キス 年上。 キスで濡れる理由と心理!キスで濡れる女性に対する男性の本音とは

今さら聞けない!年下の男性をきゅんとさせるキスの仕草って?

キス 年上

香水を使って 年下の男性がキュンとするようなキスの仕草をしたいのならば、キス自体ではなくキスのシチュエーションやキスの時の体勢に工夫をすることが重要です。 年下の男性を魅了するキスは、大胆に唇にすると思っている人が多いですが、そのようなことはありません。 キスのテクニック以外にも、雰囲気やキスの体勢、体の臭い、そしてキスをする場所を工夫してみると年下の男性を虜にできますよ。 体を密着させてボディタッチを取り入れると、年下男性は女性らしさを体全体で感じることができるのでドキドキするでしょう。 体を密着させたときにふわりと香水の香りがすれば、より一層盛り上がります。 さりげなくキスをすれば、不意のキスでときめかせることができ、本格的にキスをすれば、男性の気持ちを高めることができますね。 唇以外の場所に 年下男性を魅了させるキスは唇へのキスだけではありません。 唇以外にもほほやおでこ、はなに首筋、時には手や足などといった様々な場所にキスをすることで、年下男性をキュンとさせることができます。 いつも唇のキスばかりしているのならば、普段とは異なる場所にキスをすることだけでキュンとさせることができますね。 また、唇以外のキスだからといって、体を密着させないわけではありません。 場合によっては唇にするキスの時よりも密着するので、盛り上がることも多いです。 男性の気分が盛り上がって唇へキスをしてくれる可能性もあります。 長めのキス 年下男性をキュンとさせるキスのひとつは、長めのキスが当てはまります。 キスは愛情を確かめるためのコミュニケーションのひとつです。 短めのキスだと、そっけなく感じてしまう男性もいます。 長めのキスは、なかなか大胆に行動に移すことができない年下男性の気持ちを大きく揺さぶるキスになります。 女性から積極的に長めのキスをすれば、許されているという愛情を感じて、男性もキュンとしてしまいますね。 また、長めのキスをしている間に男性が次の行動に移りやすくなるので、その後の流れを作りにくい女性にとって、行動をゆだねることができます。 相手を誘うキス 年下の男性はなかなか年上の女性に対して大胆に行動をすることができません。 そのため、年下の男性を誘惑するようなキスをされれば、それだけでキュンとしてしまいます。 年下男性をアシストするようなキスをしてみるとよいかもしれません。 相手の下唇を軽く噛み、左右に小さく顔を動かすスウィングキスは最適なキスのひとつです。 ディープキスの前段階のキスともいわれているキスで、年下男性をその気にさせることもできます。 また、キスされる側の男性が動かなくてもいいので、奥手の年下男性をリードすることもできるでしょう。 年上の大胆さを示すキス 年下男性をキュンとさせるのならば、やはり大胆なキスをすることです。 年上の女性の色気を感じさせる、舌を入れたキスは、キュンとさせることができ、男性を虜にすることができます。 キスで年下男性を虜に 年下の男性をキュンとさせるキスをしたいのならば、女性から積極的にキスをして、男性をリードするようなキスをするとよいです。 体を密着させてボディタッチをするなど、キス以外の工夫も取り入れると、より一層男性をキュンとさせ、その後と行動にも移しやすくなるでしょう。 様々なキスで年下男性を虜にしてください。

