マニューラ 育成 論。 マニューラ育成論:こだわり鉢巻持ちアタッカー【ORAS】

【ポケモン剣盾】マニューラの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

マニューラ 育成 論

この間は少々マニューラについてもめてしまった角です。 その際に迷惑を掛けた方々、申し訳ありません。 HGSSになり、けたぐりを覚え、少しずつ使われることが多くなってきたというのに、時代に合ったテンプレがなかったので、投稿させてもらいます。 既出のものに入れてもらえ、と思われるかもしれませんが、テンプレ意識で育成論を作られた型の大半が、活動されていないので、申し訳ないです。 マニューラについての基礎知識 通称マニュと略されるこいつ。 攻撃と素早さに長け、一見優秀そうに見えますが、悪と氷という物理ウエポンに非常に乏しいポジションにいるために、決定力を持てずに、また後出し能力もないために、かつては絶滅種とまで言われました。 しかし使い勝手の良いけたぐりを覚えるようになり、ようやく登場当時の勢いを取り戻しつつあるポケモンと言えるでしょう。 速度で負けた途端、一撃で落ちることが多いために素早さ上昇補正は譲れません。 なので、陽気オンリー。 努力値も最速を目指すS極振り、火力を少しでも上げるためにA252振りも確定。 言いたくはありませんが、こいつの場合はこれ以外にあり得ません。 型の割れやすいポケモンは、だから嫌いだ。 5 小数点以下は切り捨てられます /100 嘆きたいほど、威力の低いメインウエポン。 主にドラゴンへの遂行に使われます。 他にもゲンガーが確定1になったりと、紙耐久でおなじみの皆さんに深く刺さります。 その連中が、まともに撃ち合ってくれるはずもないので、無理矢理遂行するために使います。 相手の交代際に撃てば、威力は倍。 しかし倍にならないと、紙耐久と呼ばれる部類のゲンガー、スターミー辺りにさえ耐えられかねません。 追い打ちバグもこいつが減った要因の一つでしょうね。 なので、鋼に一貫性のある格闘技が必須というわけです。 流し性能もあるので、流したと同時に鋼を呼ぶことが多いことを覚えておけば、比較的読みやすいです。 相手の重さによって威力が変わります。 メタグロスが確定3。 つまり一度交代読みでぶつけておけば、二回目にぶつけたときに遂行速度が逆転します。 ハッサムも確定3ですが、こちらはバレパン装備が基本なので、すべて交換読みで3回当てないと落とせません。 メタグロス意識ならこちら。 なんだかんだ言いながら、これがこいつの最高打点。 交換読みで鋼にぶつけるのが、主な使い方です。 ハッサム、メタグロスが共に確定2。 ハッサム意識ならこちら。 スターミーやラティ兄妹対策で、これは持っておきたいです。 結局気合い玉やシグナルビームのない大抵エスパーになら、遂行速度で勝るので、確定にはなっていません。 ガッサはともかく、ヘラ相手なら防御特化なんて奇形でない限りは、流せます。 とはいえ、みがカムやこらチイラのようなコンボには圧倒的な強さを誇ります。 また耐久端数振りの4倍ドラゴンなら、確定1です。 メタグロスやハッサムを誘いやすいので、あると便利です。 タマゴ技でしか覚えない上に、追い打ちとの同時遺伝はドーブル画伯を使用しないといけません。 ドラゴンや超・霊を流す際に作れば読みの負担を減らせます。 こいつにハッサムが後出しされた場合、バレパン読みでこいつが流れることを前提として、蜻蛉が採用されることが多いです。 そこを呼んで身代りを使えば、勝手にハッサムが流れ、マニュが居座ることが出来ます。 63ならば、物理決定力を呼びやすく、スイクンなんかと組ませるといいでしょう。 特性のプレッシャー、気合いパンチとも相性がいいです。 襷が使われることもほとんどなく、決定力を呼ぶだけなので、使わないことをお勧めします。 これも決定力を呼び込む隙となるために、使わないことをお勧めします。 メインの威力の低さがこの子の種族値を駄目にしてしまっていますね。 そういうケースのポケは大概次世代で急に強くなったりしますが... とか考えてしまいます... テンプレ補完ご苦労様です。 いつもながら評価は5いれときますね。 追い打ちバグはいったいどれだけのポケを不幸に.... コメント消してどっか行って下さい。 「2009九州地区優勝」ってところも痛すぎてもうw 貴方どう見ても初心者ですよね。 >角さん 気にすることはありませんよ。 捨てハンがまともな意見を言った試しがありませんから。 と言ってもテンプレなんで言うことはないです。 すみません。 けたぐりの重要度が分かりました。 虫技が一貫しているため序盤は決定力呼び込みやすいバレパンよりも トンボを使ってくることの方が多いと思いますので。 マニュは釘づけにできる相手が多いので ハッサムがトンボで勝手に流れてしまえば 決定力を引き出すチャンスと言えます。 特に気合いPを使う場合はこちらが引くことなく 以降ハッサム呼ばなくなるので。 ただ、完全な読みの領域で、対策といっても微妙なので スルーしてもらってもいいです。

