三つ子の赤字神。 三橋貴明の言っていることは、どこまでが本当ですか?知恵袋のようなブラ...

「三つ子の赤字」とは

三つ子の赤字神

対外純資産の増減は長期的に見れば経常収支によって左右される。 個人の資産を考えてみればわかりやすい。 毎年末の資産額は株価や住宅価格次第で大きく変動するが、長期的に見れば毎年の所得から支出を差し引いた残りで貯蓄ができたかどうかに依存している。 国が海外に保有している資産や負債の残高も、株価や地価、為替レートの動きで変動するが、経常収支の黒字・赤字こそ対外純資産が増減する主要因だ。 米国経済は1980年代に入ってからは経常収支の赤字基調が続いており、21世紀に入ってからは赤字の規模が拡大している。 長年にわたって大幅な経常収支赤字を続けてきたために、米国は対外債務が対外資産を上回る純債務国となっている。 しかも純債務の規模は名目GDP比で40%という規模に達している。 米国が財政赤字を拡大させれば経常赤字も拡大 トランプ大統領は、大幅な減税や大規模なインフラ投資を経済政策に掲げている。 これはレーガノミクスを想起させる政策内容だ。 1980年代前半の米国では、大幅な財政赤字が発生すると同時に経常収支赤字が拡大するという、双子の赤字問題が深刻となった。 経常収支の赤字拡大をもたらした直接の原因は、インフレを防止するために当時のボルカーFRB(連邦準備制度理事会)議長が採用した金融引き締め政策によるドル高だった。 ムニューチン財務長官は過去の財務長官と同様に「長期的には強いドルが重要だ」としているが、トランプ大統領は貿易赤字縮小の観点から、ドル高を牽制する発言を繰り返していて、FRBの利上げを遅らせようとするかもしれない。 トランプ大統領が掲げているインフラ投資による財政支出の拡大や大幅減税による歳入の減少を相殺するような歳出削減が行われるとは考えにくいので、貯蓄投資バランスから考えると、財政赤字が膨張することはほぼ確実だ。 財政刺激により好調な経済の中で企業の設備投資が落ち込んだり、消費が減退したりすることは考えにくいので、財政赤字の拡大は経常収支の赤字拡大をもたらすはずだ。 経済は好調なので、イエレンFRB議長がトランプ大統領の圧力をはねのけて緩やかながら着実に利上げを続ければ、内外の金利差が拡大してドル高が起こり、輸出の抑制と輸入の促進を通じて経常収支の赤字が拡大するはずだ。

次の

双子の赤字

三つ子の赤字神

三橋貴明 経歴 本 名 ; 中村 貴司(なかむら たかし) 生年月日; 1969年11月22日 48歳(2018,1現在) 出身地 ; 東京都 職 業 ; 経済評論家・中小企業診断士 最終学歴; 東京都立大学経済学部 デビュー作;『本当はヤバイ!韓国経済』(2007年) 大学卒業後は『外資系IT企業ノーテル』『日本電気』『日本IBM』などに就職して働いていました。 その間に 『中小企業診断士』の資格を取得し、マルチな才能を発揮しています。 資格を習得してからは平成20年11月には『三橋貴明診断士事務所』を開設しました。 そして、翌年には 『株式会社三橋貴明事務所(現・経世論研究所)』を設立したんですね。 スポンサーリンク 家族で選挙活動を頑張るような報道もありました。 しかし、選挙が落選という結果で終わった後に、とんでもない事実が発覚するんですね。 それは選挙期間中に不倫をしていたということなんです。 不倫相手はなんと三橋貴明さんの秘書をしていた女性だったんです。 このことが原因で当時のお嫁さんとは離婚をし、子供さんの親権はお嫁さんの方に渡りました。 この不倫をした秘書の女性とは、すぐに別れています。 なんともお粗末な結果になってしまい、当時は話題になりました。 選挙に落選と離婚ですからね。 その後、三橋貴明さんはさかき漣さんと再婚をしています。 これが二度目の結婚です。 平成22年に三橋貴明さんとさかき漣さんが共著で本を出したのがキッカケだったようです。 スポンサーリンク 三橋貴明 現在の嫁 しかし平成30年1月にお嫁さんへの暴行事件で逮捕されましたが、お嫁さんは「十代」と報道されました。 つまり、さかき漣さんとは二度目の離婚をしていたんですね。 そして十代のお嫁さんと三度目の結婚をしていたんです。 ネットをリサーチしましたが、現在のお嫁さんについての情報はありませんでした。 「現役学生」という噂もありますが、真実かどうかは疑わしいですね。 しかし女性に対してはかなりルーズなのでしょうか? 二人の間に子供がいるかどうかもリサーチしましたが情報は公開されていませんでした。 報道で「嫁」「妻」という言葉が使われていますから、間違いなく三度目の結婚をしています。 三橋貴明さんの今後の活動に影響するでしょうが、自業自得ですのでしっかり反省をする必要があるでしょうね。

