アルロ 対策 パーティー。 【ポケモンGO】シエラの対策ポケモンとバトルに勝つコツ

【ポケモンGO】シエラの対策ポケモンとバトルに勝つコツ

アルロ 対策 パーティー

クチート• カメックス• 上記以外 技によっては苦戦するクチート 1体目に出てくる 「クチート」はノーマルアタックが4種類あり、キバ系と「かみつく」が高威力でこちらのHPがどんどん削られていきます。 スペシャルアタックを短間隔で撃つポケモンでガンガン攻めるか、タイプ耐性を持つポケモンでダメージを抑えながら戦いましょう。 こちらは1体で勝つことが難しいことも考えられるため、 2体目に持ち込んでのバトルも視野に入れます。 攻撃・耐久の両面強いカメックス 「カメックス」は2重弱点がなく耐久力もそこそこあり、かつ撃ってくるノーマルアタックの「かみつく」「みずでっぽう」が強力です。 バトルが長引くと不利な状況になってしまうため、素早くスペシャルアタックを撃つことができる優秀な技構成持ちのポケモンで一気に攻めましょう。 「クチート」の 「ほのおのキバ・こおりのキバ・かみつく」の3つにタイプ耐性があり、攻撃でも優秀な「ほのお」タイプ技で弱点を突くことができる 「バシャーモ」がおすすめです。 「ゴウカザル」も「バシャーモ」と同じタイプ耐性を持ち、特別限定技の「ブラストバーン」を覚えていれば活躍できます。 「クチート」の技が「かみつく」の場合はかなり厳しいバトルになりますが、 「ほのおのキバ・こおりのキバ」の場合は耐久力のある「エンテイ」・「ほのおのパンチ」をガンガン撃ち込める「ブーバーン」もおすすめです。 ただし、「クチート」の攻撃力は技が「おどろかす」だった場合を除いてかなり高く、 1体での勝利は難しい場合もあります。 その場合は2体目にも「ほのお」タイプポケモンを用意したり、優秀技の「ラグラージ」を置いて勝利後にそのまま敵の2体目に挑めるようなパーティ編成がおすすめです。 対策ポケモン — 2体目 リザードン対策 ー 「ハガネール」は非常に耐久力が高いため、確実に弱点を突いて攻撃したいところです。 弱点を突くポケモンの中では、 「ハガネール」の強力なノーマルアタック「かみなりのキバ」に耐性のある 「じめん」タイプのポケモンがおすすめです。 「じめん」タイプ最強の「グラードン」、覚える技構成が優秀な「ラグラージ」が非常におすすめです。 「ガブリアス」は「ハガネール」のノーマルアタックが「ドラゴンテール」だった場合に弱点となりますが、それ以外の技の場合は非常に有利にバトルができます。 お手軽に入手できるところでは、 「 」から進化入手できる「ドリュウズ」、「 」から進化入手できる「ガマゲロゲ」もおすすめです! 弱点や対策のポイントは「カイリュー」と同じなため、説明は割愛します。 勝てないポケモンとのバトルは避ける 手持ちのポケモンが揃っていなかったり、十分に強化できていないなどで 「このポケモンには勝てない」という状況もあります。 そのような場面では、無理に何度もバトルをせず 諦めて別の場所のロケット団リーダーを選んでバトルをしましょう。 同じロケット団リーダーでも場所が変われば、2体目・3体目に出してくるポケモンは変わります。 (偶然同じになる場合もあり) まずは自分の勝ちパターンを把握して勝利をしつつ、ポケモンを育成して勝ちパターンを増やしていきましょう! 同じGOロケット団のしたっぱ、リーダーである「クリフ」と「シエラ」、そしてボスである「サカキ」対策は以下にまとめています。