次の

【ポケモンサンムーン】竜狩りのエキスパート!マニューラの育成論まとめ【対策・入手方法も公開】

マニューラ 育成 論

はじめに 初投稿です。 読み辛い箇所だったり、誤りや不足がありましたら、お手数ですがコメントにてお願いいたします。 さて、第7世代のレート環境にくらべ、ガラルの対戦環境は 「ダイマックス」という要素はあれど、火力などの数値が慎ましやかになった印象を持ちました。 そこで、初手投げでタスキを想定されるポケモンに耐久調整を施し、 さらにわるいことしてやりてぇなぁ... と思いこのポケモンのこの型に至りました。 マニューラについて H70 A120 B65 C45 D85 S125 初出は 第4世代、もともといたニューラの進化形態として登場しました。 当時の対戦環境においては、ボーマンダやガブリアスの上から一致4倍弱点を突いたり、準伝の3UMAやクレセリアのメインウェポンを無効にしたり、なかなかの功績を残しています。 また、 第5世代のトリプルバトルでは、 「エルテラマニュ」の一画としても活躍しました。 数値の通り、特徴は高い物理火力と素早さ、そしてそこそこの特殊耐久です。 pglで持ち物データが見れないため定かではないですが、某実況者さんはそのアタッカー気質を評価して、命の珠を持たせて使用されていました。 ピカチュウの物理、特殊攻撃を2倍にする道具ですが、投げつけるで射出することにより、 相手が地面タイプでも麻痺を入れることができます。 また、火炎玉や毒々玉と違い、持っているポケモンが ターン終了時に麻痺になりません。 採用理由• 上からデバフを押し付けられる 今回のコンセプトである電気玉なげつける、これをスカーフ持ちでない限り 上から遂行できます。 同時に、相手の先発のタスキも潰せます。 「あくタイプ」なので対オーロンゲで強気に動ける ご存じの通り、あくタイプには「いたずらごころ」による変化技が通りません。 そして現環境のオーロンゲは、おそらくほとんどが「いたずらごころ」です。 向こうの電磁波や挑発を気にせず動けるのは非常に使い勝手がいいです。 後述しますが、本論のマニューラは無補整252振りオーロンゲの「ソウルクラッシュ」を 確定で耐えます。 特性「わるいてぐせ」と技「なげつける」のシナジー 「わるいてぐせ」は、自分が持ち物を持っていないとき、かつ相手からの接触攻撃を耐えた際、 相手の持ち物を奪うという特性です。 電気玉を投げつけて麻痺をまいた後、粘土やら回復実を奪って、相手のプランを大きく崩すことが可能です。 壁展開のオーロンゲとの違い• マニューラ 長所 ・上から挑発、投げつけるを通しやすい ・地面タイプに麻痺を入れられる ・S上げの起点になりにくい ・読まれない 短所 ・投げつけるの性質上、麻痺を一回しか撒けない ・上から高火力で殴られると無理• オーロンゲ 展開要員の壁オーロンゲ 長所 ・壁や電磁波などの補助技を「いたずらごころ」により先制して撃てる ・Sに割く必要がないので、がっつり耐久に振れる 短所 ・あくタイプに電磁波や挑発が通らない ・壁を切らす動きに弱い 立ち回り 初手に投げて、電気玉を投げつけたり、挑発して変化技を妨害したりします。 