次の

米国の経常赤字は巨額でやはり見過ごせない

三つ子の赤字神

背景 [ ] 1980年代前半に、のがアメリカの双子の赤字が深刻な経済危機をもたらす恐れがあると警告し、当時のアメリカの双子の赤字が維持可能であるか否かという問題提起を行い(サステナビリティ問題)、全世界に衝撃を与えた。 クルーグマンは、双子の赤字が維持不可能となる条件として、が名目成長率を上回る状態が続くことを主張した。 この背景には、レーガン政権において高金利政策が行われたことによってドル高が進行し、輸出の減少と輸入の増大が起こったこと、また、のような防衛に対する巨額の財政支出や減税政策が行われたことなどがある。 こうして、海外からの輸入によって需要超過を満たすことに成功したアメリカは1970年代の高インフレから脱出することに成功した。 この経常赤字により1986年、アメリカは純債務国に転換した。 そして、政権時代のには、財政赤字はピークに達するとともに、経常収支は均衡に近づいた。 その次の政権時代には次第に財政収支が均衡に向かい、からにかけては財政黒字であったものの経常収支の赤字は拡大の一途をたどった。 ジョージ・W・ブッシュ政権においては、減税政策やの戦費、の終了などが重なったことから財政収支が赤字化し再び双子の赤字となった。 その後、財政赤字と経常赤字は過去最高を記録している。 また、に対する経常赤字の割合も1980年代のピークを上回っている。 経済学的背景 [ ] 国民経済においては、 「家計」「企業」「政府」「海外」という4つの主体が存在する。 一般に、• 国内所得:Y• 家計消費:C• 企業投資:I• 政府支出:G• 貿易収支:NX(広義には経常収支に当たる) とした場合、• 式を変形すると、• 他の項目が変わらずに、政府支出Gだけが増加するとNXが減少する。 つまり、政府支出を増やすと貿易収支が悪化するということを意味する。 また、政府支出増加は財政収支悪化も意味する。 このように財政収支悪化と貿易収支が連携しているという考えから双子の赤字という概念が生まれた。 しかし前提条件に「他の項目が変わらずに」ということがあるように、いつでも成り立つわけではない。 現実には政府支出を増やすための裏づけとして増税をすれば家計や企業の可処分所得に影響をあたえ、国債により調達すれば金利の上昇の過程を経て、家計や企業の消費・投資計画に与える影響などもある(効果)。 後半のアメリカにおいては、財政黒字と過去最高の経常赤字が同時に発生していた。 背景には民間投資(I)の増加による税収と輸入の拡大があったが、その背景には国外資本によるアメリカ国内への直接投資と雇用の安定、情報通信技術の発展にみられるの立ち上がりによる超大国アメリカに対する信頼感の拡大と域内の拡大など、多面的な要素を考慮する必要がある。 脚注 [ ]• 2014年1月20日. 2014年10月4日閲覧。 2013年11月20日. 2014年10月4日閲覧。 Jamie McGeever 2018年7月30日. 2018年8月14日閲覧。 2018年7月26日. 2018年8月14日閲覧。 2018年3月8日. 2018年8月14日閲覧。 - - -•

次の