次の

【ポケモンGO】アルロへの対策ポケモン一覧

アルロ 対策 パーティー

「ストーンエッジ」は消費エネルギーが多いのでシールド破壊には向かないが、EPTの高い「ロックオン」で 短いスパンで連発可能だ。 ドラゴン技はペルシアンに等倍相性だが、DPTが高い「りゅうのいぶき」でゴリ押ししつつ、省エネの「ドラゴンクロー」で シールド破壊も余裕で、2番手がガブリアスの場合はそのまま投入できる。 W耐性とはいえ、技の性能が良くないのでギリギリの戦いになることもあるだろうが、シールド破壊とペルシアン撃破の役割は遂行可能。 悪やフェアリーには耐性を持つが、フェアリーが弱点となるので、こちらも シールドを温存せずに使って良いだろう。 耐久性は若干劣るが、省エネのスペシャル技「ブレイズキック」によりシールド破壊はしやすい。 ただし、 地面技が弱点になるので2番手にまで出張るのは難しくなってる。 バシャーモと同じく地面技が弱点ではあるが、攻撃力が上がった状態であれば、 被弾を最小限に抑えながら突破するポテンシャルを持つ。 「れいとうパンチ」を解放しておけば2番手のカバルドン対策にも。 レガシー技の「ハイドロカノン」を覚えていない場合は、次戦のライコウ戦にも使える「じしん」でも良いが、ゲージ技の発動による硬直頻度が下がるので安定性も下がる。 単純に高い種族値の伝説ポケモンなので、ゴリ押すことができるだろう。 「ゆきなだれ」はカバルドンに効果抜群なので、ハガネールでなかった場合も様子見や、そのまま勝ちにいくこともできる。 グラードンと同じく高種族値なので、等倍相性の通常技であっても受けながらゴリ押し可。 「ソーラービーム」が一発でも当たればほぼ勝ち確定なので、ペルシアンでシールドを使わせておこう。 地面技にも耐性があるので、ドダイトスが「どろかけ」を使ってきても問題ない。 ゲージ技の使用スパンは長く、通常技は効果抜群ではないが、それだけでも十分エンテイのHPを削れる。 最大CPが3000にも満たないため、育成不足の場合は他のポケモンで少しでもエンテイのHPを削っておきたい。 攻撃力ダウンは4回で下限に達するので、それ以降は余裕があれば少し威力が高い「みずのはどう」がおすすめ。 ラグラージを投入する前に他のポケモンでHPを減らしておかないと、シールドが残っていても厳しい面があるため、交代硬直も狙うのがおすすめ。 「でんきショック」のEPSが高いので硬直を狙いやすい。 「りゅうのいぶき」は相性等倍であるものの、与ダメージ効率がとても高い技。 シールドがないと厳しい戦いになるのは他と同様だが、あれば安定して勝つこともできる。 通常技は効果抜群タイプではないものの、省エネの草技「リーフブレード」がささる。 サカキのライコウ対策 サカキの場合も他のリーダー対策の例にもれず、1番手のペルシアンでシールドを使わせるのがセオリー。 なお、ここではギラティナをパーティーにいれていますが、ペルシアンが「だましうち」型の場合はシールドを使わせるのもままならないので、その場合は カイリキーやルカリオなどで入り直しましょう。 キングラーへは素早くゲージ技を使用でき、硬直を狙いやすいジュカインがおすすめ。 キングラーは危なげなく攻略できるものの、続くエンテイには相性不利。 そのまま瀕死になるまで戦うのではなく、 交代して硬直を狙うと良いでしょう。 最後のエンテイは高火力高耐久なため、弱点を狙うのはもちろん、炎技に耐性を持つポケモンで必ず戦いましょう。

次の

【ポケモンGO】シエラの対策ポケモンとバトルに勝つコツ

アルロ 対策 パーティー

ロケット団リーダーはシールドを2回使用してくる。 シールドをさっさと2回使わせる為に、1匹目は素早く発動できるスペシャルアタックを採用したほうが良い。 ロケット団リーダーは、7種類の中から3匹選出して使用してくる。 1匹目のみ、使ってくるポケモンはいつも同じ。 一度負けても、すぐに再戦可能。 使用してくるポケモンも変わらないのでしっかり対策して再戦しよう。 ロケット団リーダー「アルロ」の使用ポケモン 1匹目 2匹目 3匹目 ストライク ギャラドス ハッサム クロバット リザードン ジバコイル カイリュー 対策ポケモン一覧 ロケット団リーダー「アルロ」が使ってくるポケモンの対策ポケモンを紹介していく。 手持ちでCPが高い対策ポケモンを使用して挑戦しよう。 今回アルロが使ってきたポケモンは 1匹目 2匹目 3匹目 ストライク クロバット ハッサム この3匹だ。 ストライクがとにかく強いので、舐めてかかった僕はさっそく2回負けた。 対策ポケモンを自分で紹介しておいて、現地ではかなり無視した選出をしているのがわかる。 ストライクは、バンギラスの弱点である「はがね」タイプのわざを使ってきてほぼ相打ちで終わった。 クロバットに対して選出したメルメタルは、クロバットの「どく」タイプの攻撃で死にかけたけどギリギリ勝って最後のサンダーにバトンタッチ。 最後にハッサムに勝てたのはもはや運だった。 強いて勝因を言えば、シールドが3匹目まで1回残っていた点だ。 完全に勝ったのは運。 つぎにアルロと戦うことがあれば、この攻略記事を見て楽勝で勝ちたいと思う。

次の