次の

ここが違う!上手いキスと下手なキスの差

キス 年上

pixabay. com 年上男性には魅力が沢山あるので、年上男性にアプローチをして好きになってもらうというパターンは多いと思います。 この場合いくら自分のことを好きになってくれたとはいえ、年上男性と自分の好きという気持ちは平等ではなく、どちらかといえば年上男性の方が気持ちに余裕を持っていたりするんですよね。 なので、気持ちに余裕がない自分の方からデートに誘ったりキスをしたりすることが多いのではないでしょうか。 でも年上男性からも「この子を離したくない」とか「この子とキスがしたい」と思ってもらいたいですよね。 自分が気を許している時にさり気なく年上男性からキスしてもらいたいですよね。 そのために、若さをアピールしてみたりメイクやファッションを年上男性に合わせてみたりなど外見的な努力を沢山している人も多いと思いますが、これだけでは年上男性の心を掴むことは出来ません。 「どれだけ頑張っても年上男性からキスしてもらえることなんてない」と諦めてしまうのはもったいないです。 ちょっとしたことをするだけで、年上男性が「この子とキスしたい」と思ってキスをしてくれるかもしれません。 そこで今回は、年上男性が思わずキスしたくなる女性の行動について紹介していきたいと思います。 何かに打ち込んでいる時 pexels. com 仕事だったり勉強だったり、大人になればなるほど目の前にはやるべき事が増えてくると思います。 時には「やりたくない」と思ってしまうこともあるかもしれませんが、今自分がやらなければいけないことを真面目に取り組んでみましょう。 これが年上男性へのアピールに繋がるんです。 年上男性は、ある程度経験を積んでいるので、目の前に山積みになっている仕事があっても淡々とこなしていけちゃうんです。 もちろん、年上男性でも忙しい時には周りのことなんて気にしていられないほど余裕が無くなってしまう時もあると思いますが、若い頃のように何事も必死になってこなしていくということはしなくなってしまうんですよね。 そこであなたが年上男性の前で必死に自分の目の前のやるべき事をこなしていると、「可愛いな」と思ってもらえてキスしたくなってくるんです。 年上男性は年下女性の頑張っている姿に心奪われるので、出来ない事でもすぐに周りの人に頼って簡単にこなしていこうとするのではなく、まずは自分の力で出来ることをがむしゃらに頑張ってみましょう。 時には周りの力を借りなければ出来ないこともあるかもしれませんが、初めから周りの人に頼っていると自分の成長に繋げることは出来ませんし、年上男性もあなたのことを子供とか妹目線で見るようになってしまいます。 「女性」として見てもらえなければ、「キスしたい」という気持ちにもなりませんので、年上男性に1人の女性として見てもらえるように成長していきましょう。 どんな些細なことでも年上男性に見てもらえるように努力していれば、きっと年上男性もあなたに惹かれるようになると思います。 「めんどくさい」と投げ出してしまうのは簡単なことですが、何事も自分の目の前にある壁を乗り越えていきましょう。 可愛いやきもちをやいた時.

次の

年下の彼氏がキュンとするキスの仕方7種類!