大体のポケモンより速いので、ダイジェットのS上昇をローキックで無効化したり、剣舞を積んでくる奴らにイカサマを撃ったりして、荒らした後に裏のエースにつなぐ役です。 特性 前述の通り、投げつけるとのシナジーから「わるいてぐせ」で確定とします。 性格 初手に来ることもあるタスキ最速エースバーンやインテレオン意識でようきでの採用です。 Bに補整かけるよりは、上からの遂行を目当てとした方がよいでしょう。 持ち物 本論はでんきだまで確定とします。 調整 H60 B228 S220 HB... 無補整オーロンゲのソウルクラッシュ確定耐え 83. 3% HD... 特化ドラパルトの大文字確定耐え 79. 最速インテレオン抜き HB方面は、特化ギャラのアイアンヘッドや特化ドリュウズの岩雪崩や岩石封じ アイへは無理 、物理特化ドラパルトの蜻蛉やドラゴンアローも耐えます。 元からDもそこそこ高いので、地獄突きを警戒したニンフィアのマジカルフレイムやドレインキッスも耐えます。 そうそうないですが、ドレキスの場合、持ち物も奪えます。 Sは前述の通り、初手に出てくる恐れのあるエースバーンやインテレオンをちょうど抜ける調整になっています。 スカーフだったときは裏で起点にします。 技構成 なげつける コンセプト技です。 初手ででんきだまを投げつけたり、特性でもらったいらない道具 粘土とかチョッキ を消費します。 でんきだまを投げつける際の威力は30。 確定技。 ちょうはつ でんきだまを投げつけた後、落としてもらうor道具を奪うために採用。 ドラパルト以外の相手の積み技も上から縛れる確定技。 イカサマ 悠長にも剣舞を積もうとする ミミッキュなどの 不届き者を成敗する一致技。 マニューラ自身Aが高いので普通の攻撃技を読まれることが多く、耐えるやろ... って積んでくる方は割といました。 ローキック ゴースト以外の相手のS上昇を許しません。 因みにA無振りでもH252振りバンギに半分入ります。 てかあいつなんで後出しされるの。 今回、マニューラで突破は考えないものとするため、対面性能を高める「ねこだまし」「こおりのつぶて」は不採用と相成りました。 繋ぐエースポケモン 麻痺やローキックでSを下げ、中速ポケモンのダイジェットやダイストリーム すいすい 、ダイロック すなかき で抜いていくスタイルで対戦していました。 主にあたりです。 仕上げはスカーフアタッカーやミミッキュにお願いしていました。 シーズン2に入り、またアーマーガァが最速から最硬に戻ってきたりすることを考えると、他の運用も視野に入れるべきかと考えています。 最後に 自分なりに全部書いたつもりですが、こういうのは往々にして漏れがあるものだと思いますし、自分よりもうまく起点づくりにマニューラを使う方もいると思います。 今後ももっと精進して、たくさんの人が使いやすいポケモンを見つけられたらいいな、と思っています。 不足がございましたらコメントにてよろしくお願いします。 ご精読ありがとうございました。

