ

ドラミ ちゃん 声優

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2013年6月) のむら みちこ 野村 道子 プロフィール 本名 内海 道子 (うつみ みちこ) 性別 出生地 ・ 生年月日 1938-03-31 (82歳) 血液型 身長 150 職業 事務所 (相談役) 配偶者 (声優、2013年死別) 著名な家族 内海賢太郎(長男) 活動 活動期間 - : 野村 道子(のむら みちこ、 - )は、の、。 夫は同じく声優の。 身長150cm。 相談役。 来歴 [ ] 声優になるまで [ ] 幼い頃からが好きで、中学・高校時代は演劇部に所属していた。 高校3年の時、が設立した劇団に応募。 未成年であったため断られたものの、役者の養成部門を勧められ、休日に養成所に通い始める。 養成所を卒業後は、講師を務めていたプロデューサーの番組に出演。 20代前半の時、の天気キャスターオーディションに合格し、初代お天気お姉さんとして活動するが、は毎朝行われていたので朝から始まるドラマの撮影に参加できなくなり、次第にアフレコの仕事が増えていった。 アニメの初レギュラーは『ドラ・チュウ助探偵』のチュウ助役である。 国民的アニメへの出演 [ ] よりの後任として『』のの声を担当。 にはテレビ朝日系列で放送がスタートした『』のしずかちゃんこと役に抜擢される。 この二つの役はいずれも国民的アニメの主要キャラクターであり、野村の声が広く知られるようになった。 私生活では、『』で知り合った内海賢二と結婚。 2013年に死別。 に内海がを設立すると、運営を手助けするため同社へ移籍。 には『ドラえもん』の新キャスト移行に伴い同番組を降板。 同時期に、プロダクション業務に専念するためとして『サザエさん』からも降板した。 『ドラえもん』への出演期間は26年、『サザエさん』への出演期間は29年に及んだ。 後任は前者が、後者は。 現在まで [ ] 2005年、第14回で、『ドラえもん』(テレビ朝日版)の第1期レギュラー陣4人(、、、)とともに賞を受賞。 さらに、第11回で、上記4人とともに特別賞を受賞。 3月にもで、上記4人とともに第3回功労賞を受賞した。 、アニメ『』ハラキリトラ役で4年ぶりの出演となる。 また、第11話では内海と久々に夫婦共演を果たしており、次回予告では掛け合いを演じたこともある。 、第十回で、、とともに功労賞を受賞。 人物・エピソード [ ]• 声質は。 夫は同じく声優で賢プロダクション代表取締役の内海賢二(2013年6月13日に死別)、長男は同プロダクション社長の内海賢太郎 である。 夫の内海は当初は男友達の一人であり、結婚する気など全くなく、当時内海が働いていたバー「突風」(が経営)に別の男性を連れて行っていた程であった。 しかし、内海から熱心なアプローチを受けるうちに交際するようになり、結婚に至った。 過去には劇団三王、近代劇場、、T・A・P、に所属していた。 しずかを演じていた時は、「アニメのしずかちゃんの声が老けないように、若くいよう、という緊張感をもらっていた」という。 なお原作において、しずかののび太の呼び方は「あんた」「のびちゃん」「のび太君」と一定していなかったが、野村が一貫して「のび太さん」と呼ぶようになり、原作でもアニメから逆輸入される形で「のび太さん」に統一された。 この設定はかかずへ譲った後も残っている。 のファンである。 『けんぷファー』のアフレコインタビューで、ハラキリトラの役で本作への出演オファーがあった際、阪神ファンなので「やるぞー」と思った、と語っている。 趣味は、。 テレビアニメ [ ] 1963年• 1965年• (1965年 - 1966年、役名不明) - 2シリーズ 1966年• (ミロナ) 1967年• (マーガレット)• (第1作)(サブ )• (第1作)( 志村ミチ〈3代目〉) 1968年• (娘)• (ポニー・ブリオン、病気の少女)• (第1作)(エミリー) 1969年• (三原ゆみ子、八木沢桂〈2代目〉)• (さよ)• (ナミ)• (さくら、星ゆり子)• (第1作) 1970年• (悦子 )• ( アーヤ)• 1971年• (ちづる、明子)• (ワラン、友子)• ( 猿飛エツ子 )• (よっちゃん)• ( 若月ルリ子〈2代目〉)• 1972年• (ミヨちゃん、妖獣リタ、妖獣イヤモン)• (車椅子の少女ユリ)• ( チャッピー・ハンスト・シャルル・グリム・アンド・イソップ・エトセトラ〈代役〉) 1973年• (第1作)( 古見由美子 )• 1974年• ( プリシラ〈初代〉 )• ( アーヤ)• 1975年• (ハニワ幻人チララ)• ( マーヤ) 1976年• (デイジー)• (1976年 - 2005年、 〈2代目〉)• (ミヨ)• (さゆり) 1978年• (サキ、有紀螢の母)• (ドント夫人)• ( )• 小太郎の母親 1979年• (エリナー)• (レーデ、ミア、ナミナミ、娘)• (1979年 - 2005年、 〈しずか〉) 1980年• ( トキ) 1982年• (藪小路いばら〈2代目〉、友人、同窓生)• (プララ、ココ) 1983年• ( コーナ)• () 1989年• ( アーヤ) 2009年• ( ハラキリトラ、 瀬能ナツル) 2011年• ( ハラキリトラ) 2012年• (シズ) OVA [ ] 1994年• ( 