キス 年上

愛情を感じるキス キスをすることに慣れてくると、キスの最中に他の事を考えたり、気持ちが入らないなんて時もあるでしょう。 しかし彼女からの愛情をひしひしと感じるようなキスは、彼氏の心を安心させ、より彼女に対する愛情が増します。 帰り際に別れを惜しむようにため息交じりのキスをしたり、「大好き」「愛してる」などストレートな言葉を聞きながらのキスは心に響くでしょう。 照れながらのキス 男性は恥じらいのある女性に惹かれるので、いくら彼女とはいえ、いつまでも自分に対して恥じらいの心を持っていて欲しいという願望があります。 恥ずかしそうに彼の胸に顔をうずめながら、思い切ってチュッとしてみてください。 「自分からキスするのが恥ずかしいけど…どうしてもキスしたい!」という気持ちが表れているキスは、きっと付き合い始めの頃を思い出させてくれるでしょう。 不意をつかれるキス 不意打ちのキスに弱いのは女性だけではありません。 彼氏だって想定外のキスにはドキドキしてしまうモノです。 2人で歩いている時や何気ない会話をしながら、目が合った瞬間にチュッとキスをすれば、ビックリすると同時に「かわいいヤツだな」と思い、お返しに自分からもキスしたくなるはずです。 効果的なキスの誘い方 唇は男性にとって女性らしさを感じるパーツなので、彼氏の視線を唇に向かせることでキスすることを連想させます。 普段から唇をケアしてぷるぷるにしておいたり、たまに指で唇を触ったり、下唇をギュッと噛んでみたりして彼氏の気を引いてみると、 思わずその唇を奪いたくなります。 ただし気合いを入れ過ぎてベトベトになるとセクシーさが欠けてしまうので気を付けてくださいね。 寸止め作戦 こちらは少々大人向けの上級テクニックです。 2人きりの良い雰囲気でいざキスを…という時に、ゆっくりと顔を近づけていって唇が重なる一歩手前で静止して彼氏の目を見つめます。 できれば3秒くらいは焦らして、彼氏がキスしようとして唇を近づけてくるのも2,3回かわしましょう。 ストレートに! 基本的に女性から「キスして」と言われて嬉しくない男性はいません。 特に普段はそんなこと言わないような彼女から言われたら、もっと好きになってしまいます。 彼氏だからといって馴れ合いになるのではなく、少し照れながら言うのがポイントですよ。 彼氏がもっとキスしたくなる体勢 手は非常に感受性豊かなパーツであるのをご存知ですか? 恋人同士が手をつなぐのは、それによって愛情を確認しているからです。 恋人に限らず、家族や友達など近しい人の手のぬくもりを感じると、安心することができますよね。 例えばお家デートをしている時に、ふと彼氏の手を取って恋人つなぎをして指と指が絡まり合えば、身体を密着させるよりもセクシーな気分になります。 振り向きざまにキス 後ろから彼氏の肩をポンポンと叩いて、振り向いたと同時にキスをします。 全く予想外のキスをされたら彼氏はドキッとするでしょうし、その余韻でキスしたい気持ちが強くなります。 失敗しないように、振り向きざまの彼氏の頬を両手で支えながらキスをすると、手のぬくもりも感じてさらに効果的ですよ。 たまには彼女から積極的に襲われたい どちらかというとM体質だという男性は多いので、たまには彼女の方から積極的になって欲しいという願望を持っている彼氏は多いです。 恥ずかしいのはわかりますが、彼氏が喜ぶのであれば女優になった気分で彼氏を誘惑してみましょう。 とは言え野獣のように激しく襲う必要はありません。 ゆっくりと彼氏の上に乗って、耳や鼻に軽いキスをして焦らしながらスローに進めていくのがポイントです。 気持ち良いキスになる雰囲気作り 男性が彼女とのキスで一番気になるのが荒れた唇です。 男性は意外と細かいところまで見ていますし、特に唇は女性らしさの象徴なので視線が集まりやすいパーツです。 普段からリップを塗るなどしてケアをしているプルンとした唇だと、それだけで思わずキスしたくなる雰囲気になりますよ。 香りも重要な要素 「嗅覚」は人間の五感の中で唯一脳の本能的な部分に伝達される感覚です。 つまり自分の好きな香りを嗅ぐとついつい引き寄せられるという本能があるのです。 男性に人気があるのは「シャンプーの香り」「石鹸の香り」といった清潔感のある香りですが、 これはお風呂上がりの女性の姿を想像させるからだという説もあります。 彼氏と会う時の香水は爽やか系を選んで、嗅覚を刺激するのもキスにつながる雰囲気作りのポイントでしょう。 視線や仕草で誘う 嗅覚は本能的な刺激ですが、直接的な刺激を与えるにはやはり視覚に刺激を与える必要があります。 そのためには上目遣いで見つめる視線や、髪をかき上げたりボデイータッチなど何気ない仕草が効果的です。 キスをするための雰囲気作りを彼氏に任せてばかりでは飽きられてしまうかもしれないので、地味な努力ではありますが視線や仕草でムードを盛り上げてみてください。 焦らすのも効果的 焦らされることでさらにキスしたくなるのは、男女共通の心理です。 彼氏の顔に自分の顔を近づけて、キスをすると思いきや「やっぱや~めた!」となれば、当然キスをするはずだと思い込んでいた彼氏はどこに気持ちをぶつけて良いのかわかりません。 特に男性は焦らされると、何が何でも相手を自分のモノにしたいという欲求が芽生えます。 効果的な焦らし作戦を使えば、彼氏は我慢できなくなって、男らしく強引にキスをしてくれるかもしれませんよ。 魅力的なキスで彼を夢中にさせよう!.

次の