次の

マニューラの育成論・調整|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略モバイル

マニューラ 育成 論

この間は少々マニューラについてもめてしまった角です。 その際に迷惑を掛けた方々、申し訳ありません。 HGSSになり、けたぐりを覚え、少しずつ使われることが多くなってきたというのに、時代に合ったテンプレがなかったので、投稿させてもらいます。 既出のものに入れてもらえ、と思われるかもしれませんが、テンプレ意識で育成論を作られた型の大半が、活動されていないので、申し訳ないです。 マニューラについての基礎知識 通称マニュと略されるこいつ。 攻撃と素早さに長け、一見優秀そうに見えますが、悪と氷という物理ウエポンに非常に乏しいポジションにいるために、決定力を持てずに、また後出し能力もないために、かつては絶滅種とまで言われました。 しかし使い勝手の良いけたぐりを覚えるようになり、ようやく登場当時の勢いを取り戻しつつあるポケモンと言えるでしょう。 速度で負けた途端、一撃で落ちることが多いために素早さ上昇補正は譲れません。 なので、陽気オンリー。 努力値も最速を目指すS極振り、火力を少しでも上げるためにA252振りも確定。 言いたくはありませんが、こいつの場合はこれ以外にあり得ません。 型の割れやすいポケモンは、だから嫌いだ。 5 小数点以下は切り捨てられます /100 嘆きたいほど、威力の低いメインウエポン。 主にドラゴンへの遂行に使われます。 他にもゲンガーが確定1になったりと、紙耐久でおなじみの皆さんに深く刺さります。 その連中が、まともに撃ち合ってくれるはずもないので、無理矢理遂行するために使います。 相手の交代際に撃てば、威力は倍。 しかし倍にならないと、紙耐久と呼ばれる部類のゲンガー、スターミー辺りにさえ耐えられかねません。 追い打ちバグもこいつが減った要因の一つでしょうね。 なので、鋼に一貫性のある格闘技が必須というわけです。 流し性能もあるので、流したと同時に鋼を呼ぶことが多いことを覚えておけば、比較的読みやすいです。 相手の重さによって威力が変わります。 メタグロスが確定3。 つまり一度交代読みでぶつけておけば、二回目にぶつけたときに遂行速度が逆転します。 ハッサムも確定3ですが、こちらはバレパン装備が基本なので、すべて交換読みで3回当てないと落とせません。 メタグロス意識ならこちら。 なんだかんだ言いながら、これがこいつの最高打点。 交換読みで鋼にぶつけるのが、主な使い方です。 ハッサム、メタグロスが共に確定2。 ハッサム意識ならこちら。 スターミーやラティ兄妹対策で、これは持っておきたいです。 結局気合い玉やシグナルビームのない大抵エスパーになら、遂行速度で勝るので、確定にはなっていません。 ガッサはともかく、ヘラ相手なら防御特化なんて奇形でない限りは、流せます。 とはいえ、みがカムやこらチイラのようなコンボには圧倒的な強さを誇ります。 また耐久端数振りの4倍ドラゴンなら、確定1です。 メタグロスやハッサムを誘いやすいので、あると便利です。 タマゴ技でしか覚えない上に、追い打ちとの同時遺伝はドーブル画伯を使用しないといけません。 ドラゴンや超・霊を流す際に作れば読みの負担を減らせます。 こいつにハッサムが後出しされた場合、バレパン読みでこいつが流れることを前提として、蜻蛉が採用されることが多いです。 そこを呼んで身代りを使えば、勝手にハッサムが流れ、マニュが居座ることが出来ます。 63ならば、物理決定力を呼びやすく、スイクンなんかと組ませるといいでしょう。 特性のプレッシャー、気合いパンチとも相性がいいです。 襷が使われることもほとんどなく、決定力を呼ぶだけなので、使わないことをお勧めします。 これも決定力を呼び込む隙となるために、使わないことをお勧めします。 メインの威力の低さがこの子の種族値を駄目にしてしまっていますね。 そういうケースのポケは大概次世代で急に強くなったりしますが... とか考えてしまいます... テンプレ補完ご苦労様です。 いつもながら評価は5いれときますね。 追い打ちバグはいったいどれだけのポケを不幸に.... コメント消してどっか行って下さい。 「2009九州地区優勝」ってところも痛すぎてもうw 貴方どう見ても初心者ですよね。 >角さん 気にすることはありませんよ。 捨てハンがまともな意見を言った試しがありませんから。 と言ってもテンプレなんで言うことはないです。 すみません。 けたぐりの重要度が分かりました。 虫技が一貫しているため序盤は決定力呼び込みやすいバレパンよりも トンボを使ってくることの方が多いと思いますので。 マニュは釘づけにできる相手が多いので ハッサムがトンボで勝手に流れてしまえば 決定力を引き出すチャンスと言えます。 特に気合いPを使う場合はこちらが引くことなく 以降ハッサム呼ばなくなるので。 ただ、完全な読みの領域で、対策といっても微妙なので スルーしてもらってもいいです。

次の