鳥貴族 喫煙。 鳥貴族に禁煙席。「ごめんなさい喫煙席はございません」全席喫煙...

鳥貴族 山科店(山科/居酒屋)<ネット予約可>

鳥貴族 喫煙

嫌煙者が、どこまで居酒屋に来るのか、実験してるんですよ! これで、池袋グリーン大通り店が、業績悪化で閉店に。 こうなれば、全店完全喫煙として、嫌煙お断り店にするでしょう。 ある意味、この調査とCMを兼ねた、面白い試みです。 全席禁煙店舗を1つだけ作り、どこまで嫌煙者が貢献するか? 恐らく失敗して、全席喫煙店に変更だけど、これも宣伝になるからね。 喫煙者としては、嫌煙者の禁煙強要の姿勢が、どこまで本気か? 全席禁煙店の居酒屋を、1つだけ作り、それを楽しみましょう。 1つだけなら問題ないし、嫌煙者が行かなければ、全席喫煙店に変更。 もしも、最初だけでも嫌煙者が来れば、それはそれでOKです。 他の鳥貴族には、嫌煙者が来なくなるメリット、もあるからです。 ここでの不毛な言い合いのもとが こういう意図をはっきりした店によって なくなっていけばいいですね。 なんというのか、 便所や銭湯には男性用、女性用があるのですが 主に飲食店でしょうが、 そこにまた区別が加わるというのは、 複雑でめんどうな半面おもしろくもあるんじゃないですかね。 ただ、飲食店での他人の喫煙を好まないひとたちが、 いままでの 席を振り分けただけ、機能してない仕切りを立てただけの 分煙には悩まされた分、 このような店で、ほんとうにだいじょうぶだろうか? と、慎重になることで、すぐに売り上げが伸びない 可能性もあるように思います。 まあ、完全禁煙にしてもへっちゃらの店も少なくないので 全ては店側のアピールなど企業努力にかかっているのかな。 酒、たばこがセットになってる 我々の世代ではなくて、 もっと若い人たちが来るとしたら来るのかも。

次の

鳥貴族バイトはどこがきついのか?

鳥貴族 喫煙

初訪問までの経緯 ダイエット中に困るのが外出時の食事。 そこで鶏の胸肉やササミならタンパク質豊富でダイエット中でもよかろう、ということで焼き鳥屋を探していたところ『 鳥貴族』が近くにあるという情報を得たのです。 これまでお邪魔したことがなかったので、これはいい機会だと初訪問したのですが、ちょっとあまり良くない意味でびっくりしてしまったのでご報告しておきますね。 分煙未対応問題 土曜日の夕方17時オープンとほぼ同時に入店したのですが、席を案内される際、喫煙席か禁煙席かを聞かれなかったので、おや?と思ったのです。 ちなみに面子は私と妻、小学3年生の娘、の3人でした。 で、テーブル席に着席すると当然の面持ちで銀色の灰皿が鎮座していました。 これは私個人の感覚であることを強調しておきますが、 ぐはっ いや、いいんですよ。 これがお店のルールですから文句はありません。 私は10年以上の喫煙習慣があり 禁煙歴は約8年ほどなのですが、喫煙していた当時ですら他人の 副流煙は苦手でした。 ですので禁煙した今となっては服や髪にまとわりついたタバコのニオイも「うっ」となります。 とは言え嫌煙活動家ではありませんので、ガタガタ言う気はありません。 酒を飲んだ時にタバコを欲する気持ちもよおく理解しているつもりです。 鳥貴族の分煙・禁煙対応状況(2019年2月現在) やはり気になったので、帰ってから鳥貴族の喫煙・禁煙状況を調べてみました。 どうやら 分煙対応の店舗と全席禁煙にも対応した店舗が混在している様子。 によれば禁煙対応しているのが 27店舗、分煙対応が 21店舗。 そしてWikipedia情報では直営355店舗、加盟店231店舗とのこと。 と言うことは 全店舗586店舗のうち禁煙・分煙対応されているのは 48店舗。 すなわち約8%しか対応していない! 母数が増加している現在はもっと低い割合と考えていいでしょう。 ってことは『鳥貴族』の美味しい焼き鳥をいただくためには高確率で副流煙を浴びる覚悟が必要と言うこと!?東海エリアに関して言えば分煙対応店舗すら皆無ですよ、ゼロ、0、ぜろ! いやあ、ホントに食事は美味しかっただけに残念です、、、 まあでも愛煙家にとってはこのご時世、希少なオアシスという考え方も出来ますね。 筒井康隆先生に教えてあげたい。 参考までに全面禁煙に舵を切った『串カツ田中』との比較記事もどうぞ。

次の

【閉店】鳥貴族 有楽町店

鳥貴族 喫煙

初訪問までの経緯 ダイエット中に困るのが外出時の食事。 そこで鶏の胸肉やササミならタンパク質豊富でダイエット中でもよかろう、ということで焼き鳥屋を探していたところ『 鳥貴族』が近くにあるという情報を得たのです。 これまでお邪魔したことがなかったので、これはいい機会だと初訪問したのですが、ちょっとあまり良くない意味でびっくりしてしまったのでご報告しておきますね。 分煙未対応問題 土曜日の夕方17時オープンとほぼ同時に入店したのですが、席を案内される際、喫煙席か禁煙席かを聞かれなかったので、おや?と思ったのです。 ちなみに面子は私と妻、小学3年生の娘、の3人でした。 で、テーブル席に着席すると当然の面持ちで銀色の灰皿が鎮座していました。 これは私個人の感覚であることを強調しておきますが、 ぐはっ いや、いいんですよ。 これがお店のルールですから文句はありません。 私は10年以上の喫煙習慣があり 禁煙歴は約8年ほどなのですが、喫煙していた当時ですら他人の 副流煙は苦手でした。 ですので禁煙した今となっては服や髪にまとわりついたタバコのニオイも「うっ」となります。 とは言え嫌煙活動家ではありませんので、ガタガタ言う気はありません。 酒を飲んだ時にタバコを欲する気持ちもよおく理解しているつもりです。 鳥貴族の分煙・禁煙対応状況(2019年2月現在) やはり気になったので、帰ってから鳥貴族の喫煙・禁煙状況を調べてみました。 どうやら 分煙対応の店舗と全席禁煙にも対応した店舗が混在している様子。 によれば禁煙対応しているのが 27店舗、分煙対応が 21店舗。 そしてWikipedia情報では直営355店舗、加盟店231店舗とのこと。 と言うことは 全店舗586店舗のうち禁煙・分煙対応されているのは 48店舗。 すなわち約8%しか対応していない! 母数が増加している現在はもっと低い割合と考えていいでしょう。 ってことは『鳥貴族』の美味しい焼き鳥をいただくためには高確率で副流煙を浴びる覚悟が必要と言うこと!?東海エリアに関して言えば分煙対応店舗すら皆無ですよ、ゼロ、0、ぜろ! いやあ、ホントに食事は美味しかっただけに残念です、、、 まあでも愛煙家にとってはこのご時世、希少なオアシスという考え方も出来ますね。 筒井康隆先生に教えてあげたい。 参考までに全面禁煙に舵を切った『串カツ田中』との比較記事もどうぞ。

次の