源静香〈しずか〉) 劇場アニメ [ ] 1969年• 1971年• (アリババの女召使い) 1980年• ( 源静香〈しずか〉) 1981年• (ルー )• ( 源静香〈しずか〉)• ( 源静香〈しずか〉) 1982年• ( 源静香〈しずか〉) 1983年• ( 源静香〈しずか〉)• (みち子) 1984年• ( 源静香〈しずか〉)• プロ野球を10倍楽しく見る方法 PART2(みち子) 1985年• ( 源静香〈しずか〉) 1986年• ( 源静香〈しずか〉) 1987年• ( 源静香〈しずか〉 ) 1988年• ( 源静香〈しずか〉) 1989年• ( 源静香〈しずか〉)• (野比静香〈しずか〉) 1990年• ( 源静香〈しずか〉) 1991年• ( 源静香〈しずか〉)• ( おしず) 1992年• ( 源静香〈しずか〉) 1993年• ( 源静香〈しずか〉) 1994年• ( 源静香〈しずか〉) 1995年• ( 源静香〈しずか〉) 1996年• ( 源静香〈しずか〉) 1997年• ( 源静香〈しずか〉) 1998年• ( 源静香〈しずか〉)• ( 源静香〈しずか〉) 1999年• ( 源静香〈しずか〉)• ( 源静香〈しずか〉) 2000年• ( 源静香〈しずか〉)• ( 源静香〈しずか〉) 2001年• ( 源静香〈しずか〉 )• ( 源静香〈しずか〉) 2002年• ( 源静香〈しずか〉 )• ( 源静香〈しずか〉) 2003年• ( 源静香〈しずか〉 ) 2004年• ( 源静香〈しずか〉) ゲーム [ ] 1994年• ( 〈しずか〉) 1995年• ( 源静香〈しずか〉)• ( 源静香〈しずか〉) 1996年• 1997年• ( 源静香〈しずか〉)• ( 源静香〈しずか〉) 1998年• ( 源静香〈しずか〉) 2000年• ( 源静香〈しずか〉、レイナ)• ( 源静香〈しずか〉) 2001年• ( 源静香〈しずか〉) 2003年• ( 源静香〈しずか〉) 吹き替え [ ]• (アンジェラ・マーティーニ少尉)• エリックの青春• (木の精ジュリー)• (看護師ニモ)• (モンタナ・ワイルドハック)• (おきぬ) その他 [ ]• 源静香(しずか)の声で出演• ・「ドラえもん おふろでバブル」(1990年)• 2006年6月7日・9月6日放送分「トリビアの影ナレ」• また、当時の番組スタッフの中に、のちのフジテレビ会長であるもおり、仕事仲間として交流もあった。 (エグゼクティブプロデューサー)• (エグゼクティブプロデューサー)• CD『 Special Song Collection』• 魔女っ子メドレー(猿飛エツ子役として参加)• (2015年、)ドラえもん役の大山のぶ代について語るため、スネ夫役の肝付兼太・のび太役の小原乃梨子・のと共に画面出演。 ・予告編ナレーター(1970年代) 歌 [ ]• えかきうたムーミン 作詞: 歌:野村道子、、、、 著書 [ ]• 『声優事典 第二版』、1996年、492頁。 紀伊國屋書店 2009年. 2019年9月17日閲覧。 2019年9月17日閲覧。 ORICON NEWS. オリコン. 2019年9月17日閲覧。 2016年2月17日閲覧。 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』〈別冊〉、1979年10月30日、97頁。 「声優アニメディア」2009年11月号『極 声魂』• ただし、野村はアニメ放送開始から一貫して「のび太さん」と呼んでいたわけではない。 劇場版のケースとして、第1作『』から第3作『』までの3作品で「のび太君」と呼んでいる(ジャイアンは「武君」、スネ夫は「スネ夫君」と呼んでいた。 劇場版でしずかが「のび太さん」と呼ぶようになったのは、第4作『』からである。 プレセペ 2010年4月27日閲覧• 松岡清治「第3章 しずかの章 53 マドンナの声の主は? 野村道子さん紹介」『ドラえもん 秘密のポケット』文化創作出版、1993年8月5日、、105頁。 メディア芸術データベース. 2016年10月10日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月4日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月15日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月16日閲覧。 東映アニメーション. 2016年8月3日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年10月5日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年9月20日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年8月12日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年10月30日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年10月2日